« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月26日 (木)

4月誕生会

昨日の雨が上がり、爽やかな風が吹いています。

今年度初めてのお誕生会でした。

誕生者は6名

4_1_2 4_2 4_3 4_4 4_6 4_8 4_10 4_12 4_14 4_16 4_17

自己紹介をお兄ちゃんにしてもらったり、先生から紹介してもらったり、自分でインタビューに答えていました。

「大きくなったら何になりたいですか?」の質問に「アンパンマン、ゴーカイジャー、パン屋さん、ケーキ屋さん」など答えていましたよ。

今年の誕生日カードは開くと大きなケーキが出てきます。

とっても可愛いカードです。(楽しみにしていて下さいね

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物はパネルシアター

4_18 4_19 4_20 4_25 4_27 4_29 4_30 4_35 4_36 4_37

「みんなは保育園で遊んで、ご飯食べて、歯を磨いて、お昼寝するよね。お昼寝の後はどうするかな?」とハタナカ先生。

「おやつ食べる」とこどもたち。

「でも、おやつ食べるのに眠ったまま食べられる?」

「食べられない。起きてから食べる。」と返ってきました。

「今、お布団敷いてお友達も寝てるんだよ。だからみんな静かにしてね。シー、シー」

ボードが出てきました。

そこには3組布団があります。

誰が寝ているかわかりません。

耳だけが出ています。

「起きてー、起きてー。」

なかなか起きません。

誕生児のこどもたちに手伝ってもらいます。

「誰が寝てるのかな?」

少しずつ耳だけでなく、顔が出てきました。

「くま、クマさんだよ。」と子どもたちが言い始めました。

「くまさーん、起きてー」とみんなで声をかけると、「ハーイ」と布団から出てきました。

次は耳だけ見えていて誰だかよくわかりません。

少しずつ顔をのぞかせます。

すると「キツネ」と声がかかりました。

「もう少し見てみようね」

だんだん顔を上げると「イヌさんだ」とみんな言い始めました。

誕生児の子が「イヌさーん、起きてー」と言うと「ハーイ」と起きてきました。

真ん中の布団には耳ではなく、体が見えています。

「顔に布団をかぶってしまって、逆さまに寝てるね。みんなもこんな人いませんか?」

顔は下の方にあります。

「あ、ネコさんだ」と誰かが言いました。

「ネコさーん、起きてー」と声をかけると「眠いよ眠いよ。まだ、起きないよ。」と言っています。

「みんな、眠いよ起きたくないよって言ってる人いないよねぇ?」と言うとバツの悪い顔をしてる子も、思い当たる人がいるみたいです。

そうやってみんな起きてきました。

ブタさんが出てきました。

クマさんが「ブタさんが誕生日にお野菜で“ぶ”のつく白いものが欲しいって言ってるけど、あるかな?困った困った」と言っています。

畑に葉っぱが出ていました。

「みんな、お野菜で“ぶ”のつく白いものってなんだろうね?」とハタナカ先生が質問します。

「うーん」とみんな考え込んでいます。

「だいこん。でも、“ぶ”はつかないよ。」

「あ、かぶだ。」

「そうそう、かぶだね。あの畑に植えてあるからひっぱってとろうよ。」と言うと、クマさんが引っ張り始めました。

「うんとこしょ、どっこいしょ」とみんなで言いました。

でも、抜けません。

「イヌのお巡りさんを連れてこよう」と言ってイヌのお巡りさんが手伝いにやってきました。

「うんとこしょ、どっこいしょ」もう少し、力が足りなかったようです。

「魔法使いのネコさんを連れてこよう。」と言って呼んできました。

「うんとこしょ、どっこいしょ」今度は抜けました。

でも、それはカブではなく“ダイコン”でした。

「魔法使いのネコさんに魔法をかけてもらって、かぶにしよう。」と言って「カブになれ」というとダイコンからカブに変身しました。

「誕生日おめでとう」とクマさんからブタさんにプレゼンをされました。

4月生まれのお友達にはもう一つプレゼントがありました。

「菜園にあるプランターに植えてあるイチゴが色づいたので(たくさん数がないので)4月生まれのお友達にあげてください。」とミヤザキ先生から1つずつイチゴをプレゼントされました。

盛りだくさんの楽しい誕生会になりました

| | コメント (0)

2012年4月24日 (火)

リトミック 

朝は肌寒かったですが、太陽が出て一気に気温が上がりました。

こどもたちも半袖の子が出てきました。

今日は今年度初めてのリトミック

マツダ先生が久々にやってきて「へぇー、~ちゃん、~くんあおぐみになったの?」とこどもたちに話しかけたり、こどもたちが「マツダ先生、あおぐみになったんだよ。」と声をかけたり。

昨年の年長児16名が卒園して、リトミックのメンバーもだいぶ替わりました。

また一から始まりです。

昨年きぐみのこどもたちや新入園児のこどもたちにとっては初めての経験です。

まずはマツダ先生が「みんなと一緒にリトミックをするマツダトモコです。よろしくお願いします。」と自己紹介をしました。

1 2 3 8 9 10 12 13 15 17 24 23 26

「あおぐみさん、ももぐみさん、みなさん」と先生がピアノの音程をとってみんなに呼びかけます。

前にいたこどもたちが「はあい」とピアノの音程に合わせて返事をします。

「ハラグチ先生、ナカマ先生」と呼びかけられると先生達も音程に合わせて「はあい」と返事をします。

あお、ももぐみそれぞれ大きな輪を作って手をつなぎ、始まりの歌を歌います

「♪あいさつおはよう みんな元気に おはよう お手々とお手々がなかよしになっちゃった」

2人組になってピアノに合わせて歩きます

初めてのことでみんなテンションが高いのと、慣れないのとで部屋の中は混沌としています。

曲が止まったら、こどもたちもピタッと動きを止めます。

2人組のメンバーを変えて(お友達を変えて)、それを何度か繰り返します。

2人組のまま座って、手をブラブラさせます。

「ブラブラブラブラあたま」と言われたら自分の頭にブラブラしていた手を持って行きます。

「ブラブラブラブラおしり、~足、~肩」など言われた体の場所に手を持って行きます。

カラーボードが出てきました。

「このボードは強くたたいたり、お友達とたたき合ったり、曲げたりすると割れてしまうので、優しく使ってくださいね。」と先生からみんなにお願いがありました。

カラーボードを「頭、ホッペ、肩、おなか、おしり、ひざ」と言われたら、そこにボードを持って行きます。

今度はカラーボードを床に置きます。

「頭・ホッペ、肩、おなか、背中…」と先生が言ったら、床にあるボードに体の部分をつけます。

みんなからは笑いが出ます。

カラーボードを頭上に持って、ピアノの曲に合わせて走ります。

曲が止まったらこどもたちも止まります。

うさぎ、赤ちゃん、ぞうさん、さるになって歩きます。

あおぐみのこどもたち2人組になります。

31 33 34 36 37 39 42 43 45 47 50 54 57 61 62 66 71 75 78 79

ピアノに合わせて歌を歌い、先生がする動きを真似します。

「♪はじめまして ごきげんいかが あたまであくしゅを ギュギュギュ ちょっとそこまで あるきませんか ごきげんよろしゅう バイバイバイ♪」

はじめましてで頭を下げてあいさつ ごきげんいかがでお互いの肩を手でたたき合い、あたまであくしゅをで頭と頭をくっつけて、ちょっとそこまで歩きませんかで頭をくっつけ合ったたまま歩いてバイバイするという動きです。

2人組のメンバーを変えて頭がおしり、ほっぺ、おでこと場所が変わっていきました。

ももぐみのこどもたちもあおぐみのこどもたちの真似をしてやってみました。

2人組でジャンケンをして「いっぽんばしこちょこちょたたいてつまんで…」をやってみました。

最後にこちょこちょするのが楽しいらしく、みんな楽しそうでした。

「お花がわらった」を振り付けで歌います

「♪おはながわらった おはながわらった おはながわらった おはながわらった みんなわらった いちどにわらった♪」

先生が笑ったお花の顔の絵をこどもたちに見せます。

「みんなもこんな笑った顔でお歌を歌ってね」

スカーフが出てきました。

最初はマツダ先生とナカヨウボ先生がスカーフを使ってお花が咲く様子を見せてくれました。

スカーフは両手のなかに隠れていて歌を歌い終わったら手を開くとスカーフがだんだん広がっていってまるでお花が咲いたように見えます。

こどもたちもやってみました。

小さなお友達はスカーフが手になかなか入りきれなくて苦労している様子。

でもみんなとってもきれいなお花が咲きました。

それをフラフープの花壇に植えます。

泣いてるお花の絵が出てきました。

「なんでお花が泣いてるんだろうね?」とマツダ先生がみんなに聞きます。

「みんなが座らないから、みんなが先生のお話を聞かないから…お水が足りないから」といろんな意見が出ました。

「そうだね、お花はお水がないと枯れてしまうんだよね。だから泣いてるんだよね。みんなでお水をあげようか。」

あおぐみの女の子、男の子、ももぐみとわかれてそれぞれじょうろでお水をあげました。

きれいに咲きそろったお花にはチョウチョが飛んできました。

みんなもチョウチョになって「ちょうちょ」の曲に合わせて羽を広げて飛んで、花のミツを吸いにいったりしました。(ピアノの曲が変わるので、それがリトミックのなかの即時反応です。)

少しずつ慣れていければと思っています。

最後にあいさつをして終わりました。

こどもたちも「マツダ先生、楽しかった」と声をかけていました

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

親子ふれあい会

昨日の天気予報ではもしくはだったので、お天気がどうかなと心配していましたが、やはり浜ヶ城保育園。お天気には恵まれています

一昨日はあおぐみのこどもたちに玉ねぎを収穫してもらいました。

今日は親子ふれあい会、いよいよカレーを作る日です。

ももぐみ3歳以上児のこどもたちはとっても楽しみにしていたようです

初めてのクッキング、しかもお母さんやお父さんと一緒です。

家からエプロンと三角巾を持ってきて、準備は万端です。

1 7 9 18 19 22 25 26 27 31 39

登園してきたお友達からジャガイモ・ニンジン・玉ねぎ・リンゴを水洗いしてもらいます

みんながそろったところで園長先生やイシツカ先生からカレーの作り方・野菜の切り方を教えてもらいました。

ボードに野菜の切り方を書いてあります。

お母さん・お父さん方と一緒にあるいは先生達とピーラーで皮をむいたり、ジャガイモ・ニンジン・玉ねぎを切ったり、リンゴをすり下ろしたりしました

親子で作業をしていて、和気藹々とした雰囲気が漂っています。

「ほら、こんなに切れたよ。」と嬉しそうにしています。

きぐみでは親子でままごとを、あかぐみは車のおもちゃで遊んでいました。

全部の材料を切り終わると、後は調理室でコトコト煮込んで、カレーの味をつけます。

保護者のみなさんには今年度の役員の紹介や園長から食育や基本的生活リズムについて

話がありました。

園庭に出て、体操・かけっこをしました

55 70 80 88 107 92 119 138 141 142 157 163 164

体操の輪の中にお母さん・お父さん方が入ってくださって一緒に体を動かしたのがとっても良かったと思います。

こどもたちはいつもより体操やかけっこ張り切っていたように思いました。

当初は親子でかけっこを考えていたのですが、人数が多く、走るスペースが狭かったのでおやこかけっこをやめて、つなひきをしました。

まずはこどもたちが男の子と女の子にわかれて勝負しました。

初めてつなひきをする子もいたので、「後ろに引っ張るんだよ」とルールを言ってから始めました。

「位置についてで座る、用意でつなを持つ、ピーと笛がなったら綱をひっぱる」ではじめました。

最初の勝負は引き分け。

もう一回すると女の子が勝ちました。

カレーを食べる前に体を動かして、お腹をすかせるには保護者の皆さんにも綱引きをしてもらいました。

保護者のみなさんはあおぐみチームともも・き・あかぐみチームで勝負してもらいました。

ルールはこどもたちと同じ。

2回勝負しましたが、2回とももも・き・あかぐみチームが勝ちました。

つなひきは運動会の種目の中にもあるので、いい練習になったのではないかと思います。

部屋へ入ってカレーを食べる準備です。

先程野菜などを切ったのは香りの良いカレーになっていました。

170 171 184 187 185 183 176 177

こどもたちのカレーは皿に盛りつけられ、彩りに千切りのスナックエンドウがトッピングされています。

お母さん・お父さん方のカレーはお家から持ってきていただいたお皿にその場でつぎます。

できたてほやほや熱々。

カレーからは湯気が立ち上っています。

今日のお当番さんがあいさつをして、一斉に食べ始めました。

待ちに待ったカレー。

食べているときにはあまりしゃべり声がしません。

次々にこどもたちはカレーのおかわりをします。

なかには2回、3回とおかわりをする子もいましたよ。

「カレーおいしい?」と聞くと「うん」とうなずいたり、「おいしい」と答えたり。

みんなで食べるカレーはおいしいですね。

しかも、自分たちで材料を洗ったり、剥いたり、切ったりしたものは味も格別です。

ごはんは早々に売り切れました。

保護者の方からも「にんにくの味がきいていておいしいです。」と言う声が聞かれました。

親子ふれあい会、とっても楽しい時間を過ごせたと思います。

お忙しい中、多数のご参加ありがとうございました

| | コメント (2)

2012年4月19日 (木)

玉ねぎ収穫(あおぐみ)

天気は下り坂のようです。

テレビで言っていましたが、この頃雨が続くのを「たけのこ梅雨」と言うそうです。

午前中はまだ雨が落ちてこないようなので、体操の後あおぐみのこどもたちに親子ふれあい会で使う玉ねぎを収穫してもらいました。

新玉ねぎは水にさらして生で食べても美味しいですね。

甘みも強く、こどもたちが食べるカレーにはピッタリです。

もちろん、大人が食べてもとろけるおいしさになります。

園長先生から「親子ふれあい会でカレーをみんなで作りますが、カレーの中に入れるタマネギをあおぐみのお友達に穫ってもらいます。玉ねぎの葉っぱが寝てて、大きくなったのを両手で穫ってくださいね。」お話がありました。

今年の玉ねぎはまだまだ小さいのが多い感じ。

冬、寒い日が続いたりして天候不良が響いているのかもしれません。

001 003 004 005 006 007 009 014 016 019

その中から大きそうな玉ねぎを選んで収穫していきました。

「見てみて、先生、大きな玉ねぎがとれたよ。」と嬉しそうに穫っています。

土曜日のカレーはとってもおいしいことと思います。

保護者の皆さん楽しみにしていて下さいね。

| | コメント (0)

2012年4月14日 (土)

おにぎりの日

昨日は雨模様でしたが、今日は日差しが出て、いいお天気になりました。

吹く風は冷たいですが、日なたはとっても暖かいです。

今年度初めてのおにぎりの日

こどもたちはとっても楽しみにしていたようです

「今日、おにぎり持ってきたよ。自分で作ったんだよ。」と言ってくる子もいました。

園庭でいっぱい遊んだ後はお腹もすいて、楽しみにしていたおにぎりが待っています。

1 42  8 5 10 11 14 15 17 19 20 21 23 24

クラスへ行くと「ねぇ、先生見てみて。梅味のおにぎりだよ。塩味のおにぎりを自分で作ったよ。」といっぱい教えてくれます。

たくさん入ったおにぎりのようですが、こどもたちはペロッと食べていました。

これから毎月おにぎりの日があります。

こどもたちの笑顔がはじける日になりそうです。

| | コメント (0)

2012年4月 7日 (土)

お花見会

雲一つないお天気になりました。

風が強いですね。

お花見会を行いました。

招待したのは浜ヶ城公民館のひまわり会の方々と浜ヶ城保育園の理事の方

10名の方が来て下さいました

朝から草餅を作る準備をしていたので、こどもたちが「ねぇ、何してるの?」と興味津々。

お餅を蒸すいい匂いがあたりに漂っています。

9時半には高齢者の方々がいらっしゃいました

001_2 004 005_2 008 010 013 016 018_2 022

こどもたちは体操をして、かけっこをします。

028 027_2

あおぐみの子どもが「今日は浜ヶ城保育園にお花見に来て下さってありがとうございました。お遊戯を見たり、一緒に遊んだりしましょう。」とあいさつ。

各クラスからお遊戯の出し物を出しました。

031_3 032 035_2 053 056_2 061_2 087 069_2 071_2 076 077

あか・きぐみは『ミッキーマウスマーチ』ももぐみ男の子は『ぼくコッシー』ももぐみ女の子は『素敵な日曜日gyugyuグッデイ』あおぐみ男の子は『手をつなごう』あおぐみ女の子は『ヘビーローテーション』をお遊戯しました。

新入園児は今までいたこどもたちがお遊戯を見て真似をしながらよく踊っていました。

高齢者の皆さんは身を乗り出して、手拍子しながらにこやかに見ていらっしゃいました。

091 093 095 096 100_2 098_2 105 107_2

出し物が終わった後はこどもたちと高齢者の方々が話をしたり、ギュッとハグしたり、ふれあったりしました。

見頃の桜を見ながら、こどもたちも高齢者の皆さんもとっても気持ちよさそうでした。

草餅は高齢者の皆さんに手伝ってもらって丸めました。

109 110 112 113 116 117 118 120 122 124

こどもたちは給食を食べた後、餅を丸めました。

お天気にも恵まれて(風が強かったですが)、楽しい時間を過ごせたと思います。

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

第41回入園式

春の嵐と言ったところでしょうか。

雨が降らなかったのが本当に幸いでした。

第41回入園式を行いました。

お父さん・お母さんに手を引かれて新入園のお友達がやってきました。

1 3 9 10 12 34 35

年長児になったお友達はちょっぴり緊張気味。

在園していたこどもたちも進級してお兄ちゃん・お姉ちゃんになった感じがしました。

小さなこどもたちが多いので、お母さんと一緒にいる子も。

「チューリップ」「手をたたきましょう」をみんなで歌ったり、手遊びしたり、大型絵本をみたり楽しい時間もありました。

園長先生のお話や来賓の方のお話があり、職員紹介もありました。

入園式は保護者の皆さんが一同に集まる数少ない機会です。

39 40 42 45

いろんなお話の後、写真撮影をしました。

明日から通常の保育が始まります。

特に新入園の子どもさんが慣れるまでには時間がかかると思います。

保育園が安心できて、楽しい所だとこどもたちが思えるように職員一同心を配りたいと思います

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »