« おにぎりの日(クッキング・野菜クレープ) | トップページ | 7月誕生会 »

2011年7月26日 (火)

リトミック教室6

曇りで、涼しい風が吹き抜けています。

6回目のリトミックをしました

子ども達から「今日はリトミックだよね。楽しみ。」と言う声が聞かれます

マツダ先生がいろんな道具を持ってやってこられました。

001 002_2 003 006 008 009 012 013 014 016 018

最初のあいさつが終わると「ソフトクリームってどうやって作るか知ってる?」と先生から子ども達に質問されました。

「早くビュビュっとは出来ないよね?ゆっくりゆっくり作るよね?」と言われました。

ももぐみ・あおぐみそれぞれひとつずつ丸を作ります。

タンバリンの音が大きな音だったら丸も大きく、音が小さくなったら丸も小さく表現します。

ももぐみの子ども達はいもむしになります

一人ずつどんどん背中にくっついていって最後には長くて大きな一匹のイモムシになります。

今度は一人ずつ離れていってゴロンと横になり、それぞれのイモムシになります。

二枚のカードが渡されました。

一枚は二分音符もう一枚は八分音符が書かれています。

八分音符♪はティティティティと表現します。

早いテンポです。

ほっぺやカードにティティティティと指でさしたり、走ってそのテンポを表現したりします。

二分音符はターアンと表現し、ゆったりしたテンポです。

両手を大きく動かしてパーンとたたいたり、カードをたたいたり、怪獣みたいに大きくズッシリ歩いて表現します。

ぞうさんになったりもします。シャーッと水をかけたりします。

八分音符と二分音符のテンポの違いを体験したところで、音を聞いてどちらのテンポだったかカードを引きに行きます。

最初はとまどっていたようですが、意味がつかめて理解できているようでした。

フラフープを並べて、音が鳴っているときにはその周りを走って、音が止まったらフープの中に入ります。

フープからフープへ片足立ちで飛び移ったりもしました。

先生はシャボン玉を作り始めました。

“シャボン玉飛んだ、屋根まで飛んだ…”みんなはシャボン玉の歌を歌い始めました。

今度出てきたシャボン玉は紙コップとストローです。

息を吹いていくと、ソフトクリームが出来上がりました。

025 017 020 023 024 029 030 031 034 036 037 038 039 041 043 044

みんな目を丸くして見ています。

あおぐみの子ども達は二分音符と四分音符のカードを手渡しました。

まずは手をたたいたり、カードをたたいたりしてテンポを感じます。

今度はカラーカードを並べていきました。

カラーカードは四分音符です。

四分音符はターと表現します。

『キラキラ星』の歌をカラーボードと二分音符を書いた紙で表現します。

星の道が出来ました。

二分音符の所に子ども達が待っています。

曲の最初にボールを持った子がいます。

曲に合わせてカラーボードの上を歩いていきます。

二分音符のところで次の子にバトンタッチします。

それを最後の二分音符の子の所まで続けます。

みんな上手に出来ていましたよ。

一番最後にド・レ・ミ・ファ・ソを子ども達が表現しました。

4つのグループになって先生がドレミというとボールを手渡していきます。

最初は難しくってなかなか出来ませんでしたが、何度も繰り返していくうちに、コツがわかって出来るようになってきました。

一人一人が一つの音になって自分の音を表現するのです。

音という見えないものを目に見えるようにして、音の存在を子ども達にわかるようにしたのだなと思いました。

少しずつ音やテンポを体得して、リズム感を養ってほしいなと思いました。

|

« おにぎりの日(クッキング・野菜クレープ) | トップページ | 7月誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おにぎりの日(クッキング・野菜クレープ) | トップページ | 7月誕生会 »