« 待ちに待った日 | トップページ | 六月燈に参加します »

2006年7月13日 (木)

実習を終えて

保育園というものを知らずに期待と不安で実習が始まりました。

子どもたちと関わっていくことで保育園というものを知ることが出来ました

1歳の乳幼児から5歳の幼児と関わって、それぞれの発達があり発達に合わせた保育をされていました。Dsc00845 Dsc00846

その様子を見ていて私も幼児のことを考えられる保育士になりたいと思いました。

10日間実習をさせて頂き勉強になり、自分と向き合うことが出来ました。ありがとうございました。

次回の実習でもたくさんのことを学びたいと思いますのでよろしくお願い致します。l

鹿児島女子短期大学 児童教育学科 ヒガシゾノミチエ

11日から13日まで串木野高校の3名の生徒さん(サカグチさん、クキドメさん、トミナガさん)も保育園に実習に来ていました。

ちょうどプール遊びの時期と重なって、プールの掃除や子どもたちの遊び相手、着替え、食事の準備や片付け、掃除などいろいろ頑張っていました。Dsc00847 Dsc00848 Dsc00823_1

実習が終わって、感想を聞いてみると

「充実してました。楽しかったです。自分が小さかったときのことを思い出しました。あまり、わがままを言わないようにしようと思いました。」

と言っていました。

また、高校に帰って、勉強や部活など頑張って欲しいと思います。

時間があったら保育園に遊びに来てくださいね!!

|

« 待ちに待った日 | トップページ | 六月燈に参加します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 待ちに待った日 | トップページ | 六月燈に参加します »