« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月27日 (土)

六月燈リハーサル(あおぐみ)

すっきりしない天候が続いています。

今日はいよいよ浜ヶ城公民館の六月燈です。

年長児の子どもたちが参加するので、あおぐみ全員でリハーサルへ出かけました。

浜ヶ城の方々が朝から準備をされていて、舞台も出来上がっていました。

「なんかコンサートみたいだね。」という声もしました。

21

出演順に男の子から

立ち位置や動きを確認したりしました。

4歳児の子どもたちが「ちょっと元気ないね。」というコメントも。

46

女の子は暑さも吹き飛ばすようなさわやかなお遊戯をしました。

4歳児の女の子たちが「ニコニコしててかわいいね」と言っていました。

5

自分たちも舞台の下で真似をしてお遊戯していました。

今日の7時15分頃出番です。

ご都合のつかれる方は是非浜ヶ城公民館の六月燈を見にいらっしゃってください。

| | コメント (0)

2013年7月25日 (木)

7月誕生会

今朝、久々に雨が降りました。

しかし、ザーッと降りきらないのでとっても蒸し暑いです。

7月の誕生会を行いました。

25422
6975

誕生者は7名
(あかぐみ1名・ももぐみ2名・あおぐみ4名、男の子5名・女の子2名)

小さなお友達は先生や兄弟の子どもに手伝ってもらって、大きなお友達は自分で自己紹介をしました。(みんなとっても上手に質問に答えていましたよ。)

今年の誕生日カードには「好きな動物は?」と聞いていて、それぞれ「トラ・ウサギ・チーター」など答えていました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

① なぞなぞと「こわーいはなし」の読み聞かせ

85888693
9899
                                                       「夏なのに寒くなる。夜暗くなると出てきて、みんなを怖がらせるものってなあに?」

すぐに手が挙がります。

「くわがた?!」

「おばけ!!」

「正解。夜出てくるこわーいものっておばけだよね。」

どこからともなく、ヒュードロドロという音が聞こえてきました。

「うらめしやだよね?」

怖くて、泣き出す子もいました。

「“こわーいはなし”という絵本を読みます。」

うさぎの家族の一人が冬の山の中でおばけに出会います。

家に帰って家族に「おばけを見た」と話をします。

次々に話をしますが、「口が大きかった、歯がギザギザしてた、目が三つあった、角が生えてた、手も四つあった」とどんどん話が大きくなって、こわーいおばけの話になります。

それを家の外から聞いていた小さなおばけがこわがって逃げていくというお話でした。

「今日は保育園にお客さんが来ています。保育園に遊びに来られました。みんなにマジックを見せてくださいます。

「えー、すごい!!」

「ミスターあずま」さんと言います。みんなで「ミスターあずまさん」と呼びましょう。

「ミスターあずまさーん」呼んでみました。

「???」誰も出てきません。

「じゃあ、もう一度大きな声で読んでみよう。」

「ミスターあずまさーん」

シルクハットをかぶった、赤鼻の、大きな蝶ネクタイをつけたミスターあずまさんが部屋に入ってこられました。

「みなさん、こんにちはー」

「こんにちは」

「今日は浜ヶ城保育園の誕生会ということで、お祝いに来ました。」

② 子どもたちが大好きなアンパンマンやとなりのトトロなどの曲に合わせてマジックを披露されます。

106109113131
138143159165
153175181185

色とりどりのハンカチが一瞬でスティックに変わります。

「どーなってるの???」あまりの手早さにみんなあっ気にとられています。

鉢の花をドラえもんの載った新聞紙をかけると…鉢花は消えて、紙テープがいっぱい出てきました。それと同時に、大きくなった枝折りの花が出てきました。

3分の1に切った新聞紙を何枚か接ぎながらどんどん巻いていきます。「みんな、仲良くするととってもいいものになるんだよ。」とミスター。

巻いた新聞紙をバナナの皮をむくように切っていくと…どんどんお花が出てきて、天井に着くぐらいのタワーになりました。

レコード盤(と言っても、若い人たちは見たことがないかもしれません)と箱が出てきました。

色は黒です。

レコードはドーナツ盤とも言われていて、真ん中に穴が開いています。

レコードを箱に入れて、穴にスカーフを通します。

するとレコードを取り出すと、黒だったレコードがスカーフの色(赤・黄・青)に変わっていました。

1冊のノートが出てきました。

ペラペラとページをめくっても何も書いてありません。

「今から絵の上手な先生にエイッとパワーを入れてもらってノートに絵を描いてもらいます。」

カワグチ先生が「エイッ」とパワーを入れると…ノートをめくると線描きの絵が描かれています。

「今度は色を塗ってもらいます。このスカーフの色たちと同じようにカラフルに。」

「エイッ」とみんなでパワーを入れると、線描きしてあった絵に色が塗られていました。

「すごーい」とみんな驚いています。

年長児の子どもたちが一枚ずつ紙をもらいました。

「その紙に書いてある言葉を教えて。」

「イヌ・ネコ・ゴリラ・ライオン・ハト・トラ…」

「じゃあ、この何も入っていない袋にその紙を入れてください。その紙を一枚だけ園長先生に引いてもらいます。」

園長先生が一枚紙をとりました。

「園長先生、何と書いてありますか?」

「ハト」

ミスターが取り出したのは一冊の本。

その中に取り出した紙を挟みます。

すると、その本の中からハトのぬいぐるみが出てきました。

「エー、どうしてわかったの?前からわかってたの?」とみんな不思議顔。

ミスターはちゃんと予言していたのです。

キラキラの筒に3色のスカーフを詰め込むと(詰め込んだだけだったのに)、赤・青・黄のスカーフがちゃんと結ばれて空中に出てきたり、水だけが入ったワイングラスに一瞬で金魚が入ったり、何にも入っていない箱の中から呪文をかけるとプーさんやアンパンマン、バイキンマンが出てくる楽しいマジックをしてくださいました。

みんな目を輝かせてみていました。

本当に楽しかったようです。

ミスターあずまさん、誕生会へ来てくださって本当にありがとうございました。

またの来園をみんな楽しみしています。

今月の誕生会も楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (0)

2013年7月20日 (土)

そうめん流し(もも・あおぐみ)

昼からは強い日差しが射しています。

ももあおぐみの子どもたちはそうめん流しを行いました

1_2467
9121418

踏み台や椅子の上に立ってそうめんが流れてくるのを今か今かと待っています。

水がクルクルと回りはじめ、その中に先生がそうめんを入れると、子どもたちもフォークやお箸を水の中に入れてそうめんを引き上げるのに必死です。

慣れている子はお箸やフォークを水の中に突き立てて、そうめんが溜まるのを待ちます。

さっと引き上げた時にはたくさんのそうめんが汁の中にいっぱい入ります。

ツルツルっと口の中に吸い込まれていきます。

そうめんを引き上げるコツをつかめない子は先生たちに入れてもらって食べます。

そうめんを食べているときはみんな無言です。

食べ終わって「あー、おいしかった」と言う子が多かったです。

暑い日が続きますが、そうめん流しをしてちょっと涼しい時を過ごしました

| | コメント (0)

おにぎりの日(上手にお箸を使おう)

時折雲が立ち込め、涼しい風が部屋の中に入ってきます。

今日はおにぎりの日

子どもたちはおにぎりを持って登園してきました。

ももあおぐみの子どもたちにはイシツカ先生から食育の話がありました

テーマは“上手にお箸を使おう”でした。

1235
819

「みんなは何を使ってご飯を食べますか?」との質問に

「お箸、スプーン」と答えます。

世界の人たちが何を使って食べるかも教えてもらいました。(ナイフとフォーク、スプーンとお箸、手で食べるところも。子どもたちは驚いていました)

「日本は海が近いよね。海では何が獲れますか?」

「魚!!」と子どもたち。

「日本人は昔からたくさん魚を食べてきました。魚は骨があったりするので、手で食べたり、ナイフとフォーク、スプーンで食べると魚の骨が取りにくいからお箸を使ってご飯を食べるようになったんだよ。今日はみんなに上手にお箸を使えるようになってほしいので、正しいお箸の持ち方を勉強しようと思います。」

ということで、お箸の持ち方を少しずつ順を追って教えてもらいました。

① お箸を一本だけ手に持ち、広げた手の中に親指で挟んで持つ。

 

② 薬指と小指を曲げ、箸の先の方を薬指第一関節にのせる。

 

③ もう一本の箸を親指と人差し指ではさむ。中指は2本の箸の間に挟まれる。

 

④ 親指と人差し指で挟んでいる上の方の箸を動かして食べ物を挟む。

これがなかなか難しいんですね。(実は私も正しい箸の持ち方が出来ておらず、箸がうまく使えていません)

大人になってから矯正するのは難しいので、子どものうちから正しい箸の持ち方が出来ると本当に素晴らしいことだと思います。(正しい持ち方・使い方が出来るということは食べ物をきれいに、美しく食べることにつながるからです) 

「先生、こう?出来ないよー」とみんな悪戦苦闘しています。

先生たちは一人一人の子どもたちに持ち方を教えます。

皿に大豆がたくさん入っていて、それを空の皿に移す練習をしました。

教えてもらった持ち方をずっと続けるが大変で…自分がいつも使っている持ち方で大豆をつかんでいる子も多かったです。

みんな一生懸命練習していました。

「お箸のマナーを教えます。食べ物を挟まずに、刺している人はいませんか?(刺し箸)お箸をお口の中にくわえたままの人はいませんか?(くわえ箸)おかずの中を何が入ってるかな?これは食べたくないなといろいろ探してから食べる人はいませんか?(探り箸)お箸は刺して食べるのではなく、食べ物を挟んで食べるものです。マナーを守って食べましょうね。」

「お箸を正しく使えるととっても食べやすく、きれいに食べられます。少しずつ今日習ったことを練習してお箸を使えるようになってくださいね。」とお話がありました。

ご家庭でも子どもさんのお箸の持ち方を気にかけていただき、少しずつ練習すると上達すると思います。

| | コメント (0)

2013年7月18日 (木)

プール開き

朝は曇りがちでしたが、今は太陽の光がギラギラ照りつけています。

子どもたちが待ちに待ったプール開きを行いました。

昨日、お昼寝の時間にプールのセッティングを行いました。

目覚めた子どもたちが「わー、プールだ。出来たね。」と声をあげていました。

681112
14161718

水遊びを始める前に園長先生から「今日から水遊びを始めます。楽しみにしていたよね。でもちゃんとお約束を守れないと水遊びが楽しくなくなるので、必ずお約束を守ってください。みんなが怪我をしたり、おぼれたりしないように先生がお祓いをします。」

塩と米とお酒をプールの中や周りにまいて、水遊びが安全に楽しく行われるようにお祈りしました。

子どもたちも神妙にその様子を見ていました。

水遊びの前に体操をしっかりし、屈伸運動やストレッチをしてから遊びに入りました。

手や足、徐々に全身に水をかけてもらった子どもたちは「キャー冷たーい」と歓声をあげます。

24252839

あか
ぐみ
は小さなプールに入り、手作りおもちゃを手に取り水を汲んで自分にかけたり、お友達にかけたりします。

先生たちが時折、シャワーをかけたり、雨を降らせたりします。

今年は泣き出す子もいませんでした。

22314849

ももぐみ
はプールに一番乗り。

水に慣れるために自分やお友達にバシャバシャ水をかけたり、水の中を歩いて水の流れを作ってそれを感じたりします。

ワニさんになって水の中を歩いたりもしました。

プールから上がった後は“水おばけ運びゲーム”に挑戦していました。

ビニール袋に目と口のついたおばけをナカマ先生が用意していました。

2チームに分かれて、水おばけを運ぶゲームをしました。

たくさん水が入ると、結構重いんです。(大人でも)

それを引きずってもいい、抱えてもいい、持ち方は問わずに次の人にバトンダッチします。

子どもたちは力持ちですね。

3歳の子どもたちが水の入ったおばけを肩にかけたり(飛脚の人のようでした)、手で抱えたりしながらリレーしていました。

ゲームが終わってからも水おばけは大人気。

2,3人で運んだり、2つのビニールを併せ持って運ぶ子もいました。

とっても楽しい活動だったと思います。

33324551

あおぐみ
はホースで水を雨のようにかけながらその中を駆け回ったり、ナカヨウボ先生がホースの水を虹のようにかけて、水に濡れないようにその間を通過する活動をしていました。

ホースでかける水はだんだん低くなっていって、体を低く地面すれすれにしなければ通れなくなります。

「あー、水がかかった。」

なかなか体を低くできずに濡れてしまう子続出。

機転を利かせて、水が低くなったら水の上を飛び越える子もいました。

プールではお友達に水をかけたり、バタ足をしたり、水に座って足を開いて“こんにちは”と体を曲げることで水に顔をつけたりしました。

2人組になって、一人の子が足を肩幅に開いている所にもう一人の子が足の間をくぐる活動もしていました。

これから一か月余り、子どもたちの楽しい水遊びが続きます

| | コメント (0)

2013年7月16日 (火)

リトミック7

朝から夏の日差しが容赦なく照りつけています。

リトミック7でした。

ももぐみの活動では…

1234
78910

「~ちゃん・~くん」

「ハアイ」と返事をするのも慣れてきました。

音程をつけて返事をするのは変わらないのですが、今日は下・中・上とだんだん音が高くなる音階に挑戦しました。

子どもたちは今までと違うので、ちょっと戸惑っているようでしたが、先生たちの見本を参考にして答えていました。

先週、ドの音をドドドー真ん中のドとしたのを子どもたちは覚えていたよう。

「ドの音以外だったらブッブーバツをしてね。」と先生。

ドドドド…ファ ×といった具合です。

今週はドドドド…高いド…低いド…真ん中のドから始まって、高いドの音、低いドの音も聞き分けました。

「ゴキブリって知ってる?」

「知ってる。家にも出てくるよ。」と返事が。

「ゴキブリになってみよう」とマツダ先生。

みんなゴソゴソはい回ります。

「上を向いて眠って、腕を上げて、腕をブラブラ、足も上げて足をブラブラ」とゴキブリの動きをします。

ブラブラブラブラとして、ドーンとピアノの音が鳴ったら手足とも床にバタンとおろして力を抜きます。

何度か繰り返したらちょっと休憩。

ゆっくりとゴキブリさんは力を抜いて眠ります。

曲が流れているうちは歩きます。

曲が止まったら氷のように固まって動きません。

「氷が溶けてきて、お水になるよ。」と言われたらだんだん床に体が落ちていきます。

普通のテンポ、速いテンポ、ゆっくりのテンポの曲に合わせて歩く速さも変えていきます。

子どもたちが曲のテンポを感じます。

「パン屋さん知ってるよね?いっぱいいろんな種類のパンが並んでるよ。」とはさんで入れてはさんで入れて…繰り返します。

♪パンパンパン屋さんにお買い物 サンドイッチにメロンパン、ねじりドーナツ、パンの耳、チョコパン2つくださいな♪

丸い円になります。

一人一つずつボールが渡されました。

「ボールを抱っこして、次のお友達に渡して、また次のボールを次のお友達に渡すんだよ。はさんで置いて…」

これがとっても難しいんですね、子どもたちには。

一つの手のことを考えていると、もう一方の手が動かなくて、両手でボールを渡してしまって、お友達からのボールをもらえなくって。

男の子・女の子2つに分かれてボール渡しの練習しました。

「手をグーパーグーパーしたり、ボールを渡したりする練習をクラスの先生としていてね。」

あおぐみの活動では

12131821

23252630

♪あーさのあいさつおはよー♪でポーズを考えたり、お友達の真似をしたりします。

曲に合わせて歩きます。

2人組、3人組になってトンパチントンパチンパチンなど手合わせをします。

先週絵のボードで見たカエルの成長が再び出てきました。

「今日はみんなに動いてもらいます。」と先生。

カエルの卵になってと言われたら丸まって、水の中にある卵を表現します。

オタマジャクシの前足が出てきた所、後ろ足が生えてきたところ、カエルになってジャンプするところ小さなカエル、大きなカエルを表現しました。

ももぐみの子どもたちと同じようにゴキブリになる活動をしました。

上を向いて手と足を上げてブラブラブラブラして、音が聞こえたらバタンと手足をおろす。

曲を聞きながら歩き、曲が止まったら氷みたいに固まる。

日が差してきて氷が溶けて水になるところを表現してみました。

先生がスパゲッティーを出しました。

「ねぇ、これ何か知ってる?」

「あ、パスタだ。」

「よく知ってるね。先生、みんなはスパゲッティーって言うと思ってたけど、パスタって言ったからびっくりした。」

「カルボナーラ、ナポリタン、クリームパスタ…」子どもたちから出てきました。

パスタを1本ずつ手にとってどんな感触か確かめます。

「じゃあ、みんなにスパゲッティーになってもらいます。」

「エー」

「お湯が沸いた鍋にパスタを入れます。そんな、グニャグニャしてたかな?」

すると子どもたちがシャキーンとした姿勢をしてパスタになっています。

お湯に入れてドンドンゆでていくと、シャキーンとしていた麺がフニャフニャになって鍋の中に入り込みます。

子どもたちは足下から崩れて、床に倒れ込んでいました。

先週、リトミックを終わるときに「来週はおうちを造るからね。」と言っていたので、その活動をしました。

釘を打つときにはトントントントンと打つ。(四分音符)トライアングルの音

のこぎりはギコギコと前後にひく。(八分音符)洗濯板をギコギコ鳴らす音

柱を持って歩くときにはスティックを持って肩にかけてドーンドーンと歩く。(二分音符)大太鼓

曲が流れているときにはギャロップをして、トライアングル・ギロの音・大太鼓の音を聞き分けて行動します。

保育園を作ることになりました。

「もうちょっとしたら出来上がるからがんばってね!!」

何度か活動を繰り返すうちに大きな保育園が出来上がりました。

「最後にペンキを塗るからね。何の色が良いかな?」

屋根が赤、壁がピンク、庭が青色になりました。

「大きく、シューシューシューシューいっぱいペンキを塗ってね。」

大きな浜ヶ城保育園の出来上がり。

今回も様々な活動をして、有意義な時間になりました。

| | コメント (0)

2013年7月 9日 (火)

リトミック6

梅雨明けしましたねぇー。

朝からサンサンと日差しが照りつけています。

リトミック6でした。

ももぐみの活動は…

2458


10122427

♪小さくなってこんにちはー大きくなってこんにちはー♪おなじみの曲です。

大小の区別をつけて歌えるようにします。

みんな嬉しくて小さくなるときも大きな声で、大きな動きでしてしまいます。

“ドドドー真ん中のドー”ドの音を聞きながら「~くん」「~ちゃん」「ハアイ」返事します。

よく音を聞きながら、「ハアイ」と返事します。

先生たちの手本を見ながらやってみます。

みんなとても上手です。

「みんな、ドの音じゃなかったら、違うよって教えてね。」

ドの音じゃない音の時には違うよと手でバツをします。

ずーっと聞いていると音の違いがわかってくるようです。

“かえるの合唱”の曲を聞きながら歩きます。

高音がしたらジャンプして、低音がしたらカエルのポーズ、音が聞こえなかったら氷のように固まって動かないとルールを作って動きます。

高音がしたり、低音がしたり、音がしなかったりすると約束した動きをします。

最初のうちはなかなか区別がつかずに、ずーっと同じ動きをしたり、違う動きをする子もいました。

先生がするのを真似したり、友達がするのをみたりして慣れてきます。

バックの音がしたらバックで歩いて、先生がハイと言ったら手を一つ叩く。

条件が増えました。

いろんなことを考えながら表現します。

♪いろんな色がありますねーあか・しろ・きいろ…♪

カラーボード赤・白・黄を一人ずつに配られました。

赤と言われたら赤のボードを持ち上げたり、手でボードを叩いたりします。

「みんな、赤のボードを絵本にしてみて」

赤のボードを手にとって、絵本のように扱います。

「みんなのパパは新聞を読むとき、どんな風に読むかな?」

赤のボードを新聞に見立てます。

「白のボードを帽子にしてみて。」

頭にボードを乗せて帽子にします。

白のボードを両手でもって、ユラユラユラユラ強い風が吹いたり、弱い風が吹いたりするのを表現します。

♪オタマジャクシがスーイスイおなかがすいたスーイスイはっぱをモグモグ食べました♪

「オタマジャクシ知ってる人?」

「???」

「オタマジャクシは最初ゼリーみたいな卵で、そこからオタマジャクシになって、オタマジャクシに後ろ足、前足が出来てしっぽが短くなってカエルになるんだよ。」イラストを見せながらマツダ先生が教えてくださいました。

「カエルになってジャンプしてみようか」ピョンピョンとジャンプします。

♪オタマジャクシがスーイスイ おなかがすいたスーイスイ……♪スーイスイの所は手をスーイスイってかいてみよう。

歌に合わせてスーイスイと手をかきます。

「じゃあ、今度は足も大きく歩いてみようか。」スーイスイのところで手だけではなく、足も大きく踏み出します。

子どもたちもまるで水の中を泳いでいるようです。

最後に黄色のボードとスティックを一本渡されました。

ボードは床に置いて、スティックでリズムを叩きます。

「ドドドドドド、ドッドッドー、ドードー」音が低く大きな時には強く、音が高く小さな時には弱く、叩きます。

子どもたちも高低、大小の区別がだいぶつけられるようになってきました。

あおぐみの活動では…

30344149


51565964

♪あーさのあいさつお・は・よー みーんな元気にお・は・よー…♪

自分で考えたポーズをするのもおなじみになりました。

みんなが真似をする人が真ん中に出てきてポーズをするのも慣れてきました。

「真ん中に出てきた人と同じポーズをみんなもするんだよ。」

今日は歌が早くなったり、遅くなったりいろんなテンポで動きをしてみました。

曲に合わせて歩きます。

「2人組になってー」

“ソ”の音に合わせて「トントントンこんにちは」と手合わせします。

両手をつないでユラユラ揺らぎます。

「トントントンさようなら」と手合わせをしてまた歩き出して、手合わせの音がしたら新しいお友達と2人組になって手合わせするを繰り返します。

途中からはスキップで回り始めました。

2人組を作るのにちょっと時間がかかってしまいます。

特定の子と2人組を作りたくって、その子がいないか探す子がいます。

「近くにいるお友達とサッと2人組になるんだよ。」と言われてもなかなか難しい子もいます。

「トントントントン、トーントーン」手合わせしながら、口もトントントントン、トーントーンと言いながらリズムを刻みます。

先週“タマネギ・トマト・ナス”のリズムを感じて、お買い物やさんで買い物をする活動をしました。

今週は赤・白・黄のボードを一人ずつに配り、3つの野菜の音を感じて手で叩きました。

赤は“トマト”白は“タマネギ”黄は“ナス”と対応しています。

音の違いを感じて、それぞれのボードを叩きます。

スティック2本が渡されました。

「先生の真似をしてスティックを叩いてね。」

マツダ先生は頭の上や体の横、下でトントントン、トントトトン、トトーントンなどリズムを叩き、後から子どもたちが真似をして叩きます。

「みんな、キラキラ星のハンドサイン覚えてるかな?」

先週の最後、ハンドサインをしました。

ちょっとうろ覚え。

「ハンドサインも音も音の階段になっていて、音が高くなっていくと階段を上っていって、音が低くなると階段を下りていきます。音もカエルさんみたいにピョンピョンと上がっていくんだよ。」

先生がハンドサインをして、どの音かを考えたり、2,3つ音をとばして何の音かを考えたりしました。

「オタマジャクシって知ってる?」

「知ってるー。水の中にいるんだよね。大人になったら葉っぱの上にいるの。」

「大人になったら何になるの?」

「カエル」

「オタマジャクシは最初卵で生まれるんだよ。オタマジャクシは後ろ足・前足が生えてきて、しっぽが短くなってカエルになるんだよ。」と教えてもらいました。

「あまがえるのあおちゃん」の絵本を読み聞かせてもらいました。

♪オタマジャクシがスーイスイおなかがすいたスーイスイ……♪

「スーイスイの所は手もスーイスイと泳がせて、後の所は手を叩きます。」

歩きながら、立ち止まって、手だけ、いろんなバージョンで動きました。

大きなカエル・小さなカエルになってその違いも感じてみました。

「先生本当は今日、大工さんしたかったんだよね。時間がなくて出来なかった。大工さんって知ってる?」と子どもたちに質問。

「木を切ったり、釘で叩いたりしていろいろ作ったりするんだよ。」とわかっている様子。

釘でトントントントンと打ったり、ギコギコギコギコとのこぎりで切ったりしてみました。

「次のリトミックで大きなおうちを造るから、どんなおうちを造るか考えといてね。」と先生。

宿題考えておいてね。

今回も様々な活動があり、子どもたちも楽しんでいました。

 

| | コメント (0)

2013年7月 6日 (土)

七夕(高齢者の方との交流会)

久々に朝から太陽が顔をのぞかせています。

今日、七夕まつりを行いました

浜ヶ城の高齢者6名と理事の方とそのお友達8名の方々が保育園へ来てくださいました。

001003007

子どもたちはいつものように体操をして、かけっこをしました。

その様子をおばあちゃん方も見てくださり、声援を送ってくださいました。

009010012020


021022024027

「今日は浜ヶ城保育園に来てくださってありがとうございます。一緒に七夕飾りを作って楽しんでください。」とあおぐみの子どもたちがあいさつをしました。

七夕飾りを作り始めました。

あお・ももぐみの子どもたちを8つのグループにわけ、そのグループに一人おばあちゃんに入ってもらい、飾りを作りました。

輪つなぎ・三角、四角の紙をつなぐ・天の川・ハートの輪っかつなぎ・貝殻・星・提灯…いろんな形を作っていきました。

「これどうやって作れば良いの?」とおばあちゃん方が子どもたちに尋ねる姿も見られました。

「こうやってねぇ、こうするんだよ。」と子どもたち。

和気藹々とした雰囲気で飾り作りが進んでいきました。

大きな竹を準備してあるので、たくさんの飾りを作らないといけません。

時間をかけて、たくさんの飾りが出来上がりました。

032037044049

053054055060

今度はその飾りを笹に結びつけていきます。

おばあちゃん方や先生たちと一緒に作った飾りを結びつけていきます。

こよりを竹の枝に結びつけるのは子どもたちにとっては難しい作業なので、大人と一緒に出来ることをします。

竹に飾りを結びつけてみると、想像していた以上にたくさんの飾りが出来上がっていました。

子どもたちもおばあちゃん方も一生懸命飾りを作ってくれました

「ほら、みんなで作った飾りだよ、きれいだねぇー」と園長先生が竹を持ち上げてみんなに見せました。

「わぁー、きれいだねぇ。いっぱい飾りが出来たね。」と声が上がりました。

“七夕”を子どもたちみんなで歌いました。

ウッドデッキに出て、全園児とおばあちゃん方で記念撮影を撮りました。

「今日は浜ヶ城保育園に来てくださってありがとうございました。たくさんの飾りが出来ました。また来年も来てください。」とあいさつをして七夕まつりを終えました。

七夕飾りは風にそよいできれいです。

みんなの願いが叶うと良いですね。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »