« パンケーキ作り(年長児) | トップページ | 1月誕生会 »

2014年1月28日 (火)

リトミック18

暖かな陽気で、春を思わせます。

リトミック18を行いました。

ももぐみの活動では…

1378
19202627
30323335
3938

即時反応の活動です。

リトミックではとっても大切な活動なので、繰り返し行っています。

今日は新たに、合図の音がしたら“ケンケンする”というのが加わりました。

今までの積み重ねに少しずつ新しい約束が増えていきます。

2人組になって手をつないで歩き、合図の音がしたら手をつなぎかえて反対方向へ進んだり、好きな方向へ向きを変えて歩いたりします。

赤・白・黄色のカラーボードを横一列に並べます。

青色のボードはお尻に敷きます。

「赤・白・黄、1・2・3」口ずさみながらその色のボードを叩きます。

「じゃあ、赤と白のボードにしようね」2枚のボードを「赤・白…赤・赤、白・白、1,2」口で言いながらボードを手で叩きます。

ボードの色と言葉、リズム、数字が結びつくようにしています。

「ボードはいくつあったかな?」とマツダ先生が子どもたちに尋ねます。

「2つ」と子どもたち。

わかっているようないないような…

「赤・白・黄、1・2・3」

「ボードはいくつあるかな?」と質問され、「2?3」パラパラ違う答えが…。

物と数、言葉がなかなか結びついていないようです。

休憩で“♪ごんべぇさんの赤ちゃんが風邪ひいた~”の手遊びをしました。

先ほどお尻に敷いていた青のボードに乗ります。

「うさぎさんがピョーン」ピョーンの時に青のボードから床へジャンプします。

このタイミングがとっても大事です。

「腰に手を当てて、屈伸してみよう」膝を大きく曲げて、いっぱい屈伸をします。

ジャンプするとき、スキップするとき、屈伸することはとっても大事なんですって。とマツダ先生がおっしゃっていました。

最後に4,5人ずつつながって、電車を作りました。

「シュシュシュシュって言いながら電車を運転してね。よーくピアノの音を聞いて速くなったり、遅くなったりしないでね。」

最初のうちは嬉しくって速く進んで脱線したりしていましたが、だんだんペースもわかってきてどれくらいの速さで進めばいいかわかってきたようです。

「みんな、上手に運転できるようになってきたね。」と先生に褒められていましたよ。

あおぐみの活動では…

41424447
50536063
70727476
788182

♪あーさのあいさつお・は・よー…から始まりました。

「2人組になってじゃんけんしてね。勝った人(負けた人)がするポーズを真似してね。」

お互いがどちらかの立場になって真似したり、されたりします。

相手の動きをよく見ていないと真似はできません。

反対にまねされる人はわかりやすいポーズをしなければ相手には伝わりません。

即時反応の活動です。

曲の切れ目(まとまり)の所はストップします。

最初はマツダ先生が『ストップ』と声をかけます。

繰り返し練習した後は「自分たちで考えてストップしてね」と言われました。

自分たちで止まるところを考えて行動します。

3人組になります。

手を横に広げてやじろべぇのようにギッタンバッタンします。

真ん中の人がやじろべぇになって左右の子たちは真ん中の子の手を握って、手が上になったら自分もジャンプして、手が下になったらしゃがみます。

ちょっと難しくて、四苦八苦するグループもありました。

2人組になってトンパチントンパチンと手合せしたり、ペッタンペッタンとお互いの手を叩いたりします。

一つの大きなマルになって、ペッタンペッタンをみんなでやります。(それぞれ横に座っている人の手をタンの時に叩きます。

みんなの息が合っていると、きれいにそろいます。

速かったり、遅かったりすると手を叩くタイミングがずれて合わなくなってしまいます。

みんなよくリズムに乗ってきれいにそろっていたようです。

以前からやっている2つ歩いてトントン手を叩く~(拍子を感じる活動)やハンドサインをする活動をしました。

ももぐみでやった“♪ごんべぇさんのあかちゃんがかぜひいたー”をバージョンアップしてやってみました。

速くなったり、遅くなったり、“かぜ”の所だけを声に出さずに動作だけやったり、一文字だけ声に出さなかったりします。

ちょっとの違いで出来なかったり、焦ったりします。

最後に“♪あんたがたどこさ”の歌に合わせて遊びました。

“あんたがたどこさ ひごさ ひごどこさ くまもとさ くまもとどこさ さんばさ せんばやまにはたぬきがおってさ…”と続きますが、“さ”の所は歩いていてストップしたり、歩く方向を変えます。

一つ大きな丸になりました。

さっきのペッタンペッタンと同様、横の人の手を叩きます。

“さ”の所は自分の太ももを叩きます。

それをみんなでやってみます。

これがなかなか難しくて、いつが太ももを叩くのかよくわからなくなって、グチャグチャになります。

「誰が最後まで間違えずに出来るか勝負しよう」と先生。

やってみますが、全く間違えずに出来る子はほとんどおらず、年長児だけでやってみましたが、「途中で間違えたー」とみんなが言っていました。

今日も様々な活動があり、とても充実した時間なりました

|

« パンケーキ作り(年長児) | トップページ | 1月誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンケーキ作り(年長児) | トップページ | 1月誕生会 »