« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月27日 (水)

7月誕生会

朝から雨が降りました。

今は雨も上がって、せみ時雨です。

7月の誕生会でした

誕生者はなんと9名(今日は8名出席で、1名欠席残念)でした

今までで一番の人数です。

001_2 009_2 014_2 016_2 017_2 018_2

年齢に応じて自己紹介をしてもらったり、したりしました。

「好きな食べ物は何ですか?」と聞かれて「鉄火巻き、からあげ、ブドウ、イチゴ、…」などいろんな食べ物が登場しました。

「将来何になりたいですか?」と聞かれて「KARA」と言った子も。

姉妹、いとこでKARAダンスも披露してくれましたよ。

とってもにぎやかな紹介でした。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物はパネルシアター『七夕』のお話

020_2 022 024_2 026 023_2 027

夜空に星がきらめいています。

その中に天の川がたなびいています。

天の川の対岸に織り姫が暮らしていました。

働き者で、お化粧も着飾ることもなく一生懸命に機を織る仕事をしていました。

天の川をはさんだ対岸にひこぼしが暮らしていました。

ひこぼしも働き者で、牛飼いの仕事をしていました。

その様子を見て感心した天の神様が織り姫とひこぼしを引き合わせました。

2人はすぐに仲良くなりました。

そうして、いつも一緒にいて今まで一生懸命していた仕事をしなくなりました。

織り姫のはた織り機には蜘蛛の巣がすみ、ひこぼしの牛はやせ細ってしまいました。

一生懸命働く2人を見て引き合わせた神様は怒ってしまい、2人を引き離してしまいました。

心を入れ替えた2人はまた元のように一生懸命働くようになりました。

一年に一度だけ織り姫と彦星は対岸からみることが出来るようになりました。

しかし、天の川は流れが速くて、2人は渡ることが出来ません。

その様子を見ていたシラサギたちが「私たちの背中に乗って渡ってください。」と申し出ました。

そうして、2人は一年に一度だけ会えるようになりました。

楽しい誕生会になりました。

| | コメント (0)

2011年7月26日 (火)

リトミック教室6

曇りで、涼しい風が吹き抜けています。

6回目のリトミックをしました

子ども達から「今日はリトミックだよね。楽しみ。」と言う声が聞かれます

マツダ先生がいろんな道具を持ってやってこられました。

001 002_2 003 006 008 009 012 013 014 016 018

最初のあいさつが終わると「ソフトクリームってどうやって作るか知ってる?」と先生から子ども達に質問されました。

「早くビュビュっとは出来ないよね?ゆっくりゆっくり作るよね?」と言われました。

ももぐみ・あおぐみそれぞれひとつずつ丸を作ります。

タンバリンの音が大きな音だったら丸も大きく、音が小さくなったら丸も小さく表現します。

ももぐみの子ども達はいもむしになります

一人ずつどんどん背中にくっついていって最後には長くて大きな一匹のイモムシになります。

今度は一人ずつ離れていってゴロンと横になり、それぞれのイモムシになります。

二枚のカードが渡されました。

一枚は二分音符もう一枚は八分音符が書かれています。

八分音符♪はティティティティと表現します。

早いテンポです。

ほっぺやカードにティティティティと指でさしたり、走ってそのテンポを表現したりします。

二分音符はターアンと表現し、ゆったりしたテンポです。

両手を大きく動かしてパーンとたたいたり、カードをたたいたり、怪獣みたいに大きくズッシリ歩いて表現します。

ぞうさんになったりもします。シャーッと水をかけたりします。

八分音符と二分音符のテンポの違いを体験したところで、音を聞いてどちらのテンポだったかカードを引きに行きます。

最初はとまどっていたようですが、意味がつかめて理解できているようでした。

フラフープを並べて、音が鳴っているときにはその周りを走って、音が止まったらフープの中に入ります。

フープからフープへ片足立ちで飛び移ったりもしました。

先生はシャボン玉を作り始めました。

“シャボン玉飛んだ、屋根まで飛んだ…”みんなはシャボン玉の歌を歌い始めました。

今度出てきたシャボン玉は紙コップとストローです。

息を吹いていくと、ソフトクリームが出来上がりました。

025 017 020 023 024 029 030 031 034 036 037 038 039 041 043 044

みんな目を丸くして見ています。

あおぐみの子ども達は二分音符と四分音符のカードを手渡しました。

まずは手をたたいたり、カードをたたいたりしてテンポを感じます。

今度はカラーカードを並べていきました。

カラーカードは四分音符です。

四分音符はターと表現します。

『キラキラ星』の歌をカラーボードと二分音符を書いた紙で表現します。

星の道が出来ました。

二分音符の所に子ども達が待っています。

曲の最初にボールを持った子がいます。

曲に合わせてカラーボードの上を歩いていきます。

二分音符のところで次の子にバトンタッチします。

それを最後の二分音符の子の所まで続けます。

みんな上手に出来ていましたよ。

一番最後にド・レ・ミ・ファ・ソを子ども達が表現しました。

4つのグループになって先生がドレミというとボールを手渡していきます。

最初は難しくってなかなか出来ませんでしたが、何度も繰り返していくうちに、コツがわかって出来るようになってきました。

一人一人が一つの音になって自分の音を表現するのです。

音という見えないものを目に見えるようにして、音の存在を子ども達にわかるようにしたのだなと思いました。

少しずつ音やテンポを体得して、リズム感を養ってほしいなと思いました。

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

おにぎりの日(クッキング・野菜クレープ)

朝からセミがせわしなく鳴いています。

今日はおにぎりの日

みんな家でおにぎりを作ってきてもらってとっても嬉しそうにしていました。

もも・あおぐみの子ども達にクッキングをしてもらいました。

『野菜クレープ』です。

保育園では初登場のレシピです。

5月上旬に植えた子ども達の菜園では、夏野菜が続々と収穫されています。

それらの野菜を使ったおやつです。

ももぐみ・あおぐみ4歳児の子ども達は野菜担当です

001 002 003 014 015 017 018 020 025 024

熱湯をかけて皮をむきやすくしたトマト、キュウリ、ピーマンを切っていきます。

小さな子ども達はトマトの皮むきと種とり、ピーマンの種を出しました。

3,4歳(あおぐみも含む)の子ども達は先生達と一緒に果物ナイフで野菜を切っていきます。

トマトもキュウリもピーマンも薄切りにします。

「手はネコの手だよ。」と言われながらみんな慎重に切っていきます。

あおぐみ年長児の子ども達はクレープ作りです。

004 005 006 007 012 016 026 029 030 031

卵を割って、かき混ぜます。

小麦粉と砂糖、かき混ぜた卵、牛乳を入れまぜ、クレープの生地を作ります。

クレープの生地にももぐみの子ども達がとってくれたトマトの種をくわえます。

それをホットプレートで焼いていきます。

クレープなので、生地を薄くのばします。

しばらく待ってひっくり返せるか様子を見て、ひっくり返します。

最初は先生達がやっていましたが、子ども達も挑戦しました。

コツをつかむとコテを使って器用にひっくり返す姿がみられました。

保育園のみんなが食べるおやつなので、たくさんクレープを焼きます。

あおぐみの子ども達は時間をかけてクレープを焼き上げました。

この後、3時まで野菜を冷蔵庫に冷やして、クレープに巻いて食べます。

もも・あおぐみの子ども達が役割分担して作ったおやつ。

3時のおやつが楽しみです。

  

| | コメント (0)

2011年7月20日 (水)

そうめん流しⅠ(あおぐみ)

午前中、日が陰ってとっても涼しい風が吹いていました。

あおぐみの子ども達が待ちに待ったそうめん流しを行いました。

昨日は小さい子ども達がやっているのを横目に「明日は自分たち」と期待も膨らんでいたようです。

体操の時、「今日は何がありますか?」と聞かれて

「そうめん流し!!」と即答していました。

2回にわけてそうめん流しをしました。

001 002 003 008 012 013 014

あおぐみの子ども達は自分の箸で、回る水の中から上手にすくってそうめんを食べていました。

そして、食べるときは無言です。

これは私が僕がすくうんだという気迫が感じられます。(特に女の子)

その様子を見ていると「女子は強いなぁ」と実感させられます。(なでしこジャパンの様なたくましさとしなやかさ)

男子はちょっと押され気味でした。

「もうおしまい」の声がかかっても、まだまだ箸を水の中に入れて、1本でも多くそうめんをすくう姿も見られました。

今度は8月第2週に2回目を行う予定です。

楽しみにしていて下さいね。

| | コメント (0)

2011年7月19日 (火)

そうめん流しⅠ(き・ももぐみ)

台風が通り過ぎた影響で一日中風の強い日でした。

子ども達が楽しみにしていたそうめん流しをしました

七夕でおばあちゃん方がそうめん流しをしているのを見て「ねぇ、僕たちのはいつなの?」と聞いてくる子もいました。

ももぐみが最初にそうめん流しをすることになりました。

ももぐみの子ども達は先生達が「ちゃんとすくって食べられるかな?」と心配していましたが、その心配もなんのその。

001_2 003 004 009_2

そうめん流しの台は高さがあるのですが、積木を並べてもらってその上に乗ってそうめんをすくいます。

フォークを片手にそうめんが流れる所に入れて、流れに逆らってそうめんがとれるのをすくって上手に食べています。

利き手が左の子もいて、その子達はちょっと悪戦苦闘していました。

先生達がすくってそうめんを無事食べることが出来ました。

すくい方のコツがわかった子はどんどん食べていました。

遠慮がちな子?はみんなの勢いに押されながら、でも頑張ってすくっていました。

いつもの量より多めのそうめんだったそうですが、みんなペロッと食べました。

きぐみの子ども達は年齢と月齢の高い子ども達がそうめん流しをしました。

005 006 010

水の中からそうめんをすくって食べるのは高度な技なので、先生にすくってもらって食べていました。

そうめんを付け汁に入れてもらって、ツルツルッと食べるのが難しいらしく、歯で小さく噛んで食べる子が多かったです。

「ツルツルってするんだよ。」と言って口でしてみせると真似してツルツルっと吸えるようになった子もいました。

涼味溢れるそうめん流し。

みんな喜んで食べていました。

明日はあおぐみの番です。

お楽しみに

| | コメント (0)

六月燈

日が陰ると涼しさを感じられます。

先程はリハーサルで舞台稽古へでかけましたが、いよいよ本番の時がやってきました

今年からは始まる時間が大幅に早まり、7時15分からです。(去年までは8時からでした)

夏なので、まだ日が射していてあたりは明るいです。

子ども達はテンションも高く、自分たちの順番を待っていました

浜ヶ城集落の小学生の次が出番です。

男の達はそろいのはっぴ、女の子達はチェックのスカートに花冠をつけてお遊戯します

001 002 008 009 020 024 028 032

人数が多いので、3曲披露することになりました。

1チーム目は男の子達の『ごめんください。めんください。』

2チーム目は女の子達の『ヘビーローテーション』

3チーム目は男の子達で『やさい音頭』でした。

本番になると気合いの入れ方が違いますね。(お父さん、お母さん、祖父母、4歳児の家族の皆さん等などいろんな人たちが見ていましたから)

立ち位置や間隔もちゃんとわかって、堂々とかっこよく、可愛くお遊戯できていましたよ。

舞台の上で、たくさんの方が見ている前で発表が出来たと思います。

見て下さったみなさん、いかがだったでしょうか?

保護者の皆さん、ご家族の皆さん、年長児以外のご家族の皆さん、お忙しい中六月燈にご参加いただきありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年7月16日 (土)

六月燈リハーサル

保育園の園庭でもセミの声がするようになりました。

本格的な夏を迎えました。

時折曇って、涼しい風が吹き抜けるので、まだまだ暑さをしのげます。

今晩7時15分過ぎより浜ヶ城公民館の六月燈が行われます。

年長児の子ども達が参加します。

ということで、10時20分過ぎからリハーサルへ出かけてきました

4歳児の子ども達も応援で一緒です。

暑い中、公民館の役員の方々が一生懸命準備をされていました。

出来上がった舞台の上で実際にお遊戯しました。

001 002 003 005 006 007 009 010

最初は場所の間隔がうまくつかめず、「もうちょっとこっちに」と言われたり、動きもおぼつかなかったです。

せっかくなので、もう一度させていただきました。

自分がどの位置に立てばいいのかもわかってきて、自信を持って大きな動きで元気よくお遊戯出来るようになりました。

見学している子ども達も興味深そうにしていました。

最後に準備をしている役員のおじさん・おばさん達にあいさつをして保育園へ帰ってきました。

子ども達も「なんかドキドキする」と言う子もいて、気持ちも高まっているようです。

年長児以外の子どもさんのご家族もご都合がつかれる方は浜ヶ城公民館の六月燈を見に行っていただけると嬉しいです。

| | コメント (0)

2011年7月12日 (火)

リトミック教室5

遠くからセミの声が聞こえてきます。

朝からグングン気温が上がりました。

リトミック教室でした

今回で五回目。

子ども達もリトミックの日を楽しみにしている子が多いようで、「今日はリトミックの日だよね?」と言ってくる子もいました。

今までピアノの音や歌を聴いて、体を動かしたり、走ったり、歩いたりいろんな活動をしてきました。

だんだん、リズムを聞き分ける活動が入ってきました。

002 004 006 008 011 015 016 019 021 022

歩く速さ、駆け足の早さ、ゆったりと歩く速さの曲や歌を聴いて次に何をするか反応していきます。

ももぐみは2人組を作ってお互いに体の部分をさわったり、カラーボードを体の部分に当てたりします。

リズムの早さを聞き分けるのに郵便屋さん、ケーキ屋さん、ピザ屋さんにみんなで配達に出かけます。

郵便屋さんは手紙を落として汚れないように普通の早さで歩きます。

ケーキ屋さんはケーキが崩れないようにゆっくりゆっくり配達します。

ピザ屋さんはお客さんが熱々のピザが食べたいので、駆け足で配達します。

ピアノの曲を聴いて何を配達するか聞き分けます。

最初はリズムを聞き分けるのが難しいようで、何を配達するかわからないようでしたが、あおぐみの子ども達から教えてもらったりして何回かするうちに子ども達もわかってきたようでした。

よくピアノを聴いて「ピザ屋さんだ」「郵便屋さんだ」「ケーキ屋さんだ」と言っていました。

あおぐみのリトミックはサッカーボールが出てきました。

023 025 028 029 033 041 046 044 047 048

一列に並んで、「ドレミ」と言いながらボールを次の人に渡していきます。

その渡し方が横から渡したり、頭上から次の人に渡したりします。

最後は大きく足を横に開いてその中をサッカーボールをくぐらせることに挑戦しました。

21人いると誰かの足に当たって、最後までボールがくぐることは出来ませんでした。

今度はスティック棒を持ちました。

「キラキラ星」のピアノに合わせて、スティックで拍子をとります。

スティックだけではなく、歌も一緒に歌います。

ももぐみの子ども達には指に鈴をつけました。

最後は一緒に「キラキラ星」の合奏をしました。

今回も楽しみながらリトミックに取り組むことが出来ました。

| | コメント (0)

2011年7月 9日 (土)

笹舟と山

日差しは射していますが、まだ湿気が多く蒸し暑さが体にこたえます。

2回目の水遊びをもも・あおぐみの子ども達がしました。

プールの中で遊ぶのはもちろん、プールの外でも楽しいことをしていました。

最初に園庭で遊んでいたのはももぐみ

ナカヨウボ先生が先生のお父さんに頼んで大きな笹の葉を採ってきてくださり、保育園へ持ってきてくださいました。

その笹の葉を作って笹舟作りをしていましたよ

Img_1594 Img_1595 Img_1597 Img_1599 Img_1596

恥ずかしながら、笹舟って作ったことがなくて、どうしたらいいのかよくわかりません。

見よう見まねで作ったのをたらいの水の中に浮かべて楽しみました。

難しい形のではなく、葉っぱの軸を残して、それを葉っぱに通すと帆掛け船になりました。

帆掛け船を水に浮かべると、その様子がラッコに似ていたので、「なんかラッコみたいだね。可愛いね。」と言うと「ラッコみたいだね。ラッコのお母さんと子どもだね。」と言う子もいました。

子ども達も笹舟や帆掛け船が水に浮かぶ様子を興味深く見入っていました。

笹の葉が水に浮かぶ様子がいかにも涼しげで、風流だなと思いました。

あおぐみは砂場で大きな山をみんなで作っていました

Img_1600 Img_1602 Img_1606 Img_1608 Img_1609 Img_1610 Img_1612 Img_1613 Img_1614 Img_1617 Img_1618 Img_1619

フラフープを土台にして、出来るだけ大きな山を作ろうとしていました。

土を掘って重ねて、だんだん高い山が出来上がっていきます。

スコップや手で山を固めます。

それと平行して、山裾では大きな穴を掘っています。

出来るだけ深く掘ろうと男の子達は頑張っています。

それが出来ると山から一本の川を作ります。

ハラグチ先生はたらい一杯、バケツにも水を汲んでいます。

女の子達は山のてっぺんから川めがけてジョロで水を流します。

水が流れる様子を見てみんな「すごいねぇ、へぇー」と声を上げていました。

どんどん水を流していくと、山が少しずつ崩れてくるのと同時に、池にも水が溜まり始めました。

たらいの水も入れると池も水で一杯になりました。

「なんか、コーヒー牛乳みたいだね。泡が立ってるよ。」と口々に言っていました。

みんなその中に入って、思い存分遊んでいました。

出来たものを壊すのも面白いものですね。

とっても楽しそうに遊んでいました。

| | コメント (0)

2011年7月 8日 (金)

プール開き

どんよりした日々からやっと抜け出して、夏空が覗きました

みんなが待ちに待っていたプール開きがありました

き・あかぐみは天候が不順だったので、晴れの日が続いてから改めて水遊びを行うことになりました。

朝、早々に登園してきて「今日、プールだよね?」と聞いてくる子もいました。

今週月曜日にプールを設置したので、期待も膨らんでいたことでしょう。

「この水着ママに買ってもらったんだよ。お腹が見える水着なんだよ。」と言ったりして本当に嬉しい様子。

先生達に手伝ってもらって水着に着替えてあとはプールが始まるのを待つだけです。

いつにも増して体操をしっかりすることやちゃんと先生が言うことを守ることを伝えます。

水遊びが始まる前に園長先生からお話がありました。「水遊びをするときには十分気をつけてください。みんなは頭が重たくて、転びやすく、少しの水でも溺れてしまいます。先生がおっしゃることをちゃんと守って楽しくプール遊びをして下さい。」

塩と米、お酒をプールの周りにまいてお祓いをしました。

みんなで「怪我をしないで、楽しく水遊びをさせて下さい。」とお祈りしました

それからは子ども達の時間。

001 002 003 004 005 006 007 008 010 011 012 014 015 016 023 025 026 028 029 030 031

最初ももぐみからプールに入りました

水を掛け合ったり、うつぶせになって体を浮かせて足をバタつかせたり、水しぶきのかかる所を通り抜けたり、顔を水につけるのに挑戦したりいろんな活動をしていましたよ。

その間、あおぐみは砂場のおもちゃを使って泥水遊びをしていました。

「先生、楽しいー。」としきりに言っていました。

プールを交替してあおぐみの子ども達が入りました

4,5歳児になると(もう3年目という子もいますので)顔を水につけるのが平気という子が多いようです。

とにかく水遊びを存分に満喫していましたよ。

「明日もプールだ。」と言っている子も多かったです。

これから8月初旬まで約10回ほどプールをしますので、体調に気をつけて楽しく過ごせるようにしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2011年7月 7日 (木)

七夕(高齢者との交流会)

梅雨明けはおそらく梅雨の中休みだったのでしょう。

昨日までよく雨が降りました。

今日はみんなの願いが通じたのか、雨が上がって、先程からは日が射してきました。

七夕を行いました

曇ってはいましたが、雨が降らなかったので子ども達も園庭に出て体操やかけっこをすることが出来ました。

浜ヶ城集落の高齢者の方6名が保育園へ来て下さいました。

Img_1522 Img_1520 Img_1522_2 Img_1523 Img_1525 Img_1526 Img_1528 Img_1530 Img_1531 Img_1532 Img_1534 Img_1535 Img_1536 Img_1537 Img_1540 Img_1541_2 Img_1546_2 Img_1547 Img_1549 Img_1551 Img_1553 Img_1554 Img_1555 Img_1556

子ども達の外での活動を見ていただいた後は部屋に入って一緒に七夕飾りを作っていただきました。

6つのグループに分かれて輪っかつなぎや▲つなぎ、ダイヤつなぎ、■つなぎ、貝殻つなぎなど決められた飾りを作っていきました。

おばあちゃん達には各グループに入ってもらって教えてもらいました。

「ねぇ、こうやってするの?」と質問しながら、小さい子ども達には時にはしてあげながらたくさんの飾りを作りました。

飾りを作ったら園長先生とハマヒラさんが切ってきた竹に一つずつつけていきます。

こよりをささにつけるのは難しいので、おばあちゃん達や先生達と一緒にします。

だんだん飾りがついていくと「わぁ、きれい」と子ども達が口々に言っていました。

つけ終わったら『七夕』の歌を歌いました。

ウッドデッキに出てき・あかぐみの子ども達も入って記念写真を撮りました。

Img_1561

おばあちゃん達にはそうめん流しを一足先にしてもらいました。

例年は事務室側に七夕を飾りますが、今年はもも組前の手洗い場に飾ってありますので、保護者の皆さん、お迎えに来られたときには見て下さいね。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »