« 愛は地球を救う収録見学(あおぐみ) | トップページ | 県立博物館・メルヘン館見学 »

2012年8月21日 (火)

リトミック9

今日は曇り空が広がっています。

リトミック教室を行いました。

♪小さくなってこんにちは~の歌で始まります。

2・3歳児の子どもたちも“小さくなって”の時には歌声も小さく、歩いて丸の中心に向かうときにも小さな歩幅で行けるように、“大きくなって”の時には歌声も大きく、丸の中心から大きな歩幅で外側へ行けるようになってきました。

小さな声(音)、小さな動き、高い音、テンポが速い…大きな声(音)、大きな動き、低い音、ゆっくりしたテンポというように関係しあっています。

それらを聞き取って、まねて、表現することが大事だと思います。

2_s5_s6_s9_s

10_s14_s19_s


あおぐみの子どもたちは部屋の真ん中に集まります。

その周りをき・ももぐみの子どもたちはマツダ先生のピアノに合わせて走ります。

曲が止まるとピタッと子どもたちも止まる。

違う曲が流れたら後ろに進み、曲が止まったら子どもたちも止まる。

低い音がしたら、しゃがむ。

高い音がしたら、ジャンプする。

これまでも繰り返してきたことに、少し新しいことを加えて、子どもたちが表現します。

よーく耳を澄ませて聞いておく必要があります。

小さな子どもたちですが、わかってきて、曲が流れると走り出したり、曲が止まると走りをやめ、しゃがんだり、ジャンプしたりします。

あおぐみの子どもたちは円になって手をつないでトンネルをつくり、その間をき・ももぐみの子どもたちがくぐります。

曲が止まると、トンネルも下におちます。

もも・きぐみの子どもたちが魚になり、あおぐみのこどもたちは波をつくります。

「どんな魚になってもいいよ。」と先生が声をかけます。

曲が流れているときには魚になって泳ぎますが、曲が止まると魚も泳ぎを止めます。

「曲が止まってからも泳いでいる魚はあおぐみのサメが食べちゃうよ。」

曲が止まっても動いている魚はサメに食べられていました。

外円があおぐみの丸、内円がもも・きぐみの子どもたちの丸を作りました。

「あおぐみさんは大きな波、もも・きぐみさんは小さな波を作ってね」

曲に合わせて表現します。

ザブーンと打ち寄せる波、台風の時の波、小さな波…いろんな種類の波があります。

あおぐみともも・きぐみの子どもたちが向かい合わせになって、二人組になります。

トントントントン手合せをします。

あおぐみの子どもたちは両手を開いて、もも・きぐみの子どもたちが手合せをするのを受け止めます。

ティティティティ高い音でテンポが速く、もも・きぐみの子どもたちはひとさし指でティティティティとつつきます。

ドーンドーンドーンドーン低い音でテンポは遅く、もも・きぐみの子どもたちは両手で力強く手合せをします。

その要領と同じく、ギッコンバッタンギッコンバッタンもします。

高い音の時には速く、小さな動きです。

低い音の時には遅く、大きな動きです。

21_s24_s26_s28_s


30_s32_s34_s35_s


37_s39_s41_s45_s


47_s

「海の中にはどんな生き物がいるか知ってるかな?」マツダ先生がみんなに質問をします。

「マグロ、クロカジキ、ホオジロザメ…」結構知っています。

「♪山があって、谷があって、段々畑とお花畑、丸が一つ、キュウリが一本、お魚さんになっちゃった♪」

先生が絵描き歌を歌いながら魚の絵をかきました。

「みんなもお空にお魚さんを描いてみて。」

歌を歌いながら、空に指で魚を描きます。

同じく、カニの絵描き歌も歌いながらカニを描きます。

フラフープの中に入って(舟)海へ行きます。

たくさんの魚、タコ、イカ、貝、カメなどの生き物が海にいます。

釣りざおを持って、魚釣りを始めました。

どんどん釣る子、慎重に釣る子などそれぞれの性格がよく表れています。

糸が左右に大きく振れるので、なかなか魚にくっつかずに苦戦する子もいました。

コツをつかむと、たくさんの魚を釣り上げていました。

あおぐみの子どもたちは魚づくりをしていました。

画用紙にクレヨンでさっき教えてもらった絵描き歌の魚の絵を描きます。

目は丸いシールを貼り、魚の模様は蛍光色のテープを貼ります。

描いたら魚にクリップをつけます。

51_s53_s55_s57_s


58_s61_s62_s63_s

あおぐみの子どもたちが魚釣りをするときには、自分たちが作った魚も海に泳がして釣りを楽しみました。

大型の魚(ウツボやクエ、イシダイなど)も入りました。

さすがに釣りも上手で、次々と魚を釣り上げていました。

自分で釣った魚の数を数えて、「先生、25匹釣れたよー」と言ってくる子もいました。

最後にリズムに合わせて歩きます。

先生が「タコ」と言ってからみんなは手を叩きながら「タコ」って言います。

追っかけっこ(カノン)です。

「タコ」「タコ」「1・2」「1・2」「イカ」「イカ」「1・2」「1・2」「クジラ」「クジラ」「1・2・3・」「1・2・3」「イルカ」「イルカ」「1・2・3」「1・2・3・」一定のテンポで歩いたり、リズムを刻む練習です。

夏らしい活動で子どもたちも楽しんでリトミックに取り組めました。

|

« 愛は地球を救う収録見学(あおぐみ) | トップページ | 県立博物館・メルヘン館見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛は地球を救う収録見学(あおぐみ) | トップページ | 県立博物館・メルヘン館見学 »