« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月28日 (土)

おにぎりの日(お月見団子作り)

朝晩と日中の気温の差が激しいですね。

みなさん風邪などひいてませんか?

おにぎりの日でした。

9月19日は中秋の名月で、ご家庭でもお月見をされたところもあったと思います。

今年は満月と中秋の名月が重なって(そうじゃない時もあるようです)本当に美しい月を眺めることが出来ました。

家庭によってはススキを飾って、月見団子やサトイモなどをお供えしたところもあったようです。

保育園ではお月様をイメージさせる黄色のお団子を作りました。

家から持ってきたエプロンと三角巾を身に着け、手洗い消毒をして待ちます。

1235
691415_2
18192123

「みなさん、今日はお月見団子を作ります。どうしてお団子を作るか知ってますか?」

「???」

「9月19日中秋の名月と言って一年で一番お月様がきれいな日でした。その日にススキを飾ってお団子を作ってお月様に供えるからお団子を作るんだよ。保育園ではカボチャを入れてお団子を黄色にしてお月様にします。」とイシツカ先生。

早速上新粉と白玉粉をボールに入れて混ぜ合わせます。

そこにゆでてつぶしたカボチャのペーストを入れ、さらに混ぜ合わせます。

少しずつ水を入れ、耳たぶのかたさになるまで混ぜ、一つにまとめます。

子どもたちは5,6人のグループにわかれているので、交替で混ぜたり、ボールのふちを持って支えます。

年齢で仕上がりに差があるので、先生たちが手伝って生地を作ります。

生地が出来たら丸いお団子にします。

園長先生がこんな風に丸めるんだよと見本をみせました。

各グループごとに丸いお団子を作ります。

ももぐみの子どもたちは丸めるのに一苦労。

掌を上下にしてその中に生地を入れてグルグル転がすのですが、その力加減が難しいようです。

力が入りすぎてヘビのように長くなったり、平べったいお団子になったりします。

ちょっとお手伝いをすると丸いお団子になりました。

みんなで丸めたので、たくさんのお団子が出来ました。

これで子どもたちのクッキングはおしまい。

242526
                                                       最後に「お月見をするようになったのは昔、中国から教えてもらったからです。お月見の時は野菜や果物がよく獲れて、夜遅くまで農作業をするから月の光に感謝して中秋の満月の時にお供えをして感謝します。」とイシツカ先生がお月見のいわれを話してくださいました。

もも・あおぐみの子どもたちが作ったお団子は3時のおやつで食べます。

楽しみですね。

続きを読む "おにぎりの日(お月見団子作り)"

| | コメント (0)

2013年9月27日 (金)

9月誕生会

今朝はひんやりして、子どもたちも長袖で登園してくる子が多かったです。

9月の誕生会でした。

34

誕生会に入る前に、♪ごーほんゆびの拍手 どんな音どんな音…♪新しい手遊びを司会のイワサキ先生から教えてもらいました。

5101317
15

誕生者は6名(きぐみ2名、ももぐみ3名、あおぐみ1名。男の子2名、女の子4名。3歳2名、4歳3名、6歳1名)

可愛いお手製“くまモン”のマイクが登場。

誕生者のおともだちは張り切って質問にこたえます。

小さいお友だちでも3歳になっているので、自分で自己紹介をしていました。(兄弟のいる子どもたちが多かったので、弟、妹、姉、兄の紹介もありました。)

好きな食べ物はブドウやリンゴ、好きな遊びもBブロックやままごとと答えていました。

みんなから「おめでとうございます」と言われると、「ありがとうございます」とあいさつしていました。

子どもたちからは歌のプレゼント。

今月の出し物は

パネルシアター“三匹のこぶた”でした。

20212830
31

3匹のこぶたが登場すると、大きさが大・中・小とそれぞれ異なったので、名前をつけました。

大きなこぶたお兄ちゃんはダイちゃん、中くらいのこぶたはチュウちゃん、小さなこぶたはショウちゃんです。

ダイちゃん・チュウちゃん・ショウちゃんは仲の良い兄弟。

ある日、お母さんに呼ばれて「もう3匹とも大きくなったから1匹ずつおうちを建てて暮しなさい」

家を出た3匹のコブタたちはそれぞれ家を建てました。

ダイちゃんは「すぐに出来る、簡単なおうちを建てよう」と思い、ワラの家を建てました。

チュウちゃんは木切れで作った木のおうち。

ショウちゃんは「時間はかかるけど、すぐに壊れない立派なおうちを建てよう」と思い、レンガを一つずつ積み、コンクリートを塗った家を作りました。

ダイちゃんの家の近くをオオカミが通りかかりました。

「うーん、いいにおいがする。コブタの匂いだ。腹が減った食べてやろう。」

ダイちゃんの作ったワラの家にオオカミが近づくと「トントン、コブタ出てこい」と声をかけました。

「嫌だよ」

「だったら、こんな家吹き飛ばしてやる」

「フーフーのフー」

ワラの家はすぐに吹き飛ばされてしまいました。

ダイちゃんはチュウちゃんの家に逃げ込みました。

「怖いよー。オオカミがやってきて、家を吹き飛ばされて食べられそうになった。チュウちゃんの家に入れて。」

家に逃げ込むと、再びオオカミが家の近くにやってきました。

「いいにおいがする。さっきと違う匂いがする。2匹コブタがいるぞ。腹が減った食べてやろう。」

オオカミは「フーフーのフー、フーフーのフー」息を吹きかけると屋根が吹き飛び、「フーフのフー」と息を吹きかけると家は吹き飛びました。

2匹は命からがらショウちゃんの家へ逃げ込みました。

「怖いよ怖いよー。オオカミが家にやってきて、家を吹き飛ばされて、食べられそうになった。ショウちゃんの家に入れて。」

ショウちゃんは「いいよ」と言うと二匹を家へ入れました。

「おー、いいにおいがするぞ。また匂いが増えてる。3匹いるぞ。腹が減ってペコペコだ。食べてやろう。」

オオカミは「フーフーのフー、フーフーのフー」と息を吹きかけます。

しかし、びくともしません。

「もう一度やってみよう、フーフーのフー、フーフーのフー」

レンガの家はびくともしません。

「あそこに煙突があるぞ、煙突から入って3匹とも食べてしまおう。」

絶対絶命です。

ショウちゃんが「兄さんたち、いい考えがある。大きな鍋に水を入れてグラグラ沸かそう。」

「いい考えだね」

大きな鍋にグラグラお湯を沸かしました。

そうとは知らないオオカミは煙突を伝って中へ入ってきました。

下にはグラグラ煮立った大なべ。

「アチチチチチチチチー、アチチチチチチチー」オオカミは大騒ぎして逃げ帰りました。

ダイちゃんとチュウちゃんは「僕たち家を吹き飛ばされちゃった。どうしよう。」

ショウちゃんは「兄さんたちがよかったら僕の家で暮らそう。」と言いました。

3匹は仲良く暮らしました。

小さな子どもたちはオオカミの登場に「怖い怖い」を連発。

動く、リアルなオオカミに泣き顔を見せる子もいました。

物語の中に入って楽しんでいました。

今月の誕生会も楽しい時間を過ごせました

| | コメント (0)

2013年9月26日 (木)

リトミック11

台風が通り過ぎてから全く雨が降らず、園庭の砂がカラカラです。

リトミック11でした。

ももぐみの活動から…

2345
9111315
171930

3歳児中心のクラスなので、少しずつ出来ることを積み重ねて、いろんな活動をしています。

曲が流れると自然と体が反応してクラスの中を歩き始めます。

ピアノは高い音で、軽い曲調です。

「この音はどんな感じがする?つま先立ちで軽く歩いてね。

今度は中音で力強い感じです。

歩き方も音に合わせます。

高音でジャンプの音、低音でしゃがむ、バックする音、今までやってきたことも入れて動きます。

子どもたちは覚えていることが多いです。

音と行動を結び付けます。

名前を呼ばれると「ハアイ」と返事します。

ただ返事するだけではなく、音階を意識します。

ミ・レ・ミやレ・ミ・レ、ラ・ソ・ラなど上・下や下・上・下と音が変化します。

それに合わせて子どもたちも返事したり、腕で上下させます。

テンポもゆっくりから速くなっていきます。

ちょっと難しいですが、挑戦します。

イヌ・ネコ・ゾウ・ライオンの鳴き声を真似します。

イヌは中音、ネコは高音、ゾウ・ライオンは低音です。

「ドドドー真ん中のドー」中心になる真ん中のドの音を聞きながらドドドー、ドードドドー、ドドードドーなどいろんなリズムを先生がしてみせて、子どもたちは真似をします。

「ドにはお友だちがいます。どこにいるお友だちかな?」とマツダ先生が子どもたちに質問します。

真ん中のドだけではなく、1オクターブ、2オクターブ、3オクターブ上のドや1オクターブ、2オクターブ、3オクターブ下のドがあります。

「高い音のドの時はウルトラマンがシュワッチって飛ぶように腕を上にして、低いドの時にはウルトラマンがやられた時で床に倒れてね。」

高音、低音を聞き分けます。

カキ・ビワ・スイカ・ブドウ・イチゴ・メロン・リンゴ・スモモ・レモン・キウイフルーツ・パイナップル・ミカン・ナシ・バナナ・パパイヤたくさんの果物のカードが出てきました。

言葉で言いながら、手も叩きます。

カキ・イチゴ・パパイヤ3枚のカードを使って曲に合わせてリズムを叩きます。

カキ(2拍)・イチゴ(3拍)・パパイヤ(4拍)それぞれの曲に合わせて音と言葉の数を結び付けます。

「これは何かな?」2拍、3拍、4拍の曲を聞いてどのリズムの曲かを考えます。

これが難しいようで、1つずつ先生たちと一緒にやるときにはわかるのですが、自分たちで考えるときには音と言葉の数が結びついていないようです。

カキ・イチゴ・パパイヤのカードをロープで囲みます。

カキイチゴパパイヤと連続して手を叩きながら口で言葉を言います。

1枚ずつカードを裏返してどの言葉があったかを考えてリズムを叩きながら言葉を言います。(記憶を確かめる)

果物が木になっています。

曲が流れている間は歩きます。

曲が止まったら“とって、入れて”と果物をカバンに入れて収穫します。

曲を聞いてどの拍の果物(カキ・イチゴ・パパイヤ)かを考えます。

ちょっとずつわかってきたようで、曲を聞いて“カキ”とか“イチゴ”とか言い始めました。

あおぐみの活動では…

31364144
47505457
62677680

♪あーさのあいさつお・は・よー…♪から始まります。

今回はカラーボードを使って、同じ色のボードを持っている子どもたちが集まってお母さん座りをして“こんにちは”手をつないで“さようなら”のあいさつをする活動をしました。

お母さんすわりをして手をついてあいさつをする、手をつないでさようならをするという約束事が設けられています。

中には足を崩して座る子や床に手をついてあいさつしない子、手をつながないでさようならをする子もいます。

ちょっとしたルールを守るというのは子どもにとっても大人にとっても窮屈になりますよね。

しかしルールがあるからこそみんなが楽しめるということも実感してほしいなと思います。

ハンドサインでドレミファソラシド、“キラキラ星”をやってみます。

“キラキラ星”を歌うのですが、ドの音だけを声に出して、あとの音は心の中で歌います。

ドの音を聞いて真ん中のドの音よりも高い音か低い音かを感じてもらう活動もしました。

4人組になります。

1本ずつ輪っかになったひもが渡されました。

4人(ないしは3人)で先生が言った形を作ります。

最初は三角形。

四角形、長細い四角形、ひし形、丸を作ります。

うまく形が作れるグループは「ちょっとここ持って引っ張って、そこは離して」と声を掛け合っています。

「一人の人が勝手なことをするといつまでたっても形はできないよ。言われていることをよく聞いて、動かないと。みんなで協力して形を作ってね。」とマツダ先生。

みんなの気持ちがそろわないと、一つの形はできません。

スティック1本を持って、お馬さんの走りを練習。(ギャロップ)

イヌ・ライオン・小鳥のカードが出てきました。

イヌは四分音符、ライオンは二分音符、小鳥は八分音符のリズムです。

それぞれのリズムの動きをします。

曲を聞いて、何の動物か(リズムか)考えます。

大体はわかっているのですが、まだ自信がないので、カードをとりに行くのも迷ったりする姿が見られます。

動物の絵とリズム、動きが結びついてはじめてカードを取りに行けるのです。

みんなテンションが高いので、曲が流れているときには歩いて、ウッドブロックの音がしたら近くの人と向き合ってガーっと大声を出す、ポーズをとる活動をしました。

これがみんな楽しそう。

最後には2人向き合ってかわいい顔をする、にっこりほほ笑む活動で締めくくりました。

様々な活動をして、子どもたちも気持ちを発散したようです

| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

一日遠足(寺山公園)

遠足の時にはとってもお天気が気になりますが、朝から快晴で遠足日和になりました。

寺山公園へ一日遠足に出かけました。

何日も前から「もうすぐ遠足だよね?大きなバスに乗るんだよね?」と楽しみにしていました。

2台の大型バスで9時にプリマハム裏門を出発しました。

バスの中では歌を歌ったり、子どもたちの自己紹介をしたりしているうちに寺山公園に到着。

(いつもはもっと遠くに出かけるので、バス乗車時間が半分くらいでした)

写真撮影をして、運動会でする親子遊戯の練習をして自由時間になりました。

Dsc08271Dsc08273Dsc08276Dsc08279

子どもたちは広場にある3つの遊具に一斉に行き、遊び始めました。

Dsc08281Dsc08282Dsc08286Dsc08288
Dsc08290Dsc08293Dsc08296

ロッククライミング風の壁やロープで登ってもの、クネクネと段がついていたり、ほぼ直角に滑る滑り台など日頃保育園にはないダイナミックな遊具で思いっきり遊んでいました。

それぞれの年齢に合わせた遊具で遊べていました。

Dsc08299Dsc08301Dsc08302Dsc08305
Dsc08303Dsc08315Dsc08307Dsc08308

動物が飼育してあり、たくさんのウサギやニワトリ、小鳥が小屋の中にいました。

子どもたちはエサを購入してウサギに食べさせていました。

「ウサギ、かわいいー」と喜んで見ていました。

ほど近くにポニーの小屋もあり、子どもたちがポニーを間近で興味深そうに見ていました。

時折、「ヒヒーン」といなないたりするので、ちょっと驚いたり…。

Dsc08311Dsc08327Dsc08310

広場で思いっきり走ったり、シャボン玉を飛ばしたり、ボールを蹴ったりする姿も見られました。

遊びの時間がたくさんだったので、(いつもより1時間くらい長かったでしょうか?)

小さな子どもたちはお昼寝タイムも入っていたようです。

とにかく秋の一日を(というか日差しが強く、残暑が厳しかったので大変だったでしょうが)みなさん満喫されていたようでした。

帰りのバスの中も親の方に子どもさんの家での様子を話してもらったり、紙芝居を読んでもらったりするうちに、あっという間に串木野に到着しました。

保護者のみなさん、お忙しい中、暑い中一日遠足に参加していただきありがとうございました。

おかげさまでとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ありがとうございました。

1か月後は運動会です。

子どもたちは今から練習頑張りますので励ましてあげてください。

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

敬老会

良い天気にも恵まれ、敬老会を行いました

たくさんのおじいちゃん、おばあちゃんが来て下さって

子どもたちも大喜びです

Dsc01251 Dsc01249 Dsc01252

「じぃじ~ばぁば~」と手を振る子ども、大好きなおじいちゃん・おばあちゃんの姿が見えて思わず泣いてしまう子どももいました。

Dsc01248 Dsc01253 Dsc01255 Dsc01247

最初に、いつもしているように体操とかけっこをしました。

おじいちゃん・おばあちゃんにかっこいいところを見せようと、みんな一生懸命頑張っていました

Dsc01265 Dsc01269 Dsc01281 Dsc01289

たくさんの拍手と声援が子どもたちのパワーになったようです

あおぐみの年長児の子ども達が挨拶をしてくれました。

Dsc01294 Dsc01295

3人ともとっても上手でした

今年も『スカットボール』をしました

Dsc01298 Dsc01300 Dsc01302

まずは子どもたち、おじいちゃん・おばあちゃんとも練習をしました。

スカットボールは傾斜のかかったボールに合わせて丸くくりぬいてある点数板をめがけてスティックで木のボールを打つスポーツです。

強く打ちすぎても点数板を超えてしまったり、逆に弱すぎても届かなかったり・・・と力加減がすごく難しいんですよね

Dsc01309 Dsc01310  Dsc01306

続きを読む "敬老会"

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

秘密の練習?!

残暑が厳しく、日中はバテてしまいそうです。

明日、保育園では子どもたちのおじいちゃん・おばあちゃんをお招きして“敬老会”を行います。

Dsc08219Dsc08220Dsc08221Dsc08222
Dsc08225Dsc08226Dsc08228Dsc08229

毎年やっているゲームがあるのですが、その練習をしました。

というのもおじいちゃん・おばあちゃん方に有利なゲームなので、ちょっとでも腕を上げて楽しくゲームが出来るようになればいいなとの気持ちからです。

一日早くゲームに必要な道具を借りてきて、やってみました。

先生たちに手をそえてもらって行うのですが、力加減がなかなか難しく、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、力が強すぎたり、弱すぎたりいろいろです。

それでもちょっとずつコツをつかんで、台の点数の穴にボールが入ったりするので、とっても楽しそうです。

明日の敬老会がとっても楽しみなようです

| | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

リトミック10

朝晩はすっかり涼しくなり、秋の訪れを感じますが、日中はまだまだ残暑が厳しいですね。

今日はリトミック10でした。

ももぐみの活動では

実は私、出かけていてももぐみの子どもたちがしているリトミックを見ることが出来ませんでした。

バナナと言葉で言って、手を叩いて、次は1・2・3と数と言葉を結びつける活動をしたようです。

子どもたちにとってはまだ言葉の数と数字が結びつかないようで、苦戦していたようです。

何回か活動を繰り返しているうちに、わかってくるのではと思っています。

メインの活動は“フルーツポンチ”作りをしたようです。

楽しんで行っていたようです。

あおぐみの活動では…

2467

私が帰園したときには4つのグループにわかれていました。

“大きな魚”“小さな魚”“タコ・イカ”“カニ”グループです。

大きな魚はザブーンと大きな動きで泳ぐので、動きも遅いです。二分音符

小さな魚は体が小さいので、小さな動きで動きは速いです。八分音符

タコ・イカは体をくねらせて泳ぎます。四分音符

カニは横歩きで歩きます。四分音符

それぞれ曲があり、聞き分けて動きます。(ロープが張ってあり、その外側に待機していて、曲が聞こえてきたら真ん中に出てきて自分たちの動きをします)

最初は一曲だけだったのですが、2曲同時に曲が流れたりします。(たとえば大きな魚とカニの曲が一緒に流れたりします。)

よーく集中して音を聞いていないと動けません。

今度は曲なしでそれぞれのカードを見て動きます。(大きな魚・小さな魚・タコイカ・カニの絵を先生たちが持っていて、その絵が見えるときには動く、絵が伏せられたら自分の所へ帰る)

音がないと、他のグループの人たちの動きにつられたり、違う動きになったりしてゴチャゴチャしていました。(音ってすごいですね)

ロープで海を作り、そこにたくさんの海の生き物を入れました。

9101112
15202324

子どもたちが楽しみにしていた魚釣りです。

最初は2つのグループにわかれて魚釣りをしました。

大きな魚(マグロやウツボ、オオダコイセエビなど)や小さな魚(サンマやアジなど)カメ、イカ、タコなど様々です。

みんな必死に釣ります。

勢い余ってとなりの人の釣りざおに絡まったりすることもあります。

最後にみんなで釣り糸を垂れました。

あの大きな魚を釣りたい、タコを釣りたいという気持ちがはやって、海の中に入って釣りをする子もいました。(それはルール違反だということで注意しました)

みんな一生懸命です。

さっきよりもたくさんの人数だったので、釣りざおの絡まりが続出。

「先生、釣りざおが絡まった!!」とあちこちで聞こえてきました。

たくさんの魚を釣り上げて満足している子、あまりつれなくてガッカリしている子などそれぞれでした。

「魚釣りだけしてたらリトミックじゃないから、さっきの曲が聞こえているときにはその魚の動きで海の周りを歩くこと。曲が止まったら魚釣りをしてください。」

大きな魚・小さな魚・タコイカ・カニの曲が聞こえているときには海の周りをその生き物の動きで歩きます。

子どもたちは魚釣りがしたくて、曲が聞こえているのに釣りざおを持って魚を釣ろうとする子もいます。

よーく耳を澄ませていないとどんな動きをしなければいけないかわかりません。

「また魚釣りしたいね。」と言いながらリトミックを終えました。(釣りざおの絡みをとるのに一苦労したのは先生たちでした。)

今回の活動も充実したものになりました

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

スイカ割り

台風通過以来、お天気が続いています。

今日は保育園の子どもたちみんなでスイカ割りを楽しみました

スイカはカシワバラ先生のお父さんが作られたもので、たくさんいただいていました。

Dsc08125Dsc08126Dsc08127Dsc08128
Dsc08134Dsc08155

最初はあかももぐみから。

スイカを叩く棒はプラスチックのバットです。

あか・きぐみの子どもたちは目隠しをせずに、ももぐみの子どもたちはタオルで目隠しをして挑戦しました。

小さな子どもたちのスイカ割りは力がまだまだ足りずに、バットがスイカに当たっても少し割れ目が入るぐらいで、なかなか割れるところまではいきません。(しかし、ヒビは入り、スイカの汁は出てきていました。)

一つはスイカが割れました。

ももぐみの子どもたちは目隠しをしているので、ちょっと難しそう。

先生たちが「こっちだよ、音のする方へおいで」とスズをならしたり、手を叩いたりして子どもたちを誘導します。

その甲斐あってか、ももぐみの子どもたちのバットはスイカに当たることが多く、叩き方にも力があるので、深くヒビが入りました。

今度はあおぐみのこどもたち。

Dsc08163Dsc08171Dsc08175Dsc08184

棒は竹の棒になり、歩き出す前に2回まわってから歩き始めます。

先生たちや子どもたちが「もうちょっと右、声がする方に動いて、もうちょっと前、後ろに行って」と指示してくれます。

目隠ししているのですが、結構スイカに当たることが多かったです。

ももぐみの子どもたちがヒビを入れたスイカを真っ二つに割り、新たに2つのスイカを割りました。

「これでみんながスイカを食べられるね。」という声も聞こえてきていました。

子どもたちはそれが一番の楽しみなのですから。

切り分けてもらって、みんなおいしそうにスイカを食べました。

とってもおいしかったようで、スイカの皮の白いところがなくなるまで(みどりになるまで)食べている子もいました。

ちょっと季節が過ぎましたが、子どもたちはとっても楽しんでいました

| | コメント (0)

2013年9月 5日 (木)

えんでん内科デイケアとの交流会

台風がいつの間にか通り過ぎて、すっかり秋めきました。

えんでん内科デイケアに通ってらっしゃるおじいちゃん・おばあちゃん方が保育園に遊びに来てくださいました。

あおぐみ年長児の子どもたちは何日も前からあいさつの練習をして、準備をしていました。

「今日はデイケアのおじいちゃん・おばあちゃんがくるんだよね。」と子どもたちも楽しみにしていました。

1101214
16182024
29333738

体操をしていると、続々とおじいちゃん・おばあちゃん方がいらっしゃいました。

座られると、子どもたちがかけっこしているのを「がんばれー、速いねぇー」と激励していらっしゃいました。

あおぐみの子どもたちが走るとき、飛び入り参加でデイケアの若いスタッフの方々が子どもたちと一緒に走ってたくさんの歓声が上がり、盛り上がっていました。

まずは各クラスごとに記念写真を撮りました。

「今日は浜ヶ城保育園に来てくださってありがとうございます。お遊戯を見たり、お話したりして楽しんでください。」と年長児の子どもたちがあいさつしました。

各クラスごとにお遊戯を披露しました。

あかぐみは『ねこ ときどき らいおん』

ももぐみは『ジューキーズ こうじちゅう』

あおぐみは4歳児女の子『ハートキャッチ☆パラダイス』4,5歳児男の子『ガツガツ』5歳児女の子『走れ!ペンギン』

おじいちゃん・おばあちゃんは子どもたちが踊るお遊戯をよーく見てくださって、「かわいいねぇ」と声をかけられていました。

44464961



52535450

お遊戯の後はおじいちゃん・おばあちゃん方と子どもたちとあいさつしたり、お話したり、小さな子どもたちは抱っこしてもらったり、握手したりしました。

なかには肩たたきをしたり、肩もみする子もいました。

あっという間に時間は過ぎ、デイケアへ帰られる時間になりました。

63647369

保育園からは記念に最初撮った写真を貼り付けた紙で作った花かごを贈りました。

デイケアのみなさんからはくまモンの可愛らしい袋に入った手作りのお手玉をいただきました。

「2回ほど保育園に来させていただいています。ありがとうございます。保育園に来ると(子どもたちが)もうこんなに成長したのかと感心します。自分たちも成長しようと思います。」デイケアの代表の方があいさつしてくださいました。

787977

おじいちゃん・おばあちゃん方が車で帰って行かれるのを、子どもたちも見送りました。

えんでん内科デイケアのおじいちゃん・おばあちゃん方、スタッフのみなさん暑い中浜ヶ城保育園に来てくださってありがとうございました。

また来年も是非いらっしゃってください。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »