« 芋の苗植え | トップページ | スモモ狩り(あおぐみ) »

2013年6月 7日 (金)

消防訓練(いちき串木野消防署)

梅雨にもかかわらず日差しも見え、さわやかな風が吹き抜けています。

総合消防訓練いちき串木野消防署3名の方に来ていただき行いました

みんなはかけっこをしていました。

「火事だー、火事だよー」と給食室から声がして、先生たちが子どもたちを誘導して、避難場所へ集まりました。

毎月避難訓練をしているので、さっと集まれました。

001002003005
006007

各担任は人数確認し、園長先生に報告します。

「みんなかけっこしているから逃げ足も速かったね。おしゃべりもしないですぐに避難場所へ集まれました。今日のこの訓練はなんの訓練ですか?」

「消防訓練」と子どもたち。

「消防訓練ってどんなことをするのかな?」

「火事」

「火事の時に一番大事なことは何ですか?」

「逃げる」

「そうだね、逃げることが一番大事だね。みんなはまだ小さいからどうしたらいいかわからないから、先生たちの言うことをちゃんと聞くことがとっても大事です。先生が後からついてきなさいとかおしゃべりしないとか言うことを聞くことがみんなの一つしかない命を守るためにとっても大事なことです。」と消防士さんからお話がありました。

続いて初期消火訓練。

今回は実際の消化器を使って火を消す訓練を行いました。

008009010011
012014

「外で消火訓練を行うときには風上から消火器を噴射すること。ホースを向けるのは実際に燃えている物に薬剤をかける。消火器で噴射するときには十分に距離をとって、熱さを感じないところから。古くなっている消火器はレバーが堅くなっていることもあるので、そのときには体重をかけてレバーを踏み込むと消火出来ます。部屋の中で消火をするときには出入り口を背にして(ちゃんと逃げ道を確保して)消火すること。火が天井まで達しているときには火を消すことは出来ないので、そのまま逃げてください。」と消火器の使い方・消火方法・避難の仕方を教えていただきました。

最後に子どもたちお待ちかねの消防車見学をさせていただきました。

016018 029_3 042

019_5 021_2032 040

047 051056 057

救急工作車を見せていただきました。

写真撮影をしたり、消火活動の時に消防士の方が着られる防火衣やヘルメット、消防士の帽子をかぶせてもらったりしました。

小さな子どもたちはとっても興味があるのですが、いざ洋服を着せてもらうことになると怖がって「イヤ」と言います。

それでも消防車を食い入るように見ていました。

大きな子どもたちは洋服やヘルメット、帽子を喜んで着せてもらいました。

年長児の子どもたちは運転席に乗せてもらい、ご機嫌でした。

子どもたちも防災について教えてもらったり、実際に見学させてもらったりして学びが深まったと思います。

|

« 芋の苗植え | トップページ | スモモ狩り(あおぐみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芋の苗植え | トップページ | スモモ狩り(あおぐみ) »