« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

修園式がありました。

年度末の今日、修園式がありました。1年の終わりは12月ですが、それとは別に進級を控える3月が年度の終わりであり、明日の4月1日からまた新しい1年がスタートすることを園長先生が小さな園児にも分かるように易しい言葉で説明していました。213_002

保育園では、朝のご挨拶の時間に、毎日がその日が何月何日何曜日で天気がどうであるかをみんなで唱和します。幼児にどれだけ時間の感覚があるのか分かりませんが、天気や自然の移り変わりと日付を重ね合わせることで、年齢とともに徐々に認識が深まるのではないでしょうか?

また、様々な行事を通じて季節や年間という大きな時間の流れを体感していくことができるのではないかとも感じます。今日を最後に2人の先生が退職することになっていたため、引き続きこの先生たちとのお別れ会のようになっていきました。213_005 先生たちからのお話があり、子どもたちからのプレゼントが手渡され、2人の先生も思わず袖を顔にあてていました。3月は卒業・卒園・転勤・引っ越しなど異動の多い季節です。いってみれば、別れの季節。たとえ子どもでも別離の感覚(もう会えない、お別れだ、いなくなってしまうといった感覚)は、成長とともにいずれ直面していくものです。いったいどれだけの園児が大きくなって今日の「お別れ」を思い出すか分かりませんが、自分自身の子どものころを思い出しても、確かにその人と過ごした時間があったという記憶は残っていくことでしょう。

| | コメント (0)

2009年3月28日 (土)

卒園式がありました

213_004 いつもの年よりも早く、園庭の桜は、左のように満開になりました。前々日くらいまではこのような穏やかな春の日が続いていたのですが、卒園式が催されたこの日は、あいにくの雨でした。卒園するおともだちを見送る  先生やおともだちの涙(卒園する喜びと送り出す寂しさの入り交じった)のようでした。

213_007 213_014213_018式が始まり、「保育証書授与」では、卒園するおともだちは、自分の名前を呼ばれると、しっかりした大きな声で「はい」と返事をして、園長先生から保育証書を受け取っていました。213_027 授与が終わると、園長先生や保護者代表の方から「お祝いのことば」をもらいました。 213_062

213_075

続いて、卒園するおともだちと見送るおともだちの合唱で、「おもいでのアルバム」を歌いました。

♪いつのことだか おもいだしてごらん あんなこと こんなこと あったでしょう
  うれしかったこと おもしろかったこと  いつになっても わすれない

♪春のことです おもいだしてごらん  あんなこと こんなこと あったでしょう
ポカポカお庭で 仲良くあそんだ  きれいな花も さいていた

♪夏のことです おもいだしてごらん  あんなこと こんなこと あったでしょう
麦わら帽子で みんなはだかんぼ  お船も見たよ 砂山も

♪秋のことです おもいだしてごらん  あんなこと こんなこと あったでしょう
どんぐりやまのハイキング ラララ  赤い葉っぱも とんでいた

♪冬のことです おもいだしてごらん  あんなこと こんなこと あったでしょう
もみの木かざって メリークリスマス  サンタのおじさん わらってた

♪一年中を おもいだしてごらん  あんなこと こんなこと あったでしょう
桃のお花も きれいに咲いて  もうすぐ みんなは一年生

「記念品贈呈」では、卒園記念制作や保護者の方からの記念品などが紹介されました。213_108 これらの品々は、卒園したおともだちが確かに大切な時間を過ごした証として、保育園でこれからもずっと保存されるでしょう。213_119 213_118

思い出に残るいい卒園式でした。

| | コメント (0)

2009年3月19日 (木)

お別れ会食がありました

3月のお誕生会に続いて、卒園するおともだちと一緒にお昼ごはんを食べるお別れ会食がありました。最初に、みんなの前で、卒園するおともだちが一人ずつ紹介されました。少し緊張しながら、みんなに向かってマイクで自分の名前を言いました。子どもたち全員がひと部屋に集まってテーブルを囲みました。213_027 今日は、サンドイッチにミニハンバーグ、いちごと、みんなが大好きなメニューが並びました。あんなこと、こんなこと、いろいろなことを楽しくおしゃべりしながら、おいしくいただきました。卒園する前に、またひとつ思い出ができました。213_033 213_028

| | コメント (0)

お誕生会がありました。

 3月生まれのおともだちをお祝いするお誕生会がありました。3月生まれのおともだちは、6歳が一人、5歳になるおともだちが二人、3歳が一人の4人です。みんなで「ハッピーバースデー」を歌って、213_009 お祝いしたあと、先生から出しものがありました。

 今回は「おさるのほいくえん」です。213_011 213_015 おさるさんたちが順番に登場して、それぞれ今年1年でどんなことができるようになったか話し合っています。子どもたちからも、「きらいだったものが食べられるようになった」「鉄棒ができるようになった」「字が読めるようになった」など、いろいろな「できるようになったこと」を報告してくれました。みんな、この1年でまたひとつ大きくなることができましたね。

| | コメント (0)

2009年3月17日 (火)

菜園に春がやって来ました。

 うららかな春の日が続いていますね。久しぶりに保育園の菜園をのぞいてみました。高台にある日当たりのよい畑のすみのあちこちには、植えも育てもしないのに、ツユクサの一種の野花がきれいな黄色で咲いていました。213_002 213_003また、秋に子どもたちが植えたチューリップの球根もいつのまにやら芽を出して、いくつかはもう花を咲かせていました。

すっかり春の景色です。また、菜園の脇には一昨年移植したときは親指ほどの太さで1メートル足らずだったモモの木がりっぱに大きくなって、ピンクの花をたくさんつけています。213_012 213_013 

 その向こうには東シナ海が今日もきれいに見えています。風もなく、たっぷりの陽ざしがポカポカ気持ちのよい日です。

 さて、子どもたちの給食の材料に供される菜園はというと・・・・・・

213_006 213_009 213_005

いちばん大きな場所を占めていたのは、タマネギです。5月から6月には収穫されて、生のままいただくおいしい新タマネギになるでしょう。 また、隅の方には、サニーレタスやエンドウも葉を茂らせていますよ。

 ちょうど今日は213_008、ほうれん草の種を蒔いているところでした。写真ではうまく紹介できるか心もとないのですが、子どもの小指の爪の先よりまだ小さい赤い種を溝に植えています。土をかぶせて、水をかけ、竹の枝を敷いて野良猫が掘り返さないようにして、待つこと数日、小さな小さな芽が出るそうです。それがあんなたわわなほうれん草に育つというのですから、植物というのはすごいものですね。

 最後に、桜の様子を少し。今年は思いもかけない冬時雨が続いて、冬らしい寒さもあり、ここ数日の春本番の陽気で、桜の蕾が早々とピンクに色づいてきています。213_001 この分だ213_010と、卒園式の頃には見ごろを迎えているかもしれませんね。また、ご報告させていただきます。

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

人形劇☆☆

外はとても強い風が吹き、室内にいてもヒューヒューという音が聞えています

今日は“花さき山”という串木野小学校のお母さんたちが活動されている人形劇のグループの方々が来て下さいました

たくさんの道具が次々に運ばれるのを見て、子どもたちは

“今からどんな劇が始まるのだろう…

とワクワクしている様子でした 

最初にみんなで手話を使った歌を歌います。213_002   見よう見まねで手を動かす子どもたち

手話は言葉はなくても見ているだけで意味が伝わり、子どもたちも優しい手つきに見入っているようです。

次に、絵本と、紙芝居かくれんぼしてるの誰かな?クイズに、お腹を好かせたゴリラさんのエプロンシアターが行われ、どれもこれもとっても楽しいお話でした 213_003_2 213_006213_010  

さぁ、いよいよ人形劇の始まりです

人形劇のお話は、「三枚のお札」でした。

みんなどんなお話が始まるかすごく楽しみにしていました

お話の内容は、知っている子どもたちもいたと思いますが、人形劇を見るのが初めての子どもたちが多く、すごく興味を持って見ていました

お話の中には、ヤマンバが出てきて小さい組のお友だちは、恐がって泣いてしまう子どもたちもいましたが最後までお話に集中して見入ってるようでした213_016213_014 213_019 213_015

人形劇の中には、色んな小道具も使われて私たちもすごく楽しませて見せてもらいい、また勉強になりました213_020

213_023

最後に人形劇を見せていただいたお礼に5歳児の子どもたちがお遊戯を発表しました213_024 213_027

みんなに喜んでいただき子どもたちも嬉しそうでした

花さき山の方々、お忙しい中子どもたちに楽しい人形劇を見せていただき本当にありがとうございました。また、機会がありましたら来年もよろしくお願い致します

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

お別れ遠足☆

 今日は、お別れ遠足でした。

 お天気が心配でしたが、こどもたちの作ったてるてる坊主が効いて暖かい遠足日和になりました。

 遠足の行き先は、かもめ公園ですが、0.1歳児の赤組は遠くまで歩けないためお留守番でいつものお散歩コースを歩きました。

 お友だちと手をつないで“いちにいちに”とゆっくり歩きます。

 近くの線路沿いに着くとさっそく電車が来ました。子どもたちは座って電車に手を振っていました

 しばらく近くの神社の広場で遊んでから、おやつを食べました。Dsc05926

 みんなおいしそうに食べていましたよ

 おやつを食べ終わると保育園に戻るためまたお散歩です。

 来た道を戻ります。またお友だちと手をつないで“いちにいちに”と仲良く歩きます。Dsc05927

 時々、周りの景色が気になって手が離れてしまうこともありますが、そのたび手をつなぎ直して無事保育園に帰ってきました。

 保育園に帰ってきたら待ちに待ったお弁当です。みんなお弁当もおいしそうに食べていました。

Dsc05929

かもめ公園には行けなかったけど赤組も楽しい遠足ができました。

続きを読む "お別れ遠足☆"

| | コメント (0)

2009年3月 5日 (木)

ひまわり号に乗って、ぜんちゃんがやって来ました。

ぜんちゃんとは鹿児島県警の交通安全マスコットで腹話術でしゃべるお人形さんです。婦警さんが巧みな腹話術で、ぜんちゃんと一緒に正しい交通ルールを教えて下さいました。

213_002_2 子どもたちには、とても分かりやすいお話だったようです。213_004
 

213_014 ぜんちゃんとの約束

   

  

   ・どうろへきゅうにとびださない

   ・どうろのちかくで、あそばない

   ・ぜんちゃんのことをわすれない。213_009

213_011

    

   

  続いて、実際に園庭に横断歩道を作って、横断歩道の正しい渡り方を体験しました。213_019

213_025

もうすぐ小学校にあがる年長児さんたちは、4月から自分で通学するわけですから、とくに役立ったようです。交通ルールを守って、交通事故に遭わないようにしましょう。

 

続きを読む "ひまわり号に乗って、ぜんちゃんがやって来ました。"

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

ひなまつり会がありました

ひな人形を飾り、お話を聞いた後、みんなで「ひなまつり」の歌を歌ったり、おゆうぎをしたりしました。213_003 213_004 213_009 213_015 213_018 213_019

後半はそれぞれ丸くなって、ひなあられを食べたり、白酒代わりのカルピスを飲んだりしました。213_023 213_026

いいひなまつりになりました。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »