« 野菜の苗植え | トップページ | タマネギの収穫 »

2008年5月 8日 (木)

交通安全教室

新緑のまぶしい、さわやかな陽気になりました。

交通安全教室を行いました。

いちき串木野警察署のヤナセさんよりお話がありましたDsc04698 Dsc04699

「パトカーに乗って見回りをしているとたまにネコさんが道路でひかれて死んでいることがあります。どうしてでしょうか?」

「ひかれたから。」

「どうしてひかれたんでしょう?」

「飛び出したから」

「ネコさんは信号を見ることは出来ません。道路の渡り方を知りません。自分が通りたいときに飛び出してしまって、たくさん通る車にひかれてしまうのです。みんなも道路に飛び出してしまうと車にひかれてしまいます。今日は道路の渡り方、交通ルールについてお勉強します。」

部屋に入って「マモルワタルの交通安全」というビデオを見て、道路の渡り方・信号の色・交通ルールを学びました。Dsc04700

園庭に出て実際に道路の渡り方をやってみました。Dsc04701 Dsc04702 Dsc04704 Dsc04705 Dsc04707

最初は信号機のない横断歩道を渡ってみます。

「自分で渡れる人?」と言うと「ハイ!」と何人も手を挙げます。

「じゃあ、渡ってみて」

渡ってみます。

右手を挙げて、右見て・左見て・右見て車が来ないのを確認して横断歩道を渡ります。

「よーく出来ました。じゃあ、もう一回やって自分の所へ帰って。」

するとホッとしたのか、手も挙げず、走って帰っていきました。

「横断歩道を渡るときはいつも手を挙げて、右・左・右を確認して車が来ないか確認してから渡るんだよ。みんなは小さくて運転手さんから見えないこともあるからここにいますよと合図をするんだよ。」

信号のない横断歩道を渡る練習をして、いよいよ信号のある横断歩道を渡る練習をします。

信号が赤か青か確認をします。

青になってもすぐに渡りません。

手を挙げて右見て・左見て・右見て確認をしてから渡ります。

最初は手を挙げなかったり、右・左・右が見られなかったりした子も練習するうちに出来るようになってきました。(小さい子どもさんには難しかったですが)

「年長児のお友達は来年から小学校へ行きます。学校へ行くまでに信号を渡ったり、横断歩道を渡ったりすることがあるんだよ。だから今のうちから練習しておこうね。」

交通ルールを守ることは自分の命を守ることです。

どうか保護者の皆さん、今日子どもさんに交通安全教室でどんなことをしたのか聞いてみてください。

そして、特に年長児の保護者の皆さん、一緒に横断歩道を手をつないで渡る練習をしてみて下さい。

|

« 野菜の苗植え | トップページ | タマネギの収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野菜の苗植え | トップページ | タマネギの収穫 »