« おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) | トップページ | 11月誕生会 »

2013年11月26日 (火)

リトミック15



今朝はそう冷え込みが厳しくありませんでした。暖かな日差しが降り注いでいます。

リトミック15を行いました。

ももぐみの活動では…

231014
19162629
3234

みんなで一つの大きなマルになります。

「グーパーグーパーしてみてごらん」

手を胸に持ってきてグーにして(緊張して)、パーと手を広げて体を開放します。

それを繰り返します。

「パーってしたときに誰かお友達に向かって好きーって送ってみてね。」

お友だちに向かってパーッとします。

小さなマルになりました。

♪一匹の野ねずみがあなぐらに落っこちてチュチュチュチュチュチュチュチュチュチュチュチュチュチュ大騒ぎ…♪

みなさんもおなじみの手遊びではないでしょうか?

♪二匹の野ねずみが…三匹の…四匹の…五匹の…と続きます。

「1・2・3・4・5…」指で数を折ります。

曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら自分たちも止まります。

曲で歩き始め、高い音が聞こえてきたら腕を上にあげてキラキラします。

低い音がドンとしたら座り込む。

馬の曲が聞こえたらギャロップ。

後ろに下がる曲が聞こえたらバックする。

二人組と言われたら二人組になり、手合せの曲が聞こえてきたらトンパチンと二人で手合せします。

今までリトミックの時間にやってきたこと(約束事)をいろいろ思い出しながら曲をよく聴いて活動します。

最初はよく聴いていなかったり、どの動きをしてよいのかわからずに???となっている子どもたちもいましたが、何回か繰り返すことで活動できるようになってきました。

車のハンドルが渡されました。

「ハンドルをしっかり持って、運転お願いします。」

曲が流れてハンドルを持って車が走り出します。

曲に合わせて次第に速くなります。

「坂道だからゆっくり登ろうね。」と言われると曲も遅くなり、ドシンドシンと進むスピードがゆっくりになります。

マツダ先生が後ろに下がる曲を弾きました。

子どもたちの中にはちゃんとさっきのことを覚えていて、バックする子もいました。

「凄いね、先生何も言わなかったけれどちゃんと考えてバックできたね。」とお褒めの言葉。

二人組になって手合せもしました。

大きな丸になってと言われて円を作りました。

「かごめかごめって知ってる?」

「うん、???」

ちょっとピンと来ていない様子。

最初先生が真ん中に鬼として入って、手で目を覆って見えないように座ります。

♪かーごめかごめかーごのなーかのとーりーはー…後ろの正面だーあれ♪とみんなで歌いながら鬼さんの周りをまわります。

先生の後ろに来た子どもが「ナカマ先生!」と声をかけます。

声だけで誰かをあてます。

「うーん、誰かな?~くんかな」

大当たり!!

次はあてられた人が鬼さんになり、後ろの正面の人を声だけであてます。

何度かやってみると、子どもたちもお友だちの声をちゃんと認識していて~くん、~ちゃんとあてられました。

日頃から声を聞いて誰なのか理解しているのですね。

あおぐみの活動では…

35383941
44495358
71788084
858788

♪あーさのあいさつお・は・よー…♪で始まりました。

「大きな丸になって」と言われ、大きな丸を作ります。

「丸になるとみんなの顔が見えて便利だね」とマツダ先生。

ももぐみの活動と同じようにグーパーグーパーします。

スピードが速くなったり、遅くなったりします。

「手を後ろにしてみて。お母さん指を出してみて」と先生。

みんな一斉に人差し指を出します。

「親指を出して、お姉さん指を出して…親指とお母さん指出して、お母さん指と赤ちゃん指を出して」どんどん難しくなります。

後ろでは足りなくなって前で指を確かめる子もいました。

♪はちべぇさんとじゅうべぇさんがけんかしてハッ こっちへにげてけあっちへにげてけ…♪指遊びです。

指が1・2・3・4・5本と増えていきます。

「じゅうべぇさんとはちべぇさんは何をしたのかな?」と先生が子どもたちに質問します。

「ケンカして、穴に落ちて、ゴッツンコして、仲直りする」と子どもたち。

曲に合わせて走ります。(いろんな方向に)

曲が止まったら自分たちも止まります。

後ろに下がる曲が聞こえたらバックします。

低い音がしたらおへそに手を置いてしゃがみます。

弾むような曲が聞こえたらスキップします。

二人組になっての曲が聞こえたら二人組になってトンパチンと手合せします。

それを繰り返します。

曲を聞き分けます。

手を叩きながら「トントントントンアンパンマン」の曲に合わせて歩きます。

「胸を張ってかっこよく歩いてね。トントントントンアンパンマンの最後に手をグーにしてね。」小節の区切りを意識します。

2人組になって二人で一つフラフープが渡されました。

じゃんけんして負けた方が運転手になります。

フープで電車をします。

曲が止まったらその場に止まり、ピアノの音が高音から低音の音がしたらフープを上から下へ下ます。

また電車を走らせます。

曲が止まったらその場に止まり、ピアノの音が低音から高音の音がしたらフープを下から上へ持ち上げます。

動作と音の高さが連動していて、それを子どもたちが考えて動きます。

2人組で1拍目はフープの中に足を入れて、2拍目は足を外に出します。

2・3・4拍を感じる活動です。

2人組でお互い足を伸ばしてギッコンバッタンしたり、足を山の形にして手をつないで腕をユラユラさせます。

「1・2・3・4・お山・ジー」二人の腕でお山の形を作って、その間から景色を見ます。

ひっくり返す曲が聞こえたら二人が背中合わせになって、同じ動きを繰り返します。

それを繰り返します。

子どもたちはちょっと難しかったようですが、「お山・ジー」という言葉の響きが面白かったようで、楽しんで活動していました。

大きな丸を一つ作ります。

大きなボールが2つ入りました。

「トントントントンのリズムでお隣の人にボールを渡していくんだよ。」

トントントントンは四分音符のリズム。

ボールがどこにあるか、自分は誰に渡すかをよーく見ていないとボールが渡せません。

そして、リズムよく渡さないとあっという間に違うボールが迫ってきます。

何度か繰り返すうちにリズムよくボールが渡るようになってきました。

「じゃあ、ボールはなしにして。手を叩いてとなりのお友だちに拍手を送ろうか。目には見えないけど、お友達の間を伝わっていくからね。」

目には見えてないけれどつながっているものをやり取りし始めました。

最初はリズムがとれずに悪戦苦闘。

先生たちがする見本を見たりするうちにコツがつかめてきたようで、少しずつリズムに乗って拍手が渡るようになりました。

最後に♪かごめかごめ声当てバージョンをやってリトミックを終えました。

リトミックの目的である音を聞く、音に反応して動くを踏まえながら、楽しい活動満載でした。

|

« おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) | トップページ | 11月誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) | トップページ | 11月誕生会 »