« 第2回保育参観 | トップページ | 卒園記念品作り(美山) »

2012年1月24日 (火)

リトミック16

朝のうちは小雪がちらついていましたが、昼前から日がさしてきました。

リトミック教室でした。

先週の土曜日、保育参観でリトミックを親の方にも体験していただきました。

子ども達がどんな風にやっているか感じがつかめたと思います。

Img_3883 Img_3884 Img_3886 Img_3888 Img_3889 Img_3890 Img_3891 Img_3895 Img_3898 Img_3900 Img_3906

男の子・女の子2人組を作ります。(初めて男の子と女の子のペアを作ったので、ちょっととまどっていましたが…)

お父さん・お母さんになって、ピアノの音に合わせてお父さんがお母さんの肩たたきをします。

途中で音が大きくなったり、小さくなったり、ゆっくりになったり、早くなったりします。

気づいた子はピアノの音に合わせて肩たたきのやり方を変えています。

「ピアノの音をよく聞いてね。音に合わせて肩たたきをしてね。」と先生が言います。

リトミックの回数を重ねうちに気づいたり、考えたり出来るようになっているようです。

2人組で手をつないでピアノに合わせてゆらゆらゆらしたり、ラララ~や音階で歌を歌ったりします。♪

ロープが2本出てきました。長くのばして、真ん中にフラフープを置きます。

端と端、二手に分かれます。

ピアノの曲を聞きながら、(行き方はピアノのリズムによって変わる)真ん中のフープの所へ来ます。

「ハイどうぞ」と言われたらフープの中に入って、「トントントン(手合わせする)こんにちは(あいさつ)、トントントン(手合わせ)さようなら(あいさつ)」とやって帰ってきます。

ティティティティは八分音符でリスになってチョコチョコつま先で、手はホッペに人差し指を押して行きます。

タタタタは四分音符でうさぎになってピョンピョン跳ねて、手は耳にして行きます。

ターアンターアンはゾウになって足はドシンドシン、手は鼻にして行きます。

何度か繰り返した後、先生は音符のカードを出します。それを見て、どの動物でやればいいのかを自分たちで考えます。

何人かの子ども達にやってもらいました。

年齢にもよりますが、大体の子ども達が理解しているようでした。

あおぐみの子ども達は2人組になります。

Img_3911 Img_3913 Img_3918 Img_3919 Img_3921 Img_3927 Img_3931 Img_3935

2人の中で一番目と二番目を決めます。

2人で歩いていて、先生が「一番目」というと一番目の子どもだけが歩きます。

「二番目」と言われたら一番目の子が歩いた所を歩いていきます。

一番目の子どもが歩くのをよく見ておく必要があります。

また、一番目の子も「二番目」と言われた後、その後を歩いていって前に行った子の所へ行き着く必要があります。

見ていて、行動する。また、見ていたことを記憶しておかないといけません。

最初は決まりがよくわかっていない子が多かったですが、やっていくうちにわかってきて、懸命に取り組んでいました。

スティック2本配られました。

最初は真似。

先生がするのを見て、その後同じことをします。

頭上や体の横、足の所でトントントンとスティックをたたきます。

今度は先生は止まりません。

場所を変えてスティックをたたきます。

子ども達は先生が一つの動作をして、次の動作をしてから最初の動作をしていきます。(おっかけっこをする。終わりは一動作遅れで終わります。)

これも先生がする動作をちゃんと見ておき、記憶していないと出来ません。

先生の動きにつられて同じ動作になったり、先生よりも早く終わってしまう子、一動作遅れでついて行っている子まちまちでした。

赤・白・黄のカラーボードがあります。

スティックで先生が言うようにたたきます。

八分音符・四分音符のリズムが出てきました。

先生がボードに合わせて「ターティティター」などリズムを言いながらカラーボードをたたきます。

それを真似して子ども達もたたきます。

次は先生が「ティティティティター」と口で言って、子ども達がどのリズムかを考えます。

音符カードを使って考えます。

さすがに難しいらしく、苦戦していました。

観察力・判断力・記憶力・思考力いろんな力を鍛えられている感じでした。

ももぐみは青いカラーボードを置いていきます。

Img_3915 Img_3923 Img_3924 Img_3925 Img_3926

ボードの間をぬって歩いていると先生が「うさぎさんがピョーン」と声をかけます。

「ピョーン」の時にボードに飛び移ります。

タイミングが遅かったり、早かったり、最初はなかなかそろいません。

何度も繰り返しているうちにタイミングがわかってきて、そろうようになってきました。

赤・白・黄のカラーボードで「あか・しろ・きいろ」と言いながら手でボードをたたきます。

順番とは限らず、「「あか・きいろ」「しろ・きいろ」だったりランダムです。

色の理解と言われたことが行動できるかです。

「1,2.3」と「あか・しろ・きいろ」を結びつけていきます。

年齢に幅があるので、低年齢の子達には高度だったようです。

ちょっとずつ考えたり、判断したり、音に反応したり…力がついてきているようです。

|

« 第2回保育参観 | トップページ | 卒園記念品作り(美山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第2回保育参観 | トップページ | 卒園記念品作り(美山) »