« 親子ふれあい会 | トップページ | 野菜の苗植え(もも・あおぐみ) »

2013年5月 2日 (木)

お茶摘み(八十八夜)

朝夕はまだまだ肌寒さが残っていますが、日中は強い日差しが射して初夏を思わせます。sun

今日は八十八夜

立春から数えて八十八日目のこの日は茶摘みや苗代のもみまきなど夏へ向けての準備に良い日とされているようです。

菜園にあるお茶の木も新芽が目立って、葉も大きく生長しました。

保育園でもお茶摘みを行いました。japanesetea

695

お茶を摘む前に「みんなにもお茶の葉っぱを摘んでもらいます。お茶は新芽で柔らかい黄緑の葉っぱを摘みます。この葉っぱをたくさん摘んで、みんなも飲むお茶にしてもらいます。」お茶の茎と葉っぱを見せながら園長先生からお話がありました。flair

きぐみの子どもたちから菜園に行き、お茶を摘み始めました。

131416
                                                        2歳児の子どもたちなのでお茶の葉っぱよりも周りの草花などに興味を示し、葉を摘むのは二の次でしたが、みんな何枚かはお茶の葉を摘んでいました。

ももぐみの子どもたちもどちらかというと周りの草花や様子に気を取られているようでしたが、10枚くらいはお茶を摘んでくれました。

17 18_3 20 21_2

あおぐみの子どもたちはさすが4,5歳児の子どもたち。

24 27 29 31
33 34 36 
長い時間頑張ってお茶摘みしてもらいました。

「先生、この葉っぱ取ってもいいの?これは柔らかい葉っぱ?」と質問してきます。

「うん、大丈夫だよ。この葉っぱは柔らかいからいいんだよ。」

カゴに一回一回葉っぱを入れる子、自分の手にいっぱい葉っぱを持っている子、かぶっている帽子の中に葉っぱを入れる子…それぞれ思い思いにお茶摘みを楽しんでいます。

時間が結構長かったので、「先生、疲れた~、休憩していい?暑いねぇ。」と言う声も聞こえてきました。

「みんな頑張ったからご褒美があるかもよ。」と園長先生。

その言葉にまた頑張る子どもたち。

「100枚は取れるよ」の子どもたちの声に

「1000枚は取れるよ」と園長先生。

集中してお茶摘みに取り組んだ子どもたちでした。

今日摘んだお茶の葉は製茶工場に持っていき、お茶にしてもらいます。

新茶が飲めるのを楽しみにしていてくださいねcherry

|

« 親子ふれあい会 | トップページ | 野菜の苗植え(もも・あおぐみ) »

コメント

学校の課題で日本の行事について調べています。
八十八夜について、子供たちにはどのような説明をしたらよいのでしょうか。差支えなければ教えていただきたいのですが。

投稿: 保育短大学生 | 2016年1月 3日 (日) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親子ふれあい会 | トップページ | 野菜の苗植え(もも・あおぐみ) »