« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月26日 (土)

おにぎりの日

日差しが強くなるにつれ日中は気温も上がり、子どもたちの中には半袖を着ている子も出てきました。

今年度初めてのおにぎりの日

子どもたちはお母さんやおばあちゃん、(自分で作ったと言っていた子もいました)、お父さんから作ってもらったおにぎりを持って保育園へやってきました。

もも・あおぐみの子どもたちは食育のお話がイシツカ先生からありました。

1 5 6 7

9 11 12 13

14 15 17 20

28 30 31

「みんな、食べ物にはどんなものがあるか知ってる?」と質問がありました。

「りんご・イチゴ・キャベツ・ステーキ…」いろんな食べ物が出てきました。

「みんなはどんな飲み物を飲むかな?」と再度質問。

「牛乳・お茶・水…(ジュースは出てきませんでした)」

「お茶はどうやって飲むのかな(作るのかな)?」と質問されると、「葉っぱを入れて、お湯を入れる。」とよく知っている様子。

「お湯も水もどこから来るのかな?」と聞かれると、「川の水」との答えが返ってきました。

イシツカ先生が食べ物の写真を見せて、どんな食べ物があるかを確認します。

肉(鶏・豚・牛)、卵、魚、野菜、米、パン…

「肉や魚は生きているのを殺して、私たちは命をいただいているんだよ。野菜や米は育てて入れる人がいて、食べ物を売るお店屋さんがいて、いろんな食べ物を使って料理を作ってくれる人がいる。みんなはいろんな命をいただいて、いろんな人のお世話になってご飯を食べてるんだよ。」

「食べる前にはなんてご挨拶しますか?食べ終わったらなんてご挨拶をしますか?」

「いただきます・ごちそうさま」ちゃんとあいさつにも意味があるのです。

毎日のご飯を食べるためにはたくさんの命をいただくということなのです。

そして、様々な人々のお世話になるということです。

“食材当てクイズ”を行いました。

紙コップにアルミホイルをかぶせてあり、中に何が入っているかはわかりません。

穴が開いていて、匂いをかいで何の食材かを当てるクイズです。

みんな興味津々。

私も僕もと匂いをかぎたがります。

目で見るのではなく、匂いで食材を当てる。

普段、野菜や食べ物の匂いをかいでいないとわかりません。

「これは何の食べ物でしょう?」と問題を出されます。

独特の匂いのものは子どもたちもすぐにわかって「玉ねぎ・ピーマン」と自信たっぷりに答えますが、あやふやなものは「なんか漬物の匂いがする」とか「塩コショウの匂いがする」など答えます。

今日のおやつに食べるビーフンに入れる食べ物が入っていました。ニンジン・ピーマン・キャベツ・玉葱・サクラエビの匂いでした。

「今日はみんなおにぎりを持ってきたよね。誰が作ってくれましたか?そして、お米は誰が作りましたか?いろんな人に“ありがとう”の気持ちで“いただきます”“ごちそうさま”と言える人になってくださいね。」とイシツカ先生からお話がありました。

「たべものにありがとう」(イシツカ先生が作った紙芝居)を最後に読んでもらいました。

みんな、おうちから持ってきたおにぎりをおいしそうにほおばっていました。

32 33 4849

52 53 59 60 

63 65

| | コメント (0)

2014年4月25日 (金)

野菜の苗植え(もも・あおぐみ)

新緑が目にまぶしい頃になりました。

保育園の木々も青々と葉っぱが茂ってきました。

もも・あおぐみの子どもたちが野菜の苗植えを行いました。

ここ数年、5月ゴールデンウイーク明けに行っていましたが、今年は気候もよかったので4月末にすることになりました。

ももぐみはミニトマト2本・ピーマン2本(後日オクラを2本植えます)

あおぐみはキュウリ4本・ナス5本・トマト(大2本・フルーツ4本)トウモロコシ4本を植えました。

きれいに耕された畑に子どもたちが植える場所にスコップで穴を掘ります。

そして肥料をスコップで半分くらいすくって穴に入れ、肥料が見えなくなるまで土を入れます。

そこへ苗をひっくり返して取り出し、穴へ入れます。

後は土をかぶせて、手でならします。

5 12 15 18

ももぐみの子どもたちは一連の作業が難しいので分業制にしました。

スコップで穴を掘る人、肥料を入れる人、苗を穴に入れる人、土をかぶせてならす人、水をかける人。

そうして4本の苗を大事に植えました。

2 6 10 11

19 21 29 34

あおぐみの子どもたちは1人ずつ苗を植えました。

スコップで穴を掘るにもコツが必要です。

スコップを縦に入れると深く掘れます。

横にすくっているとなかなか深く掘れません。

苗を取り出すのも一方の手で苗を支えておいて、もう一方の手は指で茎を挟んでひっくり返して取り出します。

初めてする子には難しい作業です。

子どもたちに声をかけながら、手を添えながら進めます。

無事に苗を植えて、土をかぶせてならしたらジョロで水をかけます。

みんなとっても真剣にやっていました。

菜園では今、えんどう豆(グリンピース)が収穫できます。

23 26 40 41

あおぐみの子どもたちに収穫してもらいました。

「豆のさやがザラザラなってるのをとってね」と言われました。

「先生、これ取っていいの?これはまだ?」と子どもたちが保育者に声をかけます。

収穫したえんどう豆をさやから出す作業までやってもらいました。

これも経験していないとどうやって剝いていいのかわかりません。

外側の線に沿って親指の爪でなぞってさやを開けやすくして、それから剝きます。

コツをつかむとどんどん剝けて、中から豆が出てきます。

経験するって大事なことですね。

早ければ6月には収穫できるのではないかと思います。

楽しみにしていてくださいね

36 37 38

| | コメント (0)

2014年4月24日 (木)

4月誕生会

  風薫る5月が近づいてきて、爽やかな日になりました。

4月誕生会を行いました。

6 8 9 10

11 19 22 31

35 41 46

生者は4名(欠席1名で3名出席。あかぐみ1名・ももぐみ2名・あおぐみ1名。男の子3名、女の子1名。1歳1名・3歳1名・4歳1名・5歳1名)でした。

小さなお友だちがお休みだったので、みんなに自己紹介をしてもらいました。

名前・何歳になったか・好きな食べ物・好きな遊び・好きな動物・大きくなったら何になりたいかをしっかりと答えてくれました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

57 61  65 66

「はるのお話」手袋シアター

ポロンポロンとたくさんのお花が咲いています。

フーッと春の風が吹いてきました。

誰かがやってきました。

アリさんです。

♪あんまりいそいでごっつんこ ありさんとありさんと ごっつんこ あっちいってチョンチョンこっちいってチョン♪

みんなで歌を歌いました。

続いてチョウチョさんとハチさんもやってきました。

♪ちょうちょちょうちょ なのはにとまれ なのはにあいたら さくらにとまれ さくらのはなの はなからはなへ とまれよあそべ あそべよとまれ♪

♪ぶんぶんぶん はちがとぶ おいけのまわりにのばらがさいたよ ぶんぶんぶん はちがとぶ…(2番も)♪

アリさん・チョウチョさん・ハチさんがそろいました。

「春をお祝いするということで、ハチさんがいるので、みんなで“ハッチバースデイトゥーユー”を歌って春が来たことを喜びましょう。」

ということで“ハッチバースデイトゥーユーハッチバースデイトゥーユーハッチバースデイデアはるーハッピバースデイトゥーユー”と歌いました。

春爛漫、楽しい誕生日会になりました

 

| | コメント (0)

2014年4月22日 (火)

リトミック

朝から蕭々と雨が降っています。

一雨ごとに初夏に近づくのでしょう。

今年度初めてのリトミックを行いました。

ももぐみの活動から。

1 2 4 9

10 13 28 30

34 35 37 42

昨年ももぐみだった子2人以外ははじめてのリトミック。

何をするんだろう?とちょっといぶかしげな子もいました。

「これから一緒にリトミックをするマツダトモ子です。よろしくお願いします」とマツダ先生。

頭・おなか・肩・ひざ・耳・口・鼻…体の部位をトントントントン叩いて確認します。

「リトミックってどんなことするかわかる?~ちゃん教えてあげて」と去年リトミックを経験した子に先生が質問します。

「???」ちょっと説明は難しいよう。

「リトミックはピアノの音を聞いてお友達が動いたり、音をよく聞いてどんなことをするか考えて動くんだよ。今何をするのかなって考えながらするんだよ。」とマツダ先生。

大きなマルをみんなで作ります。

「~ちゃん、~くん」「ハアイ」一人ずつ先生が名前を呼んで、子どもたちが返事をします。

初めてする子が多かったので、ハアイの返事もハーイになったり、返事が出来なかったりです。

体の部位を叩いたり、床を叩いたりして、どんな音がするか聞いたり、ニコッと笑ったり、口をタコみたいにすぼめてすみをふいたりします。

リトミックの大事な活動である“即時反応”もしっかり出てきました。

高い音がしたら手を上でキラキラする、低い音がドンとしたら座る、ピアノの音に合わせて歩く、音が止まったら子どもたちも止まるです。

チョウチョになって飛び回ります。

腕をヒラヒラさせながら可愛らしく飛び回ります。

お花が咲いてるからチョウチョは止まって蜜をすったりします。

スカーフで作ったお花はとってもきれいなのでつい触ってしまいますが、触らないというお約束もします。

こいのぼりの曲に合わせて手を叩きながら歩き、曲が止まったら子どもたちも止まります。

低音から高音の音がしたら寝転がり、ゴロゴロする、低音だけがしたら寝転がったままで足をあげる、高音だけがしたら腕をあげるの約束も増えました。

あおぐみの活動では…

46 50 54 61

67 75 81 84

83 84_2 85 89

リトミックも2年目、3年目なので今まで在園していた子どもたちは楽しみにしていたようです。

4月から保育園に来た子たちはちょっと不安げ。

曲に合わせて歩きます。

ピアノの音は強弱がついていて、(意図的に)マツダ先生は子どもたちがどんな風に歩くか見ています。

曲が止まったら、子どもたちも止まります。音が強い時(力強い時)は子どもたちの動きも力強く歩き、音が弱い時(小さな時)は子どもたちの動きも小さくなり、声も立てずに、忍び足で歩いたりします。

子どもたちも音の強弱などニュアンスを感じ取っていて、それを表現しています。

チョウチョになってヒラヒラ飛び回ります。

以前からの蓄積があるので、合図に合わせてジャンプしたり、バックしたり手を上にあげてキラキラしたりを途中で入れても思い出して(主にももぐみでやっていました)表現していました。

手をキラキラさせながらバックするという2つ同時の合図も行動できていました。

年長児・年中児2人組を作ります。

手をつないで歩く、曲が止まったらストップするという即時反応の活動です。

向き合わせになってトントントントン手合せします。(年長児の子どもは両手を止めたまま、年中児の子どもたちが年長児の子どもたちの手をトントン叩きます)

ペアを変えながら繰り返します。

♪おかあさんとおーさんぽ…という歌がありますが、おーさんぽの部分をあくしゅやにらめっこ、じゃんけん、こちょこちょ等に変えて2人組で楽しみます。

「~ちゃん、~くん」「ハアイ」名前を呼ばれたら、ハアイと返事します。

ペアに1つボールが渡されました。

名前を呼んだ人がボールを持っていて、名前を呼びながら相手にボールを手渡します。

ハアイと返事をしながらまた名前を呼んだ人にボールを手渡します。

ボールをやったりとったりします。

渡すタイミングを感じ取ります。(リズム感を身につけます)

今度はお互い相手の名前を呼びながら、ボールをやったりとったりします。

繰り返しているうちに、タイミングをつかめてきて、リズムよくボールをやったり、とったり出来るようになっていました。

ちょっと難しくなって、ボールを渡す人は一度ボールを頭の上に持って来てから下へ振り落すようにボールを渡すということも練習しました。

マツダ先生が絵を取り出しました。

ドアがついていて、開けられるようになっています。

「トントントン どなたですか? 私はキリンです キューキューキュー(子どもたちがそんな風に鳴くと言っていました)」

ネコ・ゾウ・ネズミ・ニワトリ…いろんな動物が出てきました。

最初トントントンと動物の鳴き声を子どもたちがやっていましたが、役割を交替して「どなたですか?」というところを子どもたちが言ったり、全部を子どもたちが言ったりしました。  

今度は実際に自分たちでやってみました。

「トントントン どなたですか? 私は~です こんにちは」と言ってみます。

「やってみたい人?」と先生が言うと、「ハイハイハイハイ!!」と一斉に手が挙がります。

いざ、前に出てきてみんなの前でやってみると、恥ずかしさや緊張でなかなかできません。

その中でやっぱり年長児女子。

ちゃんと最後までやり遂げました。

初めてリトミックをした2人の年長児女子もみんなの前で発表したり、表現したりしてとっても頑張っていました。

少しずついろんな要素を取り入れて、リトミックを進めていこうと思います。

| | コメント (0)

2014年4月19日 (土)

親子ふれあい会

雲はかかっていますが、時折日差しがみえます。

親子ふれあい会を行いました。

Dsc01917 Dsc01924 Dsc01925 Dsc01926

Dsc01929 Dsc01930 Dsc01931 Dsc01933

Dsc01936 Dsc01939 Dsc01942 Dsc01947

Dsc01956 Dsc01953 Dsc01946

Dsc01963 Dsc01965 Dsc01968 Dsc01967

もも・あおぐみの子どもたち、保護者のみなさんは来た順から野菜を洗ったり、皮を剝いたり準備をします。

9時から全体に向けて野菜の切り方をイシツカ先生から説明してもらいました

先日子どもたちに収穫してもらった玉ねぎ、保育園で出来たニンジン、ジャガイモを切り、リンゴ・ニンニクはすりおろします。

新玉ねぎは切ると目がしみるようで、涙を流しながら年長児の子どもたちと親の方が刻んでいました。

子どもたちに手を添えながら(親の方はハラハラされたことでしょう)野菜を切っていました。

下ごしらえが終わったら、園庭に出て体操・かけっこ

Dsc01976 Dsc01978 Dsc01980 Dsc01984

Dsc01989 Dsc01987 Dsc01992 Dsc01990

今年度になって初めて子どもさんの保育園での様子を見られるので、写真を撮ったり、ビデオを回したりしながら見学されていました。

10時からは親の方は食育の講演会

Dsc01994 Dsc01996 Dsc01999 Dsc02000

講師は角屋敷まり子先生

心と体が喜ぶ料理ということでマクロビオティックの料理教室を主宰されています。

県内外で料理教室や食や体の講演会をされています。

最初に“梅醤番茶”をみなさんに飲んでいただきました。

梅は梅干しで、醤は醤油のこと。

番茶は三年番茶です。

体にとってもよい飲み物で、朝起きてご飯を食べる前に飲むと、胃がよく働いて消化しやすくなるそうです。

マクロビオティックでは「身土不二」「一物全体」という考え方で食事を摂るそうです。

「身土不二」とは住んでいる土地や季節で獲れる穀物や野菜を食べること(旬のものを食べる)で気候や水、空気、土壌など環境を取り入れることで自然の恵みを体内に取り込み、季節の変化に対応して生活できるようになるという考え方。

「一物全体」とはひとつの食材を丸ごと食べるという考え方。お米は玄米、野菜も栄養をたっぷり含んでいる皮や根っこも食べて素材のパワーをいただくという考え方です。

“食は命”と言いますが、白米と玄米の決定的な違いは玄米は水につけておくと芽を出すということ。

白米は水につけたおくと腐ってしまいます。

“命あるもの”を食べるということは“命をいただく”ということですね。

体に命が吹きこまれる感じです。

お米の持つ力や“ごはん・味噌汁”を中心にした食事の大切さなどお話していただきました。

11時過ぎからは出来上がったカレーをみんなで一緒に食べました

Dsc02001 Dsc02003 Dsc02006 Dsc02016

Dsc02041 Dsc02042

子どもたちも園庭で遊んでいたので、お腹が空いていたのと、みんなで食べるということ、自分たちで作ったカレーということでとってもおいしかったようで、おかわりをして食べている子は多かったです。

「3杯目だよ。いっぱい食べたよ。」という声も聞こえてきました。

とっても有意義な楽しい時間を過ごせたと思います。

保護者のみなさん、お忙しい中、多数ご参加いただきありがとうございました。

| | コメント (0)

2014年4月16日 (水)

玉ねぎ収穫(き・ももぐみ)

朝方は肌寒かったですが、日が高くなるにつれて暖かくなりました。

体操・かけっこが終わった後、き・ももぐみの子どもたちが菜園の玉ねぎを収穫しました。

秋、植えつけられた玉ねぎの苗は地中に長く根をはり、大きな玉ねぎの実をつけました。

19日(土)の親子ふれあい会で作るカレーに入れる玉ねぎです。

2 4 7 8

10 12 15

「土曜日のカレーに入れる玉ねぎをみんなにとってもらいます。大きな玉ねぎをとってね。」と園長先生。

玉ねぎの実に近い茎の部分を両手で持って引き抜きます。

両手を使うというのがなかなか慣れておらず、「二つのお手てで引っ張るんだよ。」と先生から声をかけられます。

力を入れて引っ張った玉ねぎは大きく育っています。

フカフカの土と太陽、雨、栄養…5か月間ほどじっくりと育った玉ねぎです。

子どもたちも大きな玉ねぎが収穫出来て満足そう。

土曜日のカレーがとっても楽しみです。

保護者のみなさんも楽しみにしていてくださいね

| | コメント (0)

2014年4月 9日 (水)

三輪車・スクーターお披露目会

桜の花びらもほぼ散り去り、葉桜になりました。

新入園児の子ども達も少しずつ保育園生活に慣れてきています。

体操・かけっこが終わった後、三輪車・スクーターのお披露目会がありました。

新しい三輪車とスクーターが3台ずつやってきました。

子ども達は園庭に出ると、三輪車かスクーターを出して遊ぶことが多いです。

年数が経ち、タイヤが破損したり、部品が落ちてしまったりして壊れてしまった三輪車やスクーターが出てきました。

1 4 5 6

7 10 13 14

園長先生から「みんなが大好きな三輪車とスクーターが来ました。遊具にぶつけたり、三輪車やスクーター同士をぶつけたりする人がいます。大事に乗りましょう。新しい三輪車・スクーターはみんなの数はないので、交替交替譲り合いながら乗りましょう。」お話がありました。

あおぐみの子ども達から新しい三輪車とスクーターに乗ってみました。

ももぐみの子ども達まで乗ってみましたが、漕ぎ心地は上々のようです。

これから遊びの人気者になることでしょう。

| | コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

お花見会

風は冷たいですが、お天気はとっても良くなりました。

浜ヶ城集落のひまわり会(高齢者の方)、理事の方をお招きしてお花見会を行いました。

子ども達も楽しみにしていて、「お花見会でおばあちゃん達がくるんでしょ?」と聞いてきます。

9時半過ぎ、おばあちゃん方が保育園へ上がってこられました。

1 4 13 26

28 30 34 43

体操をする前に来てくださったおばあちゃん方に「おはようございます」とみんなであいさつをして始めました。

体操・かけっこも見学していただき、「がんばれー、よく踊ってるねぇ」と声援をもらっていました。

45 46

あおぐみ年長児の女の子3名が「今日はお花見会に来ていただきありがとうございます。お遊戯を見たり、一緒に遊んだり、お餅を作ったりして楽しんでください。」とあいさつしました

昨日のお昼から繰り返しあいさつを練習していて、あいさつし終わるとホッとしたようでした。

とっても元気に上手にあいさつが出来ました。

50 52 56 58_2

59 60 61 66

68 82 86 87

各クラスからはお遊戯の出し物。

あか・きぐみは『しゅりけんにんじゃ』

ももぐみは『オフロスキーのちゃっぽんぶし』

あおぐみは『ズッコケ男道』『悲しみなんて笑い飛ばせ』『恋するフォーチュンクッキー』の3曲。

おばあちゃん方は手拍子したり、一緒に体を揺すったり、踊ったりして楽しまれていました。

その後はふれあいの時間

95 97 99 100

101 104 105 106

107 109 112 114

子ども達はおばあちゃん達の所へ行ってお話ししたり、膝に抱っこしてもらったり、中には縄跳びを回してもらって遊んだり、電車を作って歩いたり…思い思いに楽しんでいました

残っている桜が風に舞い、花吹雪でとてもきれいです。

ヨモギ入りのお餅も出来上がり、おばあちゃん方に丸めてもらいました。

20 22 23 24

何度もお餅を作るので、出来上がると子ども達もお餅を丸めました

子ども達もおばあちゃん方も喜んでいました。

楽しい時間を過ごしました。

| | コメント (0)

2014年4月 2日 (水)

第43回入園式

  春らしい眩しい日差しに包まれた日になりました。

第43回入園式を行いました。

1 4 5 6

6_2 7 8 9

11 17 14 20

25 29 31 33_2

36 38 45 47

新入園児は12名

在園児のお友だちも新しいクラスになったり、今までのクラスでもそのクラスのお兄ちゃん・お姉ちゃんになっています。

どこか誇らしげです。

小さなお友だちはお父さん・お母さんに抱っこされて、大きなお友だちはそれぞれクラスのお友だちと一緒に椅子に座ります。

来賓の方々8名・保護者の皆様をお迎えして入園式が始まりました。

先生達と一緒に歌を歌ったり、手遊びしたり、バルーンアートを見たり楽しい時間もありました。

園長先生や来賓(福祉事務所長ヒガシさん)の方の祝辞もありました。

職員紹介されると、子ども達も保護者の皆さんも食い入るように見ていらっしゃいました。

様々な話の後、桜の花舞い散る園庭でクラスごとに写真撮影を行いました。

54 55 62 65

新入園児の皆さん、慣れるまでに時間がかかるでしょうが、先生方や今までいたお友だちがいろいろ教えてくれたりするので、安心して保育園に来てくださいね。

明日からたくさん遊びましょう。

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »