« リトミック14 | トップページ | みかん狩り »

2012年11月 9日 (金)

お芋ほり

冷え込みも和らぎ、小春日和になりました。

子どもたちが楽しみにしていたお芋ほりをしました。

苗植えをしたのは6月上旬。

夏を越し、秋を迎えて収穫の時になりました。

昨日、サツマイモの葉とツルをとってもらいました。

あか(2人)・きぐみ・ももぐみの子どもたちは保育園の菜園で、あおぐみの子どもたちは園長先生の畑へ行って収穫しました。

去年はあまりおイモが入っておらずちょっとガッカリでしたが、今年はたくさん入っています。

園長先生から「畑にたくさんおイモが出来ました。6月に植えて11月にお芋掘りをします。5か月間土の中に寝ていました。スコップやお手手でおイモの周りを掘ってから引っ張ってくださいね。」お話がありました。

さっそくあおぐみの子どもたちは園長先生の畑へ出発し、ももあかぐみの子どもたちは菜園へ出て収穫し始めました。

もも・き・あかぐみの子どもたちにとっては菜園は広く、おイモがたくさん植えてあるので、掘っても掘ってもまだまだ出て来ます。

005007010011
012015018021
025028026

先生たちと一緒に土をかき分け、お芋ほりを楽しみます。

「うわー、みてみて。大きなおイモが出てきたよ。」と見せてくれます。

「先生、硬くて出てこない。手伝ってー。」という声も。

次々出てくるおイモに歓声が上がります。

芋ほりに夢中で取り組む子、虫や畑に植えてある作物や花に興味のある子それぞれです。

あおぐみの子どもたちが行っている畑へ行きました。

029044046047
055031

収穫が半分ほど済んでいました。

こちらも今年は豊作です。

大きなおイモが次々と掘られていきます。

「先生、こんな大きなおイモが出てきたよ。」キラキラした表情で言ってきます。

4・5歳児になるとお芋ほりに取り組んでいます。

袋に持てるだけのおイモを入れてみんなで分けて持ち帰ってもらいました。

「重たーい、でも頑張る。重たーい、ちょっとおイモ減らして。」いろいろ言いながら保育園まで持って帰りました。

菜園のおイモはまだ全部収穫していないので何キロあるかわかりませんが、今年はかなり期待できそうです。

057059

おうちにも少しずつおすそ分け出来そうです。

保育園でも給食に、おやつに、焼き芋に活躍しそうです。

|

« リトミック14 | トップページ | みかん狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リトミック14 | トップページ | みかん狩り »