« おにぎりの日 | トップページ | リトミック 2 »

2014年5月 2日 (金)

お茶摘み(き・もも・あお)

風薫る5月になりました。

今日はまさに五月晴れの良い天気です。

お茶摘みを行いました。

まずは園長先生から「今日は八十八夜と言ってお茶を摘むのに一番よい日です。保育園のお茶の葉っぱも黄緑で柔らかくなりました。(みんなみたいな)お茶の葉っぱを摘むときには手で触って柔らかくて、色は黄緑の葉っぱを選んで摘んでください。」黄緑の葉っぱ、緑で硬い葉っぱをみせながらお話がありました。

2 5 7 12

まずはきぐみ2歳児(一歳児はイチゴ狩りを楽しみました)先生が付いて子どもたちが葉っぱを摘みます。

最初はどうしてよいのかわからない感じもありましたが、何度か繰り返すうちにどうやって摘めばいいのか少しわかったようです。

葉っぱは先を持って引っ張ると途中でちぎれてしまうので、茎と葉っぱの境目(根元の部分)を指でつまんで引っ張ります。

コツをつかむと、楽しくなってきたのかももぐみの子どもたちがやってきてもまだやろうとしている子もいました。

14 15 20 41

43 44

ももぐみの子どもたちも先生がついてどんな風に摘めばよいかを教えてもらいながら摘んでいました。

年齢が上がるごとにコツをつかむのも早くなり、片方の手に何枚ものお茶葉を持ちながら進めている子もいました。

夢中になって取り組む子、周りの様子が気になりお茶摘みには気が向かない子それぞれでした。(大体の子は一生懸命取り組んでいました)

49 50 51 53

60 57 62 68

あおぐみの子どもたちは何度も経験している子も多く、(今年初めてという子もいました)「先生、これ取っていいの?」と聞きながら進めていました。

自分で摘んだお茶の葉は手元から離したくないようで、片方の手にたくさんの葉っぱを握りしめて取り組む子が多かったです。

4,5歳児の子どもたちには長い時間取り組んでもらいました。

「先生、お腹すいた。疲れた~。」と最後の方には言ってくる子がいて、「お腹が空いたらご飯もおいしいからもう少し頑張ろうね。」と励ましながら続けました。

誰からともなく「ちょうちょ」「チューリップ」「こいのぼり」などを歌を歌い始めました。

♪なつもちーかづくはーちじゅうはちや のにもやーまにもわかばがしげる あれにみえるはちゃつみじゃないか あかねだすきにすげのかさ♪と歌うと子どもたちも「ふーん」と言う感じでした。

「あかねだすきの“あかね”って何色か知ってる?」と子どもたちに質問すると、「ピンク・白・青・灰色…」いろんな色が出てきましたが、なかなか赤!という答えは出てきませんでした。

「“あかね”は夕日の色で赤とオレンジ色の中間みたいな色なんだよ。」というと、「へぇー」と感心していました。

いろんな話をしたり、歌ったりしながらにぎやかで楽しいお茶摘みになりました。

23 25 29 33

35 31 36

あかぐみきぐみ(1歳児)の子どもたちはプランターに植えてあるイチゴが収穫時期になったので、イチゴ狩りを楽しみました。

あかぐみの子どもたちはバギーに乗ったり、歩いたりしてプランターの前までやってきました。

月齢の高い子どもはイチゴを手にして引っ張って、イチゴを摘み取っていました。

その場で口に入れてほおばっていました。

おいしかったのか、2つ、3つと摘み取って食べる子もいました。

小さな子どもたちは先生たちにとってもらって、口に入れていました。

季節の風をうけながら、新緑のすがすがしい気候のもと良い体験が出来たと思います。

|

« おにぎりの日 | トップページ | リトミック 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おにぎりの日 | トップページ | リトミック 2 »