« デイケア交流会 | トップページ | 敬老会 »

2012年9月11日 (火)

リトミック10

残暑が厳しいですね。

子どもたちも外に出ると、大粒の汗をかいています。

リトミック教室を行いました。

早いものでリトミックも10回目です。

子どもたちもリトミックにだいぶ慣れ、自分から動けるようになってきた子どもたちも増えてきました。

まずはももぐみの子どもたちからです。

001004007009

020022

曲が流れると、自然に体も動き、走り出します。

曲が止まると子どもたち止まり、曲や音の間隔も短くなります。

ちょっと音が鳴るとストップ、またストップ。

一度動き出すとなかなか体が止まれない子もいます。

今日は後ろ向きで走ったり、歩いたりする活動もありました。

ロープで大きな丸を作ります。

その外側を子どもたちが歩きます。

ロープの上を歩いたり、ロープの内側を歩かない約束です。

子どもたちは目新しいので、やっぱりロープの上を歩いたり、内側へ入ったりします。

ぞうさんで歩いたり、うさぎさんで歩いたりします。

ぞうはゆっくり大きく、うさぎは耳はうえでピョンピョンはねます。

「丸い形は何があるかな?」と先生に聞かれました。

「目、タイヤ、月…」

丸いロープの周りを歩きます。

「三角の形は何があるかな?」

「おにぎり、サンドウィッチ、積み木…」

ロープの形は三角になっています。

三角のロープの外側を歩きます。

あおぐみの子どもたちがお手伝いをしてくれます。

あおぐみの子どもとき・ももぐみの子どもが2人組を作ります。

手合せをします。

両手同士くっつけたまま「上・下、上・下」と言いながら上下に動かしたり、「中、横」と言いながら「中・横」に動かしたりします。

手をくっつけた状態のままギッコンバッタンギッコンバッタンしたり、マルマルと言いながら手を丸く動かしました。

2人組のまま立って両手つないでクルクル回ります。

お洗濯が始まりました。

ゴシゴシ洗ったり、ジャブジャブすすいだり、ギュギュギュギュ絞ったり、パンパン干したり、たたんだりしました。

洗濯の動きをします。

ここで2歳児の子どもたちはおしまい。

3歳児の子どもたちの活動になりました。

024025026028


2人組でやっていた洗濯の活動をみんなで輪になって行いました。

マツダ先生からハンドタオルを配られました。

ハンドタオルを持って、洗濯の活動をしました。

タオルを持っているとまたリアリティーが出てきて、子どもたちも一生懸命洗濯していました。

最後はタオルにアイロンをかけてたたんでいましたよ。

あおぐみの活動です。

029037043044

048050059061

063065066

いつもあいさつで歌う♪あさのあいさつおはよー、みんな元気におはよー、お手手とお手手で仲良しになっちゃった。♪歌はみんなで大きな輪になって振付をして歌うのですが、今日は輪にならずに、歩いていて出会った人とあいさつ、また違う人とあいさつ、握手するのをしました。

2人組になるのも誰とするのがいいというのが子どもたちの中にあって、そこにいる人と2人組になるのが難しいようでした。

今日は今年度初めて音符のカードを使った活動をしました。

まずは八分音符。

♪はティティティティとかわいらしく、ほっぺに人差し指を指して、ちいさく動きます。動きはリスのように、音も高く、動きは速いです。

四文音符、ターターターター、手を叩きながら普通の速さで歩きます。音は中音、動きは普通の速さです。

二分音符。ターアン、ターアン、動きは大きく、ゆっくりと、手を丸く叩きながら、足は大股です。動きはゾウのように音は低音、動きは遅いです。

まずは体に動きを刻み込みます。

音で聴いて、実際に動く。

ティティティティ、ターターターター、ターアン、ターアン何度も練習して音の違いや動きの違いをまずは体で反応するようにします。

次は音を聞いて、体で動いたものをどの音符なのか理解します。

聞いたり、表現するところから、音符の理解はなかなか難しいようです。

3種類の音符カードをたくさんばらまいて、ロープで場所を作ります。

その周りを子どもたちは回ります。先生がピアノで弾く曲がどの音符なのかを考えて、カードを選びます。

「当たった、当たった」と喜ぶ子。

「まだまだ習ったばかりなので、間違えても大丈夫だよ。やってみてね。」と先生も言われます。

カードの音符と実際にどのように表現するかを結び付けるまではなかなか時間がかかりそうです。

最後にロープを四角の形にして、そこに音符のカードを並べていきます。

その音符の動きをしながらロープの外を回っていきます。

先生たちに教えてもらいながら挑戦しました。

「難しいねぇ。」という子や「うーん」と合点の行かない子。「疲れたー」という子、うまく表現できた子いろいろでした。

「みんなは耳も使って、手や足を動かして、頭も使ったから疲れたと思うよ。こうやって練習すれば音符もわかるようになるし、(自分で)動けるようになるから頑張ってね。」とマツダ先生。

これも慣れですからね。

こどもたちにとっては体も心も鍛えられた時間でした。

|

« デイケア交流会 | トップページ | 敬老会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デイケア交流会 | トップページ | 敬老会 »