« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月24日 (木)

5月誕生会

雲が立ちこめていて、涼しく過ごしやすい日です。

5月の誕生会を行いました。

1 2 8 12 14 17 18

誕生者は5名

きぐみから2名、ももぐみから3名でした。(男の子1名・女の子4名)

2歳・3歳・4歳になったこどもたちだったので、2歳の子たちは先生やお友達にしょうかいしてもらって、3歳、4歳のこどもたちは兄弟に手伝ってもらったり、自分で出来るところは自分で紹介していました。(4歳になるとしっかりしますね。)

好きな食べ物は“いちご”と言う声がみんなから聞かれました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

①マジック

20 21 22 23

マエヤ先生が赤い紙を持っています。

「この紙を消すからよーくみていてね。」と言って手の中で紙を包み込みました。

手をどこにも入れることなく、紙は手の中に入ったままです。

「じゃあ、1,2,3ってみんなパワーを入れてね。」

「ワン、ツー、スリー」

手の中にはまだ赤い紙がありました。

「じゃあ、もう一回1,2,3っていってみて」

「ワン、ツー、スリー」とみんなでおまじないをかけると…

不思議なことに手のひらの紙はなくなっていました。

今度は大きな赤い玉が出てきました。

「この大きな玉から小さな玉が出てくるからね。」

パワーを入れ始めると大きな赤い玉から小さな赤い玉が出てきました。

「まだまだ出てくるよ」

すると2つめの小さな赤い玉が。

さらにパワーを入れると3つめの赤い玉が出てきました。

みんな目が釘付けです。

食い入るように見ています。

私もすぐ近くで見ていたのですが、どうなっていたかわかりませんでした。

まさにマジックです。

②人形劇

「3匹のこぶた」のお話でした。

24 25 26 28

あるところに3匹の兄弟ぶたがいました。

一番上のぶたは歌を歌うのが大好きで一日中でも歌を歌っていました。

二番目のぶたは寝ることが大好きで一日中でも寝ていました。

三番目のぶたは働き者でした。

森の中にはオオカミが住んでいました。

いつこぶたたちを食べようか狙っています。

「ねぇねぇ、お兄さん達、オオカミが僕たちを食べようと狙っているよ。お家を建てないといけないね。」と三番目のぶたがお兄さん達に言いました。

「それじゃあ、それぞれ家を建てるとしよう。」といってそれぞれ家を建て始めました。

一番目のぶたはわらで作った家。

二番目のブタは木の枝で作った家。

三番目のブタは煉瓦で作った立派な家。

煉瓦の家は作るのに時間がかかりました。

それぞれ家に住み始めました。

そこへ森からオオカミがやってきました。

「うまそうなこぶただ。食べてやろう。」と一番目のぶたが作ったわらの家にやってきました。

「こんな家、吹き飛ばしてやろう。フー」と息を吹きかけるとわらの家は吹き飛ばされてしまいました。

一番目のぶたは二番目のぶたが作った木の枝の家に逃げて来ました。

「あー、怖かった。」2匹は木の枝の家で身を寄せ合っていました。

そこへオオカミがやってきました。

「お、2匹もぶたがいるぞ。しめしめ。家を吹き飛ばしてやろう。」と言うと一回、二回と息を吹きかけました。

すると木の枝の家は吹き飛ばされてしまいました。

2匹は一目散に三番目のぶたが作った煉瓦の家へ逃げ込みました。

「あー、怖かった。」3匹は煉瓦の家で身を寄せ合っていました。

そこへオオカミがやってきました。

三番目のぶたは暖炉の火をたき始めました。

「オオカミは入ってくるところがないから煙突から入ってくる。だから火を焚いておけばいい。」

オオカミはさっきのように息を吹きかけましたが煉瓦の家はビクともしません。

怒ったオオカミは煙突から家の中へ入ってきました。

暖炉では火がもうもうと上がっています。

そこへオオカミは落ちてしまいました。

「アチチチチチィ…」オオカミは大やけどを負って、森へ逃げ帰ってしまいました。

3匹のこぶたたちは煉瓦の家で仲良く暮らしました。

それからというものオオカミが森の中から出てくることはありませんでした。

とっても楽しい誕生会になりました

| | コメント (0)

2012年5月22日 (火)

リトミック3

五月らしい爽やかな気候になりました。

3回目のリトミックを行いました。

きぐみ2歳児・ももぐみのこどもたちから

1 2 3 5 6 7 9 11 12 13 14 16 17 18 20 21 26 26_2

前回に引き続き、頭・ひざ・ほっぺ・あご…に手を当てます。

トントントントン頭という具合です。

立ちあがって頭・ひざ・ほっぺに手を当てます。

マツダ先生が風船を取り出しました。

「風船を膨らませるからみててね。」ちょっとずつ風船を膨らませていきます。

息を入れていくと少しずつ風船が大きくなっていきます。

大きくなったところで少しずつ空気を抜いていくと風船が小さくなっていきます。

「風船を手でやってみよう。」

こどもたちも両手を出して風船が小さいところから大きくなっていっぱい腕を伸ばして大きく大きくなります。伸びたところからだんだん小さくなります。

タンバリンで小さい音から大きな音になってでこどもたちが体を使って風船を表現します。

箱の太鼓とカラーボードが出てきました。

今度はこどもたちが風船の様子を手でたたいて表現します。

風船が大きくなった時にはポンと大きな音で叩き、風船が小さくなるときには小さな音でたたきます。

みんな上手にたたけていましたよ。

♪むすんでひらいて♪に合わせて合奏しました。

もも3歳児・あおぐみのこどもたちです

28_2 29 30 32 34 38 40 41 42 47 51 53 54 56

♪あさのあいさつおはよー♪に合わせてあいさつをします。

みんなが座ると♪キャベツのなかからあおむしでたよピッピおとうさんあおむし…手遊びが始まりました。

『キャベツのクスクス』という絵本を読み始めました。

キャベツ畑のキャベツがくすぐったくってクスクス笑います。

先生達がスカーフとフープでキャベツ畑を作ってありました。

チョウチョになって飛んで曲が止まったらキャベツに止まります。

それを繰り返します。

女の子がチョウチョになって男の子がキャベツになるやその逆、またキャベツに止まったチョウチョがイモムシになったり絵本のようにイモムシがキャベツをくすぐったり変化に富んでいます。

最後には曲を聞き分けてチョウチョの時、イモムシの時を表現しました。

歩き始めます。

2人組を作ってギッコンバッタンギッコンバッタンします。

最初は普通の速さで、慣れてきたらギッコンバッタンの間を長ーくのばしたり、短くしたりします。

長ーい時にはゆっくり、速い時には短くです。

何回か繰り返すとコツがつかめてきて、みんな楽しそうに活動していました。

マツダ先生が「ひとつ手をたたくよ。みんなも先生と一緒に合わせてたたいてね。ポン」と手をたたきます。

なかなかみんなそろいません。

何度してもやはり音は一つにはなりません。

「そろってる?どうしてそろわないんだと思う?」みんなに聞きます。

「せいのポン」とするとみんなの音がそろってきました。

「心がよくなったから」と名言を言った子がいました。(この言葉がすごいと感心しました

「せいの」というとみんな間がわかってそろうんですね。

間合いを感じるんですね。

言葉がなくても間合いがわかってくるとそろうようになるんですね。

「みんなイチゴが好きだろうからイチゴ ポンで手あわせするよ」

一人で手を打って、二人組で四人組で手合わせをしました。

四人グループで発表もしてもらいました。

8人で一列になって『キラキラ星』で肩たたきをしたり8拍で反対の向きになったり、8拍前に歩いたら次の8拍は後ろへ歩いたりしました。(拍を体に覚える活動ですね)

60 63 65 67

あおぐみだけの活動で一つの大きな○になって♪ぞうさんのおともだち…お友達になっちゃったですぐ前にいる友達の頭を触って、一緒にその動物になって一周するゲームや♪キラキラ星♪で2拍と3拍を感じて体で表現する活動をしました。

今回も盛りだくさんの活動になりました。

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

たけのこの皮むき

昨日までの雨が上がって、子どもたちも園庭に出られてとっても嬉しそうでした。

体操が始まる前の時間、子どもたちが園長先生を手伝ってたけのこの皮むきをしていました

元屋敷の畑まで園長先生と年長児の子どもたち3,4人と一緒にこさんだけを取りに行ったのでした。

001 002 003 004 005

何人かで始めた皮むきでしたが、やっているのを見て子どもたちが集まってきました。

「もうこれくらい剥けばいいの?」と聞いてくる子も。

一度やり始めると話もせずに夢中で皮むきをする子が多かったです。

「みんなで皮むきをしてくれたから、たけのこが早く剥けてよかった。ありがとうね。」と園長先生。

皮を剥いているとほのかにたけのこの匂いがしていました。

初夏の香りですね。

たけのこは給食の味噌汁などに出てくるでしょう。

| | コメント (0)

2012年5月 9日 (水)

野菜の苗植え(もも・あおぐみ)

朝方は今にも雨が降ってきそうな曇り空が広がっていましたが、天気もすっかり持ち直し日差しが出ています。

もも・あおぐみのこどもたちが夏野菜の苗植えを行いました。

こどもたちは長靴を持ってきたり、履いてきたりして準備万端。

体操・かけっこが終わると、園長先生からお話がありました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

植える苗を実際にこどもたちに見せて、何の野菜か質問しました。

「この苗は何?」と聞くと「ナス、ピーマン、とうもろこし…」とこどもたちが答えます。

苗植えをしたことのあるこどもたちはよく覚えているようでした。

「このままだったら、苗が大きくならないから畑に苗を植え替えます。苗の下を二本の指で優しくはさんで、苗が植えてあるポットをひっくり返します。ポットを外したら穴が空いている地面に入れて、苗の土が見えなくなるまで土をかぶせます。」

説明を聞いたこどもたちは早速菜園へ行きました。

ももぐみは小屋の前が植える場所、あおぐみは園庭に近い手前の場所に植え始めました。

10 12 15 17 18 23

14 16 19 20 24 27 32 34

ももぐみはピーマン3本・ミニトマト2本とラディッシュの種。

あおぐみはきゅうり3本・ナス3本・フルーツトマト3本・とうもろこしの苗・枝豆の種を植えました。

教えてもらったように優しくポットから苗を取り出して、穴のなかへ入れていとおしそうに土をかぶせ、手で土を押さえていました。

植え終わった後はじょうろで水をまきました。

種から芽が出て、苗が大きくなって美味しいお野菜が出来ますように

| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

リトミック2

新緑のきれいな頃になりました。

5月に入ってすっかり初夏の装いです。

リトミック2を行いました。

今回はきぐみ2歳児・ももぐみ2歳児、ももぐみ3歳児、あおぐみ3つのグループでやってみました。

きぐみ2歳児は初めてのリトミック。(ももぐみ2歳児も2回目ですが)初めての先生、初めてすることで圧倒され、あっけにとられている感じでした。

1 2 3 4 5 6 7 12 13 16 20 21

大きなマルを作ってあいさつから始めます。

♪あいさつおはよう みんな元気におはよう お手々とお手々がなかよしになっちゃった♪

みんな座ります。

手をブラブラさせます。

先生がスズを持っています。

“ブラブラブラブラ頭 ブラブラブラブラお腹 ブラブラブラブラおしり…”と言われると手を頭、お腹、おしりにやります。

“ブラブラブラおっぱい”と言うとみんなクスクス笑っていました。

手でお花を作ります。

チューリップを歌います。

♪さいたさいたチューリップの花が…♪手をお花にして左右に揺らして歌います。

「どんな色のお花があるかな?」と聞かれると

「ピンク、黄色、赤」とこどもたちが言います。

こどもたちがお花になり、先生達はちょうちょになります。

ピアノが始まったら先生達はちょうちょになって飛び回ります。

曲が終わるとお花に止まってミツを吸います。

先生達はこどもたちをギュッとハグしていました。

最後にぞうさんになって歩き、水をシャワーっとかけました。

大きなマルを作って終わりのあいさつをしました。

ももぐみ3歳児

24 25 26 27 28 29 30 33 35

「~ちゃん、~くん」と呼ばれると「ハーイ」と返事をします。

ピアノの音で「~ちゃん、~くん」と弾いた音階で「ハーイ」と返事してもらうのがねらいなのですが、なかなか難しそうです。

1,2人はピアノの音に合わせて返事が出来ていたようでした。

5月と言えば“こいのぼり”

2人組を作ってこいのぼりの曲に合わせてゆらゆら揺れます。

「風が吹いてきた。気持ちよさそうに泳いで」と先生がこどもたちに声をかけます。

トンパッパッ、トントントンと2人で手合わせをしたりします。

今度はスティックが出てきました。

1人はスティックを両手で持って中腰に、1人はスティックを両手でもって頭の上にします。頭の上に持っている子はチョウチョになって飛びます。

曲が終わったら中腰でスティックを持っている子の所へ行ってスティックをたたきます。

“トントントン”とたたきます。

「トントントン、どなたです。」先生がみんなに聞きます。

ドアのついている絵が出てきました。

ドアの向こうには誰かがいるようです。

「トントントン、どなたです?私はネコですニャンニャンニャン」ドアを開けるとネコが出てきました。

「トントントン、どなたです?私は~です」ということでネズミ、ニワトリ、ゾウ、キリンが出てきました。

今度は「トントントン、どなたです?私は~です。トントントン」~にはこどもたちの名前が入ります。

「やりたい人?」とマツダ先生に言われると「ハーイ」と手が挙がります。

3人のこどもたちが挑戦しました。

あいさつの歌を歌っておしまいです。

あおぐみでは…。

36 38 002 006 007

始めのあいさつに自分たちで考えたポーズをつけました。

2人組になってユラユラします。

チョウチョになったり、お花になったり。

女の子、男の子にわかれて一方がお花になると、一方はチョウチョになります。

役割は入れ替わります。

次は今はチョウチョになるのか、お花になるのか曲を聞いて考えます。

途中で変わったりします。

これが即時反応ですね。

5人組を作ります。

009 010 011 014 015 016

足を伸ばしてお互い足をくっつけます。

大きなボールが渡されました。

「ピアノに合わせてトントントントンと隣の人に渡していくんだよ。」

最初はなかなかコツがつかめません。

保育者が入ったり、去年やったことがある子に引っ張られてちょっとずつわかってきたようです。

次第に隣にボールを渡すとき、次の人の顔を見て、笑顔で渡す子も出てきました。

「じゃあ、ニコニコグループにやってもらいましょう。」

見本を見せます。

4つのグループ全てにやってもらいました。なかには「ケンカグループ」と名付けられた所もありました。

トントントンからトンお腹、頭、渡すと拍が増えました。

018 019 020 021 025

小さなこどもたちがリトミックをしているうちにあおぐみのこどもたちはスカーフで鯉のぼりを作っていました。

普通の風、弱い風、強い風、そよそよ吹く風…いろんなこいのぼりを表現しました。

そして赤、黄、オレンジ、青、ピンク色別に集まってつながってこいのぼりを作りました。

だんだん一つのこいのぼりになっていって…みんながつながって大きなこいのぼりが出来ました。

みんなが作ったスカーフのこいのぼりは長いロープに結びつけて、素敵なこいのぼり飾りが出来ました。

027 028 031 033 034 036 038 040 042 043

最後にスティックとカラーボードが出てきて、トントントン、トトトン、トーンなどを先生の真似したりしてたたきました。

終わりのあいさつをしました。

今回も盛りだくさんの内容でした。

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

玉ねぎ収穫

ゴールデンウィークが終わりましたね。

おかげさまでいいお天気が続いています。

こどもたちもお休みが楽しかったようで、なかなかエンジンがかからなかったようです。

玉ねぎの収穫を行いました。

親子ふれあい会の前にカレーに入れるタマネギを収穫して以来です。

その間にだいぶ育ったようです。

園長先生から「玉ねぎの葉っぱがネンネしたのをとるんだよ。」と言われました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 12 14 16 18 21 25 28 29 30 35

きぐみ2歳児のこどもたちから収穫しました。

2歳児は1つ、ももぐみ3歳児は2つ、あおぐみ4歳児は3つ、年長児のこどもたちは残った玉ねぎを全部収穫してくれました。

「ねぇ、先生これは穫ってもいいの?」と聞く子どももいました。

年長児は5個、6個収穫して持って行き、また収穫しに行っていました。

夢中で収穫していました。

この玉ねぎは給食でいろんな料理に大活躍します

| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

風薫る…こいのぼり

雲は多いですが、時折太陽が顔をのぞかせたり、小雨が降ったり忙しい天候です。

明日からは4連休。

その中には「こどもの日」が含まれています。

保育園でも各クラス鯉のぼりの制作を行っていました。

1 2 4

あおぐみのこどもたちは風車のついた鯉のぼりを風に受けて走ることを楽しみにしていたようです。

エアーパッキンにはカラフルな色塗りがしてあります。

それぞれ個性があり、きれいです。

こどもたちが園庭に出てきたときにはちょうど爽やかな五月の風が吹いてきました。

「先生、みてみて風車が回ってるよ!!」

「ウワー、気持ちいい」といいながらめいっぱい園庭を走って回ります。

“♪五月の風に誘われてヒラヒラはためく吹き流し。クルクル回るは風車…♪”歌詞ピッタリの風景でした。

5

ジャングルジムの前でパチリでした。

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

お茶摘み

早いもので5月。

新入園児のこどもたちが入園してきてからはや1ヶ月が経ちました。

今日は八十八夜

最近急に気温も上がり、初夏を感じさせます。

お茶摘みをしました

きぐみ2歳児、もも、あおぐみのこどもたちに頑張ってもらいました。

1 2 4 5 6 7 8 9

園長先生から「今年もお茶の葉っぱが大きくなりました。黄緑色の柔らかい葉っぱを摘むとおいしい、いい匂いのするお茶になります。緑色の硬い葉っぱをとると苦い、美味しくないお茶になるので、みんなは黄緑色の柔らかい葉っぱをとって下さいね。」お話がありました。

10 11 12 14 15 16 20 22 24 25 27 29 30 31 35 38 37

小さなこどもたちからお茶摘みを始めました。

先生達と一緒に一枚ずつ丁寧に葉っぱを摘む子、いっぺんにたくさんの葉っぱを握ってとる子、茶畑の周りに咲いている草花や虫に興味がある子それぞれでした。

さすがにあおぐみ4,5歳児になると集中力があり、お茶の葉つみに夢中になる子が多かったです。(なかには虫や周りに目を向ける子もいましたが…)

「先生、これとっていいの?」と聞きながらお茶の葉を摘む子に緑の葉っぱと黄緑色の葉っぱを触らせて「この葉っぱは柔らかい?硬い?」と聞いて「硬い」と答えると「これはもう古くなった葉っぱだからとらないんだよ」と教えるとどんな葉っぱを摘めばいいかわかってきたようです。

き・もも・あおぐみのこどもたちは年齢に応じてお茶摘みをしました。

これから製茶工場へ持って行きます。

新茶が出来るのを楽しみにして下さいね

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »