« 1月誕生会 | トップページ | パンケーキ作り(年長児) »

2012年1月28日 (土)

おにぎりの日(体のしくみについて知ろう)

朝のうちは雨が降っていました。比較的気温は上がっているようです。

今日はおにぎりの日

登園してきた子ども達が「今日、おにぎり持ってきたよ。見てみて。」と声をかけてきました。

体操・かけっこが終わった後、ももあおぐみは子ども達はあおぐみの部屋へ集まり、サキヤマ先生から食育の話を聞きました

1 2 3 4 5 6 10 11 14

サキヤマ先生は「マーくん」というお友達を連れてきたようです。

みんなが「マーくん」と呼ぶと、姿をあらわしました。

「マーくん」は体の中が見えるようになっています。

「みんなは食べ物を食べるときどうやって食べるかな?」と先生が質問すると、「口の中で噛んでから食べる(飲み込む)」と返事がかえってきました。

「そうだよ。まずはお口の中で良く噛みます。次に行くのはどこかな?」

「(子ども達はのどをさしています)ここ。」

「なんて言う名前かわかるかな?」

「食道(2人ぐらいが答える)。」

「こうして食道から胃、そして小腸、大腸、肛門へ行きます。胃は動いて食べ物を小さくして、おかゆぐらいに柔らかくします。小腸では体に運ぶ栄養を吸収します。そして大腸では水分を吸収します。残った物が肛門からうんちとして体の外へ出ます。肛門にはおトイレに座ったとき以外にうんちがでないように筋肉があります。」

マーくんの体のつくりを見ながら、胃や小腸、大腸の形を見ていきます。

小腸は子ども達が2人端を端を持って、どれくらいの長さがあるか確認しました。

すると子ども達からは「長いねぇ」と声が上がりました。

「うんちには4つの種類があります。色が濃くて短い、ウサギのうんちのようなコロコロうんち。柔らかくて、ねっとりしているモコモコうんち。水分の取りすぎお腹を壊したときや体調の悪いときビチビチうんち。スルリと出てきて色も黄色に近いバナナうんち。コロコロうんちとモコモコうんちは野菜をあまり食べていない時や水分が足りないときに出るうんち。ビチビチうんちはアイスやジュースの飲み過ぎの時やお菓子の食べ過ぎの時にも出ます。水分もちょうど良くて、野菜もしっかりとれているときにはバナナうんちが出ます。」

「朝、うんちした時みんなのうんちはどんなうんちだった?」と先生が聞くと、コロコロうんちとモコモコうんちの子も何人かいました。多くの子ども達がバナナうんちだったと言っていました。

「どんな野菜を食べたらいいうんちが出るか知ってる?」と聞かれると、「レタス、キャベツ、ニガウリ…」など出てきました。

「いいうんちが出るもっといいお野菜知らないかな?ヒント、土がついてて長い野菜…11月にみんなも菜園で穫ったもの。」

「ごぼう、おいも」と声が上がっていました。

「ごぼうやおいもを食べるとすぐいいうんちが出るよ。だからみんなもお腹を掃除するお野菜をたくさん食べてくださいね。」

今日、教えてもらったことを復習しました。

昼からは年長児の子ども達がホットプレートでパンケーキを作ってくれるので、サキヤマ先生が『ぐりとぐら』の絵本を読んでくれました。

16 17 18 19

そして、最近インフルエンザなどの感染症が流行っています。

『コンちゃんのカゼ予防』という紙芝居を読んでもらって終わりました。

園長先生からは「みんな手洗いうがいをちゃんとして、カゼをひかないようにしましょう。みんなが収穫したキンカンを食べたでしょ、キンカンはカゼの予防にピッタリです。ミカンなどの柑橘類を食べたらいいですよ。アイスやジュース、お菓子を食べてばかりじゃなく、果物を食べましょうね。」とお話がありました

|

« 1月誕生会 | トップページ | パンケーキ作り(年長児) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1月誕生会 | トップページ | パンケーキ作り(年長児) »