« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月24日 (木)

誕生会

昨日の夕方から久々の青空が見えました。

梅雨の中休みですね。

6月の誕生会でした。

誕生者は男の子ばかり4名。

Dsc09608 Dsc09609 Dsc09610 Dsc09614

Dsc09617 Dsc09618

ももぐみとあおぐみの子ども達だったので、それぞれ自己紹介をしていました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は“ジャバラデナンジャ?”

歌を覚えるところから始まりました。

フジイ先生がピアノを弾きます。

Dsc09621 Dsc09622 Dsc09623 Dsc09624

“♪ジャンジャンジャンジャンジャンジャラワン、ジャバラデナンジャ♪”

ピアノに合わせて歌を歌います。

ジャンジャンジャンジャンジャンジャラワン、ジャバラデナンジャ

歌を覚えると今度は袋の中からじゃばらに折られた紙が出てきました。

「みんなが歌を歌った後、紙が出てきます。じゃばらの紙の中には絵が書いてあります。みんな、何の絵か当ててくださいね。」

ジャンジャンジャンジャンジャンジャラワンジャバラデナンジャ

じゃばらを少し開くと、赤い何かが見えます。

Dsc09625 Dsc09626 Dsc09627 Dsc09628

「わかった人は手を挙げてね。」と先生が言うと「ハーイ、ハーイ…」と手が挙がります。

「カニ、カニ、カニ…」と答えます。

じゃばらをパラパラパラパラと開けると、そこには赤い可愛いカニがいました。

そうやってじゃばらから少し見える色や形で何の絵かを当てていきます。

Dsc09629_2 Dsc09630 Dsc09632 Dsc09634 Dsc09631

緑や黄緑、赤に緑、オレンジ黄色、ピンクに茶色といろんな色と形の絵が見えました。

子ども達は「ハーイ、ハーイ」と手を挙げて、何の絵かを当てようとします。

カメ、リンゴ、カタツムリ、アイスクリームと子ども達が大好きな食べ物や、保育園にいる小動物でみんなが興味を持っているものでした。

最後は白黒の絵で大きな紙が出てきました。

「この絵は何の絵でしょう?」

子ども達がパーっと手を挙げます。

「イカ、宇宙人、おばけ…」

どうやらこの中に正解があるようです。

Dsc09636 Dsc09637 Dsc09638 Dsc09640

ジャンジャンジャンジャンジャンジャラワン、ジャバラデナンジャ

“びろーん”とじゃばらを伸ばすと、そこには大きな紙に“うらめしや”ポーズの可愛らしいおばけが。

みんな“こわーい”とか“キャー”とか“出た”とか言っています。

「今からの季節、テレビでもおばけの話が出てくるよ。保育園にも出てくるかもよ。

先生がみんなが座っているところへおばけの紙をワーッと持っていくと子ども達は「キャーキャー」言って恐がっていました。

とっても楽しい誕生会になりました。

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

●おにぎりの日●~衛生面に気をつけよう~

今日は“おにぎりの日”です

午前中ももぐみあおぐみの子どもたちは“手洗いの仕方について”と“お米について”のお勉強をしました

梅雨の時期になりジメジメした気候になると菌も繁殖しやすくなります

普段から子どもたちでもできる食中毒予防として“手洗い・うがい”がありますね

子どもたちに普段の手洗いをどのようにしているのか前に出て実演してもらいました

水を出して石鹸を泡立て、みんなそれぞれに手を洗う真似をします。

「○○ちゃんの手洗いどうだった

と質問すると

「バッチリだった

と答えてくれました。

Dsc07366 Dsc07367 Dsc07368 Dsc07369

でも…今の洗い方ではまだまだばい菌がとれていません

正しい手洗い仕方をポスターの絵を見ながら覚えていきます。

手のひらに手の甲、指の間に手首までキレイに洗い、水もしっかりとめますよ

みんな上手に練習できました

Dsc07371 Dsc07376 Dsc07377

覚えた手洗いをごはんの前に実践してもらいます

みんな忘れないでね☆

次に“お米について”お話をしました。

みんなが普段食べている“ごはん”は食卓にたどり着くまでにたくさんの時間と手間がかかっていることを教えます。

絵本をみながら、種から田植え→稲→稲刈りなど今の時期に田植えをして秋になるまで沢山の手間をかけ稲刈りをし、それから機械でモミをとり、お米を洗って炊きます。

ようやくみんなの食卓に並びますよ

Dsc07378 Dsc07379

お米にモミがついている写真をみてお米が白くないのに驚いている子もいました

みんなお米ができるまでにこんなにも時間がかかっているということを知ってとても驚いているようでした

月曜日からまた新たな気持ちでお米一粒一粒に感謝しながら食べてくれると良いです

さあ、ようやくおにぎりを食べる時間です。

先ほどならった手洗いができるかな

『先生見てみて~

とみんな上手に手洗いすることができました

Dsc09522 Dsc09523 Dsc09525 Dsc09526

今日だけではなくこれから毎日気を付けて食中毒予防しましょうね

| | コメント (0)

郷土のお菓子作り(4,5歳児)

梅雨入りは遅かったのですが、本格的な雨になっています。

今日は郷土のお菓子作りをしました。(4,5歳児)

年に一度、いちき串木野市食生活改善推進委員の方に来ていただいてお菓子作りを教えてもらったり、子ども達と一緒に作ったりして下さいます。

子ども達はおにぎりを食べ終わると、お家から持ってきた三角巾とエプロンを身につけて準備をします。

Dsc09527 Dsc09528 Dsc09529 Dsc09530

マルノさん・フジサキさん・サメシマさん・イシノさんの4名が来て下さいました。

今回のおやつは【ヨモギ入りかからん団子】と【フルーツゼリー】の2種類です。

最初、【フルーツゼリー】からとりかかりました。

Dsc09531 Dsc09534 Dsc09539 Dsc09540 Dsc09543 Dsc09545 Dsc09546 Dsc09548 Dsc09550 Dsc09547

水に粉寒天を混ぜます。

それを火にかけて粉を溶かします。

その間、子ども達はゼリーの中に入れるフルーツをカップに入れました。

今回のフルーツは『サクランボ・ミカン・ナタデココ』です。

缶から出したフルーツを一つずつカップの中に入れます。

ミカンは2個入っています。

そうしているうちにゼリーの汁が出来上がりました。

先生達が手分けしてカップの中につぎわけました。

たくさんの氷と少量の水を入れて、ゼリーを冷やします。

次は【ヨモギ入りかからん団子】を作ります。

「団子を作るよ」と言うとみんな「イエーイ、やったー」とテンションも最高潮

Dsc09552 Dsc09554 Dsc09557 Dsc09559 Dsc09560 Dsc09562 Dsc09563

寒ざらしのモチ米粉(寒いときにモチ米の粉を干すとおいしくなるんだそうです。)と砂糖、少々の塩を混ぜ合わせます。

そこに少量の水を加えてミキサーをかけたヨモギを入れて耳たぶのかたさになるまでこねます。

最初は白い粉だったのが、徐々にみどりになっていきます。

こねてこねていくと綺麗な若草色のお団子のたねになりました。子ども達は「わあー、カエルみたいだ。」と言って歓声を上げていました。

それを子ども達が丸めて、かからん葉に包みます。(かからん葉は一度、蒸してあります)

そのまま丸めるとベタベタ手にくっついてしまうので、手を水で濡らしてから丸めます。

食改の方達や先生達が持っているかからん葉の上に団子をのせます。

たくさんのかからん葉に包まれた団子が作られました。

それを調理室の蒸し器で15分~20分程蒸します。

その間、子ども達は食改の方とジャンケンをしたり、手遊びをしたりして楽しんでいました。

待つこと20分余り。

【ヨモギ入りかからん団子】と【フルーツゼリー】が出来上がりました。

Dsc09566 Dsc09568 Dsc09580 Dsc09581 Dsc09582 Dsc09583 Dsc09584

あおぐみの子ども達と食改の方々と会食をしました。

かからん葉をヨモギ団子からむくのに時間がかかります。

ゆっくりと葉をむきます。

「おいしいー」と言って食べています。

フルーツゼリーもみるみる間になくなっていきます。

フルーツゼリーはたくさん出来たので、あおぐみの子ども達にはおかわりがありました。

食改の方といろんな話をして、自分たちで作ったお菓子を味わっていました。

食改の方々が帰られるとき、「バイバーイ。また来てね。」といつまでも名残惜しそうにしていました。

他のクラスの子ども達もお兄ちゃん・お姉ちゃん達が作ったお菓子をおいしく食べていました。

Dsc09573 Dsc09575 Dsc09586 Dsc09587 Dsc09595 Dsc09596 Dsc09597 Dsc09600

とってもおいしくて、楽しい時間になりました。

| | コメント (0)

2010年6月11日 (金)

消防訓練(いちき串木野市消防署)

今週末ぐらいから梅雨に入るのでは?の予報に、この晴れ間ともしばらくお別れなのかなと思うとちょっと悲しいです。

お天気に恵まれて消防訓練を行いました。

朝から「今日は消防車が来るんだよね?」と楽しみにしています。

みんなが体操をしているとき、消防士のガタノさんとと救命隊のイシハラさんがやってきました。

「今日は車が上がって来られなかったので、下に止めてきました。見学の時は下へ行きましょう。」

大きな消防車が来たんだと期待が膨らみます。

みんなが見られるようにと無理をして消防車は保育園の坂を登って来ました。

かけっこをしているとき、サキヤマ先生が「給食室が火事だ!!火事だ。」とみんなに知らせに来ました。

非常ベルがリーンと鳴り響きます。

Dsc09457 Dsc09458 Dsc09459

いつも訓練をしているように避難場所へ集まります

「みんなサッと避難が出来ました。火事になってお部屋から避難するときは体を低くして、ハンカチやタオルで口をふさぎます(煙を吸わないため)。その時に【おかしも】という言葉を守ってもらいます。【お】押さない【か】駆け出さない(かけっこしない)【し】しゃべらない(静かに)【も】戻らない です。みんなにお願いがあります。絶対に火遊びをしないで下さい。マッチやライターで遊ばない。みんなと同じくらいの年のお友だちがライターをつけて火遊びして、4人死んでしまったことがありました。」

お話の後は職員の初期消火訓練を行いました

Dsc09460 Dsc09461 Dsc09462 Dsc09463 Dsc09464 Dsc09465

「消火器の中身が噴出する時間は13~15秒位です。その間に消火をするので効率よく消火する必要があります。風上に立って、火までの距離は3~6㍍くらいです。消火器を持って黄色いピンを外して、ホースを火に向けて、レバーを握ります。」

みんなが楽しみにしていた消防車見学です。

今回やってきた消防車は救命工作車です。

Dsc09466 Dsc09468 Dsc09471

あかぐみから消防車の前で写真撮影します。

救命工作車の中にはたくさんの道具が入っているようです。

Dsc09474 Dsc09475 Dsc09476 Dsc09477 Dsc09478

ももぐみの子ども達には煙を払う大きな扇風機を実際に回してもらったり、暗い中でも作業が出来るように使う大きなライトを出してくださいました。

みんな初めてのことに興味津々で見ています。

あおぐみの子ども達にはいろいろな道具を使って体験をさせてくださいました。

Dsc09479 Dsc09480 Dsc09481 Dsc09482 Dsc09483 Dsc09484 Dsc09485 Dsc09486 Dsc09488 Dsc09489 Dsc09490 Dsc09492 Dsc09493

まずは消防士の方が火災現場で着用する消防服とヘルメットを着せてもらいました

他にも火災現場で使用する酸素ボンベとフルフェイスのマスクもありました。

次はクワガタの角の形をした道具。

空き缶を持ってきました。

その道具でガッチャッと挟むと、空き缶はペッチャンコになりました。

「ウワー、凄い!」と目を丸くしています。

最後は消防車とあおぐみの子ども達で綱引きをしました。

子ども達10人以上で引っ張りますが、ビクともしないばかりかどんどん消防車の方へ引っ張られてしまいました。

力がどれだけ強いかわかったようです。

今回の消防訓練では様々な経験をさせてもらいました。

子ども達も非常に興味を持ったようです。

将来消防士や救命士を目指す子も出てくるのでは?と感じました。

有意義な消防訓練になりました。

いちき串木野市消防署のみなさん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

スモモ狩りⅡ

晴れたり、曇ったりを繰り返しています。

一降りまとまった雨が欲しいところですが…

先日きぐみとあかぐみのスモモ狩りの様子を書きましたが、今日はももぐみとあおぐみのスモモ狩りの様子を紹介します。

ももぐみは一昨日、あおぐみは今日、スモモ狩りを行いました。

時期になると一日、二日おくと青かった実が色づきます。

きぐみ・あかぐみの子ども達が収穫したのをみんな食べているので、自分たちでスモモ狩りするのを楽しみにしていたようです。

Dsc09424 Dsc09425 Dsc09428 Dsc09430 Dsc09432 Dsc09434 Dsc09435 Dsc09438 Dsc09439 Dsc09442 Dsc09446 Dsc09448 Dsc09450 Dsc09455 Dsc09453

ももぐみ・あおぐみにもなると、自分でスモモの木に登って赤い実をとることが出来ます。

ちょっとでも高いところのをとろうと脚立に乗ったり、スモモの木の先まで行こうとして奮闘します。

年長児になるとだいぶ高いところの実を収穫できるので、今日はたくさんのスモモを収穫することが出来ました。

とってきた実は早速食べてみました。

自分たちで収穫したスモモの味はまた格別です。

その様子を見ていた小さな子ども達も「食べたいなぁ」という顔をしていました。

給食後のデザートにみんな食べていましたよ(好きな子は4個5個食べている子も

今年も自然の恵みをいただくことが出来ました。

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

スモモ狩り(き・あかぐみ)

雨が降りそうで降らないですね。

一雨ザーッと降れば埃っぽさからもぬけられるんでしょうが…。

急遽、スモモ狩りをしました

予定していたよりも色づくのが早かったので。

早くとってしまわないとせっかく熟れた実が虫に食べられてしまいます。

今日はきぐみあかぐみの子ども達がスモモの木のところへやってきました。

Dsc09396 Dsc09398 Dsc09399 Dsc09400 Dsc09401 Dsc09403 Dsc09404 Dsc09407 Dsc09409 きぐみの子ども達は先生に抱っこされたり、枝を下に下げてもらったりして赤く熟れたスモモを収穫しました。

最初はキョトンとしていた子ども達でしたが、とっているうちに楽しくなってきたのか「まだとりたい。赤い実はどこ?」と聞いてくる子もいました。

収穫したスモモはかごに入れてあるのですが、待ちきれずにカプッとひとくち、ふたくち食べている子もいました。

それだけ、おいしそうだったからでしょう。

赤くなっている実を収穫して園庭に帰ってきました。

みんなでスモモを食べました。

Dsc09411 Dsc09412 Dsc09413 Dsc09416 Dsc09415 Dsc09421 Dsc09422

よっぽどおいしかったのか「ねぇ、まだ食べたいんだけど、もうないの?」1個食べ、2個食べ、3個食べる子もいました。

今年はスモモ豊作です。

まだまだ青い実がたくさんついています。

その実が赤く熟れたら、ももぐみ・あおぐみの子ども達に収穫してもらいます。

楽しみにしていてね。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »