« リトミック8 | トップページ | おにぎりの日(夏野菜を知ろう) »

2014年8月20日 (水)

宝山ホール・メルヘン館見学(年長児)



昨夕からどしゃ降りの雨が降り、雷が鳴ったりして今日の見学はどうなるのだろう?と心配していましたが、雨は朝方には上がり、鹿児島市まで見学へ行くことが出来ました。

年長児の子どもたちが楽しみにしていた宝山ホール・メルヘン館見学へ行ってきました。

1235

12131415

17182123

25273334

37524551

時折、雨が降り出したりしたので、「大丈夫かな?」と心配でしたがJRから降りて、市電に乗り、宝山ホールへ向かう時だけ小雨が降ったくらいで、後からはお天気になりました。

串木野駅には保護者の方々や園長先生が見送りに来られていて、子どもたちも「行ってきます」とテンション高く出発しました。

園長先生からは「電車の中や宝山ホール、メルヘン館などいつもと違ってたくさんの人がいるから静かにする時には静かにして、周りの人に迷惑をかけないようにするのがお勉強なんだよ。」とお話がありました。

宝山ホールに着くと、幼児向けのプラネタリウムを観賞しました。

画面いっぱいにたくさんの星が映し出されると、「わぁー、きれいだねぇ。」と声が上がっていました。

「わがままなお姫様と召使の少女」「くまになったおやこ」の2本を見ました。

その後は宝山ホールに展示してある恐竜や様々な動植物の化石や、小学生が行った夏休みの昆虫採集や研究などを見学しました。

テンションが高く、いろんなものに興味があり、集中してみるというよりは走り回っていました。

55576164

66697274

76788691

94108117115

11時過ぎにはおうちから作ってきてもらったお弁当とおやつを食べ、英気を養い、もう一つの見学場所メルヘン館へ出かけました。

夏休み中ということもあり、たくさんの親子連れや学生さんなどが来ていました。

「真っ白な絵本」を見学する前に、3階へ上がり順に下へ降りてきました。

ほとんどの子どもたちは興奮状態で、見たいものが多いのか、「走ってはいけません」という呼びかけもむなしく、ずっと走り回っていました。

その姿を見ていると、心も体も解き放たれた感じでした。

「真っ白な絵本」は参加型の絵本で、どんな話になるかは現場にいる人たちが選んで話が進んで行きます。

まずは主人公を犬にするか猫にするかを決めて、どこへ行くかも決めます。

子どもたちもお話に参加して、大いに楽しんでいました。

途中になっていた一階部分での遊びをたっぷりしました。

ジャックと豆の木を模したアスレチックやいくつもの箱に穴が開いていて、そこから顔を出して遊べるコーナー、ままごとや変装をして遊べるコーナーなどとにかく体を使って汗だくになって遊んでいました。

2時半からはメルヘン館の方に図書室で読み聞かせをしていただきました。

手遊びや大型絵本、ペープサートなど様々なものを用意してくださっていて、子どもたちも楽しんでいました。

すっかり疲れ果ててしまったのでは?と思っていましたが、帰りの市電や電車の中でも元気はつらつで、高いテンションのまま串木野駅まで帰ってきました。

無事に帰ってこられて本当に良かったと思います。

子どもたちも一つ経験を積み重ねられたと思います。

|

« リトミック8 | トップページ | おにぎりの日(夏野菜を知ろう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リトミック8 | トップページ | おにぎりの日(夏野菜を知ろう) »