« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月29日 (火)

7月誕生会

朝の自由遊びの時間、子どもたちが網でセミを捕まえたり、抜け殻を拾ったりで虫さがしに熱中しています。

7月の誕生会でした。

始まる前に“5本指の拍手…4本指の拍手…”手遊びをしました。

7_2_27_37_57_7

7_87_117_127_14

7_167_177_22

誕生者は2名。(男の子1名、女の子1名。きぐみ1名・あおぐみ1名。2歳1名・6歳1名)

2歳のお友達はまだ自分で言うのが難しいので、お兄ちゃんに紹介してもらいました。(しかし、好きな食べ物は“ぶどうです”とちゃんと答えられていましたよ!)

6歳のお友達はさすがお姉ちゃん、しっかりと自己紹介出来ました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

7_237_247_257_26

7_30_27_357_417_43

7_447_457_467_50

の前にはなはなはなはな…頭、はなはなはなはな…ほっぺ、はなはなはなはな…耳手遊びをしました。

“うらしまたろう”のエプロンシアターでした。

ハタナカ先生がエプロンをお着替えして登場しました。

「ここはどこかな?」と子どもたちに質問。

「プール、海…」と答えが返ってきました。

そう、海辺の砂浜です。

海辺の砂浜で子どもたちがカメをいじめていました。

「カメをいじめたらダメじゃないか。」

「僕たちが最初に見つけたんだからいじめたっていいじゃないか。」

「私がこのカメを買うから譲ってくれませんか?」と浦島太郎。

「いいよ、じゃああげるよ。」と子どもたち。

「浦島太郎さん、私を助けてくれてありがとう。お礼に竜宮城へお連れしましょう。」とカメがいうので、浦島太郎はカメの背中に乗って竜宮城へ行きました。

竜宮城では乙姫様が待っていました。

「浦島太郎さん、カメを助けてくださってありがとうございました。この竜宮城でゆっくりと楽しく過ごしてください。」と乙姫様。

竜宮城にはたくさんの魚たちがいます。

タイやヒラメ、タコ、イカの舞い踊りを見たり、マンボウの数字ひきゲーム(浦島太郎や乙姫様、誕生者の子どもたち、お当番のお友達などがマンボウの裏側に書いてある数字が大きいものをひいた人が勝ち)をして過ごしました。

そうして過ごしているうちに、浦島太郎は家に帰りたくなりました。

「もうそろそろ家に帰らないと…」

「わかりました。寂しくなりますが、しょうがありませんねぇ。ではこれを持って帰ってください。お土産です。」と乙姫様。

それは玉手箱でした。

「絶対にあけてはいけませんよ」と言われました。

カメに連れられ帰ってきた浦島太郎。

同じ海辺の砂浜ですが、様子が違います。

家もなくなっていました。

「どうしたんだろう、さびしくなったからこの玉手箱を開けてみよう」

開けた瞬間、もくもくと煙が出てきて、それを吸った浦島太郎はおじいさんになってしまいました。

竜宮城へ行っていたのは数日間のことと思っていましたが、実は数十年が過ぎていました。

楽しい誕生会になりました

| | コメント (0)

2014年7月26日 (土)

六月燈本番

日中は厳しい暑さでしたが、日が落ちると、だいぶしのぎやすくなりました。

六月燈本番を迎えました。

子どもたちは夕方7時に現地集合です。

体操服を着て、みんなテンション高いです。

張り切っているのがよく伝わってきます。

2346

「虹の彼方」は男女のペアで踊り、トロピカルムード漂う衣装です。

「恋のフォーチュンクッキー」は上は法被を着て、下はヒラヒラのスカートを身に着けています。

どちらもお祭り、夏バージョンです。

7時15分から六月燈が始まりました。

1番目はマイケルジャクソン張りのカッコいいダンスから。

子どもたちも見入っていました。

7時半、いよいよ浜ヶ城保育園の子どもたちの出番です。

8101213

17182125

27313536

「虹の彼方」「恋するフォーチュンクッキー」どちらもお父さん、お母さん、兄弟、親戚の人たち、たくさんの見学の方々の前で自分の力を発揮しました。

昼間、リハーサルで舞台に上がった時は暑かったせいもあるのでしょう、動きが悪く本番大丈夫かなと思っていましたが、本番には可愛らしく、はつらつとしたお遊戯を見せてくれました。

出演が終わった子どもたちは、保護者のみなさんや、先生たちなど見ていた人たちに「上手だったね、可愛かったねぇ」と声をかけてもらっていました。

みんなとっても上手に踊れていました。

| | コメント (0)

六月燈リハーサル(あおぐみ)

連日暑さが身に沁みます。

空の入道雲と蝉の声がひときわ際立っています。

今日は浜ヶ城公民館の六月燈

年長児の子どもたちが参加するので、出来た舞台上でリハーサルをしてきました。

4歳児の子どもたちも一緒に行って、見学をしました。

3421

78911

1314

朝から公民館の方々が総出で準備を進めていらっしゃいました。

お花見会や七夕に来てくださったおばあちゃんや郷土のお菓子作りに来てくださった方もいらして再会を喜んでいました。

舞台は大きなトラックの上。

立派な舞台が出来上がっていました。

日差しが強く、暑いので、子どもたちもあまり元気がありません。

1回ずつお遊戯して自分の立ち位置や移動する場所などを確認しました。

夕方7時半本番です。

衣装を着て頑張ってお遊戯しますので、ご都合のつかれる方は是非見に来られてください

| | コメント (0)

2014年7月22日 (火)

リトミック7

連日強い日差しが射し、夏本番を迎えています。

昨日、一昨日といちき串木野市では“さのさ祭り”があり、子どもたちも「お祭りに行ったよ」と言っていました。

リトミック7でした。

ももぐみの活動では…

24911

12161819

222022_223


26293031

32333538

いつものようにウォーミングアップで即時反応の活動をします。

連休明けで少しお疲れ気味のようです。

2人組になって、手合せの練習をします。

「トンパチントンパチン」初めて行うので、先生たちが見本でやってみたり、何度も練習して動きを確認します。

♪大きなたいこ ドーンドーン 小さなたいこ トントントン 大きなたいこ 小さなたいこ ドーンドーン トントントン♪

おなじみの曲ですが、大きなたいこの時には体もいっぱい大きくして、声もドーンドーンと大きく、小さなたいこの時には体も小さくして、トントントンも小さくします。

みんなとっても楽しそうです。

男の子女の子に分かれて大きなたいこ小さなたいこやってみます。

みんなで1つの大きなマルを作って大きなたいこ小さなたいこを表現してみました。

何度かやってみるうちに、大きなたいこ小さなたいこの表現方法が分かってきて、生き生きとしています。

「おうまさんになるよ」とマツダ先生。

パッカパッカパッカパッカギャロップします。

元気のいいお馬さんが多かったです。

「2人で手をつないでおうまさんやってみようか」一人でやるときに比べると、相手にペースを合わせないといけないので、ちょっと難しくなります。

「今度は4人でお馬さんやってみようか」2人と比べると、人数が増えるので、ますますペースを考えなくてはいけません。

こうやって自分だけではなく、お友達の存在も感じながらペースを考えたり、合わせたりして協調性を身に着けていきます。

一人一人にポケットハンカチが配られました。

「ハンカチを針と糸で縫って、ぞうきんを作って、お洗濯して、洗って、絞って、ロープに干して、畳むからね」と先生。

♪ラララぞーきんラララぞーきんラララぞーきんを縫いましょう チクチクチクチクチクチク…縫いましょう…♪歌に合わせて、子どもたちはぞうきんを縫ったり、洗濯してロープに干すことを表現しました。

お洗濯の様子を日頃から見ているのか、とっても上手です。

長いロープにみんなのぞうきんを干すと、一面ハンカチでいっぱいになりました。

それを高く持ち上げると、「わあー」と子どもたちから歓声が上がりました。

「次のリトミックでもまたするから覚えておいてね」とマツダ先生が言うと、子どもたちは「はーい」と返事をしていました。

あおぐみの活動では…

40424346

51545860

63697574

78798083

8793951

♪あーさのあいさつおはよー…でウォーミングアップ。

“アナと雪の女王”みたいに歌ってみてとか「氷みたいにピッと止まってね」と注文が出ます。

子どもたちは暑いせいか、氷というよりも、ちょっとぬるい水といった感じです。(連休明けで疲れが出ている感じでした)

2人組になって、トンパチントンパチンと手合せをしたり、3人組になって2人が家(枠)を作って、真ん中に一人入って一緒にユラユラしたり、真ん中の子どもは座って、枠の2人が手合せをして、「トンパチンパチン」の「パチンパチン」のところに真ん中の子も合流して手合せしたりします。

真ん中の人は他の家へお引越しをしたりします。

「おうまさんになって、(ギャロップ)、スキップしてみて」とマツダ先生。

みんな張り切ってやります。

前回出てきた虫の絵カード。

カブトムシ・テントウムシ・チョウチョ・アリ・トンボ5つのグループに分かれます。

カブトムシ(ティティティティティ8分音符)テントウムシ(ターターティティ4分音符と八分音符)チョウチョ(ターター4分音符)トンボ(ティティター8分音符4分音符)それぞれリズムが異なります。

まずは自分がどの虫のグループなのが、ピアノの音をよく聞いて、手拍子でリズムを打ち、口で言いながら体に刻み込みます。

ピアノの音を聞いて、どの虫のリズムなのか考えて、音が聞こえてきたら立ち上がって、手拍子して、口で虫の名前を言います。

聞き分けるのが難しいようで、ピアノの音がなっていても、なかなか自分のグループとピンとこない子が多かったです。

先生たちや周りのお友だちを真似しながら、ちょっとずつわかってきているようでした。

♪かえるのうたが きこえてくるよー グワーグワーグワーグワー ゲロゲロゲロゲログワーグワーグワー ♪前回もやりましたが、手と足でリズムを叩きながら、歩きながら表現します。

グワーグワーのところは平泳ぎで水面にいっぱい手を広げて水をかくように進む、ゲロゲロゲロゲロのところはティティティティで速くなど約束事があります。

ももぐみで出てきた♪ラララぞーきん…の歌を使って表現をしました。

2人組になってハンカチ役とお母さん役を決めます。

お母さんはハンカチを縫って、ぞうきんにして洗濯して、絞って、干して、ぞうきんを畳むところまでやります。

子どもたちは想像力が豊かなので、大人が思っているよりもずーっと面白い動きをします。

役割を交替して、みんなが2役出来るようにします。

最後に一枚ずつハンカチを渡されました。

1人でぞうきんを縫って、洗濯して、絞って、干して、畳むところをやってみました。

みんなとっても楽しんで表現していました

 

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

第1回そうめん流し(もも・あおぐみ)

お昼からは日差しが強くなり、セミも忙しく鳴いています。

3時のおやつはそうめん流し。(き・あかぐみはお部屋でそうめんを食べました)

楽しみにしている子どもたちが多く、「今日、そうめん流しだよね?」と聞いてきます。

お昼寝から目覚めると、ウッドデッキの所にそうめん流しの台が2台準備してありました。

7_17_27_47_5

7_77_87_97_10

7_117_127_187_19


7_21

台が高いので、積み木や椅子に乗って食べます。

そうめんを水に入れる前から台をまだかまだかとジーッと見つめています。

「手を合わせてください。いただきます。」とあいさつをするやいなや、そうめんを流し始め、子どもたちはお箸を水の中につけてそうめんがとれるのを待ちます。

すごい勢いでお箸を引き上げて、汁の中に入れ、ツルツルっと口へ運びます。

食べている間はみんな無言。

食べ始めてしばらくすると、「先生、おいしい」と言う子もいました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、そうめんも底をつきました。

名残惜しそうに、最後までそうめんをすくう姿が見られました。

みんなたくさん食べて、満喫していました。

浜ヶ城保育園夏の風物詩そうめん流し。

8月にもう一度あるので、楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

おにぎりの日(箸の持ち方)

午前中はどんより曇っていて、小雨が降っている時間帯もありました。

今日はおにぎりの日

子どもたちはおうちからおにぎりを持って来て、食べるのを楽しみにしている様子。

かけっこ・体操が終わった後、もも・あかぐみの子どもたちはイシツカ先生に「箸の持ち方」を教えてもらいました。

2357

891114


15161718

192021

まずはご飯を食べるとき、何を使って食べるかの質問をします。

「おはし」と子どもたち。

「他に使うものがあるかな?」と聞くと、「スプーン・フォーク・ナイフ」と答えがかえってきます。

「世界では手で食べる人たちもいます」とイシツカ先生。

「そうだね、いろんな道具があるけど、日本人のご飯はお箸で食べるのがとっても合ってるんだよ。ご飯やみそ汁、煮物やお魚など食べるとき、正しい箸の持ち方で食べられるとかっこいいんだよ。今日は正しいお箸の持ち方をみんなにやってもらいたいと思います。」

まずは持ち方を教えてもらいます。

① 1本の箸を親指と人差し指の間に挟む。

② 薬指と小指を曲げ、①で挟んだ箸の先端の方を薬指と小指に乗せる。

③ もう一本の箸を挟み、中指を2本の箸の間に入れる。

④ 親指と人差し指で上の箸だけを動かし、薬指と小指で下の箸を固定する。

いかがでしょうか?

うーーん、実は私も正しい箸の持ち方が出来ない大人です。

子どものうちから正しいお箸の持ち方で箸を使えると、ご飯をきれいに食べることが出来、食事マナーが身に付きます。

持ち方を教わった後は大豆を隣の皿へ移す練習をしました。

22232627

28293032

3738

箸の持ち方がすぐにいつもの持ち方に変わってしまう子。

大豆をなかなか挟めず、悪戦苦闘する子。

正しい箸の持ち方が身についている子はスムーズに箸で大豆を挟んで、隣の皿へ移すことが出来ます。

練習後は2,3人ずつ30秒間でどれだけ大豆を隣の皿へ移せるか?のゲームをしてみました。

競争というよりは大豆が移動することで、お箸を上手に使えることを目に見えるようにするためのゲームでした。

30秒経つと、結構な数の大豆が皿から皿へ移っていました。

最後にお箸でしてはいけないこと(マナー)を教えてもらいました。

① お箸の先を口にくわえるくわえ箸

② 食べ物を射して食べる刺し箸

③ おかずやみそ汁などの具などどれを食べようかな?と探りながら食べる探り箸

④ ご飯を食べようか、おかずを食べようか、汁を食べようか迷いながら食べる迷い箸

正しいお箸の持ち方やお箸のマナーを身につけて、ご飯をきれいにおいしく食べられる人になりましょうね。

続きを読む "おにぎりの日(箸の持ち方)"

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

プール開き

昨日、梅雨明けの発表がありました。

急に暑くなり、ちょっと戸惑い気味。

プール開きには格好の日和になりました。

子どもたちが楽しみにしていたプール開きを行いました。

7月に入った頃から「ねぇ、もうすぐプールでしょ?」と言ってくる子どもたちもいました。

3458
9101115

まずは体操から。

今年度初めてのプール遊びなので、いろんなお約束をしました。

①体をいっぱい動かして体操をすること。

 

②先生たちの言うことをしっかり聞くこと。

 

③プールに入ったら、座って待つこと。

 

④プールの中で走ったり、お友だちを押したり、叩いたり、ふざけたりしない。

 

⑤プールのヘリにある段の所に乗ったり、そこからジャンプしたりしないこと。

17181920
232425

いよいよプールですが、その前に園長先生によるお祓いが行われました。

子どもたちも「怪我をしないように、楽しく水遊びが出来ますように」とお願いをしました。

26273936
28314332
48505758
596412
3334

あか・きぐみの子どもたちは小プールとたらいで水遊び。

 

もも・あおぐみの子どもたちは大きなプールに入ります。

プールに入る前、シャワーをかけてから入ります。

「キャーヽ(´▽`)/」と歓声が上がります。

ホースで雨を降らせたり、水の線をジャンプしたり、またいだり、水がかからないように走って回ったり満喫しています。

先にプールへ入ったももぐみの子どもたちは自分に水をかけたり、顔を洗ったり、お友達に水をかけたり、プールの中をお散歩してみたり、動物になって進んでみたりプールを満喫していました。

後からプールへ入ったあおぐみはバタ足をしたり、ハイハイやワニ歩きで進んでみたり、水に慣れる活動をしていました。

プールから上がったももぐみはビニール袋に水を入れたものをすいかに見立てて、「スイカ運びゲーム」をしていました。

最初は水がたくさん漏れて、ほとんど無くなっていましたが、袋についているひもを持つと水がこぼれないことが分かると、ひもを持って走っていました。

これから8月下旬まで週2回のペースでプール遊びがありますので、楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2014年7月 8日 (火)

リトミック6

大きな台風が近づいているようですが、嵐の前の静けさなのか今日は朝から晴れています。

昨日は七夕まつりをして、保育園には大きな竹に七夕飾りが涼しげにそよいでいます。

リトミック6でした。

ももぐみの活動では…

47918

15232627


34394143

忍者になって敵にシュリケンを投げます。

「あそこに敵がいるから上からでも下からでも横からでもシュリケンをシュシュシュっと投げるんだよ」とマツダ先生。

「硬い石に変身!!動かないんだよ。」というと、子どもたちは丸くなって石になります。

「次は壁に変身!!じっとして動かないんだよ」「ジャンプして屋根に飛び乗って、音がしないように走ります」「雲に変身して!!雨を降らせて、雷もなります」と次々と課題が出されます。

子どもたちの想像力はすごいですね。

とっても楽しそうです。

「みなさん」「ハアイ」と強弱や速さを替え、いろんなニュアンスで返事をします。

スティックを2本ずつ渡されました。

「ポンポコポンポンポコポン狸さんになります」

「ピョンピョンピョンうさぎさんになります」

「パッカパッカパッカおうまさんになります」

タヌキさん・ウサギさん・お馬さんになって表現をします。

それぞれ曲が違います。

「あ、この曲は何の動物さんかな?」

曲を聞いて狸さん・うさぎさん・お馬さんの動きをします。

ちょっとキョトーンとしています。

その中から何人かの子どもたちが動きをします。

「あ、上手だね。何の動物さんかわかったね」とマツダせんせい。

周りの子どもたちは真似をして動物の動きをします。

スティックでリズムを叩く練習をしました。

初めてなので、先生がするのを見て真似をします。

頭の上や体の横、体の下で「トントントン、トントトトン」とスティックでリズムを叩きます。

かたつむりが出てきました。

子どもたちも保育園で実際のかたつむりを見ているのでよーく知っているようです。

「カタツムリさんは葉っぱの上を歩きます。ヌメヌメしているからさかさまになっても落ちないんだよ」

3人組になります。

2人は葉っぱになって、1人は葉っぱの中にカタツムリとして中にいます。

ユラユラ揺れます。

「じゃあ、カタツムリさんはお引越しします」カタツムリの子どもは葉っぱの家を出て、違う葉っぱの家にお引越しします。

葉っぱとカタツムリの役を交替しながら、みんなが葉っぱとカタツムリになります。

最後はみんなカタツムリになって、うつぶせで進んだり、ひっくり返って仰向けになって進んだりしました。

あおぐみの活動では…

53545760

66677071

76787981

84899193

♪あーさのあいさつおはよー…♪で始まりました。

子どもたちもお友だちを替えるというのがだいぶスムーズに出来るようになってきました。

年長さんだけでやってみました。

お友だちと2人組になるのもとっても上手。

年中さんたちが「上手だった」と言っています。

年中さんたちもやってみました。

3回ほどやってみました。

年長さんからは「1回目はへたくそだったけど、2回目は上手で、3回目はへたくそだった」と総評が…。

2人組を作るのに誰と作るか迷ってしまったり、同じお友達と一緒になってしまったりしているのを見ていたようです。

その様子が活気にも影響していたようです。

年長児の2人組の子どもたちがみんなの前で見本を見せました。

とってもニコニコしていて、見ている方も楽しくなります。

「笑ってるということは楽しいということだよね。見てる人にもちゃんと伝わるよね。」とマツダ先生。

3人組になってトンパチントンパチンと手合せします。

葉っぱが2人、カエルが1人。

ユラユラ揺れます。

真ん中のカエルは引っ越しをします。

カエルの歌に合わせてジャンプしながら他の葉っぱの家へ移っていきます。

葉っぱとカエルの役割を交替しながら2回繰り返し、葉っぱもカエルも出来るようにします。

“いもむしれっしゃ”の絵本を読んでもらいました。

イモムシやバッタ、ダンゴ虫、クモ、カミキリムシなどの虫が出てきました。

絵カードが出てきました。

トンボ・チョウチョ・テントウムシ・クワガタ・カブトムシ・カミキリムシ・セミ・カマキリ・ダンゴ虫などが出てきました。

「トンボになって」とマツダ先生。

バッタ・クワガタ虫・アリ・テントウムシを手でリズムを叩きます。

マツダ先生がウッドブロックでそれぞれの虫の名前を言いながらリズムを叩きます。

それを聞いていると、なんだかわかってきます。

「リズムを聞いていると、お話してるみたいだね」

リズムを聞き分けます。

言葉を言いながら、足でリズムを刻みます。(ちょっと難易度が高いですが…)

子どもたちも必死についてきます。

“カエルの歌”のリズムを手で叩きます。

♪かえるのうたが 聞こえてくるよ クワークワークワークワー ゲロゲロゲロゲログァグァグァー ♪

「クワークワークワークワーの所だけスイスイ泳いでみようか」

スーイスーイスーイスーイ手をかき分けます。

今度は年長児年中児に分かれて一列になります。

それぞれ一人に一人ずつになるように並びます。

♪かえるのうたが きこえてくるよ クワークワークワークワー ゲロゲロゲロゲロ グァグァグァー ♪

「クワークワークワークワー」の所だけボールを前の人に転がして、行き来させるよ」

最初はちょっとどうすればいいのかわからない感じでしたが、だんだんコツがわかってきて出来るようになってきました。

最後にはきれいにそろってクワークワークワークワーのところがボールの行き来をしていました。

今回もいろんな活動があり、充実した時間になりました。

| | コメント (0)

2014年7月 7日 (月)

七夕まつり

昨日は雨が強く、今日もお天気がどうなるか心配していましたが、朝にはピタッと雨もやみ、保育園への出入りもスムーズに出来ました。

とってもありがたかったです。

今日は七夕。

織姫と彦星が一年に一度だけで会える日です。

日ざしも出てきたので、もしかしたら天の川が見られるかもしれません。

保育園でも七夕まつりを行いました。

12311

13172630

9時半前には浜ヶ城公民館のおばあちゃん方と浜ヶ城保育園の理事の方々9名が保育園へ上がってこられました。

子どもたちはおばあちゃん方が来られるのをとっても楽しみにしていました。

いつものように体操をして、かけっこをします。

おばあちゃん方も子どもたちが体操をしているのを見ながら、ノリノリで踊っていらっしゃいました。

そして、よーく応援をしてくださいました。

部屋へ入り、七夕飾りを作る準備をします。

32333741

42434546

47484952

56576970

各グループに分かれて飾りを作り始める前にあおぐみの子どもたち3名から「今日は浜ヶ城保育園に来てくださってありがとうございます。今日は七夕飾りを一緒に作ったり、飾ったりして楽しみましょう。」あいさつがありました。

長方形やダイヤの形、輪っか、三角、貝殻、蜘蛛の巣、おはながみで作った花を使った飾りなど様々なものを作りました。

おばあちゃん方に教えてもらったり、子どもたちが教えてあげたり…飾り作りを通してコミュニケーションをたくさんとっていました。

時間いっぱい飾りを作り、たくさん出来上がりました。

作った飾りをおばあちゃん方や先生たちと一緒に笹に結び付けていきました

76788285

87869192

飾りをつけ終わると子どもたちやおばあちゃん方から「うわー、きれい」と歓声が上がり、拍手していました。

「七夕」の歌をみんなで歌いました。

ウッドデッキに出て、全園児とおばあちゃん方と一緒に記念撮影を行いました。

102


とってもきれいな飾りつけが出来上がりました。

みんなの願いが叶うといいですね。

保護者のみなさんも是非、七夕飾りご覧になられてくださいね。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »