« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

リトミック教室10

昨日に引き続き、蒸し暑い日になりました。

子ども達もいっぱい汗をかいて遊んでいます。

10回目のリトミックを行いました

マツダ先生が来られると、「先生、おはようございます。」と口々に先生の所へ寄って行きます。

リトミックを楽しみにしている子ども達が多いです。

今までやってきたことの積み重ねに、新しいことが入ってきます。

今回は始めに新しいことが入ってきました

ピアノの音に合わせて、名前を呼ばれたら「ハーイ」と返事をします。

10_001 10_003 10_004 10_006 よくピアノの音を聞いていなければどんな音で返事をしたらよいかわかりません。

「~ちゃん、どこですか?」と先生が子ども達に問いかけます。

すると「ここですよ。」とピアノの音程に合わせて返事をします

何人かの子ども達に先生が問いかけましたが、子ども達はちゃんとピアノの音を聞いていて、その音程で返事が出来ていました。

マツダ先生が「みんなすごーい、上手に出来たねぇ。」と褒めてくださいました。

みんなピアノの音に合わせて発声練習をしました

「怪獣の声じゃなくて、優しい声だよね?」

最初はラララ…♪で歌いました。

それから先生に合わせてドレミの音階で歌を歌いました

ドレミを目に見える形で表すのにハンドサインを使います。

“ド”は手をひざのところでたたく。

“レ”は斜め下に手を広げる。

“ミ”は手を胸のところでクロスさせる。

これでドレミを表現します。

『チューリップ』を歌いながら、ドレミの所をハンドサインで表します。

子ども達は最初とまどっているようでしたが、先生や周りにいる保育者を見て真似をしながらだんだんわかってきたようでした。

音楽に合わせてスキップをして部屋の中を回ります

10_007 10_009 10_008

大太鼓が登場。

先生が「フォルテ」と言って大太鼓を大きな音でならすと立ち止まって大きな音のポーズを表現します。

「ピアノ」と言って大太鼓を小さな音でならすと元気のない、しょんぼりしたポーズを表現します。

どっちの音なのかを自分で聞き分けながら、表現します。

この「自分で考える」と言うことが本当に大事なのだと思います。

フラフープが出てきました。

10_011 10_012 10_014 10_020 10_022 10_025

3人組になります。

3人でフープを持ちます。

“ド”はひざの高さ。“レ”はおしりの高さ。“ミ”は腰の高さ。“ファ”は胸の高さ。“ソ”は首の高さ。

音をフープの高さで表現します。

三人で手合わせをしたり、三人のうち一人が小鳥になって、2人はお家を作って手合わせをしたりします。

二分音符・四分音符・八分音符の違いを体で体得していきます。

10_026 10_027 10_028 10_029 10_030 10_032 10_033 10_037 10_038 10_039 10_040 10_041 10_042 10_043

その後は今まで積み重ねたひもやカラーボード、フープの上を歩いたり、スカーフを使ってキラキラ星を自分なりに表現したり、スティック・すず・大太鼓で合奏をしました。

今回も盛りだくさんのリトミックになりました

| | コメント (0)

2011年9月28日 (水)

9月誕生会

今日の朝はそんなに肌寒くなく、日中は久々に暑さを感じる気候になりました。

9月の誕生会でした

誕生者は6名。

あか・き・あおぐみから2名ずつ誕生日のお友達がいました

Img_2683 Img_2684 Img_2685 Img_2686 Img_2688 Img_2695 Img_2699 Img_2700 Img_2704

あか・きぐみのおともだちは話が出来なかったり、恥ずかしくて言えなかったりしたので、みんなが紹介してくれました。(Yちゃんはちゃんと自分の名前が言えましたよ

あおぐみの子ども達は自分の言葉でちゃんと自己紹介が出来ました。

「好きな食べ物は」と聞かれて「なし、カレーうどん」と答えたり、「大きくなったら何になりたいですか?」と聞かれて「ケーキやさん、消防士」と答えていましたよ。

みんなからは歌のプレゼント。

写真撮影は小さい子が多かったので、波乱の撮影になりました。(誰かがそっぽをむくと、また誰かが違う方を向いて…)

今月の出し物はナカマ先生のコンサートでした。

Img_2706 Img_2707 Img_2709 Img_2711 Img_2711_2 Img_2717

譜面台と譜面が置いてあります。

先生がタオルにくるまれた長細いものを持っています。

みんなに「これ、何でしょう?」と質問をしました。

「バナナ…」

「これは楽器です。」とナカマ先生が言うと「フルート」と答えが返ってきました。

タオルから出てきた楽器はフルートでした。

シルバーに輝く、長い、きれいな楽器です。

「先生はフルートを中学生の頃から演奏しています。年長児のお友達が生まれるまだ前からです。長く経って古くなっていますが、先生はみんなが知っている曲を演奏しますので、一緒に歌ったり、手をたたいたりしながら聞いてくださいね。」

最初の曲は「ハッピバースデー」でした。

みんな知っている曲なので、よく歌っていました。

「先生はドキドキしてたけど、みんなが歌ってくれたのでドキドキがとれてきました。ありがとう。」

そういうと、ディズニーやジブリの曲をメドレーにしてフルートを演奏して下さいました。

その音色に癒されたのか、小さな子ども達は眠る子が続出。

大きな子ども達は歌を口ずさんだり、体を揺すったり、「これは小さな世界だよね?」と曲を当てたりして楽しんでいました。

みんな興味深く、ジーッと音色に聞き入っていました。

コンサートが終わった後、「フルートに触ってみたい人?」と先生が言うと「ハーイ」とみんな手を挙げました。

「じゃあ、誕生日だったAちゃんとTくんに出てきてもらいましょう。」ということで、2人が出てきてフルートを触らせてもらいました。

とっても嬉しそうでしたよ。

最後に園長先生からのお知らせがありました。

Img_2722 Img_2725 Img_2724_2

「保育園に赤ちゃんがやってきました。10月から双子の男の子が来ますが、その前にやってきた男の子と女の子です。」

袋から出てきたのは男の子と女の子の赤ちゃんです

みんな食い入るように見ています。

「赤ちゃんのお洋服やミルク、おんぶひもも入っているので、みんな大事に世話して下さいね。」

「男の子と女の子の赤ちゃんに名前をつけるので、みんな考えておいて下さいね。」

9月の誕生会もとっても盛りだくさんで、楽しい時間を過ごせました

| | コメント (0)

2011年9月24日 (土)

お月見団子作り★

2 今日は、お月見団子作りがありました。

みんな、さっそくエプロンをつけて手洗い消毒をしてはりきって準備にとりかかっています。

クッキングに入る前にサキヤマ先生からお月見の由来についておはなしがありました。6

お月見の風習は、中国から伝わり日本では古くから空気が澄んでいて最も美しい満月が見られる中秋の時に月見の宴を開く習慣ができたといわれています。お月様を祝う理由は、収穫の作業が夜までつつく時、明るく照らしてくれる満月に感謝するため、満月の豊作を祈願するためという話がありました。みんなよく聞いていました。

さっそくお団子作りに入ります。4

材料は、南瓜、上新粉、白玉粉、水です。みんな、上新粉と白玉粉の名前を覚えるのに必死です。

材料を運び順番に入れて混ぜ合わせていきます。7 8 10

みんな早くやりたくてボウルの中に、いっぺんに手が入っていました。11

交代でしていくよ~と声掛けすると、混ぜているお友達がいるとボウルを支えてあげたりしていました。南瓜を入れると「わあ~きれい、お月様の色だ」という声がきこえてきました。19 25 27 29 31

みんな混ぜるのもとっても上手でした。次は、一口大に丸めます。38 36

満月をイメージして丸めてねと声掛けするとみんな真剣にきれいな丸の形に丸められていましたよ。ももぐみのお友達も上手でした。

みんなが丸めたお団子が綺麗にバットに並べられました44 45

みんながお昼寝をしている間に、お湯で湯がいてたれを作っておきますね~とサキヤマ先生が話をするととっても楽しみにしているようでした46

最後に、お月見の由来をもう一回聞いてみると、昔は電気がなかったからお月様が照らしてくれていた・・・とあおぐみのお友達が答えていました。

みんなお月様を見たら「ありがとう」と言いましょうね~と先生から話がありました。

いよいよ、おやつの時間です。

美味しそうなお団子が出来ていました001。 いただきますでみんな食べ始めます。

「おいし~い★南瓜の黄色だ~お米の粉の名前覚えたよ~上新粉だったよね♪」

など話をしながらとっても美味しそうに食べていました。

016 005   

あおぐみさんは、入れた材料までしっかり覚えて答えられていましたよ。014

あかぐみさん、きぐみさんの小さいお友達も、美味しそうにパクパク食べていました009023 022

あおぐみ、ももぐみさんは、おかわりをたくさんして食べていました。

美味しいお月見団子が出来てよっかたですね。

| | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

一日遠足(鹿児島ふれあいスポーツランド)

台風も遠くに去っていき、遠足日和の秋晴れとなりました。

一日遠足に出かけました。

今年は鹿児島ふれあいスポーツランドになりました。

職員は体育館へは行ったことがあるという人もいましたが、公園へはみんな初めて。

保護者の方々の中には行かれた事がある方もいらっしゃるようでした。(ふれあいスポーツランドが良い場所だと推薦してもらって、遠足の場所を決めました。ありがとうございました。)

私は2号車に乗っていたのですが、バスのの中では自己紹介をしたり(親子共々)、歌を歌ったり、絵本を読んでもらってゲームをしたりしているうちにスポーツランドへ到着しました。

写真撮影をして、親子遊技の練習をしました

001 004 007 011 012 013 014 015 016

その後は自由行動になりました。

018 020 021 022 023 026 031 049 050 055 060 065 068 069

子ども達は公園の中央にある遊具広場でめいっぱい遊んでいました。

保育園にはない高い所まで登って滑る遊具や、いろんな種類の滑り台、網を登ったりとスリリングな遊具にみんな夢中になっていました。

なかには青い芝生が広がる斜面をゴロゴロ転がったり、公園内を散策して栗を拾ったり、奥の親水公園でアメンボやメダカを見てすごしている子ども達もいました。

遊ぶ時間も十分にとれ、子ども達はとっても満足そうにしていました。

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん方は子どもさんがたくさん遊ぶ姿を見られて、また相手をされてお疲れになったことでしょう。

帰りのバスの中では絵本の続きを読んでもらったり、「どんぐり」の紙芝居を読んでもらって後はお休みタイムでした。

無事にバスが帰り着き、みなさん家路につかれました。

お忙しい中、一日遠足に参加していただきありがとうございました。

おかげさまで楽しい、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

今日と明日はゆっくり休まれてくださいね。

| | コメント (0)

2011年9月17日 (土)

敬老会

天気予報では雨かもしれないと言っていたので、とっても心配していましたが、行事をしている時には日も射して本当にありがたかったです。

敬老会を行いました。

子ども達はおじいちゃん・おばあちゃんが保育園へ来て本当に嬉しいようで、きぐみの子ども達は「ウワー、じいちゃーん、ばあちゃーん」と繰り返していました。

テンションも高く、絶好調です。

Img_2332 Img_2334 Img_2336 Img_2339 Img_2352 Img_2361 Img_2366 Img_2373 他のクラスの子ども達もおじいちゃん・おばあちゃんに手を振ったり、「じいちゃん、ばあちゃん」と声をかけていました。

おじいちゃんもおばあちゃんもそんなお孫さんの姿をいとおしそうに見ていらっしゃいました。

子ども達が体操をしたり、かけっこしたりするのを見た後はあおぐみの子ども達があいさつをしました。

Img_2382 Img_2383

「おじいちゃん・おばあちゃん浜ヶ城保育園へ来て下さってありがとうございます。今日は一緒にゲームをしたり、ご飯を食べたりして楽しんで下さい。」元気よくあいさつできました。

スカットボールは毎年恒例になっているスポーツです。

Img_2392 Img_2398 Img_2402 Img_2407 Img_2452 Img_2467 Img_2478

人工芝の上で木のボールをステッキで打って、先にある点数のついた穴にボールを入れると点数が加算されて、点数が多い方が勝ちというゲームです。

早速練習を始めました。

ももぐみとあおぐみの子ども達はスカットボールを昨日のうちに借りてきて、練習しました。

スティックは長いので、子ども達には扱いにくいようです。

先生達が手を添えて一緒にボールを打ちます。

おじいちゃん・おばあちゃん達は順番に練習をしています。

力加減が難しそうです。

弱すぎても、強すぎてもボールは穴へは入りません。

何でもバランスって重要ですね。

最初のゲームはおじいちゃん・おばあちゃん達がボールの色、白・赤2チームに分かれてゲームを行いました。

「おじいちゃん、おばあちゃん頑張れー」と大きな声援が上がっています。

赤チームが勝ち、白チームとももぐみの子ども達が対戦しました。

やっぱりおじいちゃん・おばあちゃん達が上手でした。

赤チームとあおぐみの子ども達が対戦しました。

どちらもなかなか点数が入らなかったのですが、終盤になり、おじいちゃん・おばあちゃん達の方に点数が入っていきました。

おじいちゃん・おばあちゃん達がどちらも勝利しました。

敬老会の最後にいつもお世話になっているおじいちゃん・おばあちゃんに子ども達からありがとうの気持ちを込めてプレゼントを渡しました

Img_2497 Img_2499 Img_2503 Img_2508

プレゼントは子ども達が保育園で作った手作りです。

おじいちゃん・おばあちゃん方はとっても喜んでいらっしゃいました。

Img_2511 Img_2513 Img_2515 Img_2519 Img_2523 Img_2525 Img_2526

その後、子ども達とおじいちゃん・おばあちゃん方は一緒に昼食をとりました。

とっても楽しい時間を過ごせました。

おじいちゃん・おばあちゃん方多数のご参加ありがとうございました

| | コメント (0)

2011年9月13日 (火)

リトミック教室9

9月に入って天気が続いています。

昨日は桜島の灰が降りましたねぇ。

リトミックを行いました

早いもので9回目になります。

リトミックのマツダ先生にもすっかり慣れて、 「先生~」と子どもたちも寄っていきます。

先生は「先生とグーチョキパーキパーじゃんけんしましょう。」と声をかけられました。

みんなグーチョキパーとやってみます。

手だけじゃなく、足を使って体全体でじゃんけんします。

001 002 003 004 006

ピアノの音に合わせて「ラーラーラーラララララ…」と先生が歌いだしました。みんなはまねっこして先生の後からピアノの音に合わせて歌います。

みんなが慣れてきたら先生は歌わずに、子どもたちだけでピアノの音に合わせて歌います。

2人組を作って手をつないでスイングしながら歌います。

「笑って、楽しく歌いましょう。怪獣の声じゃなくてやさしくね。」と先生は子どもたちに声をかけます。

007 008 010 012 013 014 016 018 020

子どもたちにはスカーフが渡されました。

まずは先生のまねをしてキラキラ星の曲に合わせてスカーフを使って表現します。

ヒラヒラしたり、持って歩いたり、かぶったり、お姫様のようにポーズをとったりします。

今度は先生の真似ではなく、自分で考えてスカーフを使って表現します。

子どもたちは戸惑っていましたが、先生がやって見せたことなどを参考にしてスカーフを動かしたり、歩いたりしていました。

また、先生が「どうぞ」と合図をすると今までやっていた動きを違う動きに変えるなどバリエーションが増えていきます。

さらにみんなのお手本になる先生役を子どもたちの中からやってもらいました。

みんなの前で表現するのは恥ずかしかったりしますが、自分なりの表現をしていました。

2人組を作ってピアノの音に合わせて手合わせをしたり、全身を使って表現したりします。

「トンパー、トントンパー、グーグーパー、」それぞれの動きはそれぞれの音が決まっています。

この音がなったらこの動きと音を聞いて自分で判断する力が必要になります。

3人組になると2人はおうちを作って、一人は小鳥になります。

ピアノの音を聞いてユラユラスイングしたり、手合わせしたり、全身でグーグーパーを表現したりします。小鳥が巣箱を飛び立つ音がして、飛び立っていき、違うおうちに入ります。

そんな動きを何度か繰り返して、音を聞く・動きを変えるを体に刻み込みます。

027 028 029 032 034

あおぐみはスティック、ももぐみはスズを渡されました。

あおぐみから一人はオオダイコをします。

先生の合図で“キラキラ星”のピアノに合わせて合奏をします。

先生の方をちゃんと見て、合図を見逃さないようにします。

スズは8分音符・スティックは四分音符・オオダイコは二分音符のリズムを刻みます。

今まで少しずつやってはいましたが、本格的な合奏は初めてで、先生の合図に合わせてやってみました。

初めてにしては上手に出来ていたと思います。

037 038039_2 040

八分音符・四分音符・二分音符の場所を作ります。

あおぐみの子どもたちに先生が問いかけます。

「スティックの音はどの音符かわかる?」みんなウーン???という顔をしています。

「とりあえず、自分で考えてその場所へ行ってみましょう。」

みんな移動し始めました。

最初は3か所に分かれました。

「ティティティティって音はどの楽器だったけ?」と子どもたちに聞くと「スズ」と答えます。

「じゃあ、8分音符じゃないよね」

「ドーン、ドーンっていう音はどの楽器だったけ?」と聞くと「オオダイコ」と答えます。

「ドーンっていうのは2分音符だから、ここじゃないよね」

「スティックは4分音符だよね。」

子どもたちも先生に言われてだいぶわかってきたようです。

ピアノの音がリズムを刻むと、その場所へ移動できるようになりました。

先生が「今日はみんなとってもよく頑張ったから、最後に絵本を読んであげるね」

と言って「いもむしれっしゃ」という絵本を読んでもらいました。

頭も体も心も使って子どもたちも達成感を得ているようでした。

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

えんでん内科デイケアとの交流会

9月に入って朝晩はだいぶ涼しくなってきました。

どうかすると肌寒く感じることもあります。

えんでん内科デイケアに来られるおじいちゃん・おばあちゃん方をお招きして交流会を行いました

子どもたちは「おじいちゃん、おばあちゃんが来るんだよね?」と楽しみにしている様子。

体操を始めるころに続々といらっしゃいました。

Img_2244 Img_2247 Img_2248 Img_2250 Img_2256

Img_2257 Img_2260 Img_2265 Img_2266

子どもたちが体操をしたり、かけっこしたりする様子を「かわいいねぇ、もじょかねぇ。」と言いながら目を細めてみていらっしゃいました。

あおぐみの子どもたちが「浜ヶ城保育園へよく来てくださいました。お遊戯を見たり、お話したりして楽しく過ごしましょう。」と歓迎のあいさつ

002 005 006 007 011 013 014

小さいクラスの子どもたちからお遊戯を披露しました

出し物のお遊戯を見ながら手拍子したり、体をゆすったり、ニコニコ笑顔で身を乗り出してみていらっしゃいました。

お遊戯が終わるとふれあいの時間を設けました

020 022 024 027 028 029 030

子どもたちはおじいちゃん・おばあちゃんの近くへ行って握手をしたり、肩をもんだりたたいたり、自己紹介をしたり、小さな子どもたちは先生と一緒に行って握手したり、抱っこしてもらったりしていました。

時間が過ぎるのは早いもので、あっという間におじいちゃん・おばあちゃん方の帰る時間になりました。

031 032 034 035

保育園へ来てくださった記念に子どもたちとおじいちゃん・おばあちゃんたちと一緒に撮った写真を張り付けたボードをプレゼントしました。

おじいちゃん・おばあちゃんたちからは子どもたち一人一人に素敵なプレゼントを持ってきてくださいました。

帰って行かれる姿を子どもたちはずーっと見ていて、「また来てね。バイバイー。」と名残惜しそうにしていました。

Img_2280 Img_2283 Img_2282 Img_2288 Img_2290 Img_2287

最後の車が姿を隠すまでそれは続きました。

とっても楽しく、素敵な時間を過ごせました。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »