« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月28日 (土)

パンケーキ作り(年長児)

外は冷たい風が吹いていて、実際の気温よりも寒く感じます。

お家から持ってきたおにぎりを食べた後、年長児の子ども達がお昼寝の時間を利用して、パンケーキ作りをしました。

三角巾とエプロンをして準備万端。

早速、サキヤマ先生からパンケーキの作り方を教えてもらいました

16人を2グループに分けて、8人ずつにしてあります。

まずはパンケーキの生地作りから。」

1_2 2_2 5_2 6_2 11_2 12 13 15 16_2 19_2

卵を割って混ぜる人、牛乳を入れ混ぜる人、ホットケーキの粉を入れてさらに混ぜ合わせる人(これはみんなでやっていました)。

それぞれみんな真剣に取り組んでいました。

大きなボウルなので、混ぜる人以外はボウルの縁を持って動かないようにします。

卵と牛乳が泡立ちすぎないように、また粉を入れてからはダマにならないよう気をつけて混ぜていきます。

先生がするのを見ながら、先生が手を添えながら作業が進んでいきます。

パンケーキの生地が出来たらいよいよホットプレートで焼いていきます。

おたま一杯分くらいの生地をすくって、プレートに乗せていきます

21 23 26 28 31 33 34

最初は先生がお手本を見せました。

パンケーキの表面が泡だって、乾いてきたらひっくり返す頃。

コテを持って、おっかなびっくりの様子でひっくり返していました。

一枚目自分で焼いたのをおやつに食べます。

なので、出来上がったらお皿に入れて自分のイスの上に置いておきます。

後は楽しみに待っている小さなお友達の分を焼いていきます。

何度かやっているうちにコツがつかめてきたようでした。

一生懸命パンケーキを作ったので、焼き上がったのを少しずつ試食。

36 37

「美味しいねぇ。なんかコーヒーみたいな味?匂いがする。」と言っていました。

ただのパンケーキではありません。

ブルーベリージャムと生クリームをトッピングします

40 44 47 54

これでおいしさがグンとアップします。

生クリームを絞り出すのは慎重です。

最初自分が食べる分のトッピングをして、後は子ども達や先生達の分もしてくれました

美味しそうなパンケーキが出来上がりました

3時のおやつが楽しみです。

20分後…3時のおやつになりました

2_3 3_2 4_2 6_3 7 8 9 10_2 13_2 14_2 16_3 17_2 20 21_2 22 24 25 26_2 28_2

年長児の子ども達がそれぞれのクラスへパンケーキを持って行きました。

みんな美味しそうにパンケーキを食べました。(中には生クリームやジャムが苦手な子もいましたが…)

美味しい顔で、笑顔が溢れていました

| | コメント (0)

おにぎりの日(体のしくみについて知ろう)

朝のうちは雨が降っていました。比較的気温は上がっているようです。

今日はおにぎりの日

登園してきた子ども達が「今日、おにぎり持ってきたよ。見てみて。」と声をかけてきました。

体操・かけっこが終わった後、ももあおぐみは子ども達はあおぐみの部屋へ集まり、サキヤマ先生から食育の話を聞きました

1 2 3 4 5 6 10 11 14

サキヤマ先生は「マーくん」というお友達を連れてきたようです。

みんなが「マーくん」と呼ぶと、姿をあらわしました。

「マーくん」は体の中が見えるようになっています。

「みんなは食べ物を食べるときどうやって食べるかな?」と先生が質問すると、「口の中で噛んでから食べる(飲み込む)」と返事がかえってきました。

「そうだよ。まずはお口の中で良く噛みます。次に行くのはどこかな?」

「(子ども達はのどをさしています)ここ。」

「なんて言う名前かわかるかな?」

「食道(2人ぐらいが答える)。」

「こうして食道から胃、そして小腸、大腸、肛門へ行きます。胃は動いて食べ物を小さくして、おかゆぐらいに柔らかくします。小腸では体に運ぶ栄養を吸収します。そして大腸では水分を吸収します。残った物が肛門からうんちとして体の外へ出ます。肛門にはおトイレに座ったとき以外にうんちがでないように筋肉があります。」

マーくんの体のつくりを見ながら、胃や小腸、大腸の形を見ていきます。

小腸は子ども達が2人端を端を持って、どれくらいの長さがあるか確認しました。

すると子ども達からは「長いねぇ」と声が上がりました。

「うんちには4つの種類があります。色が濃くて短い、ウサギのうんちのようなコロコロうんち。柔らかくて、ねっとりしているモコモコうんち。水分の取りすぎお腹を壊したときや体調の悪いときビチビチうんち。スルリと出てきて色も黄色に近いバナナうんち。コロコロうんちとモコモコうんちは野菜をあまり食べていない時や水分が足りないときに出るうんち。ビチビチうんちはアイスやジュースの飲み過ぎの時やお菓子の食べ過ぎの時にも出ます。水分もちょうど良くて、野菜もしっかりとれているときにはバナナうんちが出ます。」

「朝、うんちした時みんなのうんちはどんなうんちだった?」と先生が聞くと、コロコロうんちとモコモコうんちの子も何人かいました。多くの子ども達がバナナうんちだったと言っていました。

「どんな野菜を食べたらいいうんちが出るか知ってる?」と聞かれると、「レタス、キャベツ、ニガウリ…」など出てきました。

「いいうんちが出るもっといいお野菜知らないかな?ヒント、土がついてて長い野菜…11月にみんなも菜園で穫ったもの。」

「ごぼう、おいも」と声が上がっていました。

「ごぼうやおいもを食べるとすぐいいうんちが出るよ。だからみんなもお腹を掃除するお野菜をたくさん食べてくださいね。」

今日、教えてもらったことを復習しました。

昼からは年長児の子ども達がホットプレートでパンケーキを作ってくれるので、サキヤマ先生が『ぐりとぐら』の絵本を読んでくれました。

16 17 18 19

そして、最近インフルエンザなどの感染症が流行っています。

『コンちゃんのカゼ予防』という紙芝居を読んでもらって終わりました。

園長先生からは「みんな手洗いうがいをちゃんとして、カゼをひかないようにしましょう。みんなが収穫したキンカンを食べたでしょ、キンカンはカゼの予防にピッタリです。ミカンなどの柑橘類を食べたらいいですよ。アイスやジュース、お菓子を食べてばかりじゃなく、果物を食べましょうね。」とお話がありました

| | コメント (0)

2012年1月26日 (木)

1月誕生会

昨日の雨雪が信じられないほど、今日は晴れ上がっています。

朝は冷え込みましたね。

1月の誕生会でした。

誕生者は女の子2名。(3歳と6歳になる子ども達でした)

1_1 1_2 1_3 1_5 1_7 1_10 1_11 1_12

いつもの誕生会に比べて人数が少なく、ちょっと寂しそうでしたが、年齢に応じて自分の言葉やジェスチャーを交えて自己紹介が出来ていました。

みんなからは歌のプレゼント。

誕生日の歌や季節の歌を贈りました。

今月の出し物は①クイズと②マジックでした

1_13 1_14 1_15_2 1_16 1_17 1_18 1_20 1_22

画用紙一面に模様がついています。

その中に生き物が隠れています。

何の生き物かを当てるゲームです。

まず出てきたのは黒と白のシマシマ模様の紙。

タシロ先生が「この模様の中には何の生き物が隠れているでしょう?」と聞きます。まずはあおぐみの子ども達に聞きました。

すると一斉に「シマウマ」と声が上がります。

みんなが言うとおり「シマウマ」が隠れていました。

次はももぐみの子ども達に聞きました。

「もう一つ隠れてるけど何かな?」

すると一斉に「魚」と声が上がります。

見ていくとやはりシマシマの魚でした。

次は白の用紙に黒い丸のついた模様でした。

「きぐみさん、何の動物が隠れているの?」と聞くときぐみの何人かの子達が「パンダ」と大きな声で答えました。

ちゃんと合っていましたよ。

あかぐみの子ども達にも聞いてみました。

あかぐみさんにはちょっと難しかったよう。

大きな子ども達が「牛」と答えました。

そうやって黄色の画用紙に茶色の丸模様、黄色の画用紙に茶色のシマシマ模様も出てきました。

最後は五角形の形にシマシマ、二本の角が生えたのが出てきました。

「これは何でしょう?」と先生が質問すると、手が挙がりました。

「オニ」と答えました。

角を引っ張ってみると、オニの顔と体が出てきました。

「2月3日は何がありますか?」と先生が聞くと、「節分。オニが来る日。」とみんなが答えます。

「保育園にもオニが来るかな?」

「来るよ。」と子ども達。

1_24 1_25 1_26 1_27 1_29 1_30 1_32 1_33 1_34

ピンクのハンカチが出てきました。

リボンのついたゴムが出てきました。

このゴムにハンカチをかぶせて、「先生がハンドパワーを使うから、みんなは、ちちんぷいぷいのぷいって魔法をかけてくださいね。そしたらこのゴムが消えるから。そして、誰かのポケットにリボンのゴムが入ると思います。」とタシロ先生が言いました。

リボンのゴムにハンカチをかけて、みんなが「ちちんぷいぷいのぷい」と魔法をかけました。

ハンカチを取ると、ゴムはありません。

みんなは自分のポケットにゴムが入ってるか探しています。

すると、「あ、なんか入ってる。あれ、リボンのゴムだ。」とマエヤ先生が言って立ち上がりました。

みんな「へぇーすごい」と顔を見合わせていました。

私も近くで見ていたのですが、いつゴムが消えたか全くわかりませんでした。

今度はハートのついたゴム。

同じようにハンカチをかけて魔法をかけました。

「先生は誕生日のRちゃんのカバンに入るように思ってハンドパワーをかけました。Rちゃん、カバンを持ってきてくれる?」と言いました。

Rちゃんが自分のカバンを持ってきて、自分でカバンのポケットを開けてみると、ハートのゴムが入っていました。

二つめは新聞紙を使ったマジック。

新聞紙を丸めたものに、ピンクのハンカチを入れます。

魔法をかけると新聞紙から黄色のハンカチが出てきました。

また新聞紙を丸めて、黄色のハンカチを入れて魔法をかけると“おめでとう”と書いた旗が出てきました。

楽しくて、不思議な時間を子ども達はすごしていました

 

| | コメント (0)

2012年1月25日 (水)

卒園記念品作り(美山)

朝から雪交じりの雨が降っています。

美山陶遊館へ卒園記念品作りに行ってきました

年長児は楽しみにしていたらしく、「今日、汚れてもいい服着てきたよ。美山へ行くんだよね。」と言っていました

給食を食べた後、12時15分すぎに出発しました。

陶遊館へ着くとカミノカワ先生が待っていてくださいました。

3グループに分かれてペン立てを作り始めました

1 4 6 14 29 36 48 52 62 86 97 113 119 117 127

一人ずつ土の塊をもらいました。

それを手で平たくします。

さらに土を平べったくするためにローラーでのばします。

広く、薄くなりました。

ペン立ての壁になる所の型紙をあてて、竹べらで切っていきます。

それを丸い筒に巻き付けて、残りの粘土に底をあてて、竹べらで底の部分を作ります。

後は粘土でいろんな模様を作っていきました。

いろんな型抜きやローラー、スタンプがあり、また男の子が好きそうな物、女の子が好きそうな物があり、楽しんでいろんな飾りを作っていました。

「先生、こんなのが出来たよ。」と見せてくれたり、ハートや花びらの型抜きを何個かぬいて、四つ葉のクローバーや桜の花を作ったりと工夫が見られました。

どちらかというと男の子達はたくさん飾りを作り、女の子達はいくつかの飾りを工夫して作っているようでした。

作った飾りをペン立てにつけていきます。

飾りをたくさん作った子達は飾りきれなくて、飾りが余ってしまう子やペン立てから飾りがはみ出た子もいました。

思い思いに飾りをつけ、とっても個性的なものが出来ていました。

最後に色つけ。

黄色や青、ピンク、緑、赤など様々な色を塗っていきます。

出来上がりが楽しみです。

一緒に各クラスに渡す記念品も作りました。

今年は歯ブラシ立てです。

129 133 134 135 149 144 152 153

形が大きくて、粘土もたくさんいり、型紙の形がちょっと複雑です。

それを4グループに分かれて作りました。

型紙通りに粘土を切り取ると、今度は模様をつけていきます。グループ内で一人一人が模様をつけていっていました。

中にはあまりにも模様をつけすぎて、何の模様があるのかわからなくなった所もありました。

しかし、それも一生懸命やったからのことでしょう。

どんな仕上がりになるか楽しみです。

2時間あまり、子ども達は集中して製作に取り組んでいました。

最後、教えて下さったカミノカド先生にお礼を言って、陶遊館を後にしました。

子ども達も楽しかったようです

| | コメント (0)

2012年1月24日 (火)

リトミック16

朝のうちは小雪がちらついていましたが、昼前から日がさしてきました。

リトミック教室でした。

先週の土曜日、保育参観でリトミックを親の方にも体験していただきました。

子ども達がどんな風にやっているか感じがつかめたと思います。

Img_3883 Img_3884 Img_3886 Img_3888 Img_3889 Img_3890 Img_3891 Img_3895 Img_3898 Img_3900 Img_3906

男の子・女の子2人組を作ります。(初めて男の子と女の子のペアを作ったので、ちょっととまどっていましたが…)

お父さん・お母さんになって、ピアノの音に合わせてお父さんがお母さんの肩たたきをします。

途中で音が大きくなったり、小さくなったり、ゆっくりになったり、早くなったりします。

気づいた子はピアノの音に合わせて肩たたきのやり方を変えています。

「ピアノの音をよく聞いてね。音に合わせて肩たたきをしてね。」と先生が言います。

リトミックの回数を重ねうちに気づいたり、考えたり出来るようになっているようです。

2人組で手をつないでピアノに合わせてゆらゆらゆらしたり、ラララ~や音階で歌を歌ったりします。♪

ロープが2本出てきました。長くのばして、真ん中にフラフープを置きます。

端と端、二手に分かれます。

ピアノの曲を聞きながら、(行き方はピアノのリズムによって変わる)真ん中のフープの所へ来ます。

「ハイどうぞ」と言われたらフープの中に入って、「トントントン(手合わせする)こんにちは(あいさつ)、トントントン(手合わせ)さようなら(あいさつ)」とやって帰ってきます。

ティティティティは八分音符でリスになってチョコチョコつま先で、手はホッペに人差し指を押して行きます。

タタタタは四分音符でうさぎになってピョンピョン跳ねて、手は耳にして行きます。

ターアンターアンはゾウになって足はドシンドシン、手は鼻にして行きます。

何度か繰り返した後、先生は音符のカードを出します。それを見て、どの動物でやればいいのかを自分たちで考えます。

何人かの子ども達にやってもらいました。

年齢にもよりますが、大体の子ども達が理解しているようでした。

あおぐみの子ども達は2人組になります。

Img_3911 Img_3913 Img_3918 Img_3919 Img_3921 Img_3927 Img_3931 Img_3935

2人の中で一番目と二番目を決めます。

2人で歩いていて、先生が「一番目」というと一番目の子どもだけが歩きます。

「二番目」と言われたら一番目の子が歩いた所を歩いていきます。

一番目の子どもが歩くのをよく見ておく必要があります。

また、一番目の子も「二番目」と言われた後、その後を歩いていって前に行った子の所へ行き着く必要があります。

見ていて、行動する。また、見ていたことを記憶しておかないといけません。

最初は決まりがよくわかっていない子が多かったですが、やっていくうちにわかってきて、懸命に取り組んでいました。

スティック2本配られました。

最初は真似。

先生がするのを見て、その後同じことをします。

頭上や体の横、足の所でトントントンとスティックをたたきます。

今度は先生は止まりません。

場所を変えてスティックをたたきます。

子ども達は先生が一つの動作をして、次の動作をしてから最初の動作をしていきます。(おっかけっこをする。終わりは一動作遅れで終わります。)

これも先生がする動作をちゃんと見ておき、記憶していないと出来ません。

先生の動きにつられて同じ動作になったり、先生よりも早く終わってしまう子、一動作遅れでついて行っている子まちまちでした。

赤・白・黄のカラーボードがあります。

スティックで先生が言うようにたたきます。

八分音符・四分音符のリズムが出てきました。

先生がボードに合わせて「ターティティター」などリズムを言いながらカラーボードをたたきます。

それを真似して子ども達もたたきます。

次は先生が「ティティティティター」と口で言って、子ども達がどのリズムかを考えます。

音符カードを使って考えます。

さすがに難しいらしく、苦戦していました。

観察力・判断力・記憶力・思考力いろんな力を鍛えられている感じでした。

ももぐみは青いカラーボードを置いていきます。

Img_3915 Img_3923 Img_3924 Img_3925 Img_3926

ボードの間をぬって歩いていると先生が「うさぎさんがピョーン」と声をかけます。

「ピョーン」の時にボードに飛び移ります。

タイミングが遅かったり、早かったり、最初はなかなかそろいません。

何度も繰り返しているうちにタイミングがわかってきて、そろうようになってきました。

赤・白・黄のカラーボードで「あか・しろ・きいろ」と言いながら手でボードをたたきます。

順番とは限らず、「「あか・きいろ」「しろ・きいろ」だったりランダムです。

色の理解と言われたことが行動できるかです。

「1,2.3」と「あか・しろ・きいろ」を結びつけていきます。

年齢に幅があるので、低年齢の子達には高度だったようです。

ちょっとずつ考えたり、判断したり、音に反応したり…力がついてきているようです。

| | コメント (0)

2012年1月21日 (土)

第2回保育参観

薄日のさす、暖かな日になりました。

第2回保育参観を行いました。

子ども達はお父さん・お母さん、おじいちゃん・おばあちゃんが来られてテンションが高かったり、離れなかったり…本当に嬉しそうにしていました。

体操をして、かけっこをした後各クラスへ入りました。

1 7 14 9 44 50 63 74

あかぐみ親子でふれあい遊びをしたり、魚釣りをしていました

88 94 95 109 141

お父さん、お母さんの膝に抱っこされて「どこでしょう」の歌を歌ったり、名前を呼ばれて手を挙げて「はーい」と返事したりしていました。

魚釣りは磁石でくっつく魚と先生達が作ったキラキラの魚を両面テープでくっつけたので釣り上げたりしていました。おたまも準備してありすくえるようにもなっていました。

海の中には魚にタコ、エビ、カニ、サメなど様々な種類のものが泳いでいました。

バケツの中には釣り上げたり、すくったりした魚たちでいっぱいになっていました。

親子のふれあいがほほえましかったです。

きぐみでは親子で買い物バックを作り、作ったバックを持ってお買い物をしていました

122 128 138 147 148 150 153 159

まず、画用紙にクレヨンで思い思いに絵を書きます。

書き終わったら画用紙を半分に折って、柄をつけたらバックの出来上がり。

バックの中にはお金も入れました。(お金は子ども達が事前に作ったようです)

果物とお総菜のお店です。

親子でお店へ行ってお買い物をします。

「おにぎり下さい。」

「100円です。」

エビフライやウインナー、ブドウ、リンゴ、ブロッコリーなどいろんな食べ物が並んでいました。

親子で買い物バックを作って、好きな物をお買い物をしてとっても楽しそうでした。

ももあおぐみ親子でリトミックを行いました。

97 101 104 105 107 115 145 156 185 186

保護者の方から「リトミックってどんなことするんですか?」と聞かれたこともあり、一度は親子で体験できる場を設けたいと思っていました。

場所が狭く、申し訳なかったですが、子ども達が普段どんな活動をしているかは伝わったのではないかと思います。

あいさつから始まって、親子でリトミックなのでふれあいをたくさん取り入れた活動でした。

ピアノの音を聞いて、反応するというのが基本なので、この音がしたらこんな動きをする、違う動きをするといった具合です。

親子で手合わせしたり、体をつついたり、肩たたきしたり、新聞紙でおにぎりを作ったり…。いろんなことをしてもらいました。

ミニタオルが配られました。

マツダ先生が「お友達がタオルになるからね。」と言われました。

お父さん・お母さんが子どもをタオルに見立てて、先生から言われたことをします。

「ぞうきんを作るので、タオルを針でチクチク縫ってください。」と言われると、親は子どもの体を指でチクチクします。

「ぞうきんが出来たので、洗ってください。」すると、子ども達の体をゴシゴシ洗います。

「ぞうきんがきれいになったので、絞ってください。」子ども達の体や服をひねって、ぞうきんを絞ります。

「ぞうきんを干してください。」パンパン体をはたいて干していました。

お父さんの動きはダイナミック。

お母さんの動きは優しくという感じでした。

普段、子どもをそんな風に見立てたりしないので、最初はどうしていいのかわからない感じもありましたが、先生の見本や周りの人たちを見ながら楽しそうに活動していました。

今度はタオルを使って、子ども達が活動します。

チクチク縫ったり、洗ったり、絞ったり、干したりします。

最後に長いロープが出てきて、みんなが洗ったぞうきんを実際に干しました。

お父さん・お母さんリトミックはいかがだったでしょうか?

見ていた限りでは、笑顔がたくさん溢れていたように思います。

それぞれの年齢に応じて、楽しい時間を過ごせたのではないでしょうか。

ご多忙の中、たくさんの保護者の皆さんに参加していただいてありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

デイケア訪問(年長児)

朝から雨になりました。

昼から年長児の子どもたちがえんでん内科デイケアへ出かけました

雨が降っているのでどうかな?と思いましたが、4月からはみんな小学生。

学校へ行く練習もかねて傘さして歩いて行きました。

子どもたちはほとんど長靴を履いていたので、水たまりの中に入ったり、水をはねてみたりいろんなことをして楽しんで歩いていました。

デイケアにつくと、スタッフの方々やおじいちゃん・おばあちゃん方が待っていらっしゃいました。

Img_3686_2 Img_3688 Img_3689

「僕たち・私たちは浜ヶ城保育園から来ました。お遊戯や歌を披露します。短い時間ですが、楽しんでください。」とみんなであいさつ。

「みんなが来るのを楽しみにしていました。来てくれてありがとう。」とデイケアのおばあちゃんからもあいさつがありました

Img_3690 Img_3692 Img_3695 Img_3696 Img_3698 Img_3701 Img_3702 Img_3705 Img_3707

早速【桜援歌】【花てまり】【田原坂】の3曲お遊戯をしました。

おじいちゃん・おばあちゃん方がなじみの曲もあり、口ずさんだり、手拍子したり、じっと見入っていらっしゃいました。

「もじょかねぇ。」という声も聞こえました。

Img_3708 Img_3709

お遊戯の後は「ゆき」を歌いました

おじいちゃん・おばあちゃんたちも一緒に歌っていました。

Img_3711 Img_3714 Img_3715 Img_3716

ふれあいの時間も設けました。

握手したり、話をしたり…楽しい時間を過ごしていました。

Img_3718 Img_3719 Img_3721 Img_3723 Img_3724 Img_3725 最後に写真撮影をしました。

1か所に集まるのは難しいので、3か所に分かれて(子どもたちが移動して)写真を撮りました。

「今日はありがとうございました。また、保育園にも遊びに来てください。」とみんなであいさつ。

「また、デイケアへ遊びに来てください。」とおばあちゃんからもあいさつがありました。

お互いプレゼント交換をして、デイケアを後にしました。

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

きんかんちぎり

久々に日差しが明るくて、昨日までの天気が嘘のよう。

ポカポカ陽気です。

きんかんちぎりをしました。

保育園の敷地内にある2本のキンカンの木には小粒ですが、たくさんの実がついています。

あかぐみの子ども達から始めました。

Img_3641 Img_3643 Img_3644 Img_3647 Img_3648

初めて見て触れるキンカンを先生達と一緒にちぎりました。

小さな子ども達なので、なかなか枝から実をちぎるのに苦労しているようでしたが…。

きぐみの子ども達はちぎった実を見せて「ほら、とれたよ。」と言ってくる子もいました。

「お手々良い匂いがするよ。」と言うと、自分で匂いを嗅いでニコッとする子や手をかざして匂いをかいでと言う子もいました。

Img_3651 Img_3652 Img_3653 Img_3654 Img_3656 Img_3658

ももぐみになるとちぎる量も増えて、「ねぇ、先生これいいの?」と言ってくる子や「オレンジのがとれたよ。」と言ってくる子もいました。

色のついたキンカンを探して、こっちに行ったり、あっちへ行ったりしています。

美味しそうなのを選んで食べてみると「美味しい!甘いね」と言う子や「苦い、すっぱい」という子もいました。

Img_3660 Img_3663 Img_3666 Img_3677 Img_3679 Img_3681

あおぐみ積極的にきんかんちぎりをしていました。

高いところは先生に抱えられてちぎったり、中には木に登って高いところを穫る子も見られました。

黄色やオレンジの実はほとんど取り終えて、子ども達も満足そうでした。

子ども達って本当によく見ているのですね。

これ、どこにあったの?というくらいきれいなオレンジ色の実をたくさん見つける子もいました。

最後、みんなでちぎったきんかんを食べました。

香りが強く、口の中に甘さとみずみずしさが広がります。

「一人3個までね」と先生が言うと、その3個を味わって食べていました。

風邪の薬にもなるきんかん。

保育園ではおやつに登場すると思います。

| | コメント (0)

2012年1月11日 (水)

ぜんざい会

昼からは時折日がさすこともありました。

3時のおやつの時間、ぜんざい会をしました。

今日は鏡開き

Img_3601 Img_3607 Img_3609 Img_3611 Img_3610 Img_3614 Img_3613 Img_3619 Img_3620

鏡開き(かがみびらき)・鏡割り(かがみわり)とは、正月年神)やに供えた鏡餅を下げて食べる、日本年中行事[1]であり、神仏に感謝し、またその供えられたものを頂いて無病息災などを祈って[2]、多くの場合は汁粉雑煮で食す[1]。(Wikipedia参照)

保育園でも玄関に飾ってあったお飾り餅を下げて、ぜんざいのお餅にしました。

きぐみ以上の子ども達のぜんざいにはお餅が入っていました。

みんな美味しそうにぜんざいをほおばっていました。

| | コメント (0)

初詣

どんよりした雲が空を覆っています。

初詣から帰ってきてしばらくしたら雨が降ってきました。

初詣に出かけました

初詣へ出かける前に園長先生からお参りの仕方を教えてもらいました。

Img_3564 Img_3563 Img_3565 Img_3567 Img_3568

「初詣は神社へ行ってお願い事をします。でも、ただお願い事をするだけではなくて、お願いしたように自分がなるようにしなければいけません。(例、小学校へ行ったらお勉強が出来ますように…お勉強をしなければ出来るようにはなりません)神様がいらっしゃるので、ご挨拶の仕方があります。まず、お金を賽銭箱に入れて、並んで二回お礼をします。その後二回手をたたいてお願い事を拝みます。終わったら一礼しておしまいです。」

出来るかどうか子ども達にやってもらいました。

わかっているようで、実際にやってみると出来ないこともありますね。

風が冷たいので、0歳児の子ども達は保育園に残ることになりました。

それ以外の1歳児から5歳児みんなで串木野神社へ行きました。

串木野神社に着くと、先着の潮風園のおじいちゃん・おばあちゃん方がいらっしゃいました。

園長先生から小さい子どもには1円を、大きな子ども達・先生達には5円を渡されました。

Img_3569 Img_3571 Img_3578 Img_3579 Img_3581 Img_3582 Img_3584 Img_3585_2 Img_3586 Img_3587 Img_3590 Img_3593 Img_3594 Img_3595

あか・きぐみの子ども達からお参りをしました。

もも・あおぐみの子ども達もお参りをしました。

あおぐみ年長児になると、拝む時間も長くなっていました。

先生達もお参りして、みんなが終わるとあか・きぐみの子ども達は保育園へ帰り、もも・あおぐみの子ども達はしばらく神社で遊んでから帰ることになりました。

神社の表参道を下っていくと、ちょうど電車が通る所でした。

「あ、電車が来る!」と誰かが気づくやいなや、みんな神社の入り口まで走っていきました。

Img_3597 Img_3598 Img_3599 Img_3600

その後、神社の広場を思いっきり走り回っていました。

「寒さに負けず、みんな元気ですね。」と通りがかりのパトカーから声が聞こえました。

ひとしきり体を動かし、保育園へ帰ってきました。

とっても楽しい初詣になりました。

年長児の子ども達にどんなお願い事をしたか聞いてみました。

「ちゃんと学校へいけますように・学校へ遅れないようにいけますように・ランドセルを背負っていけますように・早寝早起きが出来ますように・勉強が出来ますように(英語・算数など)・かっこいい一年生になれますように…」

願いが叶うと良いですね。

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

リトミック教室15

  風は冷たいですが、先週よりも寒さがゆるんだようです。

久々のリトミック教室でした。

1ヶ月半ぶりでした。

今回のテーマは“タイミングを取る”だったと思います。

子ども達はとってもテンションが高いのと、久しぶりということもあり、最初の方は自分がやりたいようにやっている感じでした。

2人組になります。

P1030155 P1030156 P1030157 P1030158 P1030159P1030160_2 P1030162

ピアノや歌に合わせて一方の子は手をパーにして、もう一方の子は人差し指でツンツンツンとリズムに合わせて相手の手をつつきます

それが出来るとツンツンパーとパーの時にはお互い手合わせをします。

小さな子達は意味がわからないようで、苦戦しているようでした。

今度は先生がする動きを真似してみます。

トントンパースン(スンは休み)で手を広げて、頭や肩に手をやったり、お姫様ポーズをとったりしました。

先生役を今度は子ども達がやります。

今は舞台があるので、舞台に上がって披露します

やはり緊張してなかなか発表出来なかったり、動きが小さくなったりしていました。

『いもむしゴロゴロ』の歌を歌って、最後の“ひょうたんぽっくりこ”の“こ”でカラーボードに飛び移る動きをしました

案外これが難しくて、気がせく子は早く飛び移ったり、歌い終わった後に飛び移ったりとタイミングを合わせるのが大変です。

慣れてくるとスムーズに出来るようになっていました。

先生が低い音をポンポンとならしたり、高い音をポンポンとならしたりを繰り返していました。

何人かの子はなんか「あ、何かある」と気づいたよう。

ほとんどの子はポカンとしています。

低い音をならしたとき、Yちゃんが座りました。

マツダ先生が「あ、Yちゃんすごい」と言いました。

高い音がなったとき何人かが座りました。

「リトミックのお約束。低い音がポンポンとなったら座る。高い音がなったら立つ。お約束守ってね。」と言われました

P1030163 P1030164 P1030167 P1030171 P1030172 P1030175 P1030177 P1030178 P1030180 P1030181

『キラキラ星』の曲が流れ始めました。

タンタンタンタンで歩きながら手もたたきます。

次はティティティティでホッペを人差し指で押しながらつま先立ちで小走りに進みます。

ターアンターアンターアンターアンで手も足もぞうさんが歩くようにゆっくり大きく進みます。

四分音符・八分音符・二分音符の違いを体で感じます

最初はピアノ付きで歌を歌っていますが、ピアノなしで自分たちで考えて歌います。

そのうち、先生がカードを見せてカードが変わったらリズムも変わるとどんどん難易度が上がっていきます。

次は四分音符・八分音符・二分音符のカードを舞台上にランダムにばらまきます。

あおぐみの子ども達男の子・女の子にわかれて『キラキラ星』を聞いてどのリズムだったかカードを引いてもらいます

本当にわかっているかわかっていないかがわかります。

四分音符・八分音符・二分音符それぞれのカードを引いていました。

もう一度、先生のピアノに合わせて体で表現してみます。

すると「あ、違った」とわかるようで、カードを引き直していました。

リトミックは耳で聞いて、目で見て、体で感じる…五感をフル活動して判断する必要があります。

ももぐみの子どもたちには「このカードを見つけてきてね」と言って、先生が出したカードを引いてきていました。

P1030187 P1030188 P1030189 P1030190

後は「からだの中って動いてる」の歌を歌って、自分たちの体からどんな音が出るか、音が聞こえるかを子ども達にだしてもらったり、あおぐみの子どもは2人組になって前・後をきめて前の人に後ろの人はついていって「ハイ」と言われたら前後入れ替わるゲームをしたり、ティッシュや紙、スカーフを上から落として床に落ちた瞬間手をたたきながら「落ちた」と言うゲームをしたり…今回も盛りだくさんでした。

まだまだ出始めで、スイッチが入っていなかったようですが、次第に慣れていくでしょう。

| | コメント (0)

2012年1月 7日 (土)

七草

朝は冷え込みましたが、日中はよく晴れて気温も上がったようです。

小春日和ですね。

今日は七草

鹿児島では数えの七つになる子ども達をお祝いをする風習があります。

保育園でも数えの七つになる子ども達が女の子は晴れ着を男の子は袴を着て、見せに来てくれました。

七草は、人日節句1月7日)のに、7種の野菜が入ったを食べる風習のこと。現代では本来的意味がわからなくなり、風習だけが形式として残ったことから、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられる。この7種の野菜を刻んで入れたかゆ七草がゆといい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。(Wikipediaより参照)

ということで、保育園でも3時のおやつに七草がゆを食べました

011 012 015 016 018 019 021 022 023 024 025

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ この7種がちゃんと入っていました。

食べてみると…とっても体に優しい味。

正月で食べ過ぎたり、疲れている体に効くって感じでした。

子ども達もみんなよく食べていました。

これで体も心も元気になったことでしょう。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »