« リトミック17 | トップページ | 第2回保育参観 »

2014年1月15日 (水)

卒園記念品作り(年長児)

この時期らしく、キリッとした寒さです。

とっても良い天気に恵まれました。

年長児の子どもたちは美山の陶遊館へ卒園記念品作りに出かけました

子どもたち、とってもテンションが高かったです。

陶遊館へ着くと、様々な陶器の作品に興味津々。

手に取って触ろうとします。

引率の私たちはヒヤヒヤ。

早速、カミノカド先生から作り方を教わりました。

391012
13202123
27283638
46475556

まずは自分たちのペン立ての作成から。

粘土は事前にのばしてくださいました。

本体の方から作っていきます。

型紙があり(上の方がまっすぐのものとお花みたいに波打っているもの)、どちらかを選びます。

ヘラで型紙に沿って粘土を切り取ります。

残った粘土で様々な形を作ります。

型を抜くものや、押すもの、コロコロ転がして形をつけるものいろんな物が選べます。

それらを組み合わせて新たな形を作ったりもします。

みんな一心に取り組んでいます。

慎重に組み合わせを考えながら作る子、パッと思いついたものを手に取っていっぱい形を作る子…性格が出ますね。

中には形をたくさん作りすぎて、あまり作っていない子どもたちにわける子もいました。

作った形を泥を塗って本体にくっつけて行きます。

くっつけた形にピンク・黄色・水色・みどり、黒などの色を塗ります。

これもまた一色だけを塗るのではなく、一つの形に2色・3色と色を違えて塗っている子が多かったです。(カミノカド先生がなかなか高度なことをこの子たちはしますねとおっしゃっていました)

お花の中の花弁の所を別の色で塗ったり、ミッキーマウスやドラえもんを塗り分けたりしていました。

ペン立ての底の部分を粘土で覆います。

周りの粘土を切るとペン立ての出来上がり!

形を作るのと、色を塗る時間をたくさんとって、じっくり取り組みました。

次は卒園記念品作り。

今年はマグネット作りをしました。

各クラスボードがあるので、写真などを貼るのに使おうと思い取り組みました。

陶遊館でも初めての取り組みだったので、どうやって作ろうかカミノカド先生やスタッフのみなさんがいろいろ考えてくださったようです。

ペン立てでもした粘土で形を抜きます。

形を抜いたものに色を塗ります。

1人3個作るということで作成しました。

子どもの作品は大人が考え付かないとてもユニークなものが出来上がりますね。

出来上がりが楽しみです。

5861

ペン立て・マグネットどちらもいい出来になると思います。

|

« リトミック17 | トップページ | 第2回保育参観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リトミック17 | トップページ | 第2回保育参観 »