« 実習生お別れ会 | トップページ | えんでん内科デイケアとの交流会 »

2009年9月 7日 (月)

残暑の終わり、行事の日々の始まり

あれほど続いた残暑もいつの間にやら、やわらぎ朝晩はめっきり涼しくなりました。

お盆の1日に一雨降って以来、ここ薩摩の西北は、雨らしい雨が1滴も降りませんでした。加えて陽ざしは9月に入っても和らぐ気配がなく、保育園では、菜園の農作物や花壇の草花の水が切れないか、だれもがやきもきしていました。しかし、植物の生命力を侮ってはなりません。土が乾き、葉を落としても、彼らは、じっと暑さに耐え、涼しくなるのを待っているのです。Photo

筆者は、地植えの植物よりも、春に備えて、挿し木して増やしている草花の水切れを気にかけていました。挿し木は初めてなので、枯れているのか根付いているのか、さっぱりわかりません。しかし、ついうっかり花芽を残して挿してしまったものには、こうして花がついてしまいました。Photo_2

さてさて、保育園では9月に入り、ずいぶん行事をしています。詳しくは「イベント」のカテゴリーからどうぞ。そうはいっても日常保育もあるわけで、ここではその一こまをご紹介します。31_2 001

|

« 実習生お別れ会 | トップページ | えんでん内科デイケアとの交流会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実習生お別れ会 | トップページ | えんでん内科デイケアとの交流会 »