« スモモ狩りⅠ | トップページ | おにぎりの日 »

2008年6月19日 (木)

郷土菓子作り

Dsc04839 Dsc04815 今日は、郷土菓子作りがありました。子ども達は朝から「エプロンと三角布持ってきた(^_^)」と楽しみに登園してきました

お菓子作りに参加したのは、あおぐみのお友達でした

1時からお菓子作りが始まりました。Dsc04810 Dsc04811 Dsc04812

お菓子作りを教えてくださる方は、串木野食生活改善推進員の、かわばたさん、はしぐちさん、うめきたさん、はまださんの4名の先生でした

「今日は水ようかんとかるかんを作ります。おいしくなれ~という気持ちを込めて練ったり混ぜたりして作ってくださいね。」

とお話がありました。まずは、粉末こしあんと水をよく練っていきました。

Dsc04813 Dsc04814

子ども達は、練りながらあんこの匂いがしてきた~と言いながらよいしょよいしょと一生懸命こねていました。

次に、鍋に水と寒天を入れて煮ていきました。

その間かるかん作りに入りました☆Dsc04817 Dsc04818 Dsc04821 Dsc04823

卵白と卵黄に分けて交代で泡立てていきました。

卵を割るのも難しかったですが子ども達が挑戦しました

混ぜるのが楽しく喜んでやっていたのですぐに泡立ちました。

そして砂糖を加えると子どもたちは

『生クリームみたいだね♪』

と言いながら混ぜていました。

砂糖・山芋・水をミキサーにかけ、混ざっていく様子をよく見ていました。

その後、先程泡立てた卵白の中に入れかるかん粉を入れました。

かるかん粉を入れたらゆっくり混ぜ、カップにつぎ分けます

みんな上手につぎ分けることが出来ました。Dsc04825 Dsc04826 Dsc04827 Dsc04828 Dsc04829

これを調理室で蒸します。

そうしている間に、水ようかんが出来上がり子どもたちが切り分けます。

かるかんも蒸し上がると、カップから上手に取り出す方法を教えてもらい一人ずつ皿に取り分けました。

さあ、いよいよおやつの時間です☆Dsc04833 Dsc04834 Dsc04835 Dsc04836

園長先生が

『水ようかん・かるかんには何が入りましたか

という質問に子どもたちは

『砂糖・卵・かるかん粉・あんこ・山芋…』

と良く覚えていて元気に答えていました。

食べ始めるとみんな

『おいしい~♪』Dsc04841_2 Dsc04842 Dsc04843 Dsc04844

と言い、おかわりをする子もみられました。

教えて下さった先生方にも

『すごく上手にできたね』

と褒めていただきました☆

先生方、本当にありがとうございました。

また、来年もよろしくおねがいします

|

« スモモ狩りⅠ | トップページ | おにぎりの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スモモ狩りⅠ | トップページ | おにぎりの日 »