« おいもほり | トップページ | 交通安全教室 »

2007年11月 7日 (水)

みかん狩り

2日間雨が降りました。今までのほこりっぽさもすっかり洗い流されて、潤いが戻ってきました。

今年もイマヤさんのみかん山でみかん狩りをさせていただけることになりました

丹誠込めて作っていらっしゃるみかんを保育園の子ども達にとらせていただけることはありがたいことだと思っています。

本当は昨日の予定でしたが、雨で一日延びました。

お天気にも恵まれました。

一度にみんなが行くことが出来ないので、4回にわけてネコバスで山へ出かけました。Dsc03502 Dsc03504 Dsc03505 Dsc03507 Dsc03508 Dsc03510 Dsc03513 Dsc03515 Dsc03516 Dsc03518

最初はあかぐみ3名ときぐみ10名で出かけました。

まだハサミを使えないので、先生達がみかんの木からとったみかんをかごに入れる手伝いをしてもらいました。

最初はみんな喜んでみかんをかごに入れていました。

次第に、興味は他の所へ移って…。

あっちをちょろちょろ、こっちをちょろちょろしていました。

ももぐみのお友達がやって来た頃にはかごはみかんでいっぱいになっていました。

ももぐみにもなると、ハサミを使える子がほとんどで、自分たちでみかん狩りを楽しんでいました。

「ほらー、大きいみかんだよ。」

「こっちにもあるよ。穫れた穫れたー。」

みかんを枝から切った後、みかんに残った枝も切ります。

そうしないと残った枝で他のみかんを傷つけてしまうので。

教えるとちゃんと2度切りしていました。

あおぐみにもなるとせっせとみかんを穫ります。

ハサミの使い方も危なげなく、みかんを入れるかごははみるみるうちにいっぱいになっていきます。

いろんな所が気になるのか、みかんを穫ってはまた違う場所へ移動し、友達が違うところにみかんがあったと言えばまたそっちへ走りしていました。

年長児のお友達にはみかんを運ぶ手伝いもしてもらいました。

一人でたくさんみかんが入ったかごを持って行く子、3,4人で協力してネコバスまで運ぶ子。

そんな姿を見ていたら成長したなと感じました。

そして、とても頼もしく思えました

みかんを食べてみました。

とても甘くておいしかったです。

子ども達も1つずつみかんを手にしてネコバスに乗り込みました。

保育園で食べたことでしょう。

ご家庭にも持って帰りますので、楽しみにしていて下さいね。

イマヤさん、みかん狩りさせていただいてありがとうございました

|

« おいもほり | トップページ | 交通安全教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おいもほり | トップページ | 交通安全教室 »