« 卒園式がありました | トップページ | 新年度が始まりました »

2009年3月31日 (火)

修園式がありました。

年度末の今日、修園式がありました。1年の終わりは12月ですが、それとは別に進級を控える3月が年度の終わりであり、明日の4月1日からまた新しい1年がスタートすることを園長先生が小さな園児にも分かるように易しい言葉で説明していました。213_002

保育園では、朝のご挨拶の時間に、毎日がその日が何月何日何曜日で天気がどうであるかをみんなで唱和します。幼児にどれだけ時間の感覚があるのか分かりませんが、天気や自然の移り変わりと日付を重ね合わせることで、年齢とともに徐々に認識が深まるのではないでしょうか?

また、様々な行事を通じて季節や年間という大きな時間の流れを体感していくことができるのではないかとも感じます。今日を最後に2人の先生が退職することになっていたため、引き続きこの先生たちとのお別れ会のようになっていきました。213_005 先生たちからのお話があり、子どもたちからのプレゼントが手渡され、2人の先生も思わず袖を顔にあてていました。3月は卒業・卒園・転勤・引っ越しなど異動の多い季節です。いってみれば、別れの季節。たとえ子どもでも別離の感覚(もう会えない、お別れだ、いなくなってしまうといった感覚)は、成長とともにいずれ直面していくものです。いったいどれだけの園児が大きくなって今日の「お別れ」を思い出すか分かりませんが、自分自身の子どものころを思い出しても、確かにその人と過ごした時間があったという記憶は残っていくことでしょう。

|

« 卒園式がありました | トップページ | 新年度が始まりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卒園式がありました | トップページ | 新年度が始まりました »