« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

お月見団子作り

台風が近づいていて、雨が降っています。

今日はおにぎりの日

子どもたちはおうちからおにぎりを作ってきてもらって、食べるのを楽しみにしていました。

明日は中秋の名月。

お月見はできるでしょうか?

ちょっとお天気が心配ですね。

この時期、空気も澄んで一年で一番お月様がきれいに見えます。

秋の豊作を願い、お月様にススキやお酒、お団子、サトイモなどをお供えします。

すっかり涼しくなった夜長に虫の音を聞きながらお月様を観賞します。

ももぐみ(3歳児)とあおぐみの子どもたちがお月見団子を作りました

1_s2_s3_s4_s

5_s7_s10_s14_s

13_s19_s21_s24_s

イシツカ先生からお月見のお話をしてもらいました。

材料はツブツブの粉の上新粉とサラサラの粉の白玉粉、そして今朝ゆでてペースト状にしたかぼちゃです。

まず、上新粉と白玉粉をボールに入れて混ぜます。

粉が混ざったらかぼちゃのペーストを入れて混ぜます。

子どもたちが手をボールに入れて団子の生地になるように両手でこねます。

水も入れてさらにこねていきます。

だんだんお団子の生地が出来てきます。

27_s32_s33_s34_s

36_s37_s38_s40_s

生地が出来たらお団子を丸めます。

ちょっと水分が多かったのか丸めるときに生地が手にくっついてきます。

丸めるのは結構難しくて、特に年齢が低い子は丸めるのに手に力が入りすぎて平べったくなったり、蛇のようになったりします。

4,5歳児の子どもたちは器用に生地を丸めていきます。

「小さめのお団子は赤ちゃんたちのだよ。このお団子は自分たちが食べるやつだよ。」と言いながら丸めています。

たくさんのお団子が出来ました。

「お団子はこのままでは食べられません。先生がみんながお昼寝をしているときにゆでて、おいしくしてみんなに食べてもらいます。」とイシツカ先生。

「ゆでるってどうするのか知ってる?」と園長先生。

「焼く??(ちょっと首をかしげる)」

「お湯に入れる」

「そうだよ。グラグラ沸騰したお湯にお団子を入れます。最初は下に沈んでるけど、ちょうどいいぐらいになったらお団子は上に上がってきます。そしたらお湯からとります。それをゆでるって言います。」と教えてくださいました。

「今日のお団子の味はきな粉とみたらしとあずきの団子3兄弟です。楽しみにしていてください。」とイシツカ先生。

ということで、3つの味が楽しめます

3時のおやつ、楽しみですね

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

9月誕生会

体操の時間、空を見上げると雲一つない青い空が広がっていました。

子どもたちもそれに気づき、「先生、空に雲がないよ。」と言っていました。

今日は9月の誕生会

誕生者は8名。

7_s10_s13_s17_s

23_s

きぐみからあおぐみまで(2歳2名、3歳3名、5歳1名、6歳2名。男の子3名、女の子5名。)幅広い年齢の誕生者でした。

小さなお友達もいたので、今回はおねえちゃんたちがいたので、自己紹介を手伝ってもらいました。

5歳や6歳になるお友達はしっかり自己紹介出来ました。

8名の誕生者でとってもにぎやかな誕生会になりました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

①動物のクイズ

29_s33_s31_s36_s

ちょうど一週間前平川動物園へ遠足に出かけました。

きぐみ・ももぐみのバスの中では平川動物園の動物クイズが行われました。

その続きの動物クイズをナカマ先生が行いました。

まずはシロクマが出てきました。

「大きなシロクマはホクト君という名前ですが、赤ちゃんシロクマは何という名前でしょう?」というクイズです。

1、かなちゃん 2、りおちゃん 3、みおちゃん

この名前は実際に保育園のきぐみの女の子たちのお名前です。

自分がそうだと思う名前に手を挙げます。

それぞれの名前に手が挙がります。

「正解は1、かなちゃんでした。」

当たったお友達は喜んでいます。

次は何の動物でしょう?クイズ。

体の一部が見えて、それが何の動物かを当てます。

ちょっとだけ体が見えました。

「はーい、はーい」と手が挙がります。

「ワニ」

正解!!

この調子でコアラ、ラクダ(これはみんな馬に見えてようです)が出てきました。

「馬とラクダって何が違うのかな?」

「こぶがあるよ。(凸凹があるよ)」

「そうだね。こぶがあるのがラクダだよね。」

次は誰のおしりでしょうクイズ。

「このおしりは誰のおしりでしょう?」

「はーい、はーい」みんな勢いよく手を上げます。

「ゾウ」

正解!!

また似たようなおしりが出てきました。

「大きなおしりだね。」

「はーい、はーい」

「カバ」

正解!!

次も似たおしり。

「サイ、バク?」

「サイでした」

「カバとサイは何が違うかな?」

「サイは角があるよ。」

「動物園でサイやカバ、ゾウを見ましたか?」

「見たよ。」

ペープサートが出てきました。

「この動物はなんでしょう?」

なんかひげみたいなのが2本描かれています。

うん?ちょっとわかりません(私にもわかりませんでした)

「ヒント、これは手です。手を下にしてよちよち歩きます」

「はーい、はーい」

このヒントにピンと来たようです。

「ペンギン、ペンギン」

正解!!

棒を回すとペンギンが浮かび上がってきます。

「へぇー」

次はライオンが出てきました。

たてがみとメスライオンが描かれている棒を回すとメスライオンとオスライオンが交互に浮かび上がってきます。

すごいアイディアですね。

②フルート演奏

39_s40_s

ナカマ先生はフルートを演奏します。

「マルマルモリモリ」を演奏してくださいました。

子どもたちも一緒に歌ったり、リズムをとったりして楽しんだり、さわやかな音色に聞き入っていました。

今月も楽しい誕生会を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

リトミック11

朝晩はめっきり肌寒くなり、秋の訪れを感じさせます。久しぶりの快晴で、気温も上がっています。

リトミック教室を行いました。

まずは2・3歳児き・ももぐみの子どもたちから。

最初はあいさつをして、曲が流れて走ったり、曲が止まったり、高音は跳ねる、低音は座るもだいぶ身についてきたようです。

走るのがうれしくてなかなか止まれないのはありますが…。

1_s4_s10_s14_s

16_s19_s21_s24_s

「お馬さん知ってる?」とマツダ先生がみんなに聞きます。

「パッカパッカだよね」などと返事します。

「じゃあ、お馬さんになってみようか」子どもたちは立ち上がって馬になって曲に合わせて動きます。

ピョンピョン跳ねたり、片足を前に出して進んだり思い思いです。

スティックをを一本ずつ配られました。

「両手で持って前に出してお馬さんしてみようね。」スティックを持つと、もっとお馬さんらしくなります。

「パッカパッカパッカパッカ…ヒヒーン」子どもたちも楽しそうです。

歩き始めます。

「音がしないように静かに歩きましょう。」

かかとを上げて、つま先を使って歩きます。

「みんなは雲の上にいるよ。何が見えるかな?」

「おうち、保育園、人…」

「みんなは飛行機になりました。飛んで飛んでブーン」最初は高いところを飛ぶ飛行機。

だんだん飛行機が低いところを飛ぶようになってきました。下に見えていた人や建物も大きく見えるようになってきます。そして、みんなの体も下の方になってきます。

「飛行機が着陸します。」みんなの体も床につくぐらいになりました。

「雲はどこにあるかな?上の方かな下の方かな?」

「上」

「アリさんはどこにいるかな?」

「下」

「保育園はどこにあるかな?」

「ここ(ごもっともです)、下」

いろんなものが上になるのか下にあるのか考えます。

ロープでバスを作ります。

カラーボードが一人ずつに配られました。

「カラーボードはバスのハンドルね。だから大事に使ってね。」と先生。

みんなはバスの運転手さんです。

先日遠足に出かけたので、まだまだ記憶に新しいです。

男の子と女の子に分かれてバスの運転をします。

CDの曲に合わせて運転をします。

先生の合図で急ブレーキがかかった時にはハンドルを前の方へドーンと突き出します。

さっきいろんなものを上にあるのか下にあるのか考えたので、「雲、鳥、飛行機」と先生が言ったら「上」と言って指を上に指し、「アリ、ウサギ、人…」と言われたら「下」と言って指を下に指します。

ちょっと難しいかな?と思っていましたが、クラスの先生や周りの友達の真似をしたりしてよくついて行っていました。

ここで2歳児の子どもたちはおしまい。

ももぐみ3歳児の子どもたちは2人組になって手合せをします。

26_s28_s30_s

トンパトンパや手を合わせたままで上下、グルグル円を描いたりします。

「木になってみましょう。大きな木、小さな木いろんな木になりましょう。」と声をかけられ、曲に合わせて走って曲が止まったら思い思いの木になります。

そこへあおぐみの子どもたちが運動会の練習を終え部屋へ帰ってきました。

「あおぐみさん、木になってみましょう。」と言われ、木の表現をしました。

3人組、5人組、10人組になって木を表現します。

子どもたちの感性ってすごいですね。

大人が思いつかないような表現をします。

ももぐみ3歳児の子どもたちが「キツツキになって木をツンツンつついてください。」と言われ、木の上(高音)や下(低音)をリズムに合わせてつつきました。

あおぐみの子どもたちの活動になりました。

31_s34_s39_s41_s

50_s53_s59_s58_s

63_s64_s65_s67_s

2人組でフープを持って①フープを上下する②ゆらゆらゆらす③フープの外を走る(高音の時には前に走る、低音の時には後ろに走るという活動をしました。

それぞれの曲を聞いて、今はこの曲だからこの動きをすると判断します。

慣れてくると調子が出てきて、スピードも上がってきます。そして、よく音を聞こうとするようになってきます。

この活動は音符につながっていました。

①はフープを上下にする行動が四分音符のリズムで上下する。

②はゆーらゆーらの動作が二分音符の長さでゆらゆらする。

③は走るのが八分音符のリズムで動く。

マツダ先生が音符のカードを見せながら、ティティティティやターター、ターアンの長さを頭と体にリズムを刻めるように子どもたちに働きかけます。

フープだけではなく、歩きながら手合せやほっぺをティティティとたたくことでもリズムを刻めるようにします。

最後にカラーボードが8枚出てきました。

きらきら星の曲に合わせてカラーボードと間の板の間を等間隔でリズムが刻めるように歩く練習をしました。

最初は二拍子。

1でボードに足を乗せ、2で板の間に足を下ろすの繰り返し。

曲だけを聞いて歩くのは難しく、1・2・1・2…とリズムを口で言いながら、手もリズムを刻みながらするとだいぶコツをつかんできたようでした。

先生たちや周りの子どもたちも1・2・1・2と声を出したり、手を叩いたりします。

今度は1・2・3・1・2・3…3拍子です。

1の時にボードに乗り、2・3の時には板の間を歩きます。

これも1の時に強い口調でリズムを刻むとボードに足を下ろしやすいようでした。

リズムを刻むのはなかなか難しいようで、ボードとボードの間の板の間を歩かなかったり(ボードの上を歩くという思いが強いためか…)2・3の間合いが取れなかったりしました。

これも練習、場数を踏む必要があるようです。

さすがに初めての活動で難しかったようです。

終わるころには感がつかめてきたようでした。

今回も有意義な活動になりました

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

一日遠足(平川動物公園)

朝晩は涼しいを通り越して、ちょっと寒いくらいの気候になりました。

みんなの日頃の行いがいいので、お天気もよかったです。

子どもたちが楽しみにしていた遠足に行ってきました。

8時30分過ぎ、バスは出発しました。

朝の挨拶をした後、みんなで歌を歌ったり、子どもたち・保護者のみなさんに自己紹介をしてもらったり、クイズをしたりしているうちに平川動物園へ到着しました。

アフリカどうぶつ園の前でクラスごとに写真撮影をした後は自由行動。

3_s5_s8_s11_s

15_s17_s18_s45_s

49_s52_s

2年前遠足に来たときと比べてリニューアル工事も進んでいて、動物たちがとっても見やすくなっています。

新しいおうちもたくさん建っています。

親子やおじいちゃん・おばあちゃんたちと水入らずの時間を過ごしているようでした。(私たちもリニューアルしてから初めての遠足で、新しい動物園を満喫していました)

おうちから持ってきたお弁当を食べて、子どもたちは動物を見るだけでなく、お友達とも遊んだりして時間いっぱい楽しんでいました。

帰りのバスの中は紙芝居を読んでもらった後は子どもも大人もお休みタイム。

そうして串木野へ帰ってきました。

お天気に恵まれ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

保護者のみなさん、お忙しい中遠足に参加していただいてありがとうございました。

おかげさまでゆったりした良い時間を過ごすことが出来ました

| | コメント (0)

2012年9月15日 (土)

敬老会

台風が近づいているので、天候が心配でしたが、いいお天気になりました。

敬老会を行いました。

子どもたちはおじいちゃん・おばあちゃんの来るのを楽しみにしていました。

おじいちゃん・おばあちゃんの姿を見ると、テンションが上がったり、小さな子は一緒にいたくて泣き顔を見せる子もいました。

いつものように体操・かけっこ。

2_s5_s6_s8_s

15_s56_s62_s

かけっこのときは一生懸命走る子どもたちにたくさんの拍手と声援を送っていらっしゃいました。

あおぐみの年長児の子どもたちが「今日は浜ヶ城保育園へ来てくださってありがとうございます。一緒にゲームしたり、ご飯を食べたりして楽しく過ごしてください。」みんなで声をそろえてあいさつし、自分の名前をしっかり言っていました。(家でも練習していたようです)

毎年恒例のスカットボールを始めました。

68_s88_s93_s107_s

117_s118_s119_s129_s

135_s138_s145_s146_s

まずは子どもたち、おじいちゃん・おばあちゃんとも練習をしました。

スカットボールは傾斜のかかったボールに合わせて丸くくりぬいてある点数板をめがけてスティックで木のボールを打つスポーツです。

あ、これは入りそうだなと思ってもボールが入らなかったり、力が足りなかったなと思っていても入ったり、逆に力を入れすぎて思うように点数板をこえてしまったりします。

力の入れ具合と、コントロールが大事です。

実は昨日、子どもたちは練習をしました。

子どもたちにとってみればスティックの柄が長く、思うようにボールを打てなかったり、ボールが転がらなかったりして悪戦苦闘していました。

小さな子どもたちは先生と一緒に、年長児は自分でボールを打つうちに少しずつ慣れていったようです。

おじいちゃん・おばあちゃん方を赤ボールチームと白ボールチーム2グループに分けました。

15人対15人の対戦になりました。

子どもたちも「おじいちゃん、おばあちゃん頑張れ」と応援をします。

赤チームが点数を入れると白チームも点数が入るという感じで、接戦を繰り広げていました。

入るようで入らないなかなか難しいようです。

赤チームが10点、白チームが5点で赤チームの勝ちでした。

負けた白チームがももぐみの子どもたちと対戦しました。

ももぐみの子どもたちも先生と一緒にスティックでボールを打って、点数が入っていました。

おじいちゃん・おばあちゃんたちといい勝負をしていましたよ。

おじいちゃん・おばあちゃん達が最後追い上げて、点数を重ねていました。

ももぐみ5点、おじいちゃん・おばあちゃんチームが9点でおじいちゃん・おばあちゃんチームの勝ちでした。(さすがですね)

勝ったチームのおじいちゃん・おばあちゃん方とあおぐみの対戦になりました。

こんなこともあるんですね。

なかなかボールが穴に入りません。

子どもたちの方も入らず苦戦しています。

あおぐみの子どもたちの方に点数が入りました。

「ワァー」と歓声が上がりました。

ということで、あおぐみの子どもたちが5点、おじいちゃん・おばあちゃんの方が0点であおぐみの子どもたちの勝ちでした。

スカットボールはこれで終了。

いつもお世話になっているおじいちゃん・おばあちゃん方に子どもたちが作った手作りのプレゼントを「いつもありがとう」の気持ちを込めて各クラスから渡しました。

とっても喜んでいらっしゃいましたよ。

154_s174_s176_s187_s

192_s

子どもたちの給食の時間に合わせて、おじいちゃん・おばあちゃんたちも一緒に会食を行いました。

保育園でのお孫さんの様子を見られていかがだったでしょうか?

楽しいひと時を過ごされたのではないでしょうか。

これからもよろしくお願いします。

お忙しい中、多数の祖父母の方々にご参加いただきありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

リトミック10

残暑が厳しいですね。

子どもたちも外に出ると、大粒の汗をかいています。

リトミック教室を行いました。

早いものでリトミックも10回目です。

子どもたちもリトミックにだいぶ慣れ、自分から動けるようになってきた子どもたちも増えてきました。

まずはももぐみの子どもたちからです。

001004007009

020022

曲が流れると、自然に体も動き、走り出します。

曲が止まると子どもたち止まり、曲や音の間隔も短くなります。

ちょっと音が鳴るとストップ、またストップ。

一度動き出すとなかなか体が止まれない子もいます。

今日は後ろ向きで走ったり、歩いたりする活動もありました。

ロープで大きな丸を作ります。

その外側を子どもたちが歩きます。

ロープの上を歩いたり、ロープの内側を歩かない約束です。

子どもたちは目新しいので、やっぱりロープの上を歩いたり、内側へ入ったりします。

ぞうさんで歩いたり、うさぎさんで歩いたりします。

ぞうはゆっくり大きく、うさぎは耳はうえでピョンピョンはねます。

「丸い形は何があるかな?」と先生に聞かれました。

「目、タイヤ、月…」

丸いロープの周りを歩きます。

「三角の形は何があるかな?」

「おにぎり、サンドウィッチ、積み木…」

ロープの形は三角になっています。

三角のロープの外側を歩きます。

あおぐみの子どもたちがお手伝いをしてくれます。

あおぐみの子どもとき・ももぐみの子どもが2人組を作ります。

手合せをします。

両手同士くっつけたまま「上・下、上・下」と言いながら上下に動かしたり、「中、横」と言いながら「中・横」に動かしたりします。

手をくっつけた状態のままギッコンバッタンギッコンバッタンしたり、マルマルと言いながら手を丸く動かしました。

2人組のまま立って両手つないでクルクル回ります。

お洗濯が始まりました。

ゴシゴシ洗ったり、ジャブジャブすすいだり、ギュギュギュギュ絞ったり、パンパン干したり、たたんだりしました。

洗濯の動きをします。

ここで2歳児の子どもたちはおしまい。

3歳児の子どもたちの活動になりました。

024025026028


2人組でやっていた洗濯の活動をみんなで輪になって行いました。

マツダ先生からハンドタオルを配られました。

ハンドタオルを持って、洗濯の活動をしました。

タオルを持っているとまたリアリティーが出てきて、子どもたちも一生懸命洗濯していました。

最後はタオルにアイロンをかけてたたんでいましたよ。

あおぐみの活動です。

029037043044

048050059061

063065066

いつもあいさつで歌う♪あさのあいさつおはよー、みんな元気におはよー、お手手とお手手で仲良しになっちゃった。♪歌はみんなで大きな輪になって振付をして歌うのですが、今日は輪にならずに、歩いていて出会った人とあいさつ、また違う人とあいさつ、握手するのをしました。

2人組になるのも誰とするのがいいというのが子どもたちの中にあって、そこにいる人と2人組になるのが難しいようでした。

今日は今年度初めて音符のカードを使った活動をしました。

まずは八分音符。

♪はティティティティとかわいらしく、ほっぺに人差し指を指して、ちいさく動きます。動きはリスのように、音も高く、動きは速いです。

四文音符、ターターターター、手を叩きながら普通の速さで歩きます。音は中音、動きは普通の速さです。

二分音符。ターアン、ターアン、動きは大きく、ゆっくりと、手を丸く叩きながら、足は大股です。動きはゾウのように音は低音、動きは遅いです。

まずは体に動きを刻み込みます。

音で聴いて、実際に動く。

ティティティティ、ターターターター、ターアン、ターアン何度も練習して音の違いや動きの違いをまずは体で反応するようにします。

次は音を聞いて、体で動いたものをどの音符なのか理解します。

聞いたり、表現するところから、音符の理解はなかなか難しいようです。

3種類の音符カードをたくさんばらまいて、ロープで場所を作ります。

その周りを子どもたちは回ります。先生がピアノで弾く曲がどの音符なのかを考えて、カードを選びます。

「当たった、当たった」と喜ぶ子。

「まだまだ習ったばかりなので、間違えても大丈夫だよ。やってみてね。」と先生も言われます。

カードの音符と実際にどのように表現するかを結び付けるまではなかなか時間がかかりそうです。

最後にロープを四角の形にして、そこに音符のカードを並べていきます。

その音符の動きをしながらロープの外を回っていきます。

先生たちに教えてもらいながら挑戦しました。

「難しいねぇ。」という子や「うーん」と合点の行かない子。「疲れたー」という子、うまく表現できた子いろいろでした。

「みんなは耳も使って、手や足を動かして、頭も使ったから疲れたと思うよ。こうやって練習すれば音符もわかるようになるし、(自分で)動けるようになるから頑張ってね。」とマツダ先生。

これも慣れですからね。

こどもたちにとっては体も心も鍛えられた時間でした。

| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

デイケア交流会

朝からお天気に恵まれ、交流会日和になりました。

今日はえんでん内科デイケアのおじいちゃん・おばあちゃん方を保育園にお招きして交流会を行いました。

9時40分過ぎ、何台かの車に分乗して、17名の方々がいらっしゃいました

子どもたちもおじいちゃん・おばあちゃん方が来られるのを楽しみにしていました。

いつものように体操・かけっこをしてたくさんの声援をもらいました。

007010013

014P1030773015_2P1030774

P1030775P1030783P1030777P1030784

P1030785P1030789P1030792P1030793

P1030794P1030796P1030798P1030801

P1030804P1030806

まずはおじいちゃん・おばあちゃん方を交えて各クラスごとに写真撮影をしました。

あおぐみの子どもたちから「今日はよく来てくださいました。お遊戯をみたりして楽しんでください。」とあいさつがありました。

各クラスからお遊戯を披露しました。

あかぐみは「ミッキーマウスマーチ」

ももぐみは「会いたかった」

あおぐみは「桜援歌」と「シェアーザワールド」

おじいちゃん・おばあちゃん方は手拍子したり、ニコニコ笑顔でよく見ていらっしゃっいました。

お遊戯が終わるとふれあいの時間を設けました。

自分から積極的におじいちゃん・おばあちゃんのところへ行って握手したり話しかけたり、小さな子は膝に抱かれたり、抱っこされたりする子がいました。

先生たちと一緒に近くへ行ってふれあいを持つ子もいました。

楽しい時間はあっという間に過ぎるものですね。

プレゼント交換をしました。

保育園からは今日みんなで撮った記念写真を台紙に貼っておじいちゃん・おばあちゃん方にプレゼントしました。

おじいちゃん・おばあちゃん方からは一人一人にハンドタオルをいただきました。

P1030809P1030811P1030813P1030819

おじいちゃん・おばあちゃん方が帰られるのを名残惜しそうに見送っていました。

楽しい時間を過ごせました

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »