« 七夕(高齢者の方との交流会) | トップページ | リトミック7 »

2013年7月 9日 (火)

リトミック6

梅雨明けしましたねぇー。

朝からサンサンと日差しが照りつけています。

リトミック6でした。

ももぐみの活動は…

2458


10122427

♪小さくなってこんにちはー大きくなってこんにちはー♪おなじみの曲です。

大小の区別をつけて歌えるようにします。

みんな嬉しくて小さくなるときも大きな声で、大きな動きでしてしまいます。

“ドドドー真ん中のドー”ドの音を聞きながら「~くん」「~ちゃん」「ハアイ」返事します。

よく音を聞きながら、「ハアイ」と返事します。

先生たちの手本を見ながらやってみます。

みんなとても上手です。

「みんな、ドの音じゃなかったら、違うよって教えてね。」

ドの音じゃない音の時には違うよと手でバツをします。

ずーっと聞いていると音の違いがわかってくるようです。

“かえるの合唱”の曲を聞きながら歩きます。

高音がしたらジャンプして、低音がしたらカエルのポーズ、音が聞こえなかったら氷のように固まって動かないとルールを作って動きます。

高音がしたり、低音がしたり、音がしなかったりすると約束した動きをします。

最初のうちはなかなか区別がつかずに、ずーっと同じ動きをしたり、違う動きをする子もいました。

先生がするのを真似したり、友達がするのをみたりして慣れてきます。

バックの音がしたらバックで歩いて、先生がハイと言ったら手を一つ叩く。

条件が増えました。

いろんなことを考えながら表現します。

♪いろんな色がありますねーあか・しろ・きいろ…♪

カラーボード赤・白・黄を一人ずつに配られました。

赤と言われたら赤のボードを持ち上げたり、手でボードを叩いたりします。

「みんな、赤のボードを絵本にしてみて」

赤のボードを手にとって、絵本のように扱います。

「みんなのパパは新聞を読むとき、どんな風に読むかな?」

赤のボードを新聞に見立てます。

「白のボードを帽子にしてみて。」

頭にボードを乗せて帽子にします。

白のボードを両手でもって、ユラユラユラユラ強い風が吹いたり、弱い風が吹いたりするのを表現します。

♪オタマジャクシがスーイスイおなかがすいたスーイスイはっぱをモグモグ食べました♪

「オタマジャクシ知ってる人?」

「???」

「オタマジャクシは最初ゼリーみたいな卵で、そこからオタマジャクシになって、オタマジャクシに後ろ足、前足が出来てしっぽが短くなってカエルになるんだよ。」イラストを見せながらマツダ先生が教えてくださいました。

「カエルになってジャンプしてみようか」ピョンピョンとジャンプします。

♪オタマジャクシがスーイスイ おなかがすいたスーイスイ……♪スーイスイの所は手をスーイスイってかいてみよう。

歌に合わせてスーイスイと手をかきます。

「じゃあ、今度は足も大きく歩いてみようか。」スーイスイのところで手だけではなく、足も大きく踏み出します。

子どもたちもまるで水の中を泳いでいるようです。

最後に黄色のボードとスティックを一本渡されました。

ボードは床に置いて、スティックでリズムを叩きます。

「ドドドドドド、ドッドッドー、ドードー」音が低く大きな時には強く、音が高く小さな時には弱く、叩きます。

子どもたちも高低、大小の区別がだいぶつけられるようになってきました。

あおぐみの活動では…

30344149


51565964

♪あーさのあいさつお・は・よー みーんな元気にお・は・よー…♪

自分で考えたポーズをするのもおなじみになりました。

みんなが真似をする人が真ん中に出てきてポーズをするのも慣れてきました。

「真ん中に出てきた人と同じポーズをみんなもするんだよ。」

今日は歌が早くなったり、遅くなったりいろんなテンポで動きをしてみました。

曲に合わせて歩きます。

「2人組になってー」

“ソ”の音に合わせて「トントントンこんにちは」と手合わせします。

両手をつないでユラユラ揺らぎます。

「トントントンさようなら」と手合わせをしてまた歩き出して、手合わせの音がしたら新しいお友達と2人組になって手合わせするを繰り返します。

途中からはスキップで回り始めました。

2人組を作るのにちょっと時間がかかってしまいます。

特定の子と2人組を作りたくって、その子がいないか探す子がいます。

「近くにいるお友達とサッと2人組になるんだよ。」と言われてもなかなか難しい子もいます。

「トントントントン、トーントーン」手合わせしながら、口もトントントントン、トーントーンと言いながらリズムを刻みます。

先週“タマネギ・トマト・ナス”のリズムを感じて、お買い物やさんで買い物をする活動をしました。

今週は赤・白・黄のボードを一人ずつに配り、3つの野菜の音を感じて手で叩きました。

赤は“トマト”白は“タマネギ”黄は“ナス”と対応しています。

音の違いを感じて、それぞれのボードを叩きます。

スティック2本が渡されました。

「先生の真似をしてスティックを叩いてね。」

マツダ先生は頭の上や体の横、下でトントントン、トントトトン、トトーントンなどリズムを叩き、後から子どもたちが真似をして叩きます。

「みんな、キラキラ星のハンドサイン覚えてるかな?」

先週の最後、ハンドサインをしました。

ちょっとうろ覚え。

「ハンドサインも音も音の階段になっていて、音が高くなっていくと階段を上っていって、音が低くなると階段を下りていきます。音もカエルさんみたいにピョンピョンと上がっていくんだよ。」

先生がハンドサインをして、どの音かを考えたり、2,3つ音をとばして何の音かを考えたりしました。

「オタマジャクシって知ってる?」

「知ってるー。水の中にいるんだよね。大人になったら葉っぱの上にいるの。」

「大人になったら何になるの?」

「カエル」

「オタマジャクシは最初卵で生まれるんだよ。オタマジャクシは後ろ足・前足が生えてきて、しっぽが短くなってカエルになるんだよ。」と教えてもらいました。

「あまがえるのあおちゃん」の絵本を読み聞かせてもらいました。

♪オタマジャクシがスーイスイおなかがすいたスーイスイ……♪

「スーイスイの所は手もスーイスイと泳がせて、後の所は手を叩きます。」

歩きながら、立ち止まって、手だけ、いろんなバージョンで動きました。

大きなカエル・小さなカエルになってその違いも感じてみました。

「先生本当は今日、大工さんしたかったんだよね。時間がなくて出来なかった。大工さんって知ってる?」と子どもたちに質問。

「木を切ったり、釘で叩いたりしていろいろ作ったりするんだよ。」とわかっている様子。

釘でトントントントンと打ったり、ギコギコギコギコとのこぎりで切ったりしてみました。

「次のリトミックで大きなおうちを造るから、どんなおうちを造るか考えといてね。」と先生。

宿題考えておいてね。

今回も様々な活動があり、子どもたちも楽しんでいました。

 

|

« 七夕(高齢者の方との交流会) | トップページ | リトミック7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七夕(高齢者の方との交流会) | トップページ | リトミック7 »