« たけのこの皮むき | トップページ | 5月誕生会 »

2012年5月22日 (火)

リトミック3

五月らしい爽やかな気候になりました。

3回目のリトミックを行いました。

きぐみ2歳児・ももぐみのこどもたちから

1 2 3 5 6 7 9 11 12 13 14 16 17 18 20 21 26 26_2

前回に引き続き、頭・ひざ・ほっぺ・あご…に手を当てます。

トントントントン頭という具合です。

立ちあがって頭・ひざ・ほっぺに手を当てます。

マツダ先生が風船を取り出しました。

「風船を膨らませるからみててね。」ちょっとずつ風船を膨らませていきます。

息を入れていくと少しずつ風船が大きくなっていきます。

大きくなったところで少しずつ空気を抜いていくと風船が小さくなっていきます。

「風船を手でやってみよう。」

こどもたちも両手を出して風船が小さいところから大きくなっていっぱい腕を伸ばして大きく大きくなります。伸びたところからだんだん小さくなります。

タンバリンで小さい音から大きな音になってでこどもたちが体を使って風船を表現します。

箱の太鼓とカラーボードが出てきました。

今度はこどもたちが風船の様子を手でたたいて表現します。

風船が大きくなった時にはポンと大きな音で叩き、風船が小さくなるときには小さな音でたたきます。

みんな上手にたたけていましたよ。

♪むすんでひらいて♪に合わせて合奏しました。

もも3歳児・あおぐみのこどもたちです

28_2 29 30 32 34 38 40 41 42 47 51 53 54 56

♪あさのあいさつおはよー♪に合わせてあいさつをします。

みんなが座ると♪キャベツのなかからあおむしでたよピッピおとうさんあおむし…手遊びが始まりました。

『キャベツのクスクス』という絵本を読み始めました。

キャベツ畑のキャベツがくすぐったくってクスクス笑います。

先生達がスカーフとフープでキャベツ畑を作ってありました。

チョウチョになって飛んで曲が止まったらキャベツに止まります。

それを繰り返します。

女の子がチョウチョになって男の子がキャベツになるやその逆、またキャベツに止まったチョウチョがイモムシになったり絵本のようにイモムシがキャベツをくすぐったり変化に富んでいます。

最後には曲を聞き分けてチョウチョの時、イモムシの時を表現しました。

歩き始めます。

2人組を作ってギッコンバッタンギッコンバッタンします。

最初は普通の速さで、慣れてきたらギッコンバッタンの間を長ーくのばしたり、短くしたりします。

長ーい時にはゆっくり、速い時には短くです。

何回か繰り返すとコツがつかめてきて、みんな楽しそうに活動していました。

マツダ先生が「ひとつ手をたたくよ。みんなも先生と一緒に合わせてたたいてね。ポン」と手をたたきます。

なかなかみんなそろいません。

何度してもやはり音は一つにはなりません。

「そろってる?どうしてそろわないんだと思う?」みんなに聞きます。

「せいのポン」とするとみんなの音がそろってきました。

「心がよくなったから」と名言を言った子がいました。(この言葉がすごいと感心しました

「せいの」というとみんな間がわかってそろうんですね。

間合いを感じるんですね。

言葉がなくても間合いがわかってくるとそろうようになるんですね。

「みんなイチゴが好きだろうからイチゴ ポンで手あわせするよ」

一人で手を打って、二人組で四人組で手合わせをしました。

四人グループで発表もしてもらいました。

8人で一列になって『キラキラ星』で肩たたきをしたり8拍で反対の向きになったり、8拍前に歩いたら次の8拍は後ろへ歩いたりしました。(拍を体に覚える活動ですね)

60 63 65 67

あおぐみだけの活動で一つの大きな○になって♪ぞうさんのおともだち…お友達になっちゃったですぐ前にいる友達の頭を触って、一緒にその動物になって一周するゲームや♪キラキラ星♪で2拍と3拍を感じて体で表現する活動をしました。

今回も盛りだくさんの活動になりました。

|

« たけのこの皮むき | トップページ | 5月誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たけのこの皮むき | トップページ | 5月誕生会 »