« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月26日 (木)

6月誕生会

梅雨の日らしく、しっとりと雨に濡れて風情ある景色になっています。

6月の誕生会を行いました。

1235


10121819


2120

誕生者は4名
(あかぐみ1名・きぐみ1名・ももぐみ1名・あおぐみ1名、男子2名・女子2名、1歳1名・3歳1名・4歳1名・5歳1名)

1歳児のお友達は先生やお友達に紹介してもらいましたが、3歳からのお友達はしっかり自己紹介出来ていました。

「好きな食べ物は?」の質問に「お肉・つるつるラーメン・ウインナー・ニンジン・ブドウ…」様々な食べ物が出てきました。

みんなからは歌のプレゼント。

「お誕生日おめでとうございます」とみんなが言うと、誕生日の子どもたちが元気のある声で「ありがとうございました!!」とあいさつしていました。

今月の出し物は…

26272932


3334

① 「なかよしかたつむり」のお話

カシワバラ先生が傘をさして登場してきました。

「今日も雨が降ってるけど、水の好きな生き物知ってるかな?」

「かたつむり、カエル、おたまじゃくし…」

「今日はかたつむりのおはなしをしたいと思います。」

かたつむりのかたちゃんとつむりくんがいました。

いつも仲良しです。

「何して遊ぶ?」

「じゃあ、鬼ごっこして遊ぼうか」

2匹はおっかけっこを始めました。

つむりくんがいなくなりました。

代わりにいたのはへびさんでした。

「???つむりくんがいない」

おかあさんが「かたちゃん、つむりくんどこにいるの?」と声をかけました。

「おかあさん、どこ?」と言うと「はーい」大きな目玉が出てきました。

そうです。かたちゃんとつむりちゃんはおかあさんの体の上で遊んでいたのです。

「みんなで“かたつむりのうた”をうたいましょう」ということで、子どもたちみんなで歌を歌いました。

36373840


41434547


48

② マジック

何にも入っていない紙袋が出てきました。

「何にも入っていない紙袋です。(子どもたちに確かめてもらいました)“ワンツースリー”って魔法をかけると、みんなが好きなものが出てきます。

子どもたちは興味津々。

「ワンツースリー」

「あれ、何にも入っていなかったのに、なんか出てきたよ。あー、アンパンマンのジュースだ」

「おー、すごいね」と子どもたち。

二回目は“ガイムのぐみ”お菓子が出てきました。

もうひとつ“空飛ぶコイン”というマジック。

普通のハンカチが一枚。

それと100円玉一枚。

100円玉を見えないようにハンカチにくるんでいきます。(これもちゃんとハンカチにくるまれているか子どもに確認してもらいました)

「ワンツースリーって魔法をかけると、包んであった100円玉が浮いてきて、空を飛んで先生が指したところに飛んでいきます。」

「ワンツースリー」とみんなで呪文を唱えると…

「あ、あそこに飛んでいく!!」とカシワバラ先生。

すると、あおぐみの連絡ボードに100円玉が飛んで行っていました。

これにはみんなびっくり。

「すごーい」と感心しきりでした。

今月の誕生会もとっても楽しく過ごしました

| | コメント (0)

2014年6月24日 (火)

リトミック5

久しぶりに青空が見えています。

やっぱり太陽がのぞくといいですね。

リトミック5でした。

ももぐみの活動では…。

1568


11151718

21252630


35373841


4348

「こんにちは」とマツダ先生が子どもたちに語りかけます。

「こんにちは」と子どもたち。

元気がありません。

その声を真似て先生が「こんにちは」と言います。

「みんなのあいさつを真似っこしたよ。」

元気のあるあいさつ、元気のないあいさついろんな「こんにちは」をやってみます。

曲が流れると歩き始めます。

曲が止まったら子どもたちもピタッと止まります。

最初、曲が止まってもなかなか止まれない子どももいました。

何度か繰り返します。

すると、みんなよく止まれるようになってきました。

「走っててもピタッと止まれるかもね」

速い曲になり、みんな走り出します。

曲が止まると、みんなも止まります。

ほとんどの子どもたちがピタッと止まれました。

「みんなすごい!!よく止まれたね」

バックする曲が流れると、覚えていたのかバックします。

「みんなゴロゴロして」と先生。

子どもたちは床に横になりゴロゴロイモムシみたいに転がります。

「赤ちゃんになって手と足をバタバタさせて。」

本当に赤ちゃんのようです。

「忍者になるよ。忍者は静かに、音をたてると見つかっちゃうよ。忍び足で歩くよ。」

子どもたちは忍者になり切ります。

「シュリケンをシュシュシュと投げるよ。」シュシュシュシュとシュリケンを投げます。

「今度はあしシュリケンだよ」と言うと、どうしよう??という感じでしたが、誰かが下の方でシュリケンを投げていたので、それを真似たり、先生がするのを真似たりしていました。

絵本「かたつむりののんちゃん」を読んでもらいました。

今の季節にピッタリ。

子どもたちもカタツムリに興味津々。

「じゃあ、みんなにカタツムリになってもらいましょう」と先生。

カタツムリのおうちやしっぽ、頭を出し、目を出しするとカタツムリらしくなりました。

カタツムリになってお散歩します。

「虫が来た。食べられちゃうから頭としっぽを隠して」と言われると、みんな頭とお尻を隠して丸くなります。

絵本の中に出てきたように、最後は「ドッボーン」と落っこちました。

「カタツムリみたいにロープの上を落っこちないように歩いてみよう」ということで、ロープの上を歩きました。

中には落ちないようにバランスをとるのに両腕を広げている子もいました。

みんな慎重に歩きます。

その間、先生たちがクネクネ道をカラーボードで作りました。

ロープを何度か渡ったら次はボードの上をジャンプします。

ピョンピョンピョンピョンとリズムよくジャンプしていくのはまだまだ難しいですが、頑張って最後までジャンプしながら道を通って行きます。

前からの活動でカラーボードを頭の上に持ち上げて歩き、曲が止まったらボードを床に置いて頭・ほっぺ・あご・おへそ・おしり・頭と手・お尻と手など1つや2つの体の部位をボードにくっつけます。

以前からするとだいぶ上手になってきて、動きも早くなってきました。

最後に「すずめ」「つる」「ねずみ」「ぞう」「くま」の絵カードが出てきました。

言葉と音の長さを手拍子してみました。

あおぐみの活動では…。

49505256

59606467


70727377


74758182


85889399


ももぐみと同様、「おはようございます」でいろんな表現をしてみました。

4,5歳児の子どもたちには自分たちで身振り手振りを使ったり、いろんな声の調子も考えてもらい、みんなの前で発表してもらいました。

元気なあいさつ、元気のないあいさつ、恥ずかしそうなあいさつ、踊りだしそうなあいさついろんな表現が出てきました。

♪あーさのあいさつおはよーで2人組を作り、トンパチンと手合せしたり、にらめっこをしたりします。

「かえるになって飛んでみて」とマツダ先生。

子どもたちは喜んでジャンプしながら部屋の中を進みます。

“かえるのうた”のリズムを手で叩いてみます。

「足でも“かえるのうた”を歌ってみようか」ということで、足でリズムをとりながら歩きます。

手と足両方で“かえるのうた”のリズムをとってみます。

初めての試みでしたが、みんな結構上手に出来ていました。

“かえるのうた”の音階を見えるようにするため、3人一組になってロープを斜めにして音の高低を感じる活動をしました。

「ドレミファミレド」ドがロープの一番下で、レが次、ミがその上、ファがまたその上と音が上に上がっていってまた下がるというのが子どもたちにわかるようになっています。

最初は先生たちがお手本を見せました。

ちょっと難しそうでしたが、やっていくうちにどうすればいいのかわかってきたようです。

カエルだけではなく、馬やイヌ、ヤギ、サルなどの鳴き声もやってみました。

長いロープが出てきました。

ピーンとロープを張ります。

ロープの最初と終わりの部分を持って会話をします。

向こう側の人がロープを持っているときには相手側の人がロープをたゆませ振動を送ります。

今度は反対になり、相手側の人がロープを張り、向こう側の人がロープをたゆませます。

最後にグーチョキパーでよく聞くクラシックの曲に合わせて表現しました。

| | コメント (0)

2014年6月17日 (火)

郷土のお菓子作り

午前中から雨がしとしと降り続けています。

今日は一年に一度の郷土のお菓子作りを行いました。

今年もいちき串木野市食生活改善委員のマルノさん・イシノさん・カワサキさんが保育園に来てくださり、指導してくださいました。

お菓子は二種類

「草餅」と「ブランマンジュ」です。

11131214

1819

まずは“ブランマンジュ”から取りかかります。

“ブランマンジュ”とはさつまいものでんぷんを使ったミルクカンのようなものです。

材料はさつまいものでんぷん・牛乳・砂糖です。

でんぷんと砂糖を鍋の中で混ぜ合わせます。

程よく混ざったら、牛乳を入れていきます。

この工程を子どもたちにやってもらいました。

牛乳を入れながら混ぜ合わせていきます。

3人で一つの鍋につき、一人が混ぜ、二人は動かないように鍋の縁を持っています。

後は調理室で火にかけて、冷やし固めます。

“草餅”の材料は上新粉・白玉粉・砂糖・塩・保育園で摘んでおいたヨモギ・あんこ・きな粉です。

26283032


40434550


54565559


62667276


7778

ボールに白玉粉を入れ、ぬるま湯を入れツブツブがなくなり、トロッとなるまで混ぜます。

そこに上新粉・砂糖・塩・ミキサーにかけたヨモギを混ぜ合わせます。

耳たぶくらいの感触になったら小さくちぎり、蒸し器の中に入れます。

子どもたちには白玉粉・上新粉・砂糖・塩・ヨモギを入れたものを混ぜ合わせてもらいました。

これがモチモチしているので、混ぜ合わせるのに力が要ります。

木べらを使って先生と一緒に混ぜますが、「重たい」という声が上がっていました。

最後は食改善の方々が手でこねて調整しました。

調理室で蒸し器で蒸している間に…子どもたちはあんこを丸めたり、きな粉をふるったり、ブラマンジュに保育園で収穫したスモモをジャムしたものとスモモをトッピングしたり大活躍でした。

蒸し上がってきた草餅は包丁で小さく切り、平たく伸ばしたものにあんこをのせ、かぶせます。

ちょうど葉っぱでくるんだような形になりました。

仕上げに上からきな粉をふるって出来上がり。

子どもたちがする工程もいくつもあり、あっという間におやつの時間になりました。

食改善の方々も「いい出来で本当に良かったです」とおっしゃっていました。

“草餅”も“ブランマンジュ”もとってもおいしそうに出来上がりました。

「おいしそう!!早く食べたーい」と子どもたちから声が聞こえました。

あおぐみの子どもたちと食改善の方々で会食をしました。

90898788


86858382


81807984

2時間かけて作ったおやつでしたが、本当においしかったのでしょう、5分くらいでペロッと食べ終わっていました。

「おいしかったー!!」と子どもたちも満足そうでした。

来年もまた楽しみにしていましょうね。

| | コメント (0)

2014年6月10日 (火)

リトミック4

久しぶりに厚く雲が覆われていて、今にも雨が落ちてきそうです。

リトミック4でした。

ももぐみの活動では…。

351011

14151621


252726

曲を聞いて歩きます。

ピアノの音の強弱、速度を感じます。

曲が止まったら、自分たちも止まります。

なかなか止まれない子もいるので、繰り返します。

これはリトミックの約束事なので、体にしみこませます。

高音は小さい音で、中音は普通の音で、低音は大きな音で…

音のニュアンスを感じます。

高音はママのお返事、中音は子どもたちのお返事、低音はパパのお返事で音を聞いて実際にお返事してみます。

「ママ」「こども」「パパ」と言う子もいて、先生の真似をしてお返事をしてみました。

曲に合わせて歩いて、高音がしたらジャンプして、低音がしたら座ります。

ジャンプするときには口でも「ジャンプ」、座るときも「ドーン」と口で言って座ります。

一つの動作をするのではなく、2つの動作をしながら表現をします。

赤・黄色のボードが渡されました。

「おでこを赤色のボードにくっつけて」「背中を黄色のボードにくっつけて」とマツダ先生が言います。

どうしていいのかわからない子もいます。

ボードは床に置いたままです。

ボードの方に体の部位をくっつけます。

中にはボードを体の部位に持っていく子も。

「ボードは床に置いたままだよ。ほっぺたや背中、あし、頭をくっつけるんだよ。」

先生の真似をして、一枚のボードを両手で持ってスイングします。拍の長さを感じます。

「き・い・ろ」「き・い・ろ」「あーか」「あーか」「きいろ・きいろ」「あか・あか」

少しずつ音の長さと言葉、数の概念を知っていきます。

あおぐみの活動では…。

30334243


44454647


48505355


5659

♪あーさのあいさつおはよー…から始まりました。

2人組・3人組・4人組を作ります。

近くにいる人とサッと人数の組を作れるようにします。

これがなかなか難しいです。

遠くのお友だちを探したり、どうやったら3人・4人になれるかを考えないといけないのが、5人、6人になってしまい、どうわかれたらよいかわからなかったり。

「そんな時にはこっちに来てとかここ足りないよとか声をかけるんだよ。」とマツダ先生。

何回か繰り返します。

2人組になり、手合せをします。

「“ハイ”と言われたら手を1回パチンと叩きます。それまではお友達と手合せをしておきます。」

“ハイ”というのはいつ言われるかわからないので、集中して聞いておかないといけません。

「トントントントントントントントン ハイ トントントントントントン ハイ トントントントン ハイ…」

コツをつかむとみんな出来るようになっていましたが、「手が痛くなったー」と言っている子もいました。

「ケンケンパーケンケンパー」の練習します。

ロープとフープを使ってケンケンパーの場所を作ります。

子どもたちにとって、リズムよくケンケンパーをするのは思うより難しいことのようです。

リトミック的にはケンケンは ♩ ♩ で四分音符。

パーは二分音符で長く。

リズムよく出来ると、ケンケンパーもうまくいきます。

みんな焦って早くしようとしてしまい、ロープやフープに引っ掛かったりしてしまいます。

♪トントントントンひげじいさん トントントントンこぶ爺さん トントントントン天狗さん トントントントン眼鏡さん キラキラキラキラ手はおひざ…♪

子どもたちもよく知っている手遊びです。

マツダ先生がトントントントンの部分を言って、子どもたちがひげ爺さんやこぶ爺さんの部分を言います。

2人組になって一人はもう一人の肩をトントントントンと叩いて、もう一人は手遊びをします。

それも拍を感じる活動です。

そして、2拍子・3拍子・4拍子で歌を歌いながら手遊びをします。

「なんか変だったー、なんか速かったー」と子どもたちは拍子の違いを感じたようでした。

♪ラララ―ララララーラララ―スイングしながら歌います。

八分音符・四分音符・二分音符を入れながら歌います。

最後に♪ナベナベそーこぬけ そーこがぬけたらかえりましょう♪の練習をしました。

今回も様々な活動を行い、有意義な時間になりました。

続きを読む "リトミック4"

| | コメント (0)

2014年6月 9日 (月)

スモモ狩り(もも・あお)

梅雨に入ってから、雨が降らない日が続いています。

おかげさまで?!子どもたちは存分に園庭で遊んでいます。

スモモ狩りをしました。

この所、ビワ・桃狩りと収穫を楽しんでいます。

スモモはもう少し先なのでは?と思っていたのですが、先週末スモモの木を見に行くと、木の上から中段にかけて赤く色づいていました。

と言うことで、急きょ子どもたちにスモモ狩りをしてもらいました。

231416

19212325

色づいている実は高いところが多いのでももぐみの子どもたちは一人ずつ、先生と一緒に収穫をしました。

「あそこに赤いスモモがあるよ」と子どもたちに声をかけると、ちょっと高いので体と腕をいっぱい伸ばして懸命にスモモをとろうとします。

「ほら、とれたよ」と得意顔です。

「甘くて、おいしいよ」収穫したスモモは部屋の前のウッドデッキで食べました。

あおぐみの子どもたちは朝顔の種を植えていました。

26303236

42432931

鉢の中にネットを入れて、土が流れないようにします。

その準備をした合間にスモモ狩りを行いました。

4,5歳児になるとスモモの木に登ったり、脚立に登ってとろうとします。

子どもたちが殺到するので、「順番で登ろうか」と声をかけます。(スモモの木は老木なので、たくさん子どもたちが登ると本当につらそうです)

中段にある赤い実をめざして腕を伸ばします。

実がとれると「やったーとれたよ」と自信に満ちた顔をします。

たくさんのすももを収穫しました。

まだまだ色づいていない実もあるので、次はき・あかぐみの子どもたちに収穫してもらいます。

| | コメント (0)

2014年6月 6日 (金)

桃狩り(あか・き・もも)

今日も雨は降らず、園庭で思いっきり遊ぶことが出来ました。

菜園には“実のなる果物”がありますが、今日は“桃”を収穫しました。

3,4年前に植えましたが、年々実をつける数も増え、今年は赤く色づいた桃の実がたわわになりました。

小鳥やカラスはよく知っていて、色づき始めた頃からよく訪ねてきていて、上の方は食べていました。

ネットをかけて、出来るだけ木で熟成させようと収穫する頃合いを見計らっていました。

雨も降らなかったので、今日子どもたちに収穫してもらいました。

2458

10121315

171821

あかぐみの子どもたちも先生たちと一緒に赤くなった桃を収穫しました。

他のクラスの子どもたちも先生たちと一緒、もしくは自分で色づいた実を選んで収穫しました。

1人1個ずつはゆうにあったので、3時のおやつで食べることになると思います。

旬の味覚を味わえますね。

| | コメント (0)

2014年6月 4日 (水)

消防訓練(いちき串木野市消防署)



昨晩は強い風を伴って、大雨が降りました。

消防訓練が出来るか心配でしたが、今朝は雨も上がり、日も射しています。

いちき串木野市消防署から3名の消防士の方々に来ていただき、総合消防訓練を行いました。

子どもたちがかけっこをしている時に「給食室から火事だー」とイシツカ先生が大声でみんなに伝えます。

子どもたちは先生たちの誘導でいつもの避難場所へ逃げます。

その間、初期消火をしたり、消防署へ訓練通報をしたり、建物の中に逃げ遅れた人はいないか確認したり、窓やドアを全部閉めたり(延焼を防ぐため)職員が手分けして行います。

29303132

33

「みんなは先生が言うとおりにして、逃げるんだよ。保育園にいるときは先生たちが言うことを良く聞いて。外にいるときやおうちにいるときにはにはお父さんお母さんが言うことを良く聞いて逃げます。今日、消防訓練があったことをお父さんお母さんにもお話してね。」

「先生たちは子どもたちを避難誘導する役割と逃げ遅れていないか確認し、窓やドアを閉める役割と初期消火をする役割、通報する役割など日頃から役割分担を決めて置いて、手分けして出来るようにしておいてください。」

職員が水消火器で消火訓練を行いました。

36383943


42

まずは周りにわかる様に「火事だー」と大声で叫ぶ。消火器のピンを外して、ノズルの先を持って消火点に近づき(3メートル~6メートル)レバーを押す。消火器から粉末が噴射される。風上へ回り込んで火元の根っこ部分にあたるようにする。

最後は子どもたちが楽しみにしている消防車見学

44491164

16182225

58617074

保育園の坂を下ったところに救命工作車が止まっています。

子どもたちは写真撮影をしたのち、見学させてもらったり、運転席に乗せてもらったり、災害や事故があった時に人を助けるために必要な道具を見せてもらいました。

もも・あおぐみの子どもたちはロープを使って体を持ち上げられたり、空気を送って物が持ち上がる装置を体で乗って体感したり、大量の風を送られる装置で強い風を感じたり様々な経験をしました。

子どもたちは興味津々で、食い入るように見入っていました。

「みんなが消防署見学に来たらはしご車の梯子に乗ったりすることも出来るから来てくださいね。」

様々な経験が出来てよかったと思います

| | コメント (0)

2014年6月 2日 (月)

芋の苗植え

昨日までは五月晴れの爽やかな日々が続きましたが、今日は一転、雨が降ってきました。

6月に入りました。

季節が巡るのは本当に早いものです。

芋の苗植えを行いました。

朝から子どもたちも汚れてもいい服を着てきたり、長靴を持ってきたりと準備万端。

楽しみにしていました。

雲行きが怪しくなり、「雨がパサパサ降ってきたから急いで苗を植えましょう」ということで、急きょ体操をせずに苗うえを行いました。

きぐみ2歳児の子どもたちから順に行いました。

34910

12131418

192325

「おイモは茎の下の方に根が生えてきて、そこに実がつくから葉っぱは土の外に出して、横に寝せて植えてください」と園長先生からお話がありました。

雨が本降りにならないうちに植えてしまおうということで、急いで植えていきます。

芋のツルは畝の上に置いてあり、一定の間隔で穴を横広に開けてツルを植えていきます。

「早く食べたいなぁ」と言う声も聞かれました。

いつもより早く植え終わりました。

終わるころには雨も強くなりだしました。

おイモを植えるタイミングとしてはとっても良かったと思います。(雨が降るとよく根がつくため)

先日野菜の苗植えを行いましたが、あおぐみの子どもたちが世話をしているキュウリが実をつけました。

26271

大きくなったので、3本収穫をしました。

早速ナカヨウボ先生がキュウリの浅漬けにしてくださり、子どもたち食べました。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »