« 第1回そうめん流し(もも・あおぐみ) | トップページ | 六月燈リハーサル(あおぐみ) »

2014年7月22日 (火)

リトミック7

連日強い日差しが射し、夏本番を迎えています。

昨日、一昨日といちき串木野市では“さのさ祭り”があり、子どもたちも「お祭りに行ったよ」と言っていました。

リトミック7でした。

ももぐみの活動では…

24911

12161819

222022_223


26293031

32333538

いつものようにウォーミングアップで即時反応の活動をします。

連休明けで少しお疲れ気味のようです。

2人組になって、手合せの練習をします。

「トンパチントンパチン」初めて行うので、先生たちが見本でやってみたり、何度も練習して動きを確認します。

♪大きなたいこ ドーンドーン 小さなたいこ トントントン 大きなたいこ 小さなたいこ ドーンドーン トントントン♪

おなじみの曲ですが、大きなたいこの時には体もいっぱい大きくして、声もドーンドーンと大きく、小さなたいこの時には体も小さくして、トントントンも小さくします。

みんなとっても楽しそうです。

男の子女の子に分かれて大きなたいこ小さなたいこやってみます。

みんなで1つの大きなマルを作って大きなたいこ小さなたいこを表現してみました。

何度かやってみるうちに、大きなたいこ小さなたいこの表現方法が分かってきて、生き生きとしています。

「おうまさんになるよ」とマツダ先生。

パッカパッカパッカパッカギャロップします。

元気のいいお馬さんが多かったです。

「2人で手をつないでおうまさんやってみようか」一人でやるときに比べると、相手にペースを合わせないといけないので、ちょっと難しくなります。

「今度は4人でお馬さんやってみようか」2人と比べると、人数が増えるので、ますますペースを考えなくてはいけません。

こうやって自分だけではなく、お友達の存在も感じながらペースを考えたり、合わせたりして協調性を身に着けていきます。

一人一人にポケットハンカチが配られました。

「ハンカチを針と糸で縫って、ぞうきんを作って、お洗濯して、洗って、絞って、ロープに干して、畳むからね」と先生。

♪ラララぞーきんラララぞーきんラララぞーきんを縫いましょう チクチクチクチクチクチク…縫いましょう…♪歌に合わせて、子どもたちはぞうきんを縫ったり、洗濯してロープに干すことを表現しました。

お洗濯の様子を日頃から見ているのか、とっても上手です。

長いロープにみんなのぞうきんを干すと、一面ハンカチでいっぱいになりました。

それを高く持ち上げると、「わあー」と子どもたちから歓声が上がりました。

「次のリトミックでもまたするから覚えておいてね」とマツダ先生が言うと、子どもたちは「はーい」と返事をしていました。

あおぐみの活動では…

40424346

51545860

63697574

78798083

8793951

♪あーさのあいさつおはよー…でウォーミングアップ。

“アナと雪の女王”みたいに歌ってみてとか「氷みたいにピッと止まってね」と注文が出ます。

子どもたちは暑いせいか、氷というよりも、ちょっとぬるい水といった感じです。(連休明けで疲れが出ている感じでした)

2人組になって、トンパチントンパチンと手合せをしたり、3人組になって2人が家(枠)を作って、真ん中に一人入って一緒にユラユラしたり、真ん中の子どもは座って、枠の2人が手合せをして、「トンパチンパチン」の「パチンパチン」のところに真ん中の子も合流して手合せしたりします。

真ん中の人は他の家へお引越しをしたりします。

「おうまさんになって、(ギャロップ)、スキップしてみて」とマツダ先生。

みんな張り切ってやります。

前回出てきた虫の絵カード。

カブトムシ・テントウムシ・チョウチョ・アリ・トンボ5つのグループに分かれます。

カブトムシ(ティティティティティ8分音符)テントウムシ(ターターティティ4分音符と八分音符)チョウチョ(ターター4分音符)トンボ(ティティター8分音符4分音符)それぞれリズムが異なります。

まずは自分がどの虫のグループなのが、ピアノの音をよく聞いて、手拍子でリズムを打ち、口で言いながら体に刻み込みます。

ピアノの音を聞いて、どの虫のリズムなのか考えて、音が聞こえてきたら立ち上がって、手拍子して、口で虫の名前を言います。

聞き分けるのが難しいようで、ピアノの音がなっていても、なかなか自分のグループとピンとこない子が多かったです。

先生たちや周りのお友だちを真似しながら、ちょっとずつわかってきているようでした。

♪かえるのうたが きこえてくるよー グワーグワーグワーグワー ゲロゲロゲロゲログワーグワーグワー ♪前回もやりましたが、手と足でリズムを叩きながら、歩きながら表現します。

グワーグワーのところは平泳ぎで水面にいっぱい手を広げて水をかくように進む、ゲロゲロゲロゲロのところはティティティティで速くなど約束事があります。

ももぐみで出てきた♪ラララぞーきん…の歌を使って表現をしました。

2人組になってハンカチ役とお母さん役を決めます。

お母さんはハンカチを縫って、ぞうきんにして洗濯して、絞って、干して、ぞうきんを畳むところまでやります。

子どもたちは想像力が豊かなので、大人が思っているよりもずーっと面白い動きをします。

役割を交替して、みんなが2役出来るようにします。

最後に一枚ずつハンカチを渡されました。

1人でぞうきんを縫って、洗濯して、絞って、干して、畳むところをやってみました。

みんなとっても楽しんで表現していました

 

|

« 第1回そうめん流し(もも・あおぐみ) | トップページ | 六月燈リハーサル(あおぐみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第1回そうめん流し(もも・あおぐみ) | トップページ | 六月燈リハーサル(あおぐみ) »