« お別れ遠足(もも・あおぐみ) | トップページ | 年長児クッキング☆フレンチトースト作り »

2012年3月13日 (火)

リトミック20

冬に逆戻りでしょうか。

風も冷たく、底冷えがします。

リトミック教室でした。

年長児にとっては最後です。

001 002 003 004 005 006 008 011 015 017 018 023 024 027 028

あお・ももぐみみんなで大きな輪を作ります。

「先週小さくの時には声も小さく、大きくの時には声も大きく歌ったよね?覚えてるかな?」

こどもたちの中からも「小さくの時には小さな声、大きくの時には大きな声」と声が上がっていました。

「人間っていいな」の曲に合わせて歩きます。

曲が止まったらピタッと止まります。

そして、近くの人とジャンケンをします。勝った人の後ろに負けた人がつながります。

それを繰り返すと、長い列が出来ます。

みんなでイモムシになって歩きます。

先週習った「ザーザー(四分音符)」「アメアメアメアメ(八分音符)」「カミナリ(二分音符)」出歩いてみたり、「ドミソ」「ドファラ」「シレソ」の和音をおさらいしました。

今週は「ジャンケン」の歌が出てきました。

♪グーチョキパーでグーチョッキパーで何作ろう何作ろう左手はグーで右手はチョキでカタツムリカタツムリ…♪こどもたたちもよく知っている曲です。

左手は…右手はの所をこどもたちが考えます。

「どんなのが出来るかな?考えてみて」とマツダ先生。

こどもたちから上がってきたのは「チョウチョ、カタツムリ、写真、バナナ…」子どもは頭が柔らかいですね。

出てきたのをみんなで歌いながら、手遊びします。

ちょっと難しくなり、ももぐみのこどもたちが最初に歌って、2小節遅れであおぐみの子どもたちが歌い始めます。

途中で何を歌っていたかわからなくなる子もいて、「???」って感じでした。

自分の歌と手遊びに集中していないと難しいです。

今度はあおぐみのこどもたちが6人のグループになりました。

「ジャンケン」の曲を使ってお遊戯を自分たちで考えます。

男の子達のグループはマツダ先生からヒントをもらったり、女の子のグループは自分たちで振り付けを考えていました。

そして、舞台の上で発表。

ピアノとみんなの歌に合わせてお遊戯します。

よく考えながらお遊戯していました。

3グループが発表し終わると、先生が「今度はピアノもみんなも歌わないで、心の中で歌ってお遊戯して下さい。」と言われました。

「エっ?」とあっけにとられたよう。

音がなくてもリズムを自分で感じながらお遊戯すると言うことです。

いつもは音楽に合わせて体を動かしたり、踊ったりしますが、音なしで進めるのです。

誰も歌を歌わず、ピアノも弾かずお遊戯が始まりました。

思っていたよりもちゃんとお遊戯はそろっています。

どのグループも最後まで踊れました。

一人一人がリズムを感じれば出来るのですね。

030 031 033 034 036 037 039 042 047

「まる・さんかく・しかく・おはな・いえ・カメラ」6つの形が出てきました。

形をみんなで繰り返し言います。

覚えた頃に形を見ずに言葉を言っていきます。

子どもの頭は吸収が早いですね。

すぐに覚えてしまいます。

6つの形を床に貼ります。

形の名前を言いながら、その形へ飛び移っていきます。

「まる・さんかく・しかく・おはな・いえ・カメラ」最初は要領がつかめず、とまどっている感じでしたが、友達のを見たり、繰り返すうちにわかってきたようです。

あおぐみのこどもたたちはリズム良くやっていたようです。

見本を示してもらいます。

最初は1人してもらったのですが、2人、4人と数を増やして、同じリズムで、前や後ろの人がつかえないように出来るか試しました。

言葉と体を同時に動かす。

難しいことですが、やっていくうちに言葉と動作が一体となってますますリズミカルになっていきました。

みんな一列になり、前に人に後ろの人がすぐについて行くのにも挑戦しました。

047_2 048 053 056

「アルプス一万弱」こどもたちもよく知っている手遊びです。

2人組で歩きます。

先生が「反対」と言ったら、つないでいた手を反対にし、反対方向へ歩きます。

途中で♪~さあ、踊りましょう~♪という部分があります。

そこで近くの人とジャンケンをします。

勝った人は♪ラーララララララララーララララララ…♪手をたたきます。

負けた人は勝った人の周りを回ります。

こどもたちはとっても楽しそう。

最初のようにジャンケンをして、また一つの列につながりました。

058 059 062

マツダ先生が「年長児のお友達とは今日が最後です。一年間、リトミックよく頑張りました。」とおっしゃいました。

「~ちゃん(くん)、やさしい~ちゃん(くん)。元気をありがとう。頑張りましょうね。」と年長児一人一人に呼びかけられました。

そして、「がんばりました賞」という賞状を一人一人にくださいました。

1年間本当に楽しかったね。

こどもたちはリトミックを通して、いろんな面で成長したと思います。

マツダ先生、ありがとうございました。

064 065

追伸、「がんばりました賞」は卒園式の賞状をもらう練習の時、一人ずつ渡しました。

|

« お別れ遠足(もも・あおぐみ) | トップページ | 年長児クッキング☆フレンチトースト作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お別れ遠足(もも・あおぐみ) | トップページ | 年長児クッキング☆フレンチトースト作り »