« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月26日 (木)

5月誕生会

しとしとと雨が降っています。

5月の誕生会でした。

5_001 5_021 5_024

誕生者は6名。(1歳2名・2歳1名・3歳1名・6歳2名)

それぞれ紹介をしてもらったり、元気よく自分で自己紹介しました。

好きな食べ物イチゴっていう子が多いですね。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…。

① 大きなこいのぼりが出てきました。

5_029 5_033 5_034 5_035 5_031 5_032 5_036 5_039

最初は元気のあったこいのぼりでしたが、だんだん元気がなくなってきました。

ナカヨウボ先生がこいのぼりをお話をします。

「お腹がすいて、元気が出ない。」と言ったようです。

先生が取り出したのはアイスクリーム。

こいのぼりに食べてもらうと…。口から尻尾へすり抜けていってしまいました。

次はケーキ。

おいしそうなケーキもやはり通り抜けてしまいました。

おにぎり、そして5月の節句に食べる柏餅もこいのぼりは食べませんでした。

「こいのぼりの好きなものは…やっぱり風。」

扇風機の風を当てると泳ぎ始めました。

もう少し元気がないので、5月の誕生者のお友達に力いっぱい風を起こしてもらいました。

口いっぱいに息を入れて、フーっといっぱい吐き出して風を送ります。

3人だったので、たくさんのお友達の力が必要です。

前に子どもたちが出てきて、いっぱい息を吹き込みました。

こいのぼりは元気に泳ぐことが出来ました。

② 超能力?!

5_028 5_037 5_041 5_042 5_043 5_044

1~10までひとつずつ絵のついた表が出てきました。

ナカヨウボ先生はカードを持っています。

それは1枚ずつ表の中にある絵のついたカードです。

10枚のカードの中から子どもに1枚引いてもらいます。

そのカードは先生には絶対に見せず、子どもたちも何のカードかも言いません。

5つぐらいずつ絵の載ったカードを何度か見せて、「この中に引いたカードの絵がありますか?」と聞いていきます。

そうするとなんと子どもが引いたカードがナカヨウボ先生にはわかります。

3回やりましたが、3回とも大当たりでした。

すごいです!!

私も弟子入りしようと思いました。

5月の誕生会も楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

リトミック教室(2回目)

昨日、梅雨入りしたようです。

肌寒い感じがしますね。

2回目のリトミックを行いました。

今回は年長児からのスタート

001 003 005 006 009 012 015 019 022 023 025 027 028 031 032 033 034

みんながイモムシになって歩いたり、走ったり、みんなとつながったり、一人ずつリズムを刻みながら表現をしたり…。

そのうち、チョウチョになって飛んでみます。

チョウチョのイメージは…。

軽やか、優しげ、優雅、美しいなどなどいろいろあると思いますが、それらをピアノの音で先生が表現して、子ども達はその音を聞き取ってチョウチョになってみます。

ピアノの音を聞いて、歌を聴いて、音が止んで、拍をとってなど耳を澄ませて表現方法を自分なりに考えたり、マツダ先生の超えかけや周りの友達や先生達の動きをまねてどう動くかをみんな考えています。

リトミックの様子を見ていて、音の大小・強弱・高低・曲調などを聞き分けて動きを変化させたりするなど本当に集中力や理解力、表現力が養われるなと感じます。

しかも難しいというのではなく、子ども達はとっても楽しんでいます。

大きな花壇を作ろうと先生が言いました。

ロープで大きな○を作ります。

まずは子ども達が土を耕します。

「大きな花壇だからみんな大きく、力を入れて耕さないとお花は咲かないよ。」

と声をかけると子ども達は体をいっぱい使って耕します。

種を撒いて、じょうろで水をまき、茎が伸びて、きれいなお花になることろを全身で表現します。

大きな花壇にたくさんのお花が咲きました。

カラーボードを使って拍を体感したりと時間がアッという間に過ぎました。

039 041 042 044 046 049 051 053 055 057 059 061 060 063

今度は3,4歳の子ども達です

イモムシを深めます。

最初は5歳児の子ども達と一緒で歩いたり、走ったり、みんなとつながったりしました。

フープが出てきました。

小さくなったイモムシはフープをくぐってどんどん進んでいきます。

大好物の葉っぱがあります。

それをムシャムシャ食べて大きくなっていきます。

イモムシを食べようとする虫がやってきます。

フープの所にイモムシは隠れます。

虫はいなくなって、一休み。

子ども達も眠ります。

上からスカーフをかけてもらいます。

チョウチョになって、自由に飛び回って年長児の子ども達が作った大きな花壇に飛んできます。

そんな表現を楽しみました。

子ども達の表情もとっても楽しげで、見ているこちらも嬉しくなりました。

来月も楽しみにしていて下さいね。

| | コメント (0)

2011年5月21日 (土)

おにぎりの日(口の健康を育てよう)

今にも雨が降り出しそうな天候です。

おにぎりの日でした。

みんなおうちから持ってきたおにぎりを楽しみにしていましたよ。

ももあおぐみは体操後サキヤマ先生から食育についてのお話をしてもらいました。

まずは先生が子どもたちに口の中には何があるか聞いていました。

「ベロ(舌)、唇、歯、アゴ、唾液」と先生のヒントを元に答えていました。

「どんな働きをしてると思う?」と聞かれると

「歯で食べ物を噛んでのどに詰まらせないように…。」と言っていました。

001_2 002_2 008 009 011 013

歯にはいろんな役割があります。

① 食べ物のおいしさを感じる。

② 食べ物を噛むことで唾液が出て、消化を助ける。

③ 唾液に含まれるホルモンの影響で頭の働きをよくする。(頭がよくなる)

④ 歯やアゴの骨を育てる。

⑤ 言葉の発音がはっきりする。

しっかりした歯でよく噛むことは本当に大事なことのようです。

先生は子どもたちに一口サイズのキュウリを手渡しました。

「先生がパンパンと手を叩くのに合わせて口の中でキュウリを噛んでください。キュウリを飲み込んだらすぐに立ってくださいね。」

子どもたちが口の中にキュウリを入れて噛み始めました。

パンパンと手を叩くのに合わせて、モグモグ噛んでいます。

しばらくすると子どもたちが立ち始めました。

先生が手を叩くなってからも2,3人の子がキュウリを噛んでいます。

次はやわらかいパンを手渡されました。

キュウリのときのようにパンパン叩くのに合わせてモグモグ噛みます。

パンパン手を叩き始めて何回かすると子どもたちが立ち始めました。

今度はたくさん叩かないうちにほとんどの子が立ちました。

「キュウリの時はたくさん噛んでたけれど、柔らかいパンのときはあまり噛まなかったよね。キュウリは硬くて、パンは柔らかいから噛む回数が変わったんだよ。さっき、よく噛むととってもいいことがあるって言ったけど、柔らかい食べ物はあまり噛まなくて飲み込んでしまうから噛まなくなるんです。」

「みんな何回くらい噛めばいいと思う?」と聞くと「30回?」と返ってきました。

「そう、30回噛むといいんだよ。そうしたら食べ物も小さくなって胃も喜ぶし、頭がよくなったり骨も丈夫になっていいことがいっぱいあります。」

みんな30回噛んでみました。

「硬い食べ物ってどんなのがあるか知ってる?」

「つけもの、大根…。」

「そう、大根や漬物、あとおやつに出てくるイリコ、スルメなどです。」

「柔らかい食べ物はみんなが好きなものが多いと思います。《おかーさんはやすめ》がそうです。“お”はオムライス・オムレツ“か”はカレーライス “さん”はサンドイッチ“は”ハンバーグ“や”は焼きそば“す”はスパゲッティー“め”麺類。そして、チンして食べるもの、カップめん、スナック菓子もあまり噛まないで食べられる、味の濃い食べ物です。」

「食材の味のわかる、よく噛んで食べるものを食べましょう。」

最後に『はいしゃさんなんてへっちゃらだい』という紙芝居を読んでもらって終わりました。

食べ物は出来るだけ30回噛んで、よいことをいっぱい受け取りましょう。(15回以上噛むと若返りの物質が出てくるってシルク姉さんがテレビで言っていました。

| | コメント (0)

2011年5月20日 (金)

たまねぎ収穫

朝からどんよりした天気で、湿度が高く不快指数です。

今日はたまねぎの収穫にももあおぐみの子どもたちが園長先生の菜園へ行きました

先日、保育園の菜園でもたまねぎの収穫を行いました。

子どもの足で保育園から徒歩7~8分かかる道のりを途中工事中の場所を通り、ダンプカーやショベルカーを見ながら進んでいきました。

菜園には縦長4列のたまねぎが植えてあります。

001 002 003 005 010 014 015

みんなで収穫しました

思ったよりもたくさんあったので、一人ずつに袋を配って少しずつたまねぎを子どもたちに保育園まで運んでもらうことにしました。

菜園にはたけのこやカニなど子どもたちの興味あるものがいっぱい。

017 019_2 020 021 023 026

しばらく虫やカニなどの小動物を見つけたり、たけのこをとったりして楽しみました。

子どもたちの目線は低くて地面のものによく気づきます。

みんなキャーキャー言いながらいろんなものを見つけて遊んでいました。

たまねぎを持ち帰るとき先生たちが「歩いてもって帰るから重くなるから自分で持てるだけたまねぎを袋に入れてね。」と言われていました。

「僕はたくさん運べるからたまねぎをいっぱい入れたよ。私もたくさん持てるよ。」と最初は張り切って持って歩いていましたが…。

途中で「もう、持てない。減らしたい」といってくる子も。

その反面、たまねぎを袋いっぱい入れた子が最後まで保育園に持って帰ってきたり。

みんなが頑張って運んできてくれたおかげで、無事たまねぎを持ってこられました。

今日は少しずつですが、たまねぎのお土産があります。

楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2011年5月10日 (火)

リトミック教室

季節が急に先へ進んだようで、蒸し暑い日になっています。

しっとりした霧雨と時折音を立てて雨が降っています。

リトミック教室を開催しました。

リトミックって何?とお思いの方も多いでしょう。

一言では言い表すのは難しいのですが、子どもたちが音楽として楽器などを習う前にリズム感や音感を養ったり、音を聞いて楽しく自由に自分自身を表現したりするものです。

前々からリトミックを取り入れたいと思っていたのですが、なかなかいいご縁がなかったのですが、去年ある研修会でリトミックを学ぶ機会があり、指導してくださった先生とのご縁で保育園でリトミックをすることになりました。

ももぐみあおぐみ の子どもたちを対象にしています。

001 003 006 008 014 017 018 021 022 023 025 027 031 034 037 039 046

最初はももぐみとあおぐみ4歳児の子どもたちから始めました。

リトミックの指導してくださるのはマツダ先生

薩摩川内市から来てくださいます。

入園式でも読み聞かせをしてもらった『はらぺこあおむし』の絵本が出てきました。

いもむしはいろんな物を食べて太っちょ青虫になります。

最後にはきれいなチョウチョになります。

それを踏まえて、先生が「みんなあおむしになってみよう!」と声をかけました。

先生がやっているのをみて、みんなも真似をしてあおむしになります。

先生が歌を歌ったり、ピアノで曲を弾いたり、ピアノをやめたりするのに合わせて、歩いたり、走ったり、立ち止まったり、大きな声や小さな声で歌ったりします。

先生が「みんな上手に出来るのね。」と言うとみんな嬉しそう。

カラーボードやスカーフ、フラフープなどの小物を使ってスコップで土を掘ったり、植物を植えたり、お水をあげたり、葉っぱが出てきてお花が咲いたのを表現したりします。

その周りをチョウチョやミツバチになって飛び回ります。

最後には花壇に出来たお花を花束にしていましたよ。

049 054 056 059 063 066 069 071 074 076 078

あおぐみ年長児の子どもたちはあおむしになって、どんどんみんなとつながって1つのおおきなあおむしになりました。

大きな丸になって友達同士ピアノに合わせてあいさつをしあったりいろんな動きをしながらピアノの音や先生の歌を聞いて何かを表現したり、ピタッと止まったりを繰り返していました。

カラーボードを使って傘をさして歩き、大小の水溜りを避けたり、いろんなジャンプしたり表現を楽しんでいました。

最後にはカラーボード赤・白・黄を使って言われた言葉どおりにリズムを表現することにも挑戦していました。

季節感あふれた(こいのぼりの歌やこいのぼりも登場して)表現に子どもたちもとっても楽しんでいました。

リズムや音を教え込むのではなく、子どもたちが知っている言葉や興味のあること、歌や音を取り混ぜて様々な表現を引き出していました。

子どもたちも「とっても楽しかった!!」と目を輝かせていました。

リトミックをしている間の子どもたちは生き生きとしていて、次はどうなるんだろう?という期待感にあふれていました。

080 081

子どもたちはマツダ先生に「ありがとうございました。またよろしくお願いします!」と挨拶をしました。

月2回のペースで行っていく予定にしています。

マツダ先生は「子どもたちの反応がとってもよかったので、私も頑張らなくちゃって思いました。」とおっしゃっていました。

保護者の皆さん、子どもさんたちに今日のことを聞いてみてくださいね。

| | コメント (0)

2011年5月 9日 (月)

野菜の生長

数日前まで肌寒い日が続いていましたが、昨日今日は蒸し暑く、まるで梅雨が訪れたかのようです。

5月6日に野菜の苗植えを行いましたが、今週保育園へやってきてみるとももぐみの菜園ではすでにラディッシュの芽が出たり、ピーマンの花が咲いたりしていました。

植物の成長は本当に早いですね

ももぐみの子どもたちは先生に連れられて畑へやってきました。

001 002 003

ラディッシュの芽がびっちり出ている様子を見て、子どもたちは「うわぁー」と声をあげていました。

ちなみに箱の中で育てているカイワレ大根も芽が出ていました

この調子で順調に生長してくれると嬉しいですね

| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

野菜の苗植え

ゴールデンウィークと言っていましたが、3連休も過ぎ去り、子どもたちは元気な顔を見せてくれました。

お休みの間、たくさん遊べて満足という感じです。

どうやらお天気は下り坂のようです。

野菜の苗植えを行いました

4月下旬に予定していたのですが、今年も肌寒く、やはり5月休み明けにすることになりました。

ももぐみあおぐみの子どもたちは自分たちの菜園に野菜の苗や種を撒いて野菜を育てます。

001 002 006

今年は多彩な種類の野菜を植えることになりました。

009 011 012 014 019 024 026 027040  033 034

ももぐみフルーツトマト・ピーマンの苗とラディッシュの種を畑に植えました。

カイワレ大根ともやしは種を暗い所へ植えました

子どもたちはまだ小さい子が多いので、先生たちと一緒に畑に苗を植え、種まきをしました。

水もあげました。

016 007 008 021 022 023 028 031 029 036 037 038 042 039

あおぐみきゅうり・なす・ミニトマト・とうもろこしの苗と枝豆の種を植えました

4,5歳児になると自分たちで畑の土に穴を開け、苗を自分たちで取り出し丁寧に植えていました。

枝豆も何粒かずつ種をもらって、大事そうに植えていました。

水をあげて苗や種の成長を楽しみにします。

みんな興味深く、楽しそうに苗植えをしていましたよ。

雨が降ったり、お天気になったり、いろんな天候を経て、また子どもたちが水をあげたり、草取りをしたりして植えた苗や種から野菜が収穫できると思います。

楽しみにしていてくださいね

| | コメント (0)

2011年5月 2日 (月)

お茶摘み

早いもので、薫風香る5月になりました。

このところ風が強く、製作をした後のこいのぼりや、風車もよく風になびいてクルクル気持ちよさそうに泳いでいます。

お茶摘みを行いました

菜園に植えられているお茶の木の新芽を八十八夜の今日、摘みました

今年は例年よりも冬が寒かったので、なかなか新芽が伸びず、八十八夜に間に合うか心配していましたが、この1週間ぐらいお天気が続き、気温も上がってきたので、お茶摘みを行うことができました。

001 003 004

園長先生から「お茶の葉っぱが大きくなったので、お茶摘みをします。お茶の木には2つの種類葉っぱがあります。1つは緑色で硬い葉っぱ。もう1つは黄緑色でやわらかい葉っぱ。みんなはやわらかくて黄緑色の葉っぱを摘んでくださいね。」お話がありました。

ももぐみの子どもたちから始めました。

006 007 010 011 014

いつも畑の入り口までは行くのですが、奥まで行くことがないのでいろんな珍しいものがあり興味津々。

お茶摘みに集中している子もいれば、周辺のいろんなものを見たり、触ったりするのに忙しい子も…。

あおぐみの子どもたちは「この葉っぱを摘んでいいの?これでいい?」と聞きながら、一枚ずつ、あるいは何枚かずつ摘んでいました。

019 021 022 024 027 032

何人かにひとつずつ茶葉を入れるかごを置いていたのですが、次第にいっぱいになります。

年齢を重ねると集中力がついてきますね。

約20分間ぐらいがんばっていましたよ。

職員も朝から茶摘をして、1時半過ぎに終わりました。

約10キロくらいの茶葉が摘めました。

これから製茶工場に持っていって、お茶にしてもらいます。

どれくらいのお茶が出来るか楽しみにしていてくださいね。

新茶が出来たら、みんなで飲みます。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »