« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月23日 (金)

2月の誕生会でした

春到来を思わせる暖かい日が続いています。

2月の誕生会でした。今月は7名Dsc02218 Dsc02221 Dsc02216 Dsc02217

それぞれ自己紹介を上手にしていましたよ。

誕生日のお友達に歌のプレゼント。

出し物は「マジック」

「最初に魔法をかけるからみんなも「ワン、ツー、スリー」って声をかけてね。みんなが協力してくれないとマジック出来ないから。」とお願いをしました。

1番目はトランプDsc02222 Dsc02223 Dsc02224

♠の4、3、2との1の4枚のカードがあります。

それをひとまとめに戻して、クルッと回転させます。

そうして「ワン、ツー、スリー」と魔法をかけて、カードを見てみると・・・。

♠の4、3、2のカードがの4、3、2に変身!

そのカードをまとめて今度は4,3、2を裏返しにしてテーブルの上に並べました。

そして1に魔法をかけるために封筒の中に入れて「ワン、ツー、スリー」とみんなでパワーを入れてまたテーブルに戻しました。

すると・・・Aちゃんに来てもらってテーブルのカードをめくってもらいました。

4、3、2のはずのカードが♠1,1,♣1に変わっているじゃありませんか。

2番目はロープとステッキ、スカーフを使ったマジックDsc02225 Dsc02226

2本のロープをステッキに結びつけます。

ステッキに結びつけたロープの両端をRちゃんとRちゃんにもってもらいました。

ロープの上からスカーフを結びます。

結んだスカーフをステッキの所にまで寄せて、もう一度ロープを結びます。

「ワン、ツー、スリーって言ったら、ロープを引っ張ってね。先生もステッキを引っ張るから」と約束をしてみんなのかけ声を聞いて引っ張ると・・・しっかりと結んだはずのスカーフがロープから離れてスカーフだけが床に落ちました。

3番目は不思議なハンカチと花のマジックDsc02227

一枚のハンカチにはシルクハットとはてなのマークが書いてあります。

「ワン、ツー、スリー」と魔法をかけると・・・なんとシルクハットの部分から花が出てきました。

そして、もう一度魔法をかけるともう一本花が出てきたのでした。

4番目は新聞紙のマジックDsc02229

Kくんにコップで水をくんできてもらいました。

その水を新聞紙の中に注ぎました。

すると・・・新聞紙はどこも濡れていません。

そして、新聞紙を回しても水はこぼれません。

新聞紙を折りたたむと・・・新聞紙から水がコップに注がれました。

不思議なマジックはこれで終わりでした

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木)

母親教室を行いました

昼過ぎから雨になりました。

母親教室を行いました。今回はヨガ教室。

講師の先生は働く婦人の家などで教室を持っていらっしゃるフクゾノ先生に来ていただきました

「体をゆるめて、血液の流れを良くする事が心身共に健康になることです。息をいっぱい吸ってゆっくり吐きます。息を安定させてからまた呼吸を繰り返します。」Dsc02193 Dsc02194 Dsc02198 Dsc02199

ヨガには運動に順番があり、ポワーンとした音楽(癒されてるなぁと感じる)が流れる中、座る・うつぶせ・仰向け・立って運動をしました。

お母さん方、ヨガしてみてどうでしたか?

| | コメント (2)

2007年2月15日 (木)

消防訓練が行われました

昨日は春の嵐が吹き荒れましたが、今日はうって変わって穏やかな日になりました。

いちき串木野市の消防署からヤマシタさんとイシヅカさんに来ていただき、消防訓練を行いました。

「火事だー」の声が給食室から上がり、非常ベルが鳴りました。

みんなは園庭で遊んでいたので、先生の誘導で避難場所へさっと集合しました。

ヤマシタさんよりお話がありました。Dsc02176 Dsc02177

「逃げるときにはお・か・し・もです。押さない。かけ出さない・しゃべらない・もどらないです。煙が出ている時には口を手で押さえて、出来るだけ低い姿勢で逃げるといいです。煙は上の方に行きますから。」

ヤマシタさんよりみんなにこんな質問をされました。

「建物から出るとき、どうしてドアや窓を閉めるのでしょう?難しい問題だよ。」

するとHくんが手を挙げて

「建物から火が広がらないように。」と答えました。

「正解!!新しい空気が外から入って、火がドンドン燃えないようにドアや窓を閉めるんだよ。凄いねぇ。」

「火災の原因で多いのは天ぷらをしていて忘れてしまって火災になることや、たばこの火の不始末が多いんだよ。いちき串木野市でも今年になって3件の火災があったんだよ。全国では1年間で火災によって1200人以上の方が亡くなっています。原因としては①火災発見の遅れ②夜中などに火災が発生し、逃げ遅れてしまった。③初期消火をしなかった。みんなももし火事に気づいたら、大きな声で<火事だー>と言うんだよ。」

イシヅカさんより消火器の使い方について説明がありました。Dsc02178 Dsc02179 Dsc02181

お話の後、職員が水消火器で初期消火訓練を行いました

火事だーと大きな声で言いながら、消火器を持って火元2,3メートルの所まで走っていきます。

そして①黄色いピンを外す②ノズルを火元に向ける③レバーをにぎり押して火の根もとに向けて噴射するをしてみました。

いざというとき訓練をしているかしていないかでは全然違うと思います。

真剣に訓練に取り組みました。

あおぐみ年長児のお友達も何名か消火訓練をしてみました。

みんなのお楽しみ消防車の見学をさせてもらいましたDsc02182 Dsc02183 Dsc02184 Dsc02188 Dsc02186 Dsc02189 Dsc02190 Dsc02191 Dsc02192

クラスごとに写真を撮ったり、運転台に乗せてもらったり、装備を見たり、年長児は消防士の方のヘルメットや防火服を着せてもらったりしました。

いつも保育園に来てくれている消防車「銀河号」今年の3月で引退するそうです。

15年以上働いていたそうです。

保育園に上がってくる坂が急で大きな消防車は上がることが出来ません。

小回りの利く銀河号に来てもらって、みんなを喜ばせてくれました。

いつも保育園に来てくれて本当にありがとうございました。

ヤマシタさん、イシヅカさんありがとうございました。

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

歯科衛生指導がありました

2月とは思えないような気候が続いています。

歯科衛生指導をいちき串木野市の健康増進センターからヤマシタさんとクボさんが来られて行いました。Dsc02156Dsc02157 Dsc02158 

最初どうして虫歯になるか?のお話を紙芝居でして下さいました甘い物をたくさん食べた後歯磨きをしないと歯にはミュータンス菌が出来、その菌が歯に穴を開けてしまうと言うことでした。

みんなの歯がちゃんとキレイに磨けているかを確かめるために、ピンクの薬を塗りましたDsc02159 Dsc02160

そのピンクの薬が歯についたままだとそこは磨き残しがあるということ

ピンクの薬が歯に残らなければ、歯がキレイに磨けているということです。

ヤマシタさん、クボさん、先生たちで手分けをしてみんなの歯をチェックしました。Dsc02161 Dsc02162 Dsc02163 Dsc02164 Dsc02165 Dsc02166

そして歯のチェック表にどこに磨き残しがあるか色を塗っていきました。

磨き残しが多いのは、歯と歯茎の境目が多いようでした

チェックしてもらった後は早速、ヤマシタさんより歯磨き指導をしてもらいましたDsc02167 Dsc02169 Dsc02170 Dsc02171 Dsc02172 Dsc02173

「歯磨きで大事なことは①順番に磨くこと。②ゆっくり磨くこと③鏡を見て磨くことだよ。上から歯と歯茎の所に歯ブラシをあてて、小さく歯ブラシを動かしてね。上が終わったら下の歯を磨いて。今度は歯ブラシを裏にして歯の裏側を磨くよ。歯ブラシをシュッシュと前に掻き出して。最後は歯のかみ合わせの所を磨くよ。ここは虫歯になりやすいからしっかり磨いてね。」

歯磨き指導の後はカバオくんのお話をしてくださいました。

カバオくんはお菓子やジュースが大好きでいっぱい食べます。

歯磨きもしないで眠ってしまいましたDsc02174 Dsc02175

すると・・・歯が痛くて眼が覚めました。

口を開けると、虫歯が出来て、歯に穴が空いていて痛むのでした。

歯が虫歯にならないためには

①ご飯やおやつを食べた後は歯磨きをすること

②甘い物を食べ過ぎないこと

③歯が強くなるために好き嫌いせず、何でも食べること

みんな今日教えてもらったことを忘れずに、虫歯にならないようにしようね。

保護者の皆さん、子どもたちが歯のチェック表を持ち帰りますので親子で見られて、歯磨きの参考にされて下さい。

仕上げ磨きをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

卒園記念品を作りに行きました

暖かい日が続いています。

午後からあおぐみ年長児ネコバスに乗って美山の千窯岩に卒園記念品・ペン立てを作りに行きました。

前から楽しみにしていたので、にぎやかなバスの中でした。

千窯岩に着くとカミノカワ先生から説明がありましたDsc02145_1 Dsc02146 Dsc02147

まず、粘土を手で叩いて平たくします。

その後、機械で5ミリ程の厚さにのばし、ヘラで長方形に切りました。

筒型にしたら、余った粘土で型抜きをしました。

たくさんの型抜きがあり、子どもたちは目を輝かせて好きな形を選んでいました。Dsc02148 Dsc02149 Dsc02150 Dsc02151 Dsc02152 Dsc02153 Dsc02154 Dsc02155

「楽しいねー」と言いながら色ぬりまで夢中で作業をすすめていました。

出来あがった作品は、かまで焼いてもらって1ヶ月後にみんなの手元に届きます。

待って居る間も楽しみです。

卒園記念品作りにいい経験が出来ました。

カミノカワ先生ご指導ありがとうございました。

フジイでした(*^_^*)

| | コメント (0)

2007年2月 3日 (土)

節分で豆まきをしました

今朝は冷たかったですねぇ。

久々に霜柱と氷が張っているのを見ましたDsc02111 Dsc02110

保育園に来てみると、水たまりには氷が張っていて、地面が凍ってジャリジャリと音を立て、足で踏むと固い感触がしました。

やっぱり子どもたちは見逃しません。

保育園に登園してきた順番に園庭へ出て、早速先生と一緒にどうなっているか探索へ出かけました。

すると、滑り台の水たまりに厚い大きな氷がありました。Dsc02106 Dsc02107 Dsc02108 Dsc02109 Dsc02113 Dsc02114

子どもたちは嬉しそうに氷をつかんで見せてくれました

氷は遊具を包み込むように張っていて、子どもたちはそれらをスコップなどを使ってこさぎ取っていました。

昨日とうって変わって太陽が出てきて、良い天気になりました。

すると氷は溶けていきました。

自然の営みって凄いなと思いました。

今日は節分

子どもたちは「鬼の日」と言っています。

暦では明日が立春。

その前の日が冬と春の境目ということで「鬼は外、福は内」と言って災難や病気をしないように良いことがやって来ますようにとの思いを込めて豆まきをするのです。

クラスで豆まきの歌を歌ったり、自分たちで作ったお面をかぶっていると、「ドン、ドン」と地響きが。

最初にあかぐみに鬼が登場Dsc02116 Dsc02119 Dsc02122 Dsc02124

「悪い子はいないかー」

「ご飯を食べない子はいないかー」の声が・・・

みんな一斉に泣き始めました。

「良い子に出来るとお約束をするか?」

「お父さん・お母さん、先生たちの言うことを聞くか?」と鬼は子どもたちに言いました

すると「ハイ」。

次はきぐみ

あかぐみのように鬼から声がかかります。

みんな怖くて鬼から出来るだけ遠く離れようと必死に逃げます

中には先生にしがみついている子も

あおぐみももぐみでも同様でした。Dsc02127 Dsc02129 Dsc02133 Dsc02138 Dsc02139 Dsc02140 Dsc02143

鬼に「鬼は外、福は内」と言って豆を投げるはずなのですが、逃げるのに必死で、ほとんど豆を投げることはなかったようです。

「おりこうにするか?」

「周りの大人の人たちの言うことを聞くか?」

みんな「おりこうにします。」

「言うことを聞きます。約束します。」と言っていました。

お父さん・お母さん、おじいちゃん・おばあちゃん、約束しましたよ。

みんなおりこうにするそうです

| | コメント (0)

2007年2月 2日 (金)

雪遊びをしました

2月に入り、急に寒くなりました。これが本来の冬の姿ですが・・・。

今日はうっすらと雪化粧をしていました。朝早くには屋根や車、道路にも積雪していました。Dsc02100 Dsc02101

大人は出来るだけ寒くないのが良いのですが、子どもはそうじゃありません。

年に一度あるかないかのこの機会を見逃すはずがありません。

子どもたちは雪が大好きです

保育園へやって来ると、早速園庭に出て、雪があるところへ行き、雪を集めていました。

「ヒャー冷たい」と言いながら、遊ぶことに夢中になっていますDsc02103 Dsc02104

雪の冷たさや感触を確かめるように雪に触っています。

雪はみぞれに変わり、次第に雪は消えていきました。

しかし、子どもたちの心の中には雪遊びの楽しさはずっと残っていることでしょうDsc02105

雪遊びの後は先生がお湯を用意してもらって、その桶の中に手を入れて、温めました。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »