« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

新米寄贈式出席

最近、すっきりとした天候が続いています。

『荒川第一団地』の方々が丹精込めて作られた新米をいちき串木野市の保育園にわけてくださるということで、寄贈式へ出かけました。

今年は浜ヶ城保育園の子ども2名が代表で受け取りに行くことになりました。

去年も『荒川第一団地』の方々が市内の保育園にお米をわけていただき、浜ヶ城保育園では“おにぎりの日”にきぐみの子どもたちから自分たちでおにぎりを握って食べました。

新米のおいしかったこと。

今年もいただけるとは本当にありがたいことです。

1234
691114

寄贈式は市役所2階であり、『荒川第一団地』の代表の方々、市長さん、農政課長さん、福祉課の方々など列席され、いちき串木野市をあげて行われるという感じでした。

RくんとKちゃんに行ってもらったのですが、たくさんの大人の方々にちょっと緊張気味

しかし、お利口にしていましたよ

寄贈式が始まりました。

「大変な手間をかけて作っていただいたお米を市内の保育園にわけていただき本当にありがとうございます。荒川のお米は“蛍の住む川”の水で作られたとってもおいしいお米です。是非たくさんの方々に食べていただきたいです。子どもたちにはお米をたくさん食べて大きく育ってほしいです。(概要)」市長さんからあいさつがありました。

「お米を作るというのは大変な苦労があります。“八十八手”手間がかかるといわれています。今年は雨が降らず干ばつで、そしていのししが田んぼを荒らして去年より半分しか収穫がない田んぼもありました。TPPや減反の問題もありますが、私たちはそれでも荒川でお米を作っていきたいと頑張っています。子どもたちには地消地産で荒川のお米をたくさん食べて大きく育ってほしいと思います。(概要)」と荒川第一団地の方からあいさつがありました。

RくんとKちゃんがお米をいただきました。

「心を込めて作ったお米、大切に食べます。」と荒川第一団地の方々にあいさつをしました。

お米って大変な苦労と手間をかけて作られた食べ物なのですね。

寄贈式のお話を伺い、あらためて農家の方々のご苦労を知りました。

そんな貴重なお米を子どもたちにわけてくださるという荒川第一団地の方々に心から感謝したいと思います。

本当にありがとうございます。

今年も自分たちでおにぎりを作っておいしくいただきます。

| | コメント (0)

2013年10月29日 (火)

リトミック13

朝晩はだいぶ冷え込むようになりました。

リトミック13を行いました。

ももぐみの活動では…

Dsc08623Dsc08624Dsc08627Dsc08631
Dsc08632Dsc08652Dsc08655Dsc08654
Dsc08664Dsc08665Dsc08673Dsc08675

「大きな木を作ってみて」とマツダ先生。

子どもたちはパッとひらめいて腕もいっぱいに伸ばして木を作る子もいれば、ピンと来なくて床に座ったままの子もいます。

「小さな木を作ってみて」そうすると体を小っちゃくして丸まったりする子や床に体をつける子もいます。

「小さな木からだんだん大きな木になってみて」小さく丸まっていた体を少しずつ大きくしていって最後には体をいっぱい伸ばして大きな木を作ります。

「風が吹いても倒れない大きな木。保育園にある大きな木になってみて。まねっこするんだよ。」と子どもたちに話しかけます。

曲が流れて子どもたちは歩きます。

曲が止まったらピタッと止まります。

「氷のように固まって。」

子どもたちの中でも覚えている子がいて、「氷、氷」と声をかける子もいます。

「曲が止まったらすぐに止まるんだよ。」何度か練習します。

曲も速くしたり、ゆっくりしたりいろんなテンポにしたり、音の大小をつけたりします。

「曲が流れてるときに笑ってる人がいるから、笑わないようにしようね。」と先生が声をかけます。

楽しんでやっているのですが、ちょっとふざけているところもあります。

そうすると、何をするのかわかりません。

耳が聞けるように練習しています。

「歩くときには手を叩きながら、笑わないように歩こうか。約束ね。」約束をします。

「出来るようになってきたからロボットになって歩いてみようね。」

フープが8つ出てきました。

「お約束をするよ。フープに乗ったり、入ったりしないで歩いてね。」

曲が流れている間はフープの外側を歩き、止まったらフープの中に入ります。

曲が止まってもすぐにフープの中に入れない子もいます。

フープの数をだんだん少なくしていって、何人かで入らないといけない環境を作ります。

「フープに入れない子にはおいでおいでって声をかけてあげようか。入ってないお友達は入れてって言ってみようか。」

子どもたちもそのあたりはわかったようで、曲が止まってどうしようと困っているお友達においでおいでと声をかけていました。

「先生が言ったところだけをフープの中に入れてね。」

曲が流れている間は歩いていて、「頭」と言われたら頭をフープの中に入れます。

「足・お尻・耳」と体の部位を言われると、その部分だけをフープに入れようとして子どもたちは頑張ります。

「2人組になって」と言われるとフープの中に入って、曲に合わせてトンパチンと手合せをします。

曲が止まったら2人の手をピタッと合わせます。

「今から汽車になってもらいます。1人のお友達は前、もう一人のお友だちは後ろです。」

フープを使って汽車になります。

それが嬉しいのか、非常にテンションが高いです。

「汽車が止まるときには曲がゆっくりになると思うからよーく聞いててね。」

汽車で走ることだけに神経がいってる子が多いので、ここでも耳でよく聞くことを促します。

笑ったり、声を出し過ぎたりしていると、ピアノの音が聞こえません。

耳で音を聞き始めると、子どもたちの行動も変わってきます。

「バックもするよ。」

以前からしている活動なので、スムーズに出来ていました。

ロープで道を作ります。

道の中を歩きます。

道の先にはボールがあり、帰りはボールを頭にのせて歩いて帰ってきます。

先生が叩くウッドブロックのリズムに合わせます。

リズムに合わせて歩ける子と自分のペースの子がいます。

道の脇にカラーボードが並べられました。

「カラーボードをジャンプするんだよ。」

これもリズムに合わせてピョンピョンと飛びます。

最後にフープが2つ出てきました。

「フープもピョンピョンって飛ぶんだよ。」

カラーボードをピョンピョン跳ねて、先細りになった道を歩いて行って出来るだけ先まで行って(道から落ちないようにはみ出ないように)、フープをジャンプします。

それがワンセットで子どもたちが挑戦しました。

あおぐみの活動では…。

Dsc08676Dsc08682Dsc08685Dsc08687
Dsc08693Dsc08695Dsc08696Dsc08701
Dsc08702Dsc08706Dsc08710Dsc08715
Dsc08722Dsc08724Dsc08727

♪あーさのあいさつお・は・よー…♪

2人組・3人組・4人組になってトンパチン・トンパチンパチン・トンパチンパチンパチンと手合せします。

音符のカードが出てきました。

四分音符・八分音符・二分音符「イヌ・コトリ・ライオン」と子どもたちにも定着しています。

「一枚ずつカードをとって。その音符を体でやってみて。」とマツダ先生。

四分音符はターターと手を叩く・八分音符はティティティティとほっぺたを人差し指でつつく・二分音符はターアンと大きく手を叩きます。

「曲を聞いて四分音符・八分音符・二分音符のカードを拾ってください。」

床には3種類のカードがおいてあります。

リズムを聞き取ってカードを拾います。

フープが出てきました。

フープの外で二人組になってトンパチンと手合せします。

「今度はトンの時にフープの中に片足入れて、パチンの時には足をフープの外に出します。」

ちょっとピンと来ていない子もいます。

何回か繰り返すうちにだんだん出来るようになってきました。

「今度はトンの時に足を入れて、パチンパチンの時には2つフープの外で足ふみだよ。」

これもまたトンでフープに足を入れるのが難しいらしく、苦戦していました。

「黄色のフープの人は手合せをして、他の色のフープの人は足でリズムを叩きます。」

合奏しました。

「2人でフープを持って上って言ったら頭の上にフープをあげて、下って言ったらおへその所にフープをやってね。」

上・下、上・下・下とリズムに合わせてフープを動かします。

ひもが出てきました。

3人組になります。

「大きな栗の木の下での歌を歌うけど、途中で切ってはいけないところがあります。歌を歌いながらだんだんかかとをあげていって、歌が切れるところでかかとを下ろします。」

4つのセンテンス(節)が出来ます。

「途中で切れる所までは3人でひもを使っていっぱい動きます。切れるところではピタッと動きを止めます。」先生たちで動きの見本を見せます。

「体をいっぱい使って動いてね。」と先生。

最後に3人組に番号をつけて、1・2・3・4のグループを2つ作りました。(4は一つしか出来ませんでした)

1番の人たちは曲の間動いて切れるところでピタッと止まってそのまま待っている、それを4回繰り返します。

1番の人たちが止まっている所に2番の人たちは近づいて行き、切れるところでピタッと止まります。

4番まで行くと、大きな一つのオブジェが出来上がりました。

なんかとても芸術的でした。

芸術の秋ですね

| | コメント (0)

2013年10月24日 (木)

10月誕生会

時折強い雨が降ってきます。

10月の誕生会を行いました。

誕生会が始まる前にマエヤ先生がみんなとアンパンマンの手遊びをしました。

10_110_210_410_6
10_810_1310_15

誕生者は7名
(男子5名、女子2名。あかぐみ2名、きぐみ2名、あおぐみ3名。1歳1名、2歳2名、3歳1名、6歳3名)

小さなお友達は先生たちや子どもたちが紹介し、3歳になったお友だちからは自己紹介をしました。(とっても上手に出来ましたよ)

「好きな食べ物は?」の質問に“キムチ”や“オクラ”も出てきたり、「好きな動物は?」の質問に“ホワイトタイガー・リス・チーター”なども出てきました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

①犬が主人公のペープサート

10_1910_2210_2610_23_2

1匹のかわいい犬が出てきました。

「たき火をしたいんだけど、マッチが必要。マッチってどんなのかな?長いものかな?」

「わかった。これかな?」

出てきたのは傘。

「これはマッチじゃないよ。火はつかないよ。」

「先が丸くなってて…わかったこれかな?」

出てきたのはヘルメットをかぶったモグラさん。

「私はマッチじゃないよ。火はつかないよ。」

「棒がいっぱいあるやつだよ。わかった。これかな?」

出てきたのはクレヨン。

「私はマッチじゃないよ。火はつかないよ。」

「イガイガしたものかな?わかった。これかな?」

出てきたのはたわし。

「私はマッチじゃないよ。火はつかないよ。」

そこへネズミさんが出てきました。

マッチを持っています。

「あ、これがマッチだ。火をつけてたき火が出来るぞ。」

マッチで火をつけて、木に火をつけました。

おイモを入れてヤキイモにしました。

「あー、おいしかった。よかったよかった。」

②クラリネット・フルートの演奏会

10_3110_2810_2910_32
10_3310_3410_3610_37

イワサキ先生が黒いバックを持ってきました。

「これ、去年も持ってきたけど何が入っていたか覚えてる?」

「???」みんな覚えていないようです。

バックから取り出したのは少し先が広がった黒くて、銀色のキーがついたもの。

「これは楽器だよ。これだけで音が鳴るかな?フー」

音は鳴りません。

いくつかのパーツに分かれていて、それらを組み立てていきます。

最後に先がとがったパーツをつけ、アイスクリームを食べるときのような木のヘラ(リード)をつけるとセット完了。

「この楽器なんていう名前だったか覚えてるかな?」

「???」

「最初の文字はクだよ。」

ちょっと難しかったようです。

「クラリネットっていう楽器だよ。」

中音で温かみのある音が出ます。

「今日はナカマ先生とのコラボレーションで、“となりのトトロ”を演奏します」

最初はイワサキ先生がクラリネットを吹き、後からナカマ先生がフルートを吹きます。最後に2人の音色が合わさりました。

子どもたちもよーく知っている歌なので、歌っていました。

子どもたちともコラボしました。

とっても楽しい誕生会になりました。

| | コメント (0)

2013年10月23日 (水)

柿狩り(あおぐみ)

天気予報では雨マークでしたが、今のところ天気が持ちこたえています。

菜園にある柿の実を収穫しました。

Dsc08568Dsc08570Dsc08573Dsc08572
Dsc08574Dsc08576Dsc08577

柿は高い所になっていて、道具がないと獲れません。

最初脚立を持ってきたのですが、足場が悪いので使えそうにありません。

園長先生が長い竹の先に溝をつけた棒を持ってきて収穫し始めました。

柿の実がなっている近くの枝に溝をはめ込んで、棒を回して枝を折ります。

「園長先生すごーい」と子どもたち。

溝に枝がはまり、回すと面白いように枝が折れ、実が収穫できます。

子どもたちもやりたい様子。

しかし、溝を枝に引っ掛けるのが難しく、高いところにあるので子どもたちは竹から柿をとる作業をします。

たくさんの柿の実が収穫できました。

給食のデザートに出てくると思います。

楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2013年10月22日 (火)

リトミック12



晴天が続き、朝晩と日中の寒暖の差が激しくなっています。

リトミック12を行いました。

運動会を挟んで、約1か月ぶりでした。

ももぐみの活動から…

23511
181920

速い・ゆっくり・大・小などテンポや音の強弱などを聞き分けます。

曲が流れている間は歩いたり、走ったりして曲が止まったらピタッと止まります。

高音が聞こえたら手を上にあげてキラキラする。

ジャンプの音、座る音、ゾウさんになって歩く音…今まで約束したことを思い出して活動します。

ももぐみの子どもたちは初めて2人組になって活動しました。

曲が止まったら2人組になって手合せトントントントンします。

曲が止まったらピタッと手をつけます。

それが出来るようになったらトントントントンと手合せだけでなく、“ハイ”と言われたら膝をポンポン叩きます。

それを繰り返します。

なかなか難しいようで、(切り替えが)ちょっと苦戦していました。

カラーボードが渡されました。(赤・黄・青の3色のうち一枚ずつ)

頭にのせて歩きます。

曲が止まったら同じ色のボードの人と2人組を作ります。

トントン手合せ、曲が終わったらピタッと手を付けます。

少しずつ約束事を増やして、子どもたちがクリアー出来るようにしています。

前にも出てきた果物のカード。

“もも”とマツダ先生が言うと、“1・2”と言います。

言葉と数を結び付ける活動です。

まだまだピンと来ていないようで、???という感じです。

“りんご”は“1・2・3”“パパイア”は“1・2・3・4”という具合です。

何度か繰り返しましたが、言葉の数と数字を結び付けるところまでは難しいようです。

大きなボールが出てきました。

カシワバラ先生、ヒラチ先生、マツダ先生、ミヤザキ(私)に子どもたち4,5人のグループになります。

♪コロコロコロー♪と歌を歌いながら先生たちが子どもたちに向かってボールを転がします。

子どもたちはボールをキャッチするのに夢中になりバーッと取りに行ったり、違うお友だちの時にボールをとったりします。

“コロコロコロー”って終わらないうちにボールをとったり、コロコロコローと歌が終わったのにボールをとらないのはダメです。

“コロコロコロー”と歌が終わるときにちょうどボールをキャッチするように練習します。

歌が終わるタイミングを図る(間をはかる)練習です。

あおぐみの活動では…

21232928
33343740
45474950
57536063
66

♪あーさのあいさつおはよー…♪

速い・遅いいろいろなテンポで活動します。

2人組になったり、3人組になったりしてトンパチン・トンパチンパチンと手合せします。

ほぼ1か月前の活動でイヌ・ライオン・ことりのリズムが出てきました。

おさらいです。

イヌは四分音符、ライオンは二分音符、ことりは八分音符です。

それぞれの音符のカードを子どもたちに渡します。

そのカードを部屋の隅に置きます。(自分の置いた場所を覚えておく)

イヌ・ライオン・ことりの曲が聞こえてきたらその音符のカードをとって歩きます。

“ティティティティ”“ターター”“ターアン”音の長さを聞き分けてカードをとってきます。

なかなか自信のない子もいますが、「間違っても良いんだよ。間違うことが大事なんだよ。」とマツダ先生から言われて、自分で考えます。

何度か繰り返すうちに“アッ”とひらめく子が増えてきました。

シートの上にドングリを広げます。

子どもたちに2つずつドングリを配ります。

「どんぐりの音をさせてみて」と言われて子どもたちが音をさせるのを考えます。

こすったり、2つのドングリを叩いたり、床にぶつけたりします。

「そーだねそうするとドングリの音がするよね。」

今度はプラスティックのコップを配りました。

ドングリをコップに入れて楽器にします。

ドングリがコップの外から出ないように振って音を出します。

「シャカシャカシャカって音を出してみて。」とマツダ先生。

子どもたちはそれらしい音を出します。

「シューーシャカシャカ、トトトトトトトシューーシャカシャカって音を出してみて。」難しい課題が出されますが、いろいろ考えてそれらしい音を出す子どもたち。

「すごいねぇ。ちゃんと音が出せるんだね。」

シートの上にはドングリがたくさん出ているので、感触を楽しむのに子どもたちはドングリの上に寝転んでみました。

「気持ちいい―」と子どもたち。

2人組になってスカーフを広げてその中にドングリを入れて優しくゆすります。

ユラユラユラユラまるで赤ちゃんをあやしているみたいです。

力加減が難しくてドングリが飛び出しているチームもありましたが…。

「1・2・3でドングリを落とさないようにジャンプさせてみて」

「1・2・3」ジャンプさせるとドングリが飛び出てしまうところもありました。

ドングリがジャンプして、しかもスカーフから飛び出ないそんな絶妙な力加減を作り出します。

コツをつかむと出来るようになっていました。

最後に“大きな栗の木の下で”の歌をリズムで叩いてみました。

“ターティティティティターティティティティター”というリズム。

イヌ・ことりのリズムです。

今までならったことをもとにしてリズムを表現してみます。

ちょっと???という子もいたり、しっかりリズムが叩けている子もいたり。

様々な活動で有意義な時間を過ごせました

| | コメント (0)

2013年10月20日 (日)

第42回運動会

朝のうちは雲が多かったですが、太陽が登るにつれて日差しが射してきました。

第42回運動会を行いました。

先週の中ごろは「日曜日は雨」と天気予報が出ていたので心配しましたが、予報も曇りになり、晴れになり子どもたちの日頃の頑張りを見ていてくれたような天気になりました。

H25_19H25_39H25_60H25_87
H25_105H25_123H25_224H25_241
H25_264H25_292_2H25_301_2H25_315
H25_339_2H25_396H25_414H25_421
H25_457H25_472H25_517H25_550
H25_582H25_606H25_631H25_672
H25_684H25_736H25_757H25_782
H25_798H25_809H25_800

年齢に応じて練習も頑張ってきました。

4,5歳児の子どもたちは早い時期から飛び箱・マット・平均台・リレー・お遊戯・かけっこなど練習していました。

特に年長児の子どもたちは自分たちの役割があり、その練習もありました。

他のクラスの子どもたちもかけっこ・お遊戯・競技と練習しました。

9時から開会式が始まり、閉会式まで3時間半あまりあっという間に駆け抜けました。

子どもたちはもちろんお父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん・お兄ちゃん・お姉ちゃんたくさんの方々が参加してくださいました。

みんなよく頑張りました。

おうちでもたくさんほめてあげてください。

保護者のみなさん、運動会に来てくださったみなさん本当にありがとうございました

良い運動会になったと思います。

運動会の特集記事は近いうちにホームページにアップしますので楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2013年10月17日 (木)

運動会予行練習・親子遊戯練習

台風が通り過ぎている影響なのか、ここ鹿児島でも風の強い日になっています。

予行練習を行いました。

運動会までまだまだあるなと思っていたのですが、10月に入り連休や台風休園などもあり、あっという間に予行練習の日になりました。

21507787
107129195206
232241270282
309318349369
390

保護者会のお母さん方にもお手伝いをいただきながら、本番さながらプログラム順に進めていきました。

子どもたちは年齢に応じて様々なことを練習してきました。

練習の成果を発揮する時がやってきました。

いつもより長い練習になりましたが、泣き出す子もおらず、最後まで子どもたちは頑張って練習に参加しました。

後3日間、運動会にむけて練習をして、本番の運動会を迎えようと思います。

午後3時からは健康体操・親子遊戯練習を行いました。

Dsc08493Dsc08495

運動会のプログラム中にある“健康体操”と“親子遊戯”の練習をしました。

“健康体操”はいちき串木野市体育指導員のミノモさんにウォーミングアップの体操と2人組になって踊るフォークダンスを指導していただきました。

“親子遊戯”は遠足の時に練習した“イカイカイルカ”を運動会の時にお遊戯する時の隊形で踊りました。

お母さん方、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »