« 歯科衛生指導 | トップページ | リトミック15 »

2013年11月16日 (土)

おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る)

朝から良い天気で、うららかな日差しが降り注いでいます。

おにぎりの日でした。

いつものおにぎりの日ではおうちで作ってもらったおにぎりを保育園へ持参するのですが、今日はカラのお弁当箱を持ってきてもらいました。

先日荒川第一団地のみなさんが丹精込めて作られたお米を頂いたので、そのお米を保育園で炊いて、みんなでおにぎりを作りました。

あかぐみの子どもたちから挑戦しました。

101522

1歳児の子どもたちは先生におにぎりの形を作ってもらって、ラップにくるんでギュギュっとにぎりました。

きぐみの子どもたちは先生たちと一緒に素手にご飯を入れて握りました。

11121314
1625

自分で食べる分は自分で作っていました。

手にいっぱいの米粒をつけて、一生懸命握ります。

いろんな形のおにぎりが出来ていました。

ももぐみでは2人ずつ前に出て先生と一緒におにぎりを握りました。

1_2234
5333435

大型の形のおにぎり二つ。

ゴマ塩をふりかけます。

子どもたちの手にはちょっと大きめのおにぎりでしたが、とっても上手に握れていました。

あおぐみでは年中児・年長児3つのグループに分かれておにぎりを作りました。

17181920
21262728
30

バットに広げられたご飯が1人分ずつわけてあり、その分を何個分になるようにわけておにぎりを握っていました。

4,5歳児になると自分たちでご飯をとって握っていきます。

きれいな丸型、俵型、三角などのおにぎりが出来ていました。

ゴマ塩をふりかけて(このゴマはあおぐみの子どもたちが春種を植えて、収穫したものです。炒るととっても香ばしい香りがします。口の中に入れるとゴマの風味が広がります。)出来上がり。

各クラスそれぞれ自分たちでおにぎりを作りました。

三角巾・エプロンをはずし、たたんでなおし、給食の準備をするとちょうどご飯の時間になりました。

「いただきまーす」と自分たちで作ったおにぎりをほおばります。

42445052
59556467

保育園の菜園で出来た小松菜のお漬物も一緒に食べます。

「おいしいよ。」と子どもたち。

新米のモチモチした触感と香り、ゴマの風味がとってもよい感じです。

改めて頂いたお米を大事に食べないとなと思いました

子どもたちも自分たちでおにぎりを作ってそんな気持ちになったのではないかと思います。

新米をいただいたおかげでおいしい思いをしました。

荒川第一団地のみなさん、おいしいお米をくださって本当にありがとうございました。

|

« 歯科衛生指導 | トップページ | リトミック15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歯科衛生指導 | トップページ | リトミック15 »