« みかん狩り | トップページ | おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) »

2013年11月14日 (木)

歯科衛生指導

小春日和のうららかな日です。

歯科衛生指導を行いました。

指導にいちき串木野市健康増進センターから歯科衛生士のカワシマさんが来てくださいました。

まずは歯が虫歯になるとどうなるのか?を知るために『むしばきんがねらってる』の紙芝居を読んでくださいました。

Dsc09000Dsc09001Dsc09002Dsc09003

甘いお菓子を食べた後、歯を磨かずに寝てしまうと、夜中に虫歯菌たちが口の中で歯に穴を掘ります。

歯にはチョコレートで出来た池もあります。

これでは虫歯菌の思う壺。

どんどんどんどん歯を掘り進めていきます。

虫歯菌たちは「歯医者に行ったらますます歯が痛くなるよ。」と自分たちが大好きな甘いものがなくなると困るので、ささやきます。

虫歯になった末路とは…。

「みんなもご飯を食べた後うんちをするよね?それと一緒で虫歯菌もお口の中の甘いものを食べた後、酸という虫歯になるものを出します。それが歯を溶かして虫歯になります。」

「みんなおやつ好きだよね?先生も大好き。食べたいよね。今からゲームをします。虫歯ができやすいおやつと出来にくいおやつにわけてもらいます。」

Dsc09008_2Dsc09013Dsc09014

・チョコレートやクッキー、キャラメル、グレープフルーツジュースなどは虫歯ができやすいおやつ(砂糖がたくさん入っている)

 

・りんご、いちご、さつまいも、しょうゆせんべい、お茶などは虫歯が出来にくいおやつ(砂糖が入っていない)

ゲームなので、みんな興味深く「虫歯が出来る、虫歯が出来にくい」とジャッジしていました。

「甘くないおやつだけを食べるのは良いんだけど、甘いおやつも食べたいよね?どうすれば良いと思う?これから先生と3つのお約束をしてね。」とカワシマ先生。

① おやつはたくさん食べると口の中が砂糖だらけになるので、たくさん食べない。量を決めて食べること。(1つのおかし全部を食べずに1個とか2個とか少しずつ食べる)

② おかしをいつでも食べない。時間を決めて食べること。

③ 食べた後は歯磨きをすること。

早速歯磨きの仕方を教えてもらいました。

Dsc09019Dsc09020Dsc09021Dsc09031
Dsc09030

まずは歯ブラシの持ち方。

“こんにちは”と“さようなら”の持ち方があります。

“こんにちは”は歯ブラシを自分の方に向けて、“さようなら”は歯ブラシを自分と反対の方に向けます。

歯ブラシは歯にちょっとあてて、優しく磨きます。

力いっぱい磨かなくてもいいです。

順番に磨いていきます。

左上のから前に来て右側に、下に降りて下の歯の前面を磨きます。

次はかみ合わせの部分。

左上から順番に右側へ、下のかみ合わせを磨きます。

最後に歯の内側を左上から正面、右奥、右下、正面、左下と順番に磨きます。

これを『ゴシゴシデンターマン』の歌に合わせて実際に子どもたちも磨いてみました。

みんな真剣に磨いていましたよ。

手鏡を持ってきている子は鏡で自分の歯を見ながら磨いていました。

虫歯が出来ないように、食べた後は今日教えてもらった磨き方でしっかり磨いてくださいね。

|

« みかん狩り | トップページ | おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みかん狩り | トップページ | おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) »