« 第42回運動会 | トップページ | 柿狩り(あおぐみ) »

2013年10月22日 (火)

リトミック12



晴天が続き、朝晩と日中の寒暖の差が激しくなっています。

リトミック12を行いました。

運動会を挟んで、約1か月ぶりでした。

ももぐみの活動から…

23511
181920

速い・ゆっくり・大・小などテンポや音の強弱などを聞き分けます。

曲が流れている間は歩いたり、走ったりして曲が止まったらピタッと止まります。

高音が聞こえたら手を上にあげてキラキラする。

ジャンプの音、座る音、ゾウさんになって歩く音…今まで約束したことを思い出して活動します。

ももぐみの子どもたちは初めて2人組になって活動しました。

曲が止まったら2人組になって手合せトントントントンします。

曲が止まったらピタッと手をつけます。

それが出来るようになったらトントントントンと手合せだけでなく、“ハイ”と言われたら膝をポンポン叩きます。

それを繰り返します。

なかなか難しいようで、(切り替えが)ちょっと苦戦していました。

カラーボードが渡されました。(赤・黄・青の3色のうち一枚ずつ)

頭にのせて歩きます。

曲が止まったら同じ色のボードの人と2人組を作ります。

トントン手合せ、曲が終わったらピタッと手を付けます。

少しずつ約束事を増やして、子どもたちがクリアー出来るようにしています。

前にも出てきた果物のカード。

“もも”とマツダ先生が言うと、“1・2”と言います。

言葉と数を結び付ける活動です。

まだまだピンと来ていないようで、???という感じです。

“りんご”は“1・2・3”“パパイア”は“1・2・3・4”という具合です。

何度か繰り返しましたが、言葉の数と数字を結び付けるところまでは難しいようです。

大きなボールが出てきました。

カシワバラ先生、ヒラチ先生、マツダ先生、ミヤザキ(私)に子どもたち4,5人のグループになります。

♪コロコロコロー♪と歌を歌いながら先生たちが子どもたちに向かってボールを転がします。

子どもたちはボールをキャッチするのに夢中になりバーッと取りに行ったり、違うお友だちの時にボールをとったりします。

“コロコロコロー”って終わらないうちにボールをとったり、コロコロコローと歌が終わったのにボールをとらないのはダメです。

“コロコロコロー”と歌が終わるときにちょうどボールをキャッチするように練習します。

歌が終わるタイミングを図る(間をはかる)練習です。

あおぐみの活動では…

21232928
33343740
45474950
57536063
66

♪あーさのあいさつおはよー…♪

速い・遅いいろいろなテンポで活動します。

2人組になったり、3人組になったりしてトンパチン・トンパチンパチンと手合せします。

ほぼ1か月前の活動でイヌ・ライオン・ことりのリズムが出てきました。

おさらいです。

イヌは四分音符、ライオンは二分音符、ことりは八分音符です。

それぞれの音符のカードを子どもたちに渡します。

そのカードを部屋の隅に置きます。(自分の置いた場所を覚えておく)

イヌ・ライオン・ことりの曲が聞こえてきたらその音符のカードをとって歩きます。

“ティティティティ”“ターター”“ターアン”音の長さを聞き分けてカードをとってきます。

なかなか自信のない子もいますが、「間違っても良いんだよ。間違うことが大事なんだよ。」とマツダ先生から言われて、自分で考えます。

何度か繰り返すうちに“アッ”とひらめく子が増えてきました。

シートの上にドングリを広げます。

子どもたちに2つずつドングリを配ります。

「どんぐりの音をさせてみて」と言われて子どもたちが音をさせるのを考えます。

こすったり、2つのドングリを叩いたり、床にぶつけたりします。

「そーだねそうするとドングリの音がするよね。」

今度はプラスティックのコップを配りました。

ドングリをコップに入れて楽器にします。

ドングリがコップの外から出ないように振って音を出します。

「シャカシャカシャカって音を出してみて。」とマツダ先生。

子どもたちはそれらしい音を出します。

「シューーシャカシャカ、トトトトトトトシューーシャカシャカって音を出してみて。」難しい課題が出されますが、いろいろ考えてそれらしい音を出す子どもたち。

「すごいねぇ。ちゃんと音が出せるんだね。」

シートの上にはドングリがたくさん出ているので、感触を楽しむのに子どもたちはドングリの上に寝転んでみました。

「気持ちいい―」と子どもたち。

2人組になってスカーフを広げてその中にドングリを入れて優しくゆすります。

ユラユラユラユラまるで赤ちゃんをあやしているみたいです。

力加減が難しくてドングリが飛び出しているチームもありましたが…。

「1・2・3でドングリを落とさないようにジャンプさせてみて」

「1・2・3」ジャンプさせるとドングリが飛び出てしまうところもありました。

ドングリがジャンプして、しかもスカーフから飛び出ないそんな絶妙な力加減を作り出します。

コツをつかむと出来るようになっていました。

最後に“大きな栗の木の下で”の歌をリズムで叩いてみました。

“ターティティティティターティティティティター”というリズム。

イヌ・ことりのリズムです。

今までならったことをもとにしてリズムを表現してみます。

ちょっと???という子もいたり、しっかりリズムが叩けている子もいたり。

様々な活動で有意義な時間を過ごせました

|

« 第42回運動会 | トップページ | 柿狩り(あおぐみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第42回運動会 | トップページ | 柿狩り(あおぐみ) »