« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月30日 (水)

卒園記念品作り(美山・年長児)

雲一つない晴天に恵まれました。

日中は春を思わせる日差しが降り注ぎ、暖かで穏やかです。

年長児の子どもたちが美山・陶遊館へ卒園記念品作りへ出かけました

ネコバスに乗って出かけるのでみんな楽しみにしていた様子。

給食を早々に食べ終わると準備をして出かけました。

指導してくださるのはカミノカワ先生。

子どもたちが作るのは自分用の鉛筆立てです。

「この鉛筆立てはみんなが小学校に行くようになって鉛筆やペンなどを立てるものです。大事に使ったら大人になってもずーっと使えるので、優しく使ってくださいね。」と先生からお話がありました。

Dsc04681Dsc04682Dsc04684Dsc04685
Dsc04688Dsc04691Dsc04693Dsc04695
Dsc04712Dsc04715

一人ずつ粘土を手渡されて、さっそく作業を始めました。

最初は粘土の塊を掌のもとで叩いて平べったくします。

薄くするために機械にかけて細長くします。

そのために粘土を台にのせて、機械に挟めるだけの厚さにする必要があったので、掌で叩きました。

その様子にみんな「ワー」とか「すごい」とか歓声を上げます。

細長くなった粘土に型紙を置いて、鉛筆立ての本体を粘土べらで切り抜きます。

今までは長方形だけでしたが、今年は鉛筆立ての上が波になったものもあり、女の子たちに人気でした。

型を抜いたら円形の筒に巻きつけて胴体を作ります。

残りの粘土で胴体につける飾りを作ります。

フェルトやスタンプ、クッキーの型ぬきなどいろんな型があります。

女の子にはバラやハート、星、クマやうさぎ…かわいらしい形が人気。

男の子には恐竜やカブトムシ、クワガタ、ドラえもん…男の子の憧れるものが人気。

みんな一生懸命に形を作ります。

ただスタンプを押すだけではなくて、粘土にスタンプを押したものに型ぬきで型を取って飾りにしたりといろんな工夫が見られました。

型がたくさん出来たらどろを塗って胴体に張り付けていきます。

まだ底に粘土をつけていないので残りの粘土に胴体を乗せて、型を取って粘土を擦り付けてつなぎ合わせます。

いろんな型を付けたので、色を塗ります。

青やピンク、みどり、藤色、黄色、赤などカラフルな色が準備されていました。

子どもたちはいろんな色を使って筆で丁寧に色塗りします。

同じ色だけを使うのではなく、模様のところと下地の所を色を違えて塗ったりしていて、先生も「すごく工夫していますね。」と感心していらっしゃいました。

こうして鉛筆立ては出来上がり。

今度は保育園に子どもたちが贈る記念品を作りました。

Dsc04722Dsc04721Dsc04723Dsc04728

保育園ではメダカを飼っているので、今年はスイレン鉢にしました。

3グループに分かれて型にそって粘土をならし、生地に形がつくようにスタンプやフェルトの生地で型を付けました。

水を入れるものなので、下に台をつけた方が水漏れがしないですよとカミノカワ先生にアドバイスをいただいたので、粘土をひも状に細くして鉢の下につけました。

とっても素敵な出来栄えで、鉛筆立てもスイレン鉢も完成が楽しみです。

子どもたちは2時間という長い時間でしたが、集中して作品を作っていました。

鉛筆立ては卒園式に渡します。

楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2013年1月29日 (火)

1月誕生会

今朝は霜で覆われて一面真っ白。車のフロントガラスもガッチガチに凍っていました。

今は春を思わせる日差しが射しています。

1月の誕生会でした。

1234
5

誕生会が始まる前にイワサキ先生が手遊びを教えてくださいました。

「誕生日おめでとうを英語でなんて言うか知ってる?」

ちょっと間があった後、「ハッピーバースデイ」と声が上がりました。

「今日はハッピーバースデイが出てくる手遊びをします。」

ということで♪赤い卵がパンと割れてハッピーバースデイアンパンマン…♪

黄・白・オレンジ・黒の色やカレーパンマン・食パンマン・ドキンちゃん・バイキンマンが出てきてとっても楽しそうでした。

誕生者は2名。(男の子1名、女の子1名。あか・ももぐみからの誕生者でした。しかし1名は欠席でした。残念)

あかぐみのSくんだったので、先生やお友達から紹介してもらいました。

好きな遊びや食べ物を先生から紹介してもらうのをみんなもよく聞いていました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は

①『きょだいなきょだいな』大型絵本読み聞かせ

91011

ハタナカ先生が「きょだいなきょだいな」の絵本を読み聞かせてくれました。

きょだいなピアノ・せっけん・電話・泡だて器・扇風機などが出てきて、100人の子どもたちが出てくるお話です。

「次は何が出てくるかな?」と想像しながら、「わー、おっきいねぇ」と言いながらよく見ていました。

②『鬼のパンツ』を踊る

12131719
20212324

先日の保育参観で「鬼のパンツ」をももぐみの親子で踊っていましたが、今日は全園児で踊ってみました。

最初はももぐみの子どもたちがお手本を見せてくれました。

2回目、3回目はみんなでお遊戯しました。

節分ももう間近。

「鬼のパンツ」パワーで鬼をやっつけられるといいですね。

3回目になるとよく覚えて、楽しく踊っていました。

1月の誕生会もとっても楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

パンケーキ作り(年長児)

しとしとと冷たい雨が降っています。

今日はおにぎりの日。

おうちで作ってもらったおにぎりを持って登園。

とっても嬉しそう。

おにぎりを食べ終わった後は…。

年長児の子どもたちがみんなの3時のおやつを作りました。

パンケーキ作りです。

まずはイシツカ先生に絵本『ぐりとぐら』を読んでもらいました。

子どもの時にみんな一度は見たことのある黄色くて大きなカステラ。

とってもおいしそうですよね。

そんなイメージを持って子どもたちはパンケーキ作りに入りました。

卵を割ってボールに入れ、牛乳、ホットケーキのもとを入れてかき混ぜます。

Dsc04612Dsc04614Dsc04616Dsc04624
Dsc04618Dsc04617Dsc04626Dsc04630
Dsc04631Dsc04632Dsc04634

生地が出来上がったらホットプレートでパンケーキを焼きます。

全園児分なので、たくさんのパンケーキを焼かないといけません。

何回もおたまやスプーンで生地をホットプレートに流しいれてパンケーキを焼きます。

ひっくり返す時のタイミングやホットプレートからパンケーキを引き上げるのを見極めるのが難しいです。

ひっくり返すのは表面がフツフツ泡立って、黄味がかってきたときにヘラを生地に差し込んでひっくり返します。

ホットプレートから引き上げるのは中までちゃんと焼けたかどうか竹串でさして生地がついてこなかったら出来上がりです。

ホットプレートは淵が熱くなっているのでいるので注意が必要です。

先生たちに手助けしてもらいながら全員分のパンケーキを焼きあげました。

次はトッピング。

お皿に取り分けたパンケーキに生クリームを絞りだし、イチゴジャムを添えます。

みんな楽しいようで、夢中でやっていました。

それにフォークを配って出来上がり。

3時のおやつが待ち遠しいですね

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

デイケア訪問(年長児)

昨日は雨が降っていましたが、今日は晴れ間もみえます。

おじいちゃん・おばあちゃん方を訪ねて、年長児がえんでん内科デイケアを訪問しました。

保育園を1時半過ぎに出発。

えんでん内科までの道をいろんなものを見たりしながら歩きました。

デイケアに到着した子どもたち、「なんか緊張してきた」とそわそわ。

Dsc04585Dsc04586Dsc04588Dsc04589
Dsc04592Dsc04593Dsc04595Dsc04596
Dsc04599Dsc04600

2時前からおじいちゃん・おばあちゃん方を前に「浜ヶ城保育園から来ました。短い時間ですがお遊戯をしたり、歌を一緒に歌ったりします。楽しんでください。」とあいさつをしました。

男の子はバチを持って『ドンドコドン!』

女の子は扇子を持って『桜姫』をお遊戯しました。

おじいちゃん・おばあちゃん方は手拍子をしながら、ニコニコして「上手だね、よくお遊戯を覚えてるね。」と言いながら見てくださいました。

『雪』『たき火』2曲を子どもたちが歌い、おじいちゃん・おばあちゃん方も知っていらっしゃる方は口ずさんでいました。

その後はふれあいの時間。

Dsc04603Dsc04604Dsc04605Dsc04607
Dsc04608Dsc04609Dsc04611

「今、何歳ね。」

「6歳です」

「ほっぺが赤くてかわいいねぇ。きれいだね。」

話をしたり、握手したりして時間を過ごしました。

部屋の片隅にあった風船を見つけ、風船遊びが始まりました。

子どもたちは風船をポンポン弾ませてとっても楽しそう。

おじいちゃんやおばあちゃん方にも飛んでいき、レシーブをしてくださいます。

それでまた子どもたちも喜び、テンションが上がりました。

最後にデイケアの方々からご褒美をいただき、子どもたちからは写真入りの台紙をプレゼントしました。

子どもたちから「楽しかった―!また行きたい!」という声が帰路盛んに聞こえていました。

えんでん内科の方々、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

リトミック19



どんより雲が立ち込めて、小雨が降ったりしています。

リトミック19を行いました。

いつものようにみんなで朝のあいさつ。

ももぐみの子どもたちもだいぶいろんなことが出来るようになってきました。

2389
111415

♪ラララ―と歌います。

体もユラユラ、手を叩いて表現します。

曲とともに歩き、曲が止まったら自分も止まる。

高低音がなったら自分で考えて表現をする。

今まで積み重ねてきたことをみんな出来るようになっています。

八分音符や四分音符、二分音符を感じたりします。

き・ももぐみの子どもたちとあおぐみの子どもたちが二人組になってお馬さんになります。

“おうまのおやこ”を歌いながら手をつないで前後2人組で歩きます。

「ジャンプしてって言った時にはジャンプしてね。」

「ぽっくりぽっくり歩く」のところでジャンプします。

繰り返すうちにできるようになります。

「じゃあ、今度はなかよしこよしの所であおぐみのお兄ちゃん・お姉ちゃんは小さなお友達の方を向いてあいさつしてね。」

後ろを2回振り返ります。

こうして振りつけが出来ました。

ゆっくりやったり、スピードを上げてやったりします。

先日やった“うさぎさんがピョーン”と“赤・白・黄色”のカラーボードも少しずつ新しい要素を入れながら繰り返します。

強弱をつけたり、体の部分と数字の要素を組み合わせて活動したり様々です。

子どもたちもちょっとずつできることが増えていきます。

ももぐみ3歳児の子どもたちは“インド人のくろんぼ”をやりました。

16_217

「インド人のくろんぼ」と言ってるときには進んでよくて、(鬼は顔を伏せていて)言い終わったら顔をこちらに向けた時には進んでくる人たちはストップする。(動かない)

曲が流れているときには歩いて、曲が止まったら自分も止まる。

遊びの中にもリトミックの要素が入っています。

そのことを子どもたちに感じてほしくてマツダ先生は“インド人のくろんぼ”をしたようです。

あおぐみの活動では

18192223
25283034

八分音符・四分音符・二分音符を体で感じる活動です。

ティティティティ・ターター・ターアン

このリズムを歩きながら、また活動の中で体感します。

前回のリトミックの時、大きなマルになってティティティティ・ターター・ターアンのリズムを感じながらお友達にプレゼントを渡しに行く活動をしました。

今回はプレゼントはなく、前回を思い出してリズムで動きをしました。

おともだちの所へ小走りで行くときにはティティティティのリズム。

ターターで手を二回たたいて、ターアンでお辞儀をする。

その活動を繰り返しました。

「今日のお約束。同じ人に行かない。みんなとあいさつをするようにする。」と先生。

どうしても子どもたちは同じ人や仲がいい子に行きがちです。

「前にも後ろにも横にも目をつけてないとどこに行ったらいいかわからないよ。」

子どもたちなりに考えて動いていました。

音階についても練習しました。

マツダ先生が階段を出してきました。

「ドレミファソラシドは音の階段になってるんだよ。じゃあ、今日はいろいろやってみようね。」

ハンドサインを使って音の階段を感じたり、ハンドベルを使って音を感じたり、椅子を持ってきて音の高さを感じる活動をしました。

音を聞いて高さを表現すること、またピアノの音を聞いてハンドベルを鳴らしたりすること。自分で感じたことを表現しました。

音を聞いてそれを確実に形にするのはまだまだ難しいところもありますが、ちょっとずつ子どもたちもわかってきてやってみようとしていました。

先生の真似をしてリズムを叩いたり、最後は前回もやった「なべなべそこぬけ」を2人組でやったり、大きなマルを作ってひっくり返った時に向かい合った人とやったりしました。

今回も盛りだくさんの活動で、有意義な時間を過ごせました。

| | コメント (0)

2013年1月19日 (土)

第2回保育参観

朝は冷たい日が続いています。

こんな日は日中は暖かいのでいいですね。

第2回保育参観を行いました。

朝のうちは寒さが厳しいので保護者の方々が園庭で参観が始まるのを待つのも大変そう。

子どもたちが園庭で遊んでいる様子や部屋で準備をしている様子を見守っていらっしゃいます。

9時30分すぎから体操が始まりました。

1235
9121617

子どもたちがする体操をみなさん写真やビデオ片手に食い入るように見ていらっしゃいます。

かけっこが終わると各クラスに入室。

設定保育が始まりました。

あかぐみでは…。

28446162

手遊びや絵本の読み聞かせをしてもらった後は“小麦粉粘土”

ピンクや緑、オレンジ、黄色…様々な色の小麦粉粘土と型抜き、お皿が準備してあり親子で感触を楽しんでいました。

みかんやケーキ、ハンバーガー、ホットドック、アンパンマン、人の顔…様々なものを作っていました。

子どもたちもそうですが、お父さん、お母さん方が夢中になられる姿がいいですね。

きぐみでは…。

22384042
7583

いつものように出欠調べ。

名前を呼ばれると手を挙げて「ハーイ」と返事します。

多くの保護者の方が見ていらっしゃるのでちょっと緊張気味。

恥ずかしくて照れてしまう子もいました。

親子で凧作りに挑戦しました。

子どもたちは折り紙にマジックペンで顔を描きます。(ペンで書くのが楽しくていっぱい殴り書きしていました)

お父さん・お母さんたちは凧の骨組みを作ります。(折り紙にストローを十字に張り付け、真ん中にキリで穴をあけます。)

子どもたちが描いた絵と保護者の方が作った骨組みを貼りつけ、タコ糸を通します。

出来上がった凧は園庭で飛ばしました。

本当に凧が上がるのか心配なようで、子どもたちは後ろを振り返りながら、走っていました。

前を向いた途端、フワッと凧は宙に浮きます。

保護者のみなさんも一緒に寄り添ったり、見守ったりしながら楽しんでいらっしゃいました。

ももぐみでは…。

26434750
716678

手遊びや鬼についての絵本の読み聞かせをしてもらった後、“鬼のパンツ”作りをしていました。

パンツの原型は先生たちが作っていました。

そこに様々な形(魚やハート、星、動物など)のシールがあり、それを鬼のパンツに貼り付けます。

シールをはがすのに一苦労している子もいましたが、先生や保護者の方々に手伝ってもらいながら貼っていました。

シールを貼った後はパンツをはかせてもらいます。

パンツはリボンが通してあって、それを絞って結ぶとパンツになります。

鬼のパンツをはかせてもらったら音楽に合わせて“鬼のパンツ”を親子で踊りました。

子どもたちは“鬼のパンツ”の踊りを練習したようで、1回目は子どもたちがお父さん・お母さんたちに教えてあげながら踊りました。

1回目も子どもたちの踊りを見ながら保護者の方々もよく踊っていらっしゃいました。

2回目は1回目をふまえて踊りましたが、みなさんノリノリで踊っていました。

節分もノリノリで乗り越えられるといいですね。

あおぐみでは…。

25335657
76798081

親子でカルタ作りをしました。

グループに分かれて自分の担当の絵を描きます。

カルタを参考にしながら子どもも、お父さん・お母さんたちも絵を描きます。

形を描いたらクレヨンで色を塗ります。

みんな一生懸命に取り組んでいました。

大人も夢中になりますよね。

カルタの絵が出来上がったら園庭に出てかるた大会。

ちょっとルールが違っていて…。

カルタの絵は大きめに作ってあり、見えやすいようになっています。

ブルーシートの上に絵をバラバラに置きます。

両側に白線を引き、親子で並びます。

手をつないで離してはいけません。

先生が文章を読み上げると親子で手をつないだまま絵カルタをとりに行きます。

手を放したら絵カルタを取っても取ったことにはなりません。

年中・年長になると競争心がすごいですね。

親を引っ張って(親が子どもをひっぱっている所もありましたが)、夢中になるとスライディングしたり、とろうとして子ども同士ぶつかったりして激しさが増します。

みんな残りの絵カルタをじーっと食い入るように見ています。

自分たちで描いた絵なので力が入ります。

カルタ取りは1回勝負でしたが、今日みんなで作った絵カルタがあるのでまた子どもたち同士で出来るので楽しみが増えましたね。

各年齢に合わせて季節に合った、楽しい活動が出来たと思います。

保護者のみなさん寒い中、お忙しい中時間を作っていただきありがとうございました。

楽しい時間を過ごせたと思います。

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土)

かわいらしいヘビ?!

昨日までがとっても寒かったので、今日はとても暖かく感じます。

今年は巳年。

「ヌメヌメして気持ち悪い。リアルなヘビはちょっと…」という具合にヘビの印象はあまりいいものではありませんね。(なかにはヘビを飼っていて、かわいがっていらっしゃる方もいますが)

あおぐみの子どもたちが“へびだこ”を飛ばしていました

Dsc04452Dsc04453Dsc04454Dsc04456
Dsc04455Dsc04461Dsc04462Dsc04465
Dsc04466

画用紙に円形になった用紙にヘビの枠が描かれています。(本当に枠だけ)

そこに自分でクレヨンで模様を描きます。

今度はその枠(ヘビの体)をはさみで切っていきます。

毛糸のタコ糸を頭の部分につけ、口にキラキラテープの舌をつければ出来上がり。

色画用紙はいろんな色があり、カラフル。

そして子どもたちがヘビの模様をクレヨンでカラフル描いているのでそれぞれの個性的なヘビが出来ていました。

ヘビたこは走るとクルクル回って本当にきれい。

風が吹くと走らなくても回ります。

高いところにいるとヘビが回って登っているようです。

巳年にはこんな楽しみ方もあるのですね。

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

初詣

今朝は晴れていたので放射冷却が激しくて気温が下がっていましたね。

霜で真っ白になっていました。

午前中は保育園のみんな(あかぐみ0歳児は除く)で串木野神社へ初詣に行きました。

Dsc04400Dsc04401Dsc04403Dsc04404
Dsc04405Dsc04406

出かける前に園長先生から「今日は初詣に行きます。神社ではお参りの仕方があります。どんなふうにするか知ってるかな?」

お正月に初詣に出かけたり、七草でお参りしたりして神社に出かけている子どもたちが「こうやってお礼して、手を叩いて…」と言っています。

「そう、まずお賽銭の箱にお金を入れます。下に降りて神様の前に立って2回頭を下げて手を2回たたきます。そして自分のお願い事を心の中で思います。終わったらもう一度頭を下げます。じゃあ、誰かにやってもらいましょう。」

「はーい」と手が挙がります。

実際にやってもらいました。

ちゃんとできていました。

「神社に行くまでに自分はどんなお願い事をするかちゃんと決めておきましょう。」

雲一つない晴天で日差しが出てくるごとに暖かさが感じられます。

風が冷たいので、子どもたちもジャンパーやコートを着て出かけました。

小さな子どもたちの手をあおぐみの子どもたちがつないで歩きました。

神社へ到着すると先生から一人一人お賽銭をもらいました。

Dsc04407Dsc04408Dsc04409Dsc04410
Dsc04411Dsc04412Dsc04413Dsc04414
Dsc04415Dsc04417Dsc04418Dsc04420
Dsc04421Dsc04423Dsc04424Dsc04425

各クラスごとにお参りをしました。

小さな子どもたちもお賽銭の箱まで上がってお金を箱に入れて、あいさつをしてお祈りしました。

みんながお参りをして、歩いて保育園まで帰りました。

あおぐみの子どもたちにどんなお願いをしたか聞いてみました。

「小学校に行ってお友達と仲良くできますように。早寝早起きが出来ますように。~がもらえますように(たぶんサンタさんにお願いするようにお願いしたようです)家族が健康で元気でありますように…」いろんなことをお願いしたようです。

今年一年子どもたちが健康で元気に過ごせますように。たくさん遊んで成長しますように見守ってください。

そんなことを思って神社を後にしました。

今日は鏡開きの日。

3時のおやつにはぜんざいを食べます。

保育園の玄関に飾ってあったおもちを入れます。

お飾りのおもちを鏡開きの日食べると一年間無病息災で過ごせるといわれています。

子どもたちもお飾りのおもちを食べて元気いっぱいに過ごしてほしいと思います。

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

たこあげ

今日は朝から日差しが出て、日中はポカポカ陽気です。

1月と言えば子どもたちにとってはお正月の遊び

保育園でも福笑いやすごろくなどをして楽しんでいます。

ももぐみの子どもたちが園庭でたこあげをしました。

まずは自分たちでたこを制作するところから。

コーヒーフィルターの紙に耳をつけ、目や鼻などをクレヨンで描いています。

それに紙テープで足をつけてあります。

タコ糸はトイレットペーパーの芯に巻きつけてあり、それを長短してたこをあげます。

最近(というかずいぶん前から)お正月にたこが挙がっているのを見ませんね。

Dsc04372Dsc04374Dsc04376Dsc04377

子どもたちはどうやってタコを揚げるかよくわからない様子。

タコ本体を持って走る子やタコ本体と糸をつないでいる部分を持っている子もいます。

長さもほんの短くしていたり、芯からすべての糸を出している子も。

これは経験しないとわからないことですね。

ちょうどいいタイミングでいい風が吹いてきました。

先生たちがちょっと教えてあげたり、調整してあげると糸を持って走るとふわっとタコが宙に舞います。(大人がやっても本当に楽しいです)

「わー楽しい」と言って喜んで走る子どもたち。

こういう風景をずっと残していけるようにしないとなぁと感じました。

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

リトミック18

朝のうちにパラパラっと雨が降りました。

どんより曇り空が広がっています。

リトミック18を行いました。

新年明けてからはじめてだったので、マツダ先生が「あけましておめでとうございます。」とみんなに話しかけました。

「お正月は楽しかったですか?」と聞かれると「はーい」と返事が返ってきました。

みんなで大きな輪になってあいさつします。

2356

「先生のまねっこしてゆらゆら揺れながらラララ…と歌いましょう」

ラララ…大きな声で元気よく歌ったり、小さな声で囁くように歌ったりします。

音の違いを聞き分けて歌を歌います。

2人組になって。

手をつないで、二人で揺れながら音階で歌を歌います。

「みんな、お正月の歌知ってる?」と聞かれると「知ってる」と子どもたち。

「じゃあ、お正月の歌を歌いながら歩いてね。」

歌とピアノが止まったら、自分たちも止まります。

「止まった時に自分の好きなポーズをしてね。忍者でもいいし、ウサギやブタなんでもいいよ。」

子どもたちちょっと照れくさいようで、周りの友達や先生たちがやっているポーズを真似している姿が見られました。

ももぐみの活動

9101113

曲が流れると自然に子どもたちも歩き出します。

音が止まると子どもたちも止まる。

まだピンとこなくて、曲が止まっても動いているお友達も。

「お約束があったよね?曲が止まったらどうするんだったっけ?」

「???…止まる」

「そう、曲が止まったらお友達も止まるんだよ。」

曲が流れて、止まった時に高音の音が聞こえました。

「この音の時は手を挙げて、腕をキラキラするんだよ。お約束だよ。」

曲が流れているときに高音の音が聞こえます。

するとよーく耳をそばだてていた子どもたちは腕をキラキラさせます。

今度は低音の音が聞こえました。

「この時はどうすればいいかな?」

音は一緒ですが、音の高低が違います。

ちょっと子どもたちには難しかったようです。

リトミックでは高い音は小さい音、そして体で表現するときには高い位置(上)で表します。

低い音は大きな音、体で表現するときには低い位置(下)で表します。

そこに気づいて欲しかったのです。

ドーンという音は雷が鳴った音、ジャンプする音、後ろにバックする音などを表現しました。

「みんな、げんこつ山のたぬきさん知ってる?」と先生。

「知ってる。」ということで手遊びを始めました。

「今度はお歌は歌わないで手遊びだけするんだよ。最後のじゃんけんの所だけ声を出してね。」

拍を感じる活動です。

心の中で歌って、拍子を積もります。

あかのカラーボードが渡されました。

床に置いて、お母さんすわりをして手でボードを叩きます。

「先生がイヌって言ってからみんなも先生を真似っこしてボードを叩いてね。」

先生が「イヌ」と言いながらボードを叩いた後に子どもたちも「イヌ」と言いながらボードを叩きます。

それを何度か繰り返した後、「じゃあ、立って歩きましょう。自分が座ってた場所を覚えていてね。」

曲が流れると、ボードを踏まないように歩きます。

曲がゆっくりになると、そろそろ自分の場所へ帰る準備をします。

自分の場所じゃないところへ行く子もちらほら。

「イヌ、イヌ、イヌ、1・2…」ボードを叩きます。

それを何度も繰り返しました。

しろときいろのボードも渡されました。

あか・しろ・きのボードを横に並べます。

「あか・しろ・きいろ、あか、しろ・きいろ…1・2・3、1・2・3…」ボードの色を実際に叩きながら、数の概念も入っています。

そして曲が流れると歩いて、自分の所へ帰ってきて、声を聞きながらボードを叩くを繰り返します。

記憶力や集中力も養っています。

ももぐみ3歳児の活動。

17192122

ひざの曲げ伸ばしをします。

「ひざを曲げて、そしてまた膝をのばして」ちょっと難しい子どもたちも。

あおぐみの女の子たちに手伝ってもらいます。

ももぐみの子どもたちがひざの曲げ伸ばしをするとき、手で支えてあげます。

青いボードが渡されました。

床の上に置きます。

ボードの上に立ちます。

「ひざを曲げて。1・2のピョーンでボードの外にジャンプして出るよ。」

ひざを曲げ伸ばしの練習をしたのはこのためだったのです。

ひざを曲げてピョーンでジャンプして出る。

案外、コツをつかんで上手にやっていました。

「みんなはうさぎさんになるよ。手はお耳を作って。うさぎさんがピョーン」ボードもお姉ちゃんたちの手助けもなしで、自分でうさぎになってジャンプして前に進みます。

リズムと拍、タイミングを感じながらジャンプします。

下準備のおかげかみんな上手にジャンプしながら前に進んでいました。

あおぐみの活動

23242528
303239

“なかよしになっちゃった”の歌であいさつします。

お遊戯会の時に見られたと思いますが、お友達と出会ってあいさつをしたり、手を握ったりします。

その時、お友達と2人組になりますが、そのことだけが目的になってしまい、すぐにお友達と会えるように近くだけで動いてしまったり、リズムに合わせてあいさつしたり、誰とでも2人組になったりということがおろそかになってしまっています。

今日は男女に分かれてやってみました。

最初は男の子だけがやって、女の子は見ていてどうだったかを教えます。

「2人組が出来るのに3人組でやったり、ぶつかりそうになったりしてた。」と女の子たちから意見が出ました。

特定のお友達とやりたくて、いつも同じ人とばかり2人組になったり、友達同士まとまったりして誰とでも2人組になれていないのです。

そして、狭いところでグルグル回っているというか。(たぶん、お遊戯会の時にもそう感じられたのではないでしょうか)

「お部屋はとっても広いからまだこっち側にも来ていいんだよ。狭いところでやってるからお友達同士ぶつかりそうになるんだよ。」とマツダ先生。

女子は男子のを見ていたのもあって、部屋を広く使えていた感じです。

そして、2人組になっていました。

大きなマルを作ります。一つ箱が渡されました。

「ティティティティティティティティで歩いて行ってこの箱(プレゼント)をお友達に持って行って、受け取ったお友達はポンポンと手を叩いて、ありがとうとあいさつします。プレゼントをもらったお友達は違うお友達にプレゼントを持って行きます。それを繰り返します。」

子どもたちは誰に渡そうか決めていなかったり、ほんの近くの友達に渡そうとしてなかなかリズムに乗れません。

何回も回ってくる子もいれば回ってこない子もいます。

やっぱり視野が狭いというか(それは子どもなのでしょうがないのでしょうが)大人がそのことを導いてあげる必要があるんだなと感じました。

この後はハンドベルを和音にしてその響きを聞く活動やカラーボード4枚(赤・白・黄・青)を1・2・3・4と組み合わせてボードを叩く活動、“なべなべそこぬけ”をやったりと充実した時間を過ごしました。

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

保育納め

小雨の降る、寒い日になりました。

今日は保育納め。

みんなあおぐみに集まって、園長先生からお話がありました。

「保育園は今年最後になります。いろんなことがありましたが何が一番楽しかったですか?」

と質問されました。

「遠足、遠足、遠足…」一人の子どもが最初に言ったことをみんな言い出しました。

「遠足も楽しかったけれど、もっとほかにもいろんなことがあったよね?」

「運動会、お遊戯会、お芋ほり、みかん狩り…」

「みんなはいろんなことを自分でやってみて、たくさん大きくなりました。また来年もいろんな楽しいことが保育園であるので、楽しみにしていてくださいね。」

明日から6つおやすみになります。保育園では長いお休みは年末年始の時だけです。お正月が来る準備をしたり、お正月を楽しんだりしてください。お正月のご挨拶は何といいますか?“ありがとうございます”お正月には何かもらうよね?お年玉をもらいます。もらった時には何と言いますか?“ありがとうございます”ちゃんとあいさつをしましょうね。お正月にはみんないろんなところへ出かけると思いますが、人が多いです。迷子にならないようにしましょう。知らない人がお菓子をあげるからおいでと言ったらついて行っていいんですか?“ダメー”知らない人について行ってはいけません。道路で遊んでもいいんですか?“ダメー”車にひかれてしまいますので、道路では遊ばず、公園や庭で遊んでくださいね。それでは1月4日にみんなが元気な顔で保育園に来るのを待っています。」

子どもたちがお休み中にいろんな楽しいことを経験して、1月4日保育園で会えるのを楽しみにしています。

今年も子どもたちが無事に過ごせ、大きく成長したことをとてもうれしく思います。

来年も子どもたちにとって安心できて、成長の場であり、楽しい場であるように職員一同努力したいと思います。

ご協力・ご支援ありがとうございました。

来年も今年同様よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »