« 新米寄贈式出席 | トップページ | リトミック14 »

2013年11月 8日 (金)

芋ほり

朝は冷え込みましたが、日が昇ってきて暖かくなりました。

お芋ほりをしました。

子どもたちはお芋ほりを楽しみにしていて、「明日お芋ほりだよね?」と聞いてくる子もいました。

長靴に汚れてもいい服を着て準備は万端。

「みんながおイモの苗植えをしたのはいつだったか覚えてるかな?(7月?)6月に植えたおイモの苗は土の栄養や雨、葉っぱから太陽の光をもらっておイモになりました。今日はおイモを収穫します。みんな、たくさんおイモを掘ってくださいね。」と園長先生からお話がありました。

あかぐみ1歳になったお友達とぐみ1歳児の子どもたちから菜園に入りました。

2_2346
8111213
13_217

先生たちと一緒におイモのまわりを手で掘ったり、スコップで掘ったりしておイモを取り出します。

おイモは土にしっかり埋まっていて、取り出すのに時間がかかっている様子。

だんだん土からおイモが見えてくると、「オー、おイモおイモ」など声が上がります。

みんな、一つずつはおイモを収穫しました。

ももぐみの子どもたちは菜園の下の段に行って収穫しました。

19212223
26284431

小ぶりなおイモが多かったです。

なかにはツルを引っ張ると、2,3個おイモが連なって出てきて、「ほら、見てみて」と嬉しそうに見せてくれる子もいました。

夢中で土を掘っておイモを探して掘り出す子、それに飽きてしまって虫を見つけ出す子染まざまでした。

あおぐみの子どもたちは園長先生の菜園へ出かけました。

36424360
46535857
67697176
7879

歩いて5分弱ほどの場所です。

保育園の菜園で他のクラスの様子を見ているうち、時間がたってしまい、私が出かけたときには保育園へ帰ってくるところでした。

ビニール袋に自分が持てるだけのおイモを持っています。

土が柔らかく、すぐにお芋ほりが終わったようでした。

保育園に帰ってくるとまだ菜園ではお芋ほりが終わっていなかったので、あおぐみの子どもたちに手伝ってもらって収穫しました。

あおぐみの子どもたちが菜園に入ると、一気に活気づきました。

おイモが土にしっかりと埋まっているので、周りの土を根気強く掘っておイモを取り出します。

自分の顔と同じくらいの大きさのおイモも出てきました。

とっても楽しそうな雰囲気です

65738084

あおぐみの子どもたちには落花生の収穫も手伝ってもらいました。

見た目はソヨソヨ風に吹かれる草という感じ。

力強く引っ張ると土の中から落花生が出てきました。

根についている落花生をみんなでとりました。

秋の恵みを実感する一日になりました

|

« 新米寄贈式出席 | トップページ | リトミック14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新米寄贈式出席 | トップページ | リトミック14 »