« 2月誕生会 | トップページ | リトミック18 »

2012年2月22日 (水)

母親講座

午前中はすごい雨が降りましたが、午後からは雨も上がり日も差しました。

母親講座を行いました。

足元の悪い中、6名のお母さん方、おばあちゃん方に参加していただきました。

本当にありがたかったです。

講師のナガノ先生から「今日は自分をほめるレッスンをしていきたいと思います。その前に体をストレッチしてほぐしましょう。体を動かすと心も頭も動くようになって、心身ともにすっきりしますよ。掃除を一生懸命するときれいになるだけではなく、自分の心も爽やかになりますよね。まずは私も自己紹介をしますので、皆さんもご自分の紹介をして下さい。何も知らない中でワークをするのとどんな人が集まっているのかを知ってからするのとでは信頼度が違ってきます。今、どんな気持ちなのかも教えていただけるとありがたいです。」

参加者の皆さんからは「緊張している、今からどんなことが始まるかワクワクする」などの言葉がありました。

001 002 003 004 006 007 008 010

体のストレッチは手足の先や頭、首など全身を伸ばしたり、呼吸を意識してみたり自分の体の状態を知っていきます。

仰向けになって、しばらく目をつぶって頭を空っぽにするのもとても気持ちがいいものです。

体をほぐした後、ほめレッスンに入りました。

011 012 013 014 015 017 018 019 020 021 026

ナガノ先生は「自己尊重プラクティス協会」で学んでいらっしゃいます。

「“自己尊重感”とは自分の命・存在を価値のあるものと尊重する意識です。あなたは自分を好きですか?自分の素晴らしい所を知っていますか?ありのままの自分を価値のある存在と思えますか?これが出来るから、あるから素晴らしいではなく、自分の存在そのものを素晴らしいと感じていますか。」

「日本人は自分のことをほめることをなかなかしません。それは日本の中に謙遜という文化があり、なかなか自分をほめると言うことをしません。責めることが多いです。日本の子ども達は自己尊重感の低い子が多いです。それは自分のことを責めたり、周りの大人からそのような働きかけを受けるからではないでしょうか。まずは自分のことをほめることから始めましょう。そして、自分を好きになりましょう。」

「命や心は目に見えません。しかし、確実に存在します。大事なものは目に見えません。子どもに命や心のことを伝えるのに、大人は自分の命や心に向き合っているでしょうか?」

「自分のことを尊ぶことが出来ると、他の人のことも尊ぶことが出来るようになり、動物や植物など自然の命も尊ぶことが出来るようになります。」

確かにそうですよね。

自分のことを即座に好きだと言えないなとか、うーんと考え込んだり…。

早速、実践に入りました。

先生が例を挙げたり、プリントに書いてある褒め言葉を参考にして、最初は自分をほめることを3つあげるという練習から。

みなさん、懸命に取り組んでいらっしゃいました。

「子育てと仕事両立して頑張っている偉いね。好奇心いっぱいで色んなことに取り組めていて頑張っているね。バランスのよい食事を家族に提供してすごい。家の家事や孫の世話を毎日して立派だよ…」などいろんな褒め言葉が出てきました。

みなさん、本当によく頑張っていらっしゃるんですね。

日常のことですが、それを続けることは本当に難しく、そして大変なことなんだと思います。

それが当たり前だと思われていますが、当たり前ではないんですよね。

今度は他の人をほめるワークをしました。

隣に座っている人をほめる。

ほめるには相手をよく観察しないと出来ません。

「明るく、笑顔でよく頑張っているので偉いと思う。ハキハキよくわかるようにお話しされるので素敵だと思う。ステキな家族に囲まれていてとっても素晴らしいなと思う…。」いろんな相手ほめが出てきました。

自分をほめたり、他人をほめたりしていると場も和み、笑顔が増えるんですよね。

温かい雰囲気に包まれて、ほめレッスンが終了しました。

最後にナガノ先生からのメッセージがありました。

「わたしは・ぼくは生まれてきたときからいいものをたくさん持っている。だから失敗してもいいところはなくならない。怒られてもいいところはなくならない。何が出来るからすばらしいとか、何がしてくれるからいい子という条件付きの価値より、生まれてきてありがとう・あなたがいてくれて嬉しい…是非、無条件の価値で認め、讃えてあげましょう

|

« 2月誕生会 | トップページ | リトミック18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2月誕生会 | トップページ | リトミック18 »