« プール開き | トップページ | リトミック教室5 »

2011年7月 9日 (土)

笹舟と山

日差しは射していますが、まだ湿気が多く蒸し暑さが体にこたえます。

2回目の水遊びをもも・あおぐみの子ども達がしました。

プールの中で遊ぶのはもちろん、プールの外でも楽しいことをしていました。

最初に園庭で遊んでいたのはももぐみ

ナカヨウボ先生が先生のお父さんに頼んで大きな笹の葉を採ってきてくださり、保育園へ持ってきてくださいました。

その笹の葉を作って笹舟作りをしていましたよ

Img_1594 Img_1595 Img_1597 Img_1599 Img_1596

恥ずかしながら、笹舟って作ったことがなくて、どうしたらいいのかよくわかりません。

見よう見まねで作ったのをたらいの水の中に浮かべて楽しみました。

難しい形のではなく、葉っぱの軸を残して、それを葉っぱに通すと帆掛け船になりました。

帆掛け船を水に浮かべると、その様子がラッコに似ていたので、「なんかラッコみたいだね。可愛いね。」と言うと「ラッコみたいだね。ラッコのお母さんと子どもだね。」と言う子もいました。

子ども達も笹舟や帆掛け船が水に浮かぶ様子を興味深く見入っていました。

笹の葉が水に浮かぶ様子がいかにも涼しげで、風流だなと思いました。

あおぐみは砂場で大きな山をみんなで作っていました

Img_1600 Img_1602 Img_1606 Img_1608 Img_1609 Img_1610 Img_1612 Img_1613 Img_1614 Img_1617 Img_1618 Img_1619

フラフープを土台にして、出来るだけ大きな山を作ろうとしていました。

土を掘って重ねて、だんだん高い山が出来上がっていきます。

スコップや手で山を固めます。

それと平行して、山裾では大きな穴を掘っています。

出来るだけ深く掘ろうと男の子達は頑張っています。

それが出来ると山から一本の川を作ります。

ハラグチ先生はたらい一杯、バケツにも水を汲んでいます。

女の子達は山のてっぺんから川めがけてジョロで水を流します。

水が流れる様子を見てみんな「すごいねぇ、へぇー」と声を上げていました。

どんどん水を流していくと、山が少しずつ崩れてくるのと同時に、池にも水が溜まり始めました。

たらいの水も入れると池も水で一杯になりました。

「なんか、コーヒー牛乳みたいだね。泡が立ってるよ。」と口々に言っていました。

みんなその中に入って、思い存分遊んでいました。

出来たものを壊すのも面白いものですね。

とっても楽しそうに遊んでいました。

|

« プール開き | トップページ | リトミック教室5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プール開き | トップページ | リトミック教室5 »