« 歯科衛生指導がありました | トップページ | 母親教室を行いました »

2007年2月15日 (木)

消防訓練が行われました

昨日は春の嵐が吹き荒れましたが、今日はうって変わって穏やかな日になりました。

いちき串木野市の消防署からヤマシタさんとイシヅカさんに来ていただき、消防訓練を行いました。

「火事だー」の声が給食室から上がり、非常ベルが鳴りました。

みんなは園庭で遊んでいたので、先生の誘導で避難場所へさっと集合しました。

ヤマシタさんよりお話がありました。Dsc02176 Dsc02177

「逃げるときにはお・か・し・もです。押さない。かけ出さない・しゃべらない・もどらないです。煙が出ている時には口を手で押さえて、出来るだけ低い姿勢で逃げるといいです。煙は上の方に行きますから。」

ヤマシタさんよりみんなにこんな質問をされました。

「建物から出るとき、どうしてドアや窓を閉めるのでしょう?難しい問題だよ。」

するとHくんが手を挙げて

「建物から火が広がらないように。」と答えました。

「正解!!新しい空気が外から入って、火がドンドン燃えないようにドアや窓を閉めるんだよ。凄いねぇ。」

「火災の原因で多いのは天ぷらをしていて忘れてしまって火災になることや、たばこの火の不始末が多いんだよ。いちき串木野市でも今年になって3件の火災があったんだよ。全国では1年間で火災によって1200人以上の方が亡くなっています。原因としては①火災発見の遅れ②夜中などに火災が発生し、逃げ遅れてしまった。③初期消火をしなかった。みんなももし火事に気づいたら、大きな声で<火事だー>と言うんだよ。」

イシヅカさんより消火器の使い方について説明がありました。Dsc02178 Dsc02179 Dsc02181

お話の後、職員が水消火器で初期消火訓練を行いました

火事だーと大きな声で言いながら、消火器を持って火元2,3メートルの所まで走っていきます。

そして①黄色いピンを外す②ノズルを火元に向ける③レバーをにぎり押して火の根もとに向けて噴射するをしてみました。

いざというとき訓練をしているかしていないかでは全然違うと思います。

真剣に訓練に取り組みました。

あおぐみ年長児のお友達も何名か消火訓練をしてみました。

みんなのお楽しみ消防車の見学をさせてもらいましたDsc02182 Dsc02183 Dsc02184 Dsc02188 Dsc02186 Dsc02189 Dsc02190 Dsc02191 Dsc02192

クラスごとに写真を撮ったり、運転台に乗せてもらったり、装備を見たり、年長児は消防士の方のヘルメットや防火服を着せてもらったりしました。

いつも保育園に来てくれている消防車「銀河号」今年の3月で引退するそうです。

15年以上働いていたそうです。

保育園に上がってくる坂が急で大きな消防車は上がることが出来ません。

小回りの利く銀河号に来てもらって、みんなを喜ばせてくれました。

いつも保育園に来てくれて本当にありがとうございました。

ヤマシタさん、イシヅカさんありがとうございました。

|

« 歯科衛生指導がありました | トップページ | 母親教室を行いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歯科衛生指導がありました | トップページ | 母親教室を行いました »