« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月27日 (木)

6月誕生会

今日は雨が上がり、涼しい風が吹き抜け過ごしやすい日です。

6月の誕生会を行いました。

その前にみんなでなぞなぞをしました。

「生まれた時や小さな時には水の中に住んでいて、大きくなったら草や葉っぱの上に住んでいる生き物はなあに?」

「サイはサイでもいろんな色のあるものはなあに?」

「いつも片目をつぶっている生き物はなあに?」

1問目はすぐに答えが出ましたが、2問目・3問目はちょっと難しかったようです。

001006010012
014030009

6月の誕生者は3名(きぐみ2名、ももぐみ1名。2歳1名、3歳1名、4歳1名。

男の子2名、女の子1名。)

自己紹介は先生やお友達に手伝ってもらったり、自分で大きな声で言えたりしました。

子どもたちからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

020024025026

① カエルくんとカミナリくんのお話

3匹のカエルくんたちが登場しました。

草むらの池にいます。

「さっき、僕たちの歌歌ってくれてたよね?とっても上手だったよね。僕たちの歌だから、もっと上手に歌えると思うよ。」と言って“カエルの合唱”を歌い始めました。

カエルなので、グワッグワっグワっグワっという音も聞こえます。

とっても上手に歌えました。

そこにカミナリがゴロゴロゴロゴロピッカッとなり始めました。

「カミナリがなり始めたからもう帰らないと…」カエルくん。

「その前に僕も歌うから“カエルの合唱”歌おうよ。」とカミナリ君。

「みんなも一緒に歌ってね。」

みんなでカエルの合唱を歌いました。

②クマ君の誕生日

今日はクマ君の誕生日。

でも黒い雲がいっぱい出ていて雨が降っています。

「せっかくの誕生日なのに雨が降ってるから、誰もお祝いに来てくれないかも。寂しいなぁ。雨がやんでくれたらいいのに…。」

そこへブタちゃんがやってきました。

「クマ君、お誕生日おめでとう。誕生日プレゼント持ってきたわ。」

「ありがとう。雨なのに来てくれたんだね。」

「雨くらい平気よ。」

ブタちゃんからの誕生日プレゼントはお花の冠でした。

今度はネズミ君がやってきました。

「クマ君、誕生日おめでとう。誕生日プレゼント持ってきたよ。」

「ありがとう。雨の中、来てくれたんだね。」

「うん、雨降ってるくらい大丈夫だよ。」

ネズミ君からの誕生日プレゼントは金のメダルでした。

「みんな、ありがとう。雨が上がるといいのにな…黒い雲がなくなるといいんだけど。太陽さん出てきてくれるかな?太陽さーん。」

「はーい」黒い雲の合間から少し太陽が顔をのぞかせました。

「アッ、少し太陽さんが顔を見せたよ。いっぱい顔を見せてくださーい。」とみんな。

「太陽さーん、がんばって全部顔を見せて。」

すると、黒い雲がなくなって、太陽の光が差し込みました。

「うわー、よかった、よかった。」

クマ君も花の冠と金のメダルを身につけてとっても嬉しそう。

ニコニコ笑顔です。

空にはきれいな虹が出て「おめでとう」とかかっていました。

季節感のある楽しいお話でした。

子どもたちも楽しんで誕生会に参加して、良いひとときを過ごしました

| | コメント (0)

2013年6月25日 (火)

リトミック5

梅雨らしく、ずーっと雨が降ったり、やんだりしています。

リトミック5を行いました。

ももぐみの活動では…。

001002003004
009012014015
017021026031

♪いないいないばぁいないいないばぁ さあ始めましょうリトミック♪の歌から始まりました。

曲が流れると歩き始めます。

曲が止まると自分たちも止まります。

このルールはだいぶ浸透してきました。

「止まるときには氷みたいに固まって、ピタッと止まるんだよ。」とマツダ先生。

スズとタンバリンが出てきました。

スズはイケダ先生がタンバリンはナカマ先生が持ちます。

「スズがリリリリリリリってなったら腕をキラキラしながらティティティティ走るんだよ。タンバリンがパンってなったらピタって止まるんだよ。」

約束をして始めます。

ピアノで曲が流れて、スズがなり、タンバリンの音がします。

子どもたちは戸惑っている様子。

先生たちも声をかけます。

何度も繰り返しているうちにちょっとコツをつかんできた感じです。

「今度はスズがなったら止まって腕をお空につくぐらいいっぱいのばしてキラキラする。タンバリンがなったら後ろにバックします。」

今までやっていたのと違うので、考えながらやらないといけません。

スズがなったら足は止まって腕をあげてキラキラする。

タンバリンがなったら運転手さんみたいにバックで進む。

切り替えが難しいです。

「~くん・~ちゃん」

「はあい」

はあいの返事を先生が弾くピアノの音に合わせます。

今までは上・下・上の音程でしたが、今日は上・中・下の下がっていく音程も出てきました。

みんなが知ってる♪とんとんとんとんひげじいさん…♪で手遊びします。

「じゃあ、とんとんとんとんの所はトトトトトトトトって歌って手拍子してね。」

やることが増えていきます。

フープが出てきました。

「♪手はおひざの所は手はおしり・肩・ほっぺ…って出てくるから、フープの中におしりや、おなか言われたところを中につけてくださいね。」

おしりや肩(左右)ほっぺ(左右)をフープの中にその部分だけ入れます(くっつけます)。

フープの外へ出てお母さん座りをして膝を叩きます。

トトトトトーン・トトトーンなど打つリズムも変わります。

「かかとをフープの中に入れて」

かかとでトントントントンとリズムを打ちます。

「フープに足の裏を入れて、立ってください。(片方の足)反対って言ったら今の足と違う足をフープに入れてね。」

最初はなかなか難しくて出来なかったのですが、練習するうちに出来るようになってきました。

「じゃあ、反対って言われたらジャンプして足を交替してね。」

トントントントンとリズムに合わせてジャンプしながら足を交互に入れ替えます。(結構高度な技だったと思います。

お母さん座りをして一人でトントントントンと手拍子したり、床を叩いたりします。(口もトントントントンと言いながら)

「みんなが上手に出来て嬉しくなったからカラーボードとスティックを出すね。」と先生。

カラーボードは床において、スティックは手に持ってカラーボードをトントントントンと叩きます。

雲が出てきて、雨が降ってきました。

「雨が降ってきたから傘がいるよね?カラーボードを傘にして歩いてください。」

水たまりがどこそこ出来ました。

「水たまりはピョーンって飛ぶんだよ。入ったらダメだよ。」

ロープで細い道が出来ました。

ティティティティとかかとをあげて軽やかに小走りをして渡っていきます。

「途中に水たまりがあります。そこはピョーンと飛び越えてね。」

水たまりの所まで来たらちょっと立ち止まって反動つけてピョンと跳び越す子、またぐようにして普通に通り抜ける子、水たまりを意識していない子など様々です。

「みんなはママにお買い物をしてきてって言われて重たい荷物を持っています。ヨイショよヨイショってゆっくり歩いていってね。」

これは結構難しいようで、(実際に重い荷物を持っていない持ったことがない?)なかなかゆっくりした足取りは出来なかったです。

道脇にはたくさんの葉っぱがあり、葉っぱの下にはカタツムリが隠れているようです。

それを探して、自分たちもカタツムリになってみました。

あおぐみの活動は…

033034035039
045049050051
053054056057

♪あーさのあいさつおはよー…♪

あおぐみでリトミックを始めるときに歌う歌です。

円の中心に立った人のポーズをみんなが真似をします。

「ポーズをしている人になりきって、全部を真似するんだよ。」とマツダ先生。

真ん中に立ってポーズをしたい人はたくさんいるのですが、いざ中心に立つと照れくささもあってなかなかポーズが決まりません。(同じようなポーズになってしまう)

まずは歩きます。

トントントントン手拍子しながら口も“トントントントン”と言いながら歩きます。

2人組を作ります。

トンパチントンパチン手合わせします。

パーとグーだけのじゃんけんをします。

勝った人は負けた人の肩を叩きます。(トントントントン)

高音が聞こえたら人差し指でチョンチョンチョンチョンと背中をつつきます。

低温が聞こえたら手のひら全体で背中を上下にゴシゴシゴシゴシこすります。

音を聞いて判断して、行動します。

違う二人組になります。

前したことを繰り返します。

3人組になります。

トンパンパンと手合わせします。

4人組になります。

トンパンパンパンと手合わせします。

同時にタマネギと言いながら手合わせをします。

再び2人組になり、ナスと繰り返しながら手合わせします。

3人組になってトマトと言いながら手合わせします。

「今度は音だけ聞いて2/3/4人組を作ってね。」

リズムと人数を結びつけて、理解を促します。(ナス・トマト・タマネギは同じリズム、同じ音の数を具体的にするための助けになります)

一人ずつに赤・白・黄・青のカラーボードが渡されました。

右側から赤・白・黄・青の順番に並べて床に置きます。

先生が言ったボードを右手で叩きます。

「あか・あか。1・1。あか・あか…あか・しろ・き・あお・1・2・3・4」1から4までの数と色を対応させて数の理解を深めます。

フープと同じ色のカラーボードをフープの中にたくさん入れます。

白はタマネギ屋さん、赤はトマト屋さん、青はナス屋さんです。

それぞれお店になっています。

「じゃあ、お店屋さんに買い物へ行ってね。音を聞いて、何を買っていいのか自分で考えてね。」

タマネギは4つのリズム、トマトは3つのリズム、ナスは2つのリズムです。

音を聞いてそれぞれ何を買ったらいいのか考えます。

音を聞いてサッと動く子、友達のを真似する子、ちょっと考えてから動く子、いったんカラーボードをとってから考え直して取り直す子いろいろです。

間違えた人は元の色の所へボードを戻す。

当たっていた人はそのまま持っています。

少ない子もいれば、たくさん持っている子もいます。

当たるたびに「やったー」と歓声が上がります。

最後にドからドまでのハンドサインを教えてもらいました。

「キラキラ星」の曲に合わせて、ハンドサインをしてみました。

今日も盛りだくさんの内容で、子どもたちも楽しんで活動していました

| | コメント (0)

2013年6月22日 (土)

郷土のお菓子作り(あおぐみ)

涼しい、さわやかな風が吹いています。

午後からはあおぐみの子どもたちが郷土のお菓子作りをしました。

三角巾とエプロンをつけて準備万端です。

今年のメニューは「いこもち と フルーツポンチ」です。

いちき串木野市の食生活改善推進委員の4名(カワサキさん・イシノさん・サメシマさん・マルノさん)の方が今年も保育園に来てくださいました。

食改善の方々が今日作るお菓子の作り方を子どもたちに教えます。

001002003004

014016_2021025

最初のうちは調理室でする工程ばかりだったので、子どもたちは待ちぼうけ。(材料がそろってからはすることがたくさんありましたが)

まずは調理室で牛乳寒天を作ります。

フルーツポンチのシロップを火にかけ、さましておきます。フルーツ(すもも・キウイ・パイナップル・みかん)も小さく切っておきます。

いこもちの生地を作るのに、水と砂糖を沸騰させます。

粗熱をとって70度くらいになったらいこもちの粉を入れて一気に混ぜます。

耳たぶくらいの硬さになるまでヘラやすりこぎでこねます。

ここからが子どもたちの出番。

生地を1センチくらいにのばしたら型抜きで抜きます。

☆やハート、お花の形などいろんな形があり、一人何回も型抜きをします。

保育園全員分のおやつなので、何度も型抜きします。

フルーツポンチは小さく刻んだフルーツを容器に入れていきます。

赤・緑・黄・オレンジと色とりどりできれいです。

作った牛乳寒天とシロップを入れて出来上がり。

いこもちは白で、フルーツポンチは透明なシロップの中に様々な色が浮いていて、とっても涼しげです。

あおぐみの子どもたちと食改善の4名の方々と3時のおやつを食べました。

039040041042
043045046

「これ、おいしーね」みんな大喜び。

あっという間に食べ終わったようです。

047048050051

053055054056

他の部屋の子どもたちもお兄ちゃんとお姉ちゃんが作ったおやつを嬉しそうに食べていました。

とっても楽しい時間を過ごせました。

レシピを考えてくださったり、材料を調達してくださったり、子どもたちにおやつ作りを教えてくださったり、食改善のみなさん、いつもありがとうございます。

また来年も楽しみにしています。

| | コメント (0)

おにぎりの日(衛生面に気をつけよう・お米について)

熱帯低気圧も消え、台風一過で久々に強い日差しが刺しています。

今日はおにぎりの日

みんなおにぎりを持って登園してきました。

ももあおぐみの子どもたちには食育のお話がありました。

007008012013

「どんな時に手を洗いますか?」とイシツカ先生から子どもたちへ質問。

「ご飯の前、トイレに行った後、おやつの前、外から帰ってきたとき、スポーツした後…」と返事が返ってきました。

「じゃあ、みんなどんなにして手を洗ってるかやってみてくれるかな?」

子どもたちはそれぞれいつもやっている手洗いをその場でやってみました。

手をこすり合わせて手の甲を洗って、爪を手のひらにつけて丸くこすって、手の間を洗い、親指を回し洗い、最後に手首をこすって…。

「先生が見てるとね、お水をたくさん出して、出しっぱなしにして石けんをつけてチャッチャと洗って終わりの人がいます。今やったように丁寧に手を洗いましょうね。」

「どうして手を洗うのですか?」と先生が子どもたちに質問をします。

「ばい菌がいるから、おなかが痛くなるから…」

「そうだね、手を洗わないと目に見えないばい菌がいっぱいついていてそれを食べ物と一緒に食べてしまっておなかが痛くなったり、熱が出たり、吐き気がしたりします。そうならないように手をきれいに洗うんですよ。今は梅雨で雨がいっぱい降って、暑いからばい菌がたくさんになります。だから手を洗うことが大事なんです。」とお話がありました。

今、ちょうど田植えの時期。

「お米」について話をしてもらいました。

お米の粒(種)が育って、苗になるのが今の時期。

田んぼには泥と水をはっています。

「泥の中には小さな虫(微生物)やお米になるのに必要な栄養がたくさん入っています。そして、お水、太陽の光があってどんどん大きくなっていきます。みんなの運動会の頃、稲になりたくさんのお米が出来ます。ご飯には体にいい物がたくさん入っているので、みんないっぱい食べましょうね。」

「お米はただお米として食べるだけではなく、味噌や醤油、お酒、お餅、せんべい……いろんな食べ物になります。お米はみんなにとっても大事な食べ物です。いろんな人がお世話して出来ていて、一粒一粒に神様が入っています。だから大切に食べてくださいね。」

実際に水道で教わった手の洗い方できれいに洗ってみました

016018019017

先生たちもついていたので、聞きながら、よく覚えていて、自分一人できれいに手を洗う子もいました。

まずは水で手を濡らし、石けんを全体につけて

① 手のひらとひらをを合わせて、こする。

② 手の甲を洗う(左右とも)

③ (一方の手を土台にして)つめをつけてこすり洗いをする。(左右とも)

④ 指の間を洗う。(左右とも)

⑤ 親指をこすり洗いする。(左右とも)

⑥手首を洗う。(左右とも)

この手順で一つの動作を最低5回して手をきれいに洗います。

食中毒の多いこの時期、手をきれいに洗って、食べ物をおいしく食べて梅雨の時期を乗り越えましょう。

| | コメント (0)

2013年6月20日 (木)

交通安全教室(県警ひまわり号)

雨がいつ降り出してもおかしくない天気ですが、午前中は持ちこたえました。

今日は鹿児島県警ひまわり号がやってきて、交通安全教室がありました。

「ゼンちゃん来るんでしょ?」と大きな子どもたちは知っているようで、楽しみにしているようです。

みんなが体操をしている時、県警の警察官2名と市役所の交通安全の係りの方1名が来られました。

あおぐみの部屋に集まり、交通安全教室が始まりました。

「今日はみんなの大事な一つしかない命を守るためのお勉強をしに、鹿児島からやってきました。」と警察の方がおっしゃいました。

001 002 003 004 

007011012006

まずは「アラジンと魔法のランプの交通安全」というDVDを見ました。

道路の歩き方(車道と歩行者道路、白線の引いてある歩行者道)、横断歩道の渡り方(横断歩道のない道路の場合は歩道橋をわたる)、踏み切りのわたり方を漫画で分かりやすく伝えていました。

3つのランプがある信号が出てきました。

「どこが青色かな?」とおまわりさんからみんなに質問がありました。

「???」みんなちょっと戸惑っています。

「左側だと思う人?真ん中だと思う人?右側だと思う人?」パラパラと手があがります。

「左側が多いようですね。そう、右側が青、真ん中が黄、左側が赤ですよ。」

「鹿児島からゼンちゃんを連れてきたんだけど、みんな会いたい?」

「会いたい」

「ゼンちゃんは5歳です。朝早くおきて、眠いみたいでまだひまわり号に寝てるみたいだから(ゼンちゃーん)って大きな声で呼んでね。」

ゼンちゃーーん

「はーい」お姉さん警察官と一緒にゼンちゃんがやってきました。

「みんなー、元気?」

「はーい」

「声が小さいみたいだけど、朝ごはん食べてきたのかな?」

「はーーい」

「ゼンちゃん今日は浜ヶ城保育園に何をしにきたのかな?」

「かけっこー」

「えーー、違うよ。交通安全のことをお勉強に来たんだよ。」

「そうか、そうか。」

「まずは自己紹介してみようね。」

「僕は鹿児島県警察官のゼンちゃんでーーす。みんなと一緒に交通安全のことを勉強しにきました。みんなのことをジーっと見ているよ。ジロジロジロジロ……。」

子どもたちはゼンちゃん登場に大喜び。

ゼンちゃんの話やしぐさを食い入るように見つめていて、時には大声で笑います。

「今日は3つのお約束をしに来たよ。みんな守れるかな?」

「はーーい」

① 道路に 急に 飛び出さない。

② 道路で 絶対に 遊ばない。

③ 車に乗るときは シートベルト カッチン

3つの約束を復唱し、忘れないようにします。

子どもたちはちゃんとお約束を覚えているようです。

「みんな、お約束守れるかな?」

「はーーーい」

ゼンちゃんはひまわり号に帰っていきました。

園庭に出て、横断歩道の渡り方を教えてもらいました

015 014 017 018

021 024 025 026

地面に大きな横断歩道を白いラインで書いてあります。

青・赤の信号機と車が2台あります。

まずはあおぐみの子どもたちから教わりました。

「信号が赤のとき、横断歩道のすぐそばに立っていると車が来て当たったり、ひかれたりするので、一歩下がって待ちましょう。信号が青になったらトントンとーまれで足ふみしてとまって右手をシャキーンと上げて右を見て、左を見て、右を見て腕を上げたまま右を見ながら横断歩道を渡って、半分過ぎたら左側を見ながらわたります。わたり終わったら待っていた車の運転手さんに(ありがとうございました)と挨拶します。」

トントンとーまれ!右手シャキーン。右見て、左見て、右見て。右を見ながら横断歩道を渡って、真ん中を過ぎたら左をみながらわたって。運転手さんにありがとうございました。

あおぐみの子どもたちが終わったら、ももぐみの子どもたちも挑戦しました。

警察官の方や先生たちに教えてもらいながら、みんな横断歩道を渡ります。

「上手に渡れました。100点満点!!」とほめてもらいました。

最後にみんなよく出来ましたということで、ゼンちゃんのキーホルダーを頂きました。

みんな、一つしかない命を守るために交通ルールを守ろうね

| | コメント (0)

2013年6月11日 (火)

リトミック4

どんより曇っていて、蒸し暑い日です。

リトミック4でした。

まずはももぐみの活動。

1246

8101216

音の階段を腕で表現します。

「~ちゃん」「はあい」音の上下を腕を上げ下げして目に見えるようにします。

音は目に見えませんが、耳で音を聞き取って音が動いていることを感じます。

音の上下と一緒に音の大小も感じます。

音が小さくなったら、子どもたちも音を小さく、音が大きくなったら、子どもたちも音を大きく出します。

♪とんとんとんとんひげじいさんとんとんとんとんこぶじいさん…きらきらきらきら手は頭、手はおしり、手はおなか、手はほっぺ…♪

体のいろんな部位を感じます。

一人ずつにボールが手渡されました。

「頭・肩・ほっぺ・ひじ・ひざ・足」手に持っているボールを言われた部位に持って行きます。

言われたことをちゃんと理解しているようです。

部屋にフープを所々置きます。(赤・黄・青)

曲の流れている間はフープに乗ったり、入ったりしないでその周りを歩きます。

曲が止まったら、フープに入ります。

自分が何色のフープに入ったか覚えておきます。

曲が流れて、曲が止まったら最初入っていたフープと同じ色のフープに入ります。(赤・黄・青が2本ずつあるので、2本目に入ってもよいし、違ったフープで同じ色のものに入ってもいい)

今度は自分が入っていた以外の色のフープに入る・自分が好きな色のフープに入るなどいろんな条件が出されます。

フープ以外にも葉っぱを置いて、曲が止まったら葉っぱの所へカタツムリを探しに行って、自分もカタツムリになるという課題もありました。

今、まさにカタツムリがいる季節。

子どもたちもよーく知っていて、「カタツムリになって」と言われたらすぐに反応してゆっくりゆっくり床を這って進んでいました。

最後に「かたつむりのノンちゃん」という絵本を読んでもらいました。

初めての試みでしたが、絵本を読むのに合わせてピアノで効果音を入れて(カタツムリが進んでいくところや、雨だれの音、ノンちゃんが他の虫を水たまりから助けるときの音など)朗読しました。

ピアノの効果音は絵本の読み聞かせに合わせてナカマ先生とハラグチ先生が担当しました。

絵本の読み聞かせも音が入ると絵本の世界がグッと立体的になり、とっても素敵でした。

あおぐみの活動では。

1718 21 23
26 27 35 36
40 4144 52

♪あーさのあいさつおはよー…♪

始まりの歌を使って、ポーズをし、誰かのポーズを真似したり、男の子・女の子それぞれが真似をするポーズを前に出てやってもらったりします。

曲が流れて歩き、曲が止まったら2人組になります。

トンパチントンパチン向き合って手合わせをします。

“トンパチントンパチン”口もいいながら手合わせします。(そうすることで手合わせもあいやすくなります)

次は3人組。

“トンパチパチトンパチパチ”三人で手合わせします。このときも口で言いながらやります。

2人組の時の“トンパチン”と3人組の時の“トンパチパチ”はリズムが違います。(2拍子と3拍子)

音の違いを判断して、“トンパチン”“トンパチパチ”の手合わせをします。

フープ(赤・白・緑・青・黄)5本を床に置きます。

曲が流れているときにはフープの中に入ったり、乗ったりせずに周りを歩きます。

曲が止まったら自分たちも止まるが基本形。

曲が変わり、スキップをしながら、小刻みに、ドシンドシンと大股で歩いたりします。(全て曲が異なります)

曲が止まったらフープの中に入ります。

曲が止まったら同じフープに入る。(1番目に入っていた同じメンバーが入っていることになります)

曲が止まったら今まで入っていた色とは別の色に入る(さっき入っていた同じメンバーで色だけ変える)

曲が止まったら自分の好きな色のフープに入る。

いろんなバージョンを組み合わせて、音を聞きながら活動を決めて、考えながらフープの場所を移ったり、メンバーを覚えたりします。

これって、とっても頭を使いますね。

ハンドルにもなる丸いチューブが出てきました。

2人組になり、チューブをお互い持ち、曲を聴いて上下上下させたり、横にゆらゆらスイングさせたりします。

チューブの周りをスキップしたり、小刻みに走ったりします。

カラーボードが出てきました。

片方の手のひらで打つリズムは四分音符。

ティティティティと人差し指だけを使ってボードを打つのは八分音符。

両手を使ってドーンドーンとたたくのは二分音符。

それぞれの音符の長さの違いを感じます。

“トンパチン”“トンパチパチ”もボードでたたいてみます。

一つの大きな円を作ります。

♪お茶を飲みに出かけましょ…♪わらべ歌を歌いながら遊びます。

一人が円の中に入り、周りを回ります。

 

途中である子の前で止まり、手を取って回り、その子と交代します。

「みんなに行き渡るように、まだしてない人の所へ行ってね」と言われるのですが、2度目・3度目と当たる子は当たり、回ってこない子は1度も回ってこなかったりします。

「誰がまだやってないかなと考えることもお勉強なんだよ。頭で考えながら遊んでね。」とマツダ先生。

2人一組になり、向き合わせになります。

一組に1つずつボールが渡されました。

「どうぞどうぞと声をかけるからお友達にボールを渡してね。」

“どうぞ”のかけ声に合わせてボールが行き来します。

テンポが合わず、苦戦しているチームも。

「お口も“どうぞ”って言いながらやってね。そして、膝を曲げながらやるとテンポが取りやすいよ。」

ゆっくりのテンポから速いテンポになっていきます。

最後に1人で“どうぞどうぞ”に合わせてボールの受け渡しをしました。

「2人組でやるのと1人でやるのどっちがやりやすかった?」とマツダ先生が子どもたちに聞きます。

「一人でやるのがやりやすかった。」と子どもたち。

「そうだよね。一人でやるのがやりやすかったよね。でもリトミックでは2人組・3人組・4人組ですることがたくさんあるからお友達と一緒にするのを練習していきますよ。だから誰とでも組みになれるようにしようね。」

今日のリトミックも様々な活動があり、充実した時間を過ごせました

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

スモモ狩り(あおぐみ)

昨日は台風のような天候で、雨風強かったですね。

今日もその名残があり、強い風が吹いています。

予定していたよりも早く、スモモ狩りを行いました。

今年のスモモはちょっと小さめ。

1321922

土曜日にももぐみの子どもたちに一足先に収穫をしてもらいました

今日はあおぐみの子どもたちに採ってもらいました

4,5歳児の子どもたちなので、準備も出来るところはやってもらいます。

倉庫からスモモを入れるかごと小さな脚立は持って行きます。

スモモの木はもう老木(二十年以上は経っていると思われます)ですが、毎年実をつけます。

27324043
4996107

「あ、あそこに赤い実がなってるよー、届くかな?」といいながら収穫をします。

脚立は1つははしご状のもの、2つはオルガンのいすや2段の階段になったものです。

一番高いところへ上って精一杯腕を伸ばして赤いスモモを採ろうとするのですが、なかなか届きません。

保育者が抱えたり、高い枝を下げたりして出来るだけ子どもたちに採ってもらおうとします。

はしごで物足りない子はスモモの木に登って、高みを目指します。

上の方に赤い実がなっているからです。

「もうちょっと上に行ったらあそこに赤い実がなってるよ。上を見て、赤い実がなってるかどうかよく見るんだよ。」下から保育者が声をかけます。

「あそこにある」と気づくと、一心に手を伸ばします。

「採れたー」一生懸命に採った子どもたちは満面の笑みを浮かべます。

「まだ青い実が多いから、また今度手伝ってね。」園長先生が声をかけて、スモモ狩りは終了。

収穫したスモモを入れたかご、空いたかご、脚立は子どもたちが片付けました。

給食やおやつの時間にスモモが登場します。

楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

消防訓練(いちき串木野消防署)

梅雨にもかかわらず日差しも見え、さわやかな風が吹き抜けています。

総合消防訓練いちき串木野消防署3名の方に来ていただき行いました

みんなはかけっこをしていました。

「火事だー、火事だよー」と給食室から声がして、先生たちが子どもたちを誘導して、避難場所へ集まりました。

毎月避難訓練をしているので、さっと集まれました。

001002003005
006007

各担任は人数確認し、園長先生に報告します。

「みんなかけっこしているから逃げ足も速かったね。おしゃべりもしないですぐに避難場所へ集まれました。今日のこの訓練はなんの訓練ですか?」

「消防訓練」と子どもたち。

「消防訓練ってどんなことをするのかな?」

「火事」

「火事の時に一番大事なことは何ですか?」

「逃げる」

「そうだね、逃げることが一番大事だね。みんなはまだ小さいからどうしたらいいかわからないから、先生たちの言うことをちゃんと聞くことがとっても大事です。先生が後からついてきなさいとかおしゃべりしないとか言うことを聞くことがみんなの一つしかない命を守るためにとっても大事なことです。」と消防士さんからお話がありました。

続いて初期消火訓練。

今回は実際の消化器を使って火を消す訓練を行いました。

008009010011
012014

「外で消火訓練を行うときには風上から消火器を噴射すること。ホースを向けるのは実際に燃えている物に薬剤をかける。消火器で噴射するときには十分に距離をとって、熱さを感じないところから。古くなっている消火器はレバーが堅くなっていることもあるので、そのときには体重をかけてレバーを踏み込むと消火出来ます。部屋の中で消火をするときには出入り口を背にして(ちゃんと逃げ道を確保して)消火すること。火が天井まで達しているときには火を消すことは出来ないので、そのまま逃げてください。」と消火器の使い方・消火方法・避難の仕方を教えていただきました。

最後に子どもたちお待ちかねの消防車見学をさせていただきました。

016018 029_3 042

019_5 021_2032 040

047 051056 057

救急工作車を見せていただきました。

写真撮影をしたり、消火活動の時に消防士の方が着られる防火衣やヘルメット、消防士の帽子をかぶせてもらったりしました。

小さな子どもたちはとっても興味があるのですが、いざ洋服を着せてもらうことになると怖がって「イヤ」と言います。

それでも消防車を食い入るように見ていました。

大きな子どもたちは洋服やヘルメット、帽子を喜んで着せてもらいました。

年長児の子どもたちは運転席に乗せてもらい、ご機嫌でした。

子どもたちも防災について教えてもらったり、実際に見学させてもらったりして学びが深まったと思います。

| | コメント (0)

2013年6月 6日 (木)

芋の苗植え

雨は降りませんが、どんより曇り空が広がっています。

菜園に植えたもも・あおぐみの子どもたちの野菜の苗も順調に育っています。

芋の苗植えを行いました。

1234

「みんなにお芋の苗を植えてもらいます。(苗を見せながら)葉っぱや茎から太陽の光を浴びていっぱい栄養をもらって、雨が降ったら水分をもらいながらお芋は大きくなっていきます。(お芋が出来るのはいつですか?)10月(子どもたち答える)10月の終わりから11月の初めに出来ます。夏の暑い時期を乗り越えてお芋が出来るんですよ。みんなも草を取ったりお世話をしてくださいね。」と園長先生からお話がありました。

561115

早速、あかぐみの子どもたちから菜園へ行き、苗を植えました。

先生たちと一緒に土に穴を掘り、苗を横たえて土をかぶせます。

20252829

もも
ぐみ
の子どもたちは2本苗を植えました。

畝をあげてあるので、横に広く穴を掘る必要があります。

子どもたちの手ではそれが難しいようです。

「おいしいお芋になってね。おおきくなってね。ありがとう。」など植え終わった後、子どもたちが苗に話しかけていました。

30323335

あお
ぐみ
の子どもたちは一畝に4人ずつ入り、7~8本を担当してもらいました。

「ねぇ、先生これでいいの?出来てる?」と聞いてきます。

苗を横に寝かせて、茎の最後の所(お芋が出来るところ)が土に埋まるように植えていきます。

自分の担当が終わったら残っている苗の植え付けもします。

「まだあるの?やりたい。」と言ってお手伝いをしてくれます。

一面、お芋畑になりました。

暑い夏を超え、運動会を終えた後、収穫は11月上旬の予定です。

楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »