« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月24日 (土)

第40回卒園式

心配された天気も雨が上がりました。

風の強い日です。

第40回卒園式を行いました。

今年度の卒園児は16名。(男子10名、女子6名)

こどもたちの一年の成長って本当にめざましいものですね。

4月、入園式の時ちょっと頼りない感じを受けましたが、いろんな行事や日常の保育を通してたくましく、優しく、思いやりのあるこどもたちになりました。

1 2 3 5_2 9 21 42 55 65 67 68 78 87 97

こどもたちが卒園証書をもらっているときにいろいろ考えていました。

小学校へ行ってもちゃんとやっていける。

そう思って見ていました。

あっという間に卒園式は終わりました。

年長児のこどもたちが先生からプレゼントを受け取っている時、小雨が降り出しました。

浜ヶ城保育園の行事は本当にお天気に恵まれるんです。

記念撮影をする頃には日がさして来ました。

こどもたちの日頃の行いがいいからですね。

笑顔いっぱいの卒園写真が出来上がることでしょう。

在園児・先生達が卒園児を送り出す頃、また雨が降ってきました。

105 117 124

みんな風のように保育園を後にしました。

16名のこどもたち、今までいろんな思い出をありがとう。

本当に楽しかったです。

小学生になっても保育園に遊びに来て下さい。

待っていますよ。

保護者の皆様方、ご支援・ご協力をありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年3月16日 (金)

3月誕生会・お別れ会食

昨日の快晴から一転、今日は小雨が降っています。

3月の誕生会でした。

誕生者は7名(欠席者1名)。

3_1 3_2 3_14 3_12 3_15

今回はあかぐみから4名、ももぐみ1名、あおぐみ年長児2名だったので、あかぐみのこどもたちは先生やこどもたちが自己紹介をしました。

あおぐみの年長児2名は自己紹介をして、どこの小学校へ行くかなど答えていました。

みんなからは歌のプレゼント。

3_20 3_21 3_22 3_24 3_27 3_30 3_26 3_35 3_38 3_40 3_44 3_58 3_59 3_61

今月の出し物は…カーテンが閉まって、準備が始まりました

大きなお家が出てきました。

お家には格子状の窓とドアが着いています。

格子状なので、少しずつ開くようになっていて、それぞれ黄・緑・ピンク・紫の枠になっています。

「トントントン、誰かいますか?」

「ピンクの窓を開けてみましょう。」

すると何か見えます。

こどもたちは「緑」とか「紫」と次開ける窓を言い始めました。

「トントントン、誰がいますか?」

次開けるとさっきよりも姿が見えて、「クマ、ネズミ」など言い始めました。

3つめの窓が開くと、「クマのお内裏様」が出てきました。

こどもたちは予測がついてきたようで、「今度はおひな様だよね」の声も聞かれます。

「トントントン、誰かいますか?」一つ窓を開けると長い耳が見えました。

「うさぎのおひな様」と声が上がりました。

もう一つ、あと一つ窓を開けると、やっぱりうさぎのおひな様でした。

「トントントン、誰かいますか?」と聞くと、自分が開けたい色を言い始めました。

開けてみると、2つの目が見えました。

どうやら人のようです

次の窓を開けると、目に続いて頭が見えました。

「あー、Kくんだ」とこどもたちから声が上がります。

「Kくんですか?」とフジイ先生に聞かれて「ハイ」と返事をしました。

Kくんは家のドアを開けて外へ出てきました。

自己紹介をします。

名前と保育園には何ぐみから来ているか、保育園で楽しかった遊び、自分が行く小学校名、小学校では何を頑張りたいかインタビューされました。

こうして、年長児のこどもたちが紹介されました。

さすが年長児。

ちゃんとみんなの前で発表出来ましたよ。

年長児は全員紹介され終わりましたが、他にも誰かまだいるようです。

「トントントン、誰かいますか?」と尋ねて、窓を開けるとちらっと頭や顔が出ました。

こどもたちは「あ、園長先生だ」と言い始めました。

また一つ窓を開けると、園長先生が顔をのぞかせました。

ドアから園長先生が出てくると、みんな大喜びしていました

3月の誕生会が終わり、会食に移りました。

3_62 3_66 3_68 3_69 3_71 3_72 3_73 3_74 3_75 3_63 3_64 3_65 3_76

いつにも増して、美味しそうな給食です。

園長先生から「いつもおいしい給食を作って下さるのは誰ですか?」と質問されるとこどもたちは「サキヤマ先生、ヤマテ先生、ハマヒラ先生、イシツカ先生」と答えました。

「一生懸命作ってくれた給食をこれ嫌い、食べたくないって言っていいんですか?」

「ダメ」

「いつも美味しい給食を作ってくれる先生達にお礼を言いましょう。そして、年長児のお友達は後少ししかない給食を味わって食べて下さい。」

「いつも美味しい給食を作ってくださってありがとうございます。」とお礼を言いました

今日の献立は“サンドイッチ(ブルーベリージャム・卵とブロッコリーを和えたもののサンド)・鶏肉のバター焼き・ポテトサラダ・ワカメスープ・イチゴ”です。みんなが好きな物ばっかりだと思います。先生達が一生懸命作ったので、楽しく、美味しく味わって食べて下さいね。」とサキヤマ先生が言いました。

いただきますをして、一斉に食べ始めました。

あっという間に食べ終わる子が多かったです

誕生会で楽しい時間を過ごし、みんなで会食をして特に年長児にとってはいい思い出になったと思います

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

年長児クッキング☆フレンチトースト作り

 今日は年長児の子どもたちと最後の思い出作りにクッキングをしました

年長児の子どもたちは前からとても楽しみにしていたようで、並べられた材料をみながら目を輝かせていましたよ

材料は卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンス、食パン、バターです。

ボウルに卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ、食パンを浸します。

卵の割りかたも、始めのころに比べとっても上手に割れました

浸した食パンをホットプレートで焼いていきます。

Dsc08237 Dsc08234 Dsc08238

ホットプレートに熱したバターが良い香りで食欲をそそります

みんなお昼ご飯を食べたばかりなのに…

『は~お腹すいたな~!!早く食べたい

と言っていました

Dsc08240 Dsc08242 Dsc08245 Dsc08248

最初に見本を見せ、両面色よく焼いたら、子どもたちの番です。

前の人がするのをみながら、ひっくり返すタイミングがわかってきたようでした

おやつの時間…

Dsc08250 Dsc08251 Dsc08253

他のクラスの子どもたちはバターの甘い香りにそそられ、目が覚めたようです。

みんなとっても喜んで食べてくれました

Dsc08254 Dsc08256 Dsc08262 Dsc08265

簡単な作り方なので自宅でもぜひ作って見て下さいね

| | コメント (0)

リトミック20

冬に逆戻りでしょうか。

風も冷たく、底冷えがします。

リトミック教室でした。

年長児にとっては最後です。

001 002 003 004 005 006 008 011 015 017 018 023 024 027 028

あお・ももぐみみんなで大きな輪を作ります。

「先週小さくの時には声も小さく、大きくの時には声も大きく歌ったよね?覚えてるかな?」

こどもたちの中からも「小さくの時には小さな声、大きくの時には大きな声」と声が上がっていました。

「人間っていいな」の曲に合わせて歩きます。

曲が止まったらピタッと止まります。

そして、近くの人とジャンケンをします。勝った人の後ろに負けた人がつながります。

それを繰り返すと、長い列が出来ます。

みんなでイモムシになって歩きます。

先週習った「ザーザー(四分音符)」「アメアメアメアメ(八分音符)」「カミナリ(二分音符)」出歩いてみたり、「ドミソ」「ドファラ」「シレソ」の和音をおさらいしました。

今週は「ジャンケン」の歌が出てきました。

♪グーチョキパーでグーチョッキパーで何作ろう何作ろう左手はグーで右手はチョキでカタツムリカタツムリ…♪こどもたたちもよく知っている曲です。

左手は…右手はの所をこどもたちが考えます。

「どんなのが出来るかな?考えてみて」とマツダ先生。

こどもたちから上がってきたのは「チョウチョ、カタツムリ、写真、バナナ…」子どもは頭が柔らかいですね。

出てきたのをみんなで歌いながら、手遊びします。

ちょっと難しくなり、ももぐみのこどもたちが最初に歌って、2小節遅れであおぐみの子どもたちが歌い始めます。

途中で何を歌っていたかわからなくなる子もいて、「???」って感じでした。

自分の歌と手遊びに集中していないと難しいです。

今度はあおぐみのこどもたちが6人のグループになりました。

「ジャンケン」の曲を使ってお遊戯を自分たちで考えます。

男の子達のグループはマツダ先生からヒントをもらったり、女の子のグループは自分たちで振り付けを考えていました。

そして、舞台の上で発表。

ピアノとみんなの歌に合わせてお遊戯します。

よく考えながらお遊戯していました。

3グループが発表し終わると、先生が「今度はピアノもみんなも歌わないで、心の中で歌ってお遊戯して下さい。」と言われました。

「エっ?」とあっけにとられたよう。

音がなくてもリズムを自分で感じながらお遊戯すると言うことです。

いつもは音楽に合わせて体を動かしたり、踊ったりしますが、音なしで進めるのです。

誰も歌を歌わず、ピアノも弾かずお遊戯が始まりました。

思っていたよりもちゃんとお遊戯はそろっています。

どのグループも最後まで踊れました。

一人一人がリズムを感じれば出来るのですね。

030 031 033 034 036 037 039 042 047

「まる・さんかく・しかく・おはな・いえ・カメラ」6つの形が出てきました。

形をみんなで繰り返し言います。

覚えた頃に形を見ずに言葉を言っていきます。

子どもの頭は吸収が早いですね。

すぐに覚えてしまいます。

6つの形を床に貼ります。

形の名前を言いながら、その形へ飛び移っていきます。

「まる・さんかく・しかく・おはな・いえ・カメラ」最初は要領がつかめず、とまどっている感じでしたが、友達のを見たり、繰り返すうちにわかってきたようです。

あおぐみのこどもたたちはリズム良くやっていたようです。

見本を示してもらいます。

最初は1人してもらったのですが、2人、4人と数を増やして、同じリズムで、前や後ろの人がつかえないように出来るか試しました。

言葉と体を同時に動かす。

難しいことですが、やっていくうちに言葉と動作が一体となってますますリズミカルになっていきました。

みんな一列になり、前に人に後ろの人がすぐについて行くのにも挑戦しました。

047_2 048 053 056

「アルプス一万弱」こどもたちもよく知っている手遊びです。

2人組で歩きます。

先生が「反対」と言ったら、つないでいた手を反対にし、反対方向へ歩きます。

途中で♪~さあ、踊りましょう~♪という部分があります。

そこで近くの人とジャンケンをします。

勝った人は♪ラーララララララララーララララララ…♪手をたたきます。

負けた人は勝った人の周りを回ります。

こどもたちはとっても楽しそう。

最初のようにジャンケンをして、また一つの列につながりました。

058 059 062

マツダ先生が「年長児のお友達とは今日が最後です。一年間、リトミックよく頑張りました。」とおっしゃいました。

「~ちゃん(くん)、やさしい~ちゃん(くん)。元気をありがとう。頑張りましょうね。」と年長児一人一人に呼びかけられました。

そして、「がんばりました賞」という賞状を一人一人にくださいました。

1年間本当に楽しかったね。

こどもたちはリトミックを通して、いろんな面で成長したと思います。

マツダ先生、ありがとうございました。

064 065

追伸、「がんばりました賞」は卒園式の賞状をもらう練習の時、一人ずつ渡しました。

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

お別れ遠足(もも・あおぐみ)

神様はみんなことをちゃんとみているのですね。

遠足日和のいいお天気になりました。

もも・あおぐみはかもめ公園まで遠足に出かけました

9時までに集合し、9時10分に出発。

園長先生から「道路はたくさん車が通っているので気をつけて歩くんですよ。歩いている途中にいろんなものがあるので、よくみてくださいね。」とお話がありました。

ももぐみを先頭に歩き始めました。

1_3 2_4

リュックサックを背負って、水筒を肩からかけて…。

子ども達は「みてみて、この水筒買ってもらったんだよ。リュックサックも大きいでしょう。」と言っていました。

歩くうちに、「水筒のひもが食い込む。リュックサックが下がってくる。」と言ってくる子もいましたが、みんな最後まで歩き通しました。

10時過ぎにかもめ公園へ到着。

荷物を下ろし、記念撮影をしたら一斉に遊び始めました。

3_4 5_2 7 10_2 12 15 18 19_3 25 26

昨日までの雨で水たまりが残っていたり、子ども達が遊びたいタイヤのブランコ(保育園にはない遊具)の下はぬかるみになっていました。

それでも果敢にタイヤのブランコに乗ると…。

揺らしてもらって、途中で降りたくなったらしく足をぬかるみにドボン…。後はご想像にお任せします。

今年は新しい遊び方が出現しました。

高い滑り台の横に上から降りるための棒があります。

そこを下から上へ登り棒として使う遊び方が人気でした。

靴を履いていると滑って登れないので、靴と靴下を脱いで裸足になって腕の力と足を使って登っていきます。

先生達に補助してもらいながら、あるいは自分一人で登っていく子もいました。

体をめいっぱい使って遊んでいました。

10時30分ぐらいから「先生、お腹すいた。ご飯食べたい。」と言ってくる子が出てきました。

ももぐみはシートを敷いていたので、水筒から飲み物を飲んで、お弁当を出してスタンバイしている子もいました。

10時45分にご飯を食べる準備を始めて、11時前にお弁当を食べ始めました。

30 31 33 34 37 40 41_2

「お母さんが朝早く起きて、お弁当作ってくれたんだよ。」

「ほら、美味しそうでしょう。」

あおぐみの女の子達は友達同士「これちょうだい、これと変えよう。」物々交換していました。

お弁当を食べ終わると、保育園から持ってきたお菓子を一つ食べました。

時間が早かったので、再び遊び始めました。

お昼十二時が過ぎ、ネコバスが迎えに来ました。

ももぐみの2・3歳児は乗って帰りました。

12時20分、ももぐみ4歳児とあおぐみの子ども達もかもめ公園を徒歩で出発しました。

行きも歩き、公園でめいっぱい遊んだ後なので、みんなバテ気味。

「先生、後どれくらい歩くの?」

「まだ、ちょっとしか歩いてないよ。…後半分だよ。」と言いながら歩いて帰ってきました。

ももぐみの子ども達は黙々と歩いていました。(よく頑張りました)

保育園に1時過ぎに到着しました。

お天気に恵まれ、楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (0)

お別れ遠足(き・あかぐみ)

待ちに待ったお別れ遠足昨日までの雨が嘘のようによいお天気となりましたね

きぐみさんとあかぐみさんは保育園の近くの新開公園まで歩いていきました

あかぐみさんは避難車とベビーカーに乗って、きぐみさんはお友達と手をつないで、準備完了

『しゅっぱーーーーつ

子どもたちの元気な声が響き渡ります

子どもたちは道端に咲いているお花や道路を通るトラック、いろいろなものに興味津々です

『お花が咲いてる~』『大きなトラックだねぇ!』『せんせぇ~水が流れてるよ!!』

口々に言いながら楽しく公園まで歩きました

1_2 4_3 3_3 2_3

公園に着くと子どもたちの表情がぱぁーっと明るくなりました

リュックを置くと一目散に遊具めがけて駆けだしていきます

大きな遊具にすいすい登っていく子どもたちきぐみさんはさすがですね

滑り台を繰り返し滑る子、高いところまで登ろうと一生懸命挑戦する子、芝生を元気いっぱいに走り回る子、一人ひとりが好きな遊びを見つけて楽しく過ごしていましたよ

あかぐみさんには遊具が大きすぎるかな?とも思いましたが、小さい子たちもよいしょ、よいしょ!と階段を登り、『わぁ~!!』と言いながら滑り台を滑ることが出来ていました

57_2 60 41_3 45_2

ひとしきり遊んだ後は、おやつタイムです

保育園から持ってきたビスコを握りしめ、嬉しそうにほおばっていました。

お外で食べるおやつは格別ですね

保育園に帰る時間になっても遊び足りない様子の子どもたち…

リュックを背負ってからも遊具に登ろうとしていましたが、保育者が『帰ってお弁当食べようね~』と声をかけるとすぐに集まってきてくれました

やっぱりお母さんの作ってくれたお弁当が一番の楽しみなのですね

遊び疲れたのか、帰りは行きよりもゆっくりゆっくり歩いていたこどもたちですが、『お弁当お弁当』と言いながら、頑張って保育園まで歩きました!

67_2 71_2 91_2 89_2

保育園に到着!いよいよお弁当の時間です

いつもは保育者に食べさせてもらうあかぐみの子どもたちも、今日は自分で食べたがり、たくさんこぼしながらもスプーンを持って嬉しそうに食べていました

きぐみさんはポカポカ陽の当たるお部屋の前にシートを敷いて、いつもと違う雰囲気に大喜びでしたよ

94_2 99_2 103_2 107_2

お天気が心配だったお別れ遠足、子どもたちの願いが通じて晴天となり、心に残る楽しい一日となりました

| | コメント (0)

2012年3月 6日 (火)

リトミック19

雨も上がり、久しぶりに日がさしてきました。

リトミックを行いました。

5月に始めたリトミック。

3月、年長児にとっては今日も含めてあと2回になりました。

最初はもも・あおぐみ大きな輪を2つ。

001 002 003 005 007 010 009 014

“大きくなってこんにちは。小さくなってこんにちは。大きくなってこんにちは。小さくなってこんにちは”の歌でリトミックが始まります。

今までは手をつないで歌いながら輪っかが大きくなったり、小さくなったりだけでしたが、今日は「大きくなるときには大きな声で、小さくなるときには小さな声で歌ってごらん。」と先生から指示がありました。

リトミックでは大きい・小さい・高い・低い・強く・弱くなどを音で表現します。

子ども達もそのことにだいぶ慣れてきたり、気づいたりしてきたようです

2月に教えてもらった「子犬のビンゴ」の歌を歌います。

ここでも大きな声の時には大きなポーズを、小さな声の時には小さなポーズをします。

実際に体で大きい音・小さい音を体で表現します。

カラーボードをもらいます。

それぞれ赤・青・黄・白のボードを持っています。

「子犬のビンゴ」の歌を歌いながら歩きます。

曲が止まったら同じ色のカラーボードを持っている人と2人組になります。

2人のカラーボードをくっつけてピアノの音に合わせて動かします。

上・下・横など自由に、曲調に合わせて(ゆっくり・なめらか・はやく・スムーズなど)動かします。

これもピアノの音をよく聞いて、表現します。

017 019 022023  025 028_2 032 034 スカーフが渡されました。

これも5色あります。

「キラキラ星」に合わせてスカーフを動かします。

ヒラヒラさせたり、上、下、横、振り回したり…いろんな表現が出来ます。

自分で考えて動きます。

同じ色で集まります。

一人ずつ保育者も入ります。

まず、先生の動きをまねます。

そして、手をつないでグループの動きを考えます。

グループごとにピアノの曲に合わせて、ダンスをします。

最後は必ずポーズを入れます。

舞台の上で発表しました。

いろんな表現の仕方があり、工夫されていました。

最後のポーズもみんな決まっていましたよ。

038 039 041 049

「ずーっと雨が降っていたよね。」とマツダ先生。

「みんなも雨になってみよう。」

ザーザーザーザー腕を振って歩きます。

「ザーザーザーザーはターターターター四分音符だよ。リズムに合わせて歩きましょう。」

ザーザーザーザーの音に合わせて歩きます。

「アメアメアメアメはティティティティ八分音符。リズムに合わせて歩きましょう。アメはかかとをあげて、つま先でバレリーナみたいに歩いてね。」

アメアメアメアメとつま先立ちで歩きます。

「雷がなりました。雷はダーン。ターアン二分音符。リズムに合わせて歩きましょう。大きな足でどっしりとね。」

雷で歩きます。

マツダ先生のピアノに合わせて、ザーザーなのかアメアメなのか雷なのか聞き分けます。

それぞれの歩き方で歩きます。

それにはよくピアノの音を聞いていないといけません。

聞いていないとなかなか出来ず、曲が変わってしまったのに気づかなかったりしていました。

先生は雷、子ども達はアメ。先生はザーザー、子ども達は雷など先生と子ども達のリズムが変わるのにも挑戦しました。

同時に二つの違うリズムが出てくるので、子ども達が先生達につられたり、あるいは先生達が子ども達につられたり、リズムがわからなくなったり…難しそうでした。

先生が言っていることを聞きながら、体も同時に動かす。

子ども達にとっては高度な技術だと思います。(大人にとっても)

050 052 053 054 060 061 062 063 064 066

次は大きなボールが出てきて、先週と同様男女2つずつの輪になります。

足を伸ばしてくっつけて、ボールを隣の人に渡します。

さっき出てきた「ザーザーザーザー」のリズムでボールを渡します。

それが出来るようになったらボールを「足・お腹・どうぞ」4つで次の人に渡したり、「足・お腹・ポン」と3つめで渡したりしました。

あおぐみの子ども達には小さなボールが一人一つずつ渡されました。

ボールを1、2と左側から右側に渡し、右側に来たボールは次の人に渡ります。

同じ動きなので、みんなが出来ていたらちゃんとボールは渡っていくはずなのですが…。

初めてしたことでちょっと難しかったらしく、なかなか理解が出来なかったようです。

しかし、先生達が中に入ってこうするんだよと教えるとわかったらしく、出来ていました。

1.2.3の動きもありました。

あお・ももぐみ一列をそれぞれ2つ作り、向き合って1.2で向き合っている人にボールを転がします。2でボールが向かい側の人に着くように転がします。

次は1.2.3、3で向かい側の人にボールが着くようにボールを転がします。

1,2と1,2,3の拍の感覚を体で感じる活動でした。

067 068 069 070 075 079 083 084 085 086 087 088

イスが出てきました。人数分あります。

さっきのザーザー、アメアメ、雷のリズムを使った活動です。

ピアノの曲に合わせて四分音符のリズム、八分音符のリズム、二分音符のリズム歩き方を変えます。

歩き方はさっきの歩き方です。

曲が止まったらイスに座ります。

途中でイスを一つぬきました。

保育園でもイス穫りゲームをするので、みんなイスに座ることに一生懸命になり、音に集中していないようでした。

最後にスティックが出てきて、先生のお手本を見てたたきました。

そして、カノン(一小節遅れて子ども達は叩き始める)に挑戦しました。

ももぐみの子ども達も初めてスティックを渡され、マツダ先生に教えてもらいながらたたいてみました。

今回の活動も充実していました

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

ひなまつりケーキ

しだいに曇ってきて、少し雨が降り出しました。

今日のおやつは『ひなまつりケーキ』です。

002_2 003_2 004_2 008_2 009_2 014_2 015_2 025_2 026

この愛らしいケーキはドーナツとポッキー、チョコレートの飾りで出来ています。

いつも食べるおかしをちょっと飾ると、こんなに可愛いおひな様になるんですね。

ご家庭でもすぐ出来そうですね。

| | コメント (0)

ひなまつり会

天気予報は曇り雨でしたが、日差しがさして、とっても暖かで穏やかな日になりました。

ひなまつり会を行いました。

子ども達は外で遊んだり、体操・かけっこをしているとき給食室からいい匂いが漂ってくるので、「いい匂いだね、美味しそうだね。」と期待が高まっているようでした。

給食ももちろんですが、ひなまつり会も楽しみにしていました。

保育室にもお内裏様とおひな様、三人官女の雛飾りと、各クラスで制作した雛飾り、菜の花・桃の花、ひし餅、ひなあられ、カルピスが飾られています

001 002 003 004 006 008 009 011 013

フジイ先生が「おひなまつりってどうしてするか知ってる?」とみんなに聞きます。

すると「うーん」と言う感じ。

わかっているようないないような。

『おひなさまをかざるわけ』という紙芝居を読んでもらいました

自分の良くなりたいことや病気などを人形が変わって引き受けて、人形を川へ流し、遠くに行ってもらうと言うことでした。

本物の人形はみんな大事にしているので、いざ流すとなると泣き出してしまいました。

昔まだお人形を飾る習慣がなかった頃は紙で作った人型に自分の願いや病気、良くなって欲しいことなどを書いて川へ流していたそうです。

鹿児島でも仙巌園で「曲水の宴」という行事がありますよね。

ひな人形を飾ることは人形が女の子達の健康や幸せを見守るという意味があるようです。

『ひなまつり』の歌の歌詞に沿って、雛飾りや写真を見ながら先生が雛飾りや言葉の意味を教えてもらいました

飾るものにもちゃんと意味があります。

例えば、ひし餅は白と緑とピンクの三層になっていますが、白は「雪の色、白酒の色」緑は「大地の草の色、よもぎは怪我をしたときに塗っても、また食べても体に良いもの」ピンクは「お供えする桃の花の色。桃の花は邪気を払うと言われている」

あおぐみの子ども達はけっこういろんなことを知っていました。

言葉の意味がわかったところで改めて「ひなまつり」をみんなで歌いました

014 015 021 025 027 028 030 031 036 035 039 041

各クラスから女の子たちがお遊戯の出し物をしました

あかぐみの女の子は『ミッキーマウスマーチ』体を歌に合わせて揺らしたり、ミッキーの耳のポーズをしたりとっても可愛らしかったです。

きぐみの女の子は『じょいふる』体をいっぱい動かして、ピストルのポーズも決まっていました。

ももぐみの女の子は『Gee』少女時代が踊るように細かな所もよく表現していました。

あおぐみの女の子は『ヘビーローテーション』と『花てまり』コンビネーションで踊ったり、ひなまつりにふさわしい花の枝を持ったお遊戯をしてくれました。

園長先生から「あおぐみの男の子にお遊戯して欲しい」とリクエストがありました。

女の子へ向けて、男の子達からお遊戯のプレゼントということで、『桜援歌』をお遊戯しました。

043 044 045 047

その後はみんなが楽しみにしていたカルピスとひなあられを一緒に食べて、お祝いしました。

050 049 054 055 057 059 060 061

いい匂いで期待をかき立てられていた給食のメニューは『ちらしずし・鶏肉の照り焼き・ブロッコリーの和え物・おさのりのすまし・いちご』でした。

朝からしていたのはちらしずしの具を煮る香りと鶏肉を焼く香ばしい匂いだったのです。

みんなおいしく給食を食べていました

ひなまつりの一日、とっても楽しくすごしました

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »