« おにぎりの日・箸の持ち方・握り方 | トップページ | 敬老会 »

2007年9月 7日 (金)

少しずつ・・・・

しばらくご無沙汰してしまいました。

相変わらず暑い日が続いていますが、9月になって暑さの中にも吹き抜ける風の中に秋の訪れを感じます。

第36回運動会を10月14日(日)に行うことはお知らせしてありますが、9月に入り、少しずつ練習が始まっています。

特にあおぐみは出場種目も多く、時間をかけてちょっとずつ積み上げていく必要があります。

リレーの練習をしています。Dsc03081 Dsc03082 Dsc03083 Dsc03085 Dsc03086

走る方も応援する方もみんなが盛り上がる種目で運動会の花形。

大人から見ればすぐに出来そうと思いますが・・・。

子どもにとってはとても難しい事のようです。

まずは並ぶことから

自分は誰の後に並んで、どのチームなのかを覚えなければいけません。

何度も何度も繰り返し並ぶ練習をして、順番を把握します。

次はバトンの持ち方

バトンはただ持つだけじゃなく、落とさないようにしっかりと握ります。

構え方もあります。

今度は走ってきて、バトンを次の人に渡せるかどうか

これはちゃんと自分が誰の次ぎに走って、誰にバトンを渡すかがわかっていないと出来ません。

そして、自分が走らないときには決められた場所に座って応援をする。

前の人がつめたら自分もそれに続く。

リレー一つをとってもいろいろなルールがあり、それを守らないと種目が成り立ちません

今日はこんな出来事がありました

リレーの練習はもう3,4回目でみんなだいぶ慣れてきて、スムーズに練習をしていました。

すると途中で走るのを止めてしまった子がいました

そのチームの子は困っています。

結局はそのチームは大きく引き離されてビリになってしまいました。

「どうして走るのを止めたの?」と尋ねると「イヤだイヤだ」と言って泣くばかりです。

しばらくして尋ねると「1番じゃなかったから」と答えました。

そのチームは今まで1番ばっかりだったようです。

その時は2番で走っていました。

1番でなかったのが悔しかったようです。

先生たちは「1番でなくても2番でも3番でも一生懸命走って、次の人にバトンを渡すのがいいんだよ。そうしないと次ぎに走る人もチームのお友達も困ってしまうんだよ。」と話をしていました。

こうやって集団の中でルールを覚えていくんですよね。

自分がすることが周りの人に影響を及ぼすということを。

そして、自分たち大人もいろんなことを子どもたちから学ぶなぁと感じる練習風景でした。

|

« おにぎりの日・箸の持ち方・握り方 | トップページ | 敬老会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おにぎりの日・箸の持ち方・握り方 | トップページ | 敬老会 »